SUPER GT+ 第2戦 富士GT500

SUPER GT+(スーパージーティープラス)は、2011年4月10日からテレビ東京系列で放送されているSUPER GTの情報を中心としたモータースポーツ及び自動車情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月15日(日) 23:30~ 0:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
23:30~

オープニング映像。

スタートの順番やレースの内容を話したあとで、山本左近 は「最後まで気を抜けない」などレースの勝負どころを話した。

第2戦 富士 GT500 (スポーツ)
23:31~

110周先のゴールに向かってレースがスタートした。レース6周で混走となりGT500とGT300が混走、44台が絡む最もエキサイティングな状況に。7位の佐々木大樹が接触によりペースが落ちた所で順位を落とす。3位を走るZENTの最速男立川祐路がペースを落とす。理由は路面が40度になり予選との温度の差が16度にもなっており、タイアのコンディションが悪い。2位ZENT立川が3位のMOTUCLロニーにとらえられるも、次の周で再び逆転をする。上位勢で好調を維持しているのはカルソニックGT-Rのオリベイラのみ。セーフティーカーが入ることで、各チーム燃料補給のタイミングを模索する。2位のS-ROADがペナルティ覚悟でピットに入り燃料を補充、ZENTは1周あとにピットインを指示。セーフティーカー解除と同時に、一斉にピットインを行なう。ここで、ZENTがガス欠でリタイアしてしまう。レースは残り14周になり、オリベイラのカールソニックが再びトップに踊り出る。

このあと、サーキットに絶叫が響き渡る!そしてレースクイーンも紹介。

キーワード
富士スピードウェイ
佐々木大樹
立川祐路
山本尚貴
石浦宏明
GT-R
LEXUS RC F
NSX

第2戦 富士 GT500 (スポーツ)
23:52~

レースは残り4周となったがカルソニックのマシンから不穏な煙が舞い上がる。2位のモチュールがコーナーで距離を詰めているが、カルソニックがなんとか1位をキープする。

キーワード
モチュール
カルソニック

第2戦 富士 GT500 (スポーツ)
23:54~

このあと、レースクイーンを紹介。

レース序盤のホンダと同様に、残り4周で1カルソニックがタイヤバースト。レースは2年連続でMOTULがGT500WINNERになった。

キーワード
GT500

エンディング (その他)
23:57~

エンディングテーマ:「DRIVE」Alvin Risk

「SUPER GT+」の次回予告。

エンディングテーマ:「DRIVE」Alvin Risk

今回のレースクイーンはS ROAD Girlの佐崎愛里です。

キーワード
Alvin Risk
DRIVE
S Road GT-R
佐崎愛里
  1. 前回の放送
  2. 5月15日 放送
  3. 次回の放送