SUPER GT+ 第2戦 富士速報

SUPER GT+(スーパージーティープラス)は、2011年4月10日からテレビ東京系列で放送されているSUPER GTの情報を中心としたモータースポーツ及び自動車情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月8日(日) 23:30~ 0:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
23:30~

オープニング映像。

今夜はスーパーGT第2戦富士の模様を速報で紹介する。

オープニングトークで、スーパーGT第2戦の公式練習の結果を伝えた。

オープニングトークで、富士スピードウェイでのスーパーGT第2戦の公式練習の模様を紹介。トップタイムのカルソニックのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは不安をこぼした。公式練習3位のゼントはギリギリまで調整、石浦宏明は今のままではまだダメだと話した。

キーワード
スーパーGT
富士
ゼント
カルソニック

第2戦 富士 速報 (スポーツ)
23:33~

このあと、大波乱の決勝がスタート。想像を絶する驚愕のドラマが!そして、モンスターマシンが暴れまくるGT300でポールを奪ったのは?さらに、大人気のレースクイーンのコーナーも!

富士スピードウェイでのスーパーGT第2戦のノックアウト予選Q1の模様を伝えた。GT500はQ1で上位8位までがQ2に臨める。中尾明慶は各チームがタイヤを温め、グリップを最大限に生かしアタックできるチャンスは1-2回だとし、予選Q1Q2で使用したタイヤは決勝スタートで使用しなければいけないので、できるだけ使いたくないので少ない周回で挑みたいと解説。チャンピオンのMOTUL松田次生がタイムアタックのタイミングを図った。Epsonのベルトラン・バゲットがコースアウト。千代勝正は松田のタイムを上回って、トップ通過。ARTAの野尻智紀が11位、ジェームス・ロシターは10位、RAYBRIGの山本尚貴8位に入った。中尾明慶は本山哲と立川祐路のバトルが見れると話した。

富士スピードウェイでのスーパーGT第2戦予選Q1トップS Roadのドライバーは本山哲、カルソニックはオリベイラ、ゼントは立川祐路が予選Q2に挑む。山本左近はストレートで蛇行することでタイヤを温めると解説した。 MOTULのロニーが4番手、S Roadは本山哲は2番手、カルソニックはオリベイラはポールポジション、ゼントは立川祐路が3番手だった。オリベイラはポールポジションがとれ安心した、決勝で勝つとは話した。

キーワード
スーパーGT
富士
Epson Nakajima Racing
NISMO
ARTA
カルソニック
ゼント
S Road MOLA

第2戦 富士 速報 (スポーツ)
23:48~

このあと、未来を担うレーシングドライバーが熱いバトルを繰り広げるFIA-F4!そしてサーキットの女神に大興奮。

富士スピードウェイでのスーパーGT第2戦のGT300の予選Q2模様を紹介。ARTAの小林崇志がコースレコードでポールポジションを獲得した。

キーワード
FIA-F4
スーパーGT
富士
ARTA

FIA-F4 (スポーツ)
23:51~

このあと、大波乱のGT500決勝がスタート!そして、今回紹介するレースクイーンも登場。

富士スピードウェイでの、FIA-F4 第3戦の模様を伝えた。FTRS宮田莉朋がポールポジションからのスタートしたが、スタート失敗。河野駿佑が早々にリタイア、宮田が小高一斗を一気に抜き、トップを獲得。宮田はブレーキミスで4番手に落ち、川端伸太朗とともにリタイア。小高一斗が初優勝。

富士スピードウェイでの、FIA-F4 第4戦の模様を伝えた。FTRS宮田莉朋が、スタート失敗6位に転落。川端伸太朗とともにリタイア。小高一斗が2連勝となった。

キーワード
スーパーGT
富士
FIA-F4

エンディング (その他)
23:57~

エンディングテーマ:「DRIVE」Alvin Risk

「SUPER GT+」の次回予告。

レースクイーンコレクションで、カルソニックレディーの鈴川亜美を紹介した。

キーワード
Alvin Risk
DRIVE
カルソニック
  1. 前回の放送
  2. 5月8日 放送
  3. 次回の放送