和風総本家 「夏祭り縁日を支える職人たち」

『和風総本家』(わふうそうほんけ)は、テレビ大阪の制作により、テレビ東京系列で放送されているクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月4日(日) 12:54~13:55
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:54~

季節の小鉢は、この時期は身が厚く、風味と旨味が増すといわれるホヤを使った小鉢である。ホヤの酢の物。

キーワード
ホヤ
ホヤの酢の物

夏祭り縁日を支える職人たち (バラエティ/情報)
12:55~

恭の和風総本家は、縁日。絶品の屋台グルメや、縁日を支える職人の技を紹介。

厳格之進一家が縁日を訪れた。縁日に欠かせないある物が、群馬県前橋市で作られている。ソーセージが作られ、一本ずつ手作業でミックス粉をまとわせて油であげて、出来上がったのはアメリカンドッグ。昭和食品では1日6万本のアメリカンドッグを製造している。

屋台でよく目にする物、何を作っている職人さんかクイズ。ヒントは3つの鍵。一ノ鍵はステンレスの板。二ノ鍵は回転する巨大な機械。三ノ鍵は四角い木材。今日はゲストらが浴衣で登場した。正解、新潟県燕市で作られているのは、スパチュラであった。スパチュラはバターを塗ったりクレープを焼いたりする道具で、英語で画材道具のヘラを意味する。スパチュラを作っているのは富田刃物である。

遊び屋台に欠かせないある物を作っている職人さんが、東京都福生市の兵頭工芸にいる。藤を使った工芸品などを作っていたが、15年ほど前から縁日に欠かせない物を作り始めたという。

コイル状に成型した籐をカットし、くっつけて出来る。全国で数人しか作っている人がいないという。作っていたのは、輪投げの輪である。

縁日スイーツの王様であるたい焼きだが、生き残るのは大変だったという。もともと今川焼きが変化したもので、最初は鶴などの形もあったという。人気を不動のものにしたのは、「およげ!たいやきくん」である。

「二代目 和風総本家」の番組宣伝。

キーワード
前橋市(群馬)
スパチュラ
富田刃物
燕市(新潟)
福生市(東京)
およげ!たいやきくん

夏祭り縁日を支える職人たち (バラエティ/情報)
13:27~

縁日スイーツの王様であるたい焼きだが、バブル期にスイーツブームがやってきてティラミスなどが流行った。そのせいで、縁日にもクレープやチュロスやキャラメルポップコーンなどが出てきた。そこで餡のアレンジや、サイズをアレンジして対抗した。今はたい焼きパフェや、クロワッサンたい焼きが人気である。

栃木県小山市の工場で、縁日に欠かせないある物が作られている。二種類の鉄の棒を切断して5つのパーツにわけ、鉄製の材料を使って作る物とは何かというクイズ。スタジオでゲストらがこれについて考えた。

「緊急SOS!ヤバい現場に行ってみた!」の番組宣伝。

「二代目 和風総本家」の番組宣伝。

キーワード
およげ!たいやきくん
小山市(栃木)

夏祭り縁日を支える職人たち (バラエティ/情報)
13:42~

栃木県小山市の工場で、縁日に欠かせないある物が作られている。鉄の棒や輪っかを溶接しながら組み立てていく。

「緊急SOS!ヤバい現場に行ってみた!」の番組宣伝。

日本の地名 (バラエティ/情報)
13:44~

日本の地名を紹介。宮崎県の「川水流」「かわずる」である。

エンディング (その他)
13:45~

「和風総本家」次回予告。

夏祭り縁日を支える職人たち (バラエティ/情報)
13:49~

栃木県小山市の工場で作られている縁日に欠かせない物とは、マヨネーズスタンドである。タカマチ産業は縁日屋台で取り扱う様々なものを作っている会社である。屋台の台も、タカマチ産業が考えたと言われている。クイズは誰も正解することはできなかった。

「二代目 和風総本家」の番組宣伝。

キーワード
タカマチ産業
  1. 前回の放送
  2. 8月4日 放送
  3. 次回の放送