ガイアの夜明け サンデーSP

放送日 2019年1月27日(日) 16:00~17:15
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

OP映像が流れた。

メイドインジャパン 新たなる進撃 (バラエティ/情報)
16:00~

「FOMM ONE」は1回の充電で160kmの走行が可能な電気自動車。軽自動車の3分の2ほどの大きさで大人4人乗れるのが特徴。足元にはブレーキペダルのみ。アクセルは手元のレバーで操作する。バッテリーは取り外して交換できる。さらに、緊急時に水上走行が可能。鶴巻日出夫さんは作ろうと思った理由を震災の影響だと話した。かつてトヨタの系列会社に居て、東日本大震災の時ひとり乗りの電気自動車「コムス」を開発していた。現在は6年前に立ち上げた社員19人のベンチャー企業「FOMM」で働いている。車の開発は同じ敷地内にある倉庫でホンダなど大手自動車メーカーから転職した人たちと行う。電気自動車のFOMM ONEは車体が軽く出来ている。実験を繰り返して防水性能を高め水に浮くようにした。

去年の暮れにメディアの前に現れたのが2体のロボット「LOVOT」は可愛いが先端技術の塊、頭上に付けられたカメラは360度見渡し周囲の人の顔や名前をなど記憶・認識する。名前をつけて呼ぶと近寄り撫でると眠るなど触れ合いを人工知能が蓄積し相手に対し対応を変える。今秋以降発売予定となっており2体セット59万8000円(税別)。開発した杉要さんいわく人の代わりに仕事はしないが人を元気にするための存在とのこと。38歳までトヨタ自動車に勤務していたが人生が大きく変わったのは孫正義さんに出会い直々に誘われ2012年にソフトバンクに転職した。当時進められていたペッパーの開発に参加した。2015年に販売開始し今では店などでその姿が見られ働くロボットとしておなじみとなっている。しかし林さんは販売から3ヶ月後に退社、その理由は金や時間を費やしこれ以上出来ないと感じロボットは半ばトラウマとなったとのこと。1ヶ月後くらいで今までのプレッシャーに解放され思いついたのが家庭用小型ロボットだったという。ロボットも人の仕事に役立たなくても人を元気づけられるのではないかと思ったと林さんは語る。

水に浮く電気自動車を開発した鶴巻さんはバンコクへ向かった。成長を続けるアジアの大都市の町中にFOMM ONEの姿が。車の市場が大きくなるところでEVを出したいという。東南アジアでも車の所有率が高く渋滞だらけ。タイ政府は排気ガス対策とし、電気自動車の導入を推奨。洪水被害が多く、水に浮く車は役に立つ。現地事務所を設立し販売に向けた準備を進める。10月、バンコク郊外の工場で、4人で乗った状況を想定した耐久テストを行うと、タイヤ付近に異変、タイヤと車体の接続部品に破断が。量産を目前にしての重大トラブル。

鶴巻さんは1962年福島・喜多方市生まれ。小学生のころ初めて父のバイクに乗せてもらったことが原体験だという。82年、高校卒業後にスズキ自動車に入社。オートバイの設計士になり、35歳でトヨタ系列に転職するまでさまざまなバイクの設計に携わった。専務の伊藤さんはスズキに居た時の上司。横浜市内の家賃3万円のワンルームマンションで暮らしている。家族を静岡に残し、部屋に貼ってあるかつての仲間たちの寄せ書きのポスターと長男・直人さんが書いてくれたカードが心の支え。

東京で就職した娘・彩花さんと待ち合わせ。うまくいっていなくても心配をかけるだけなので仕事の話はほとんどしないと日出夫さんは語った。2018年4月、FOMM ONEがデビューに向けてタイ・バンコクへ運ばれた。

日本で連絡を受けた鶴巻さんは一から設計図を見直す。設計図では金属のフレームと丸い部品を全面的に溶接することになっていた。しかし実際は上下2か所のみで溶接し隙間が空いていた。日本では隙間なく溶接されていた。コストダウンでメーカーを変えていた。気づかずに発売していたら大きな事故に繋がっていた可能性も。

2015年にGROOVE Xを創業し多彩な人材が集結し全く新しいロボットの開発が始まった。仲間は芯のある感じがするなどと話した。夢にまで見た理想のロボット完成には独立から3年経っていた。

