和風総本家 秋の京都を支える職人たち

『和風総本家』(わふうそうほんけ)は、テレビ大阪の制作により、テレビ東京系列で放送されているクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月4日(日) 14:00~15:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
14:00~

豆助の旬ごはんは栗を使った栗ごはん。

京都の伝統を守る職人たちに密着!秋の京都を支える職人たち。

キーワード
栗ごはん
京都府

秋の京都を支える職人たち (バラエティ/情報)
14:02~

京都の文化財を拝観できるのもそれを守り続ける人がいるからこそ。ある世界遺産を支える職人の作業を撮影。職人さんは荒れた地面から石を取り除き下準備。杉苔を使うこの現場は仁和寺。ここに広さ700平米の2つの苔庭を造る。職人は木の板で苔をすくい地面に置く苔張りの作業を行う。石の間にも苔を植える。今回苔庭を手がけるのは京都屈指の職人たち。

つづいて職人は苔に水をかける。苔が柔らかくなったらコテで叩き地面と密着させる。さらに継ぎ目は叩き伸ばして消していく。最後の一面に苔張りをして作業は終了。

仁和寺の霊宝館は阿弥陀三尊像など所蔵品を展示・保存している。秋季名宝展の準備作業を見学。作業は微妙な感触を確かめながら素手で行われる。

北野天満宮近くにある行列が出来るとようけ茶屋はとようけ屋 山本が営む店。自慢のメニューはとようけ丼。京都では華やかな文化が受け継がれている。金竹堂では銀糸を使い、京都の文化に欠かせないものが作られる。銀糸を針金に巻きつけ渦巻き型のパーツを作る。

華やかな京文化を彩る物とは?という問題が出題。出演者が答えを予想。正解は、職人さんが羽二重を折り畳み、渦巻き型のパーツなどを合わせて作った花かんざし。

舞妓に欠かせない花かんざしはひと月ごとに違い、季節の移ろいを表す。クイズは全員が正解。森脇健児がマラソン大会の開催日を暗記していることがわかった。

天龍寺は紅葉の名所。鳴海餅本店では京都で古くから愛されるものが作られている。丹波栗を手作業でむき蒸し上げて栗餅ができる。南禅寺、東福寺なども紅葉の名所。京都の神社やお寺を支える職人が倉庫である準備のための作業をはじめる。

京都の神社やお寺を支える職人が倉庫である準備のための作業をはじめる。積荷を載せたトラックは平安神宮に向かう。流し台を所定の位置に設置し水道の蛇口を取り付け水場が完成。木の板は床机に。境内の6箇所で設営を行う。職人は江戸時代から続く矢野貸物店。お茶会の催しが行われる会場の設営が着々と進む。

お茶会で使われているこれらのパーツで出来る物とは?という問題が出題。出演者が答えを予想。それはお茶会に来た人が利用するもの。

豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

キーワード
建仁寺
風神雷神図屏風
俵屋宗達
法堂天井画 双龍図
杉苔
仁和寺
東福寺
祇王寺
霊宝館
阿弥陀三尊像
多聞天立像
愛染明王坐像
文殊菩薩坐像
八坂庚申堂
金戒光明寺
七草湯どうふと精進料理
北野天満宮
とようけ茶屋
とようけ屋 山本
とようけ丼
京七宝
金竹堂
羽二重
花かんざし
舞妓
天龍寺
鳴海餅本店
丹波栗
栗餅
南禅寺
平安神宮
矢野貸物店
豆助LINEスタンプ
番組HP

秋の京都を支える職人たち (バラエティ/情報)
14:34~

お茶会で使われているこれらのパーツで出来る物とは?という問題が出題。正解は下足棚。

平安神宮のお茶会では職人が設置した下足棚が必要不可欠。準備の翌日、煎茶献茶祭と茶会が開催。京都煎茶家元会6つの流派がお点前を披露する。矢野貸物店は幕末からレンタル・リース業を営む。布団のレンタルから始まり人力車の貸し出しも行い、やがて催しのための設営も手がけるようになった。クイズは中村芝翫らが正解。

京都の伝統工芸といえば西陣織など。染め物が盛んな京都で発展した伝統工芸は全国で数人しかできない貴重な技。

豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

「池上彰の現代史を歩く」の番組宣伝。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

キーワード
平安神宮
煎茶献茶祭と茶会
矢野貸物店
西陣織
清水焼
豆助LINEスタンプ
番組HP

秋の京都を支える職人たち (バラエティ/情報)
14:43~

染め物が盛んな京都で発展した伝統工芸。生地に絵柄を転写し一部分を切り取る。そこに型紙をかぶせる。つづいて金箔を乗せ模様を浮かび上がらせる。これは金彩という伝統工芸。さらに別の糊で模様に変化をつける。ここからの加工には特殊な糊が欠かせない。糊により絵柄が立体的になり、その上から金粉がまかれる。仕上げに様々な金粉を加えて完成。金彩は安土桃山時代に京都で発展、着物や帯に仕立てられる。金彩は京都迎賓館で見ることが出来る。

豆助LINEスタンプが登場!詳しくは番組HPまで。

「池上彰の現代史を歩く」の番組宣伝。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

キーワード
金彩
京都迎賓館
豆助LINEスタンプ
番組HP

秋の京都を支える職人たち (バラエティ/情報)
14:54~

金彩は京都迎賓館で見ることが出来る。それは藤の間に飾られる綴織壁面装飾「麗花」。金箔3300枚を使い1か月かけて制作した大作。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

キーワード
金彩
京都迎賓館
麗花

エンディング (その他)
14:55~

テーマ曲:縁の詩~えにしのうた~/上妻宏光。挿入曲:一心/KOBUDO-古武道-feat.上妻宏光

エンディング映像。

森脇健児は年に一度来るなどと話した。

和風総本家の次回予告。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

キーワード
KOBUDO -古武道-
一心
上妻宏光
縁の詩~えにしのうた~

スポット

グルメ

とようけ茶屋
鳴海餅本店
とようけ屋 山本

ファッション

金竹堂

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

矢野貸物店

宗教

八坂庚申堂
平安神宮
祇王寺
仁和寺
天龍寺
南禅寺
建仁寺
東福寺
金戒光明寺

政治/経済/地方自治体

京都迎賓館
  1. 前回の放送
  2. 11月4日 放送
  3. 次回の放送