和風総本家 日本の再生職人

『和風総本家』(わふうそうほんけ)は、テレビ大阪の制作により、テレビ東京系列で放送されているクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年6月26日(日) 11:55~12:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:56~

今日の小鉢は寒さから身を守るため葉のデンプンを凍りにくい糖に変える白菜を使った「白菜と帆立のさっと煮」。

キーワード
白菜と帆立のさっと煮
白菜

日本の再生職人 (バラエティ/情報)
11:57~

問題を出題。職人さんが再生する物を答える問題で4つのヒントが出される。

「綾小路きみまろの人生ひまつぶし」番組宣伝テロップ表示。

出演者の紹介とゲストの紹介。高橋克実さんが増田アナがテレビで見た時と失礼の感じが一緒だとコメント。

神奈川県・横浜市にある物を蘇らせる職人さんがいる。その答えは靴。

今回修理を行うのはハドソン靴店。年間で2000足もの修理を行う村上さんの師匠は佐藤正利さん。再生を依頼していたのは神奈川・横浜市在住の土川さん。7年前の結婚以来に毎日のように履いていたが壊れて以降4年間靴箱の中にあった。再生開始。お値段は5万円。

全員が不正解だった。

問題を出題。職人さんが再生する物を答える問題で4つのヒントが出される。

4つのヒントをもとに再生するものを考えた。高橋、小泉、東は高橋に似ているというヒントから仏像と答えたが不正解だと即答された。

今回再生の以来をしたのは滋賀県彦根市にある法蔵寺のご住職。正解は拝殿にある山号額の修復。

山号額は寺院