所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 2013年10月6日放送回

『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(ところさんのがっこうではおしえてくれないそこんトコロ!)は、テレビ東京系列で2005年10月21日から毎週金曜日の21:00 - 21:54(JST)に放送されている雑学を紹介する教養・バラエティ番組。所ジョージ司会の冠番組。略称は「そこんトコロ!」「所さんのそこんトコロ!」。ステレオ放送、文字多重放送が実施されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年10月6日(日) 11:55~12:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:56~

オープニング映像。

ゲスト紹介された。

夢のアイテム発掘SHOW (バラエティ/情報)
11:56~

謎のヒトやモノが続々と登場する夢のアイテム発掘ショーのコーナー説明。例として勝手に入るゴミ箱を紹介したが、まだ入る確率が低いと紹介。

果てしなく飛ぶ 夢の紙飛行機を紹介。開発したのは金属加工職人の千葉宣政さんで、構想6年 製作費2000円で作ったという。

果てしなく飛ぶ 夢の紙飛行機は、擬宝珠などの加工職人である千葉宣政さんが開発。飛行機関係の権威ある人が飛ぶわけないと笑われたが、プロペラを付けて紙飛行機のように飛ばすことができるという。

果てしなく飛ぶ 夢の紙飛行機を開発した千葉宣政さんは、スタジオで自分の思っていた以上の出来と話した。さらに、果てしなく飛ぶ 夢の紙飛行機をどのように操縦するのかを解説した。

ヒーローを疑似体験できる瞬刊少年マルマルを紹介。製作期間6ヵ月で、体験価格は無料だという。

NEXT マンガのヒーローに変身で大興奮!

夢のアイテム発掘SHOW (バラエティ/情報)
12:08~

ヒーローを疑似体験できる瞬刊少年マルマルを紹介。開発した奈良優斗さんがスタジオに登場し、実際にスタジオ出演者らが瞬刊少年マルマルを体験。瞬刊少年マルマルは、自分のイメージ通りにポーズを決めて一コマ一コマ撮影して自分が主人公のマンガができるという。

構想65年、金魚が空飛ぶ水槽を紹介。開発した谷純男さんがスタジオに登場し、立体金魚水槽を紹介。発想の原点は大気圧の力でコップの水が持ち上がる現象で、横から見るとまるで金魚が空を飛んでるように見えるという。

モヤモヤさまぁ~ず2のテロップ表示。

NEXT スーパーエコ 木のロボット 登場!

夢のアイテム発掘SHOW (バラエティ/情報)
12:21~

歯車で全て動く木のロボットを紹介。総製作費100万円で、開発者は子どもの誕生日にと開発したという。実際に所ジョージが木のロボットのアームの操縦に挑戦した。

気になるアノ疑問をスッキリ解決します! (バラエティ/情報)
12:25~

視聴者から寄せられた質問で、神社の「鳥居」の鳥とはどんな鳥なのかを解決。

スタジオでは、高田はフェニックスや不死鳥。大島はハトと予想。鈴木は白鳥と予想。所はカラスと予想。

鳥居の鳥とはどんな鳥なのかを調査するために熱田神宮に訪れた柴田は、神社仏閣に詳しい稲田智宏さんと合流。稲田智宏さんは、鳥居の鳥は神聖な鳥と話し、神社の中へ入っていった。

気になるアノ疑問をスッキリ解決します! (バラエティ/情報)
12:32~

鳥居の鳥を神聖な鳥と話す稲田智宏さんは、日本の神話ではニワトリは神様を呼び出した特別な鳥とされていると解説。一説には鳥居は元々小さな止まり木で、神聖なニワトリが神社に寄り集まるように設置されたものと考えられている。

神社にイチョウがあるのはある理由があるということで、スタジオでどのような理由があるのかを予想した。

神社にイチョウが多い理由に、稲田智宏さんはイチョウは水分が多く燃えにくいので火災に備えて神社の周りには燃えにくいイチョウが使われていると解説した。

鳥居に赤色が多い理由についてトーク。赤は、太陽や火を表し悪霊の侵入を防ぐ神聖な色と紹介。また、赤色の原料は水銀で木の防腐剤として使用していたと話した。

キーワード
ニワトリ
イチョウ

なぞなぞ! ミステリー組織 (バラエティ/情報)
12:37~

全国で120回以上開催していて、競技人口は約1万8000人の組織を調査。大会のルールは1組5人以内のチーム戦で、年齢 体力を問わず誰でも日常的にできる行為だという。さらに、街の決められたエリアで行われ、土地勘があると有利だという。

謎の組織が行うスポーツとは何なのかををスタジオで予想。

NEXT 謎の組織のスポーツとは!?

なぞなぞ! ミステリー組織 (バラエティ/情報)
12:45~

ゴミ拾いをスポーツにしている日本スポーツGOMI拾い連盟を取材。ゴミの種類によってポイントが違い、小さくて拾いにくいタバコは他のゴミに比べてポイントが高いという。スポーツゴミ拾いには様々なルールがあり、チーム毎についた審判が不正行為をジャッジするという。

キーワード
日本スポーツGOMI拾い連盟
スポーツゴミ拾い
  1. 前回の放送
  2. 10月6日 放送
  3. 次回の放送