11月上旬、バンコクで鶴巻さん達が向かったのは市内のカート用コース。FOMM ONEの試乗会を実施。「目標は1万台だが予約台数が伸びなかったら迷惑をかける。いかに全社一丸で客に理解してもらうか」と言った。価格は約200万円。大勢の人が見に来て試乗した。「運転しててとても楽しい」と好評価。ネット関連の実業家は自動車販売もしたいという。車椅子の男性は試乗後すぐに購入の予約をした。「普通の車は運転できないがこの車はアクセルが手で操作できる」と言った。鶴巻さんは「手で操作するのが慣れないから辞めた方がいいと何回も言われた。 利点もあって信念もってここまでやってきたのが報われた」と言った。

自分らが妥協しては客を満足させられない、お金を集めて起業しているから使命感で動きぶれていないなどと語る林さん。2018年1月23日にソフトバンクロボティクスから報道機関に届いたメールは林氏にペッパーの「父」「生みの親」などという呼称は誤りのため使用しないよう求める異例の申し入れだった。林さんは後ろめたいことは1ミリもないなどと話す。

ソフトバンクから独立し自分の理想のロボットを作り始めた林要さん。去年1月、報道機関にPepperを開発するソフトバンクロボティクスから1通の手紙が。林さんに「Pepperの父」「生みの親」などの呼称を使用しないよう求めるものだった。林さんは社員に「孫さんがペッパーをやらせてくれなかったらこの会社はない。違うものを違う観点から作っているので悪いことは一切ない」と説明した。去年末、GROOVE Xのオフィスでは投資家向けイベントの準備が行われていた。資金調達の為、開発中のラボットに直接触れてもらう。投資家向けイベント前日、ロボットが名前を呼んでも反応しない。人が多いと挙動がおかしくなることがわかった。本番まであと16時間、全スタッフで原因究明。

キーワード
大阪万博記念公園
FOMM ONE
津波
コムス
東日本大震災
かわさき新産業創造センター
FOMM
ホンダ
LOVOT
トヨタ
吹田市(大阪)
川崎市(神奈川)
人工知能
スズキ自動車
トヨタ自動車
ソフトバンク
孫正義社長
直人さん
ペッパー
ホルモン
喜多方市(福島)
静岡県
クリスマス
バンコク(タイ)
新宿(東京)
GROOVE X
ソフトバンクロボティクス
Pepper
孫さん
中央区(東京)

メイドインジャパン 新たなる進撃 (バラエティ/情報)
16:38~

投資家向けの大事なイベント前日、ロボットに重大なトラブルが見つかり、林さんの指示で原因究明が続く。無事バグが見つかり、直してもらった。原因は人が多くなると画像と音声の大量のデータを処理しきれなくなるプログラミングのミスだった。林さんは「多くの場合はコード最終決定したら安定化のために手を付けないが、うちは安全面に振っていても話題にならなければ死ぬ会社なので頑張った」と話した。12月13日、イベント当日会場には100人を超える投資家が現れた。林さんは殆ど寝ていない中プレゼンを開始、前日に見つかったトラブルは林さんとスタッフたちが哲也で修正、発表会に続いて体験会。政府系ファンドの担当者が体験し「触り心地も良かった。投資した成果が出ている」と話した。他の投資担当者は「子どもが小さかった時を思い出す。世の中に無いものを持ってきたのはすばらしい」といい評価だった。大きなピンチを乗り越えた林さんは次の舞台を見据えていた。

年が明けて1月6日、アメリカ・ラスベガスにやってきた林さん。狼煙をあげようと世界最大級の先端技術の見本市へ向かった。今年は世界中から18万人が詰めかけ、開発中の空飛車など未来の自動車やロボットが集まるコーナーもあり、中国からは二足歩行ロボットも。林さんの目に止まったのはドイツの会社が開発した4足歩行の宅配ロボット。林さんもこのイベントでLOVOTを世界初披露し海外メディアを虜にし「世話が焼けるロボットは面白い、愛されるロボットは革命的」と評価を得た。この反響に一番驚いていたのが林さん自身で「普通に受け入れてくれたのが意外だった。何の役に立つのかにあきれているのかも。何年かの内に必ず立ち上がる市場」などと話した。

オーストラリア・シドニーで男性が訪れたのは現地の一般的な家庭。普段の生活の不便なことを聞いて回るのは小久保さん57歳。キッチンの収納棚には保存容器がたくさんあり、もう一つの棚にもたくさんあり使っていないものもあった。次に訪れたのはキッチン用品の専門店で調理グッズが並んでいるが値段が高いとして、計量カップは日本では400円程度だがオーストラリアでは2倍。大久保さんは真剣に見ていて「もっと良いものを高品質で一工夫、機能をつけた商品で日本製でリーズナブルな価格で売れる」と話した。和歌山海南市に小久保さんの経営する会社があり、扱っているのは100円ショップ向けの商品。小久保さんは100均業界で知らぬ人はいないヒットメーカーで世界を狙っていた。

キーワード
産業革新機構
CES
LOVOT
ラスベガス(アメリカ)
小久保工業所
シドニー(オーストラリア)
海南市(和歌山)

メイドインジャパン 新たなる進撃 (バラエティ/情報)
16:50~

長澤美千代は週に2~3回は100円ショップを巡る。100円ショップの新商品は月に600種類を超える。子どもたちも100均グッズで手伝いをする。グッズを作っているのは小久保工業所。小久保好章は4000種類の家庭用品を開発。最大のヒットは「洗顔用泡立てネット」。少ない洗顔料で細かい泡を立てることができる。「くるりんカッター」も発明した。ちょっと楽しく、ちょっと便利な商品を作っている。60冊を超えるアイデアノートがある。小久保好章は「日々あるものをやり続ける。」などとコメント。企画会議では企画18本を約20分で選別。趣味はツーリング。自ら商品を売り込んでいる。

午前5時30分、小久保社長が出勤。1988年創業、従業員は92人。一代で年商65億円の企業に。小久保社長は和歌山県海南市生まれ。高校卒業後、衣料品メーカーに就職。小久保社長は「明らかに自分の商品が良ければ推せる。そういう商品を作りたかった。魅力は受注数。」などとコメント。100円ショップは期間限定の催事販売が主流だった。26歳で起業し、ガレージを事務所にしていた。創業以来、メイドインジャパンにこだわっている。小久保好章は「同じ金なら地元が潤ったほうがいい。日本の人口は減っていくから、その分海外に目を向けないと。」などとコメント。社員からはオーストラリアを想定したトングなどが提出された。

キーワード
ダイソー ギガ船橋店
セリア モナ新浦安店
小久保工業所
洗顔用泡立てネット
くるりんカッター
マグロ
サラダ
海南市(和歌山)
イワハシ
オーストラリア

メイドインジャパン 新たなる進撃 (バラエティ/情報)
17:04~

オーストラリア進出を目指す小久保さん。現地調査を進める中、オーストラリアの家庭では大量の保存容器が使われているというヒントを得た。11月上旬、オーストラリア向けの開発会議の中である社員が封を開けた食品などにかぶせるだけでフタができる商品を提案。シリコン製でファスナーがついているので自由に取り出せる。候補に決まった。12月、シドニー。市内の家庭用品店のオーナーは小久保さんの説明を聞き箱のまま使う家庭はあまりないと話し、次に向かった店でも断られた。12月8日、毎年5万人が訪れる日本文化紹介を行う「祭り ジャパン フェスティバル 2018」に商品を持ち込みし作品を展示すると客が途切れず商品が売れ続けた。門前払いしたマネージャーも商品に興味を持っていた。

水に浮く電気自動車「FOMM ONE」のこれまでの事前予約は約650台。タイでは3月から量産と販売を開始する。開発者・鶴巻さんの夜明けは開発した車を世界中の人が乗ってくれること。愛されるロボットを作る林さんの夜明けは常識に反するからと誰もやらなかったことの価値を分かってもらうことだとした。

エンディングテーマ・新井誠志さんの「夜空の花」が流れた。

キーワード
ダイソー ギガ船橋店
シリコン
祭り ジャパン フェスティバル 2018
メルボルン(オーストラリア)
シドニー(オーストラリア)
FOMM ONE
電気自動車
新井誠志
夜空の花
タイ

エンディング (その他)
17:12~

小久保さんの夜明けはない、どんどん新しい課題がある、なんとなく夜明けが見えるのを信じて走っていると話した。

エンディングテーマ・新井誠志さんの「夜空の花」が流れた。

ビジネスオンデマンドとParaviで配信中というテロップが表示された。

「ガイアの夜明け」の番組宣伝が行われた。

キーワード
新井誠志
夜空の花
ビジネスオンデマンド
Paravi
  1. 前回の放送
  2. 1月27日 放送
  3. 次回の放送