ガイアの夜明け 【銀座を変える!“新参者”】

放送日 2019年5月14日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

銀座を変える!“新参者” (バラエティ/情報)
22:00~

クラブツーリズム主催の銀座路地裏ツアーや、「ロフト銀座店」などを紹介。4月4日にオープンした無印良品 銀座では全7000品目が並ぶ。店の上には無印良品を使ったMUJIホテルがある。

無印良品 銀座を訪れた江口洋介を店長の齊藤正一さんが案内した。野菜に注目した齊藤さんは「形が不揃いでも旬であればいいということを伝えて行きたい」と話す。

本社の「良品計画」では弁当の試作品が作られていた。コンビニ過疎地の銀座エリアに目を付けた良品計画。担当者は「お昼に何を食べようか、という時に無印弁当となればうれしいと思う」と話す。

銀座店の目玉となる1階フロアの責任者、榊かおるさんは農業大学卒業後、青果市場で勤務。6年前に無印良品に転職した。榊さんは埼玉の農家を訪れ生産者と交渉。菜の花を目玉商品にしようと考えていた。榊さんは「アイテム数ではスーパーに敵わないけど1つ1つの商品を伝えていくことを銀座の店でやりたい」と話した。

4月1日。この日初めて売り場に試験的に商品が運び込まれた。榊さんは味の他にも菜の花が作られる環境や農家の思いを言葉に乗せ、菜の花を陳列した。4日のオープン当日。試食コーナーには客が集まっており、菜の花農家の田下隆一さんも応援に駆けつけていた。もう一つの目玉、日替わり弁当も次々に売れ、用意した150個は昼前に完売した。オープン1カ月間で目標を7割上回る客が訪れた。

今、銀座からスーツ姿が消えつつあった。この状況に危機感を抱くのは「阪急メンズ東京」。阪急阪神百貨店が2011年に開業、銀座エリアで唯一男性にターゲットを絞った百貨店。2016年に「東急プラザ銀座」がオープンし翌年には「ギンザシックス」がオープンした。阪急阪神百貨店・溝口博之さんは「他と同じことをしていても規模やメンズに特化している特徴からすると埋もれてしまう可能性が大きい。新たな先行価値をどう出すか、をポイントにリニューアルを考える」と話す。キーワードはビンテージ&リバイバル。希少価値の高い一点物で勝負を賭ける。

キーワード
クラブツーリズム
奥野ビル
ニトリ プランタン銀座店
ロフト銀座店
無印良品 銀座
良品計画
銀座(東京)
風の丘ファーム
コウサイタイ
阪急メンズ東京
阪急阪神百貨店
東急プラザ銀座
ギンザシックス

銀座を変える!“新参者” (バラエティ/情報)
22:25~

案内人の江口洋介が阪急メンズ東京を取材、店長の山名伸治さんは「阪急メンズ東京のコンセプトは男の冒険基地」だとし、7階は「ヴィンテージ&リバイバルフロア」と紹介した。「ストレイシープ」のオーナー世田匡典さんは1970年代のものが多いとし、100年以上前の消防服もあると説明した。江口は試着をし「時代を感じる」と話した。山名さんは「客の趣向が多様化し銀座もすごいスピードで進み、個性的なものを打ち出す必要があった」とした。

全仏オープン告知。

3月7日川崎市のストレイシープ川崎を取材、ストレイシープはヨーロッパで古着を買い付けている。1番古いものは1800年代後半の消防士のパンツ。オーナーの世田匡典さんがヨーロッパのマーケットで一手に購入する。世田さんは新しい客を掴むために阪急メンズ東京への出店を決めた。3月15日に阪急メンズ東京がリニューアルオープン。ストレイシープは7階に店を構えた。1950年代のイギリスのジャケットは未使用の掘り出し物、約600の中から気に入ったものを探す。客は歴史を感じるし、服の原点のような感じもするとした。ギンザレコードには1970年代~の作品が揃う。「Mid-Century MODERN」ではアメリカの50年前のソファなどが販売される。いずれも半年近く口説いて出店してもらったという。

4月24日阪急メンズ東京を取材、7階売り場責任者の松岡雄介さんは平日午後5時過ぎだが「客がいないことに手を打たないといけない」とした。リニューアルオープン時に賑わっていたストレイシープのオープン初日は多くが常連だった。松岡さんは他のスタッフに現状を伝えた。

キーワード
全仏オープンテニス2019
ストレイシープ
阪急メンズ東京
銀座(東京)
阪急メンズ 東京
川崎市(川崎)
ストレイシープ 川崎
Mid-Century MODERN
ギンザレコード
ゴールデンウィーク

銀座を変える!“新参者” (バラエティ/情報)
22:39~

5月4日阪急メンズ東京を取材、7階売り場責任者の松岡雄介さんは1階正面のスペースにヴィンテージ商品など7階の目玉商品を展示。オープンして3時間ようやく足を止めてくれる客がいた。担当者が声をかけて客は7階のストレイシープに向かった。さらに初めての客が来店、約6万5000円のジャケットを1時間迷って購入を決めた。ストレイシープが欲しかった新規の客だった。オーナーの世田匡典さんは古着を見ていなかった人が多いのでいろいろなアプローチをしたいと話した。松岡さんは「時間はかかるが近隣にない店舗なので1番になれる」と話した。

夏に向けた目玉商品を探し当てていた。

全仏オープンテニス告知。

キーワード
ゴールデンウィーク
阪急メンズ東京
ストレイシープ 有楽町
全仏オープンテニス2019

銀座を変える!“新参者” (バラエティ/情報)
22:49~

4月4日、無印良品銀座を取材、最大の売りは野菜。5月8日茨城県つくば市の小菅農園で榊かおるさんはマドンナを食べて絶賛した。榊さんは夏の目玉にしようと考えた。榊さんはさらに美味しくても商品にならないトマトを売ることができればいいと思っていたとした。

全仏オープンテニス2019告知。

キーワード
無印良品
全仏オープンテニス2019
マドン
トマト
つくば市(茨城)
銀座(東京)

エンディング (その他)
22:51~

「ガイアの夜明け」の次回予告。

ビジネスオンデマンドとParaviの告知。

キーワード
ビジネスオンデマンド
Paravi

番組宣伝 (その他)
22:52~

「WBS」の番組宣伝。クリスマスの“故郷”に危機。

スポット

インテリア

Mid-Century MODERN
ニトリ プランタン銀座店

ファッション

ストレイシープ 川崎
ストレイシープ
ストレイシープ 有楽町

レジャー/交通

奥野ビル

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

ロフト銀座店

旅行

クラブツーリズム

流通

東急プラザ銀座
阪急メンズ東京
阪急阪神百貨店
無印良品
無印良品 銀座
風の丘ファーム
阪急メンズ 東京
ギンザシックス

趣味/スポーツ

ギンザレコード
  1. 前回の放送
  2. 5月14日 放送
  3. 次回の放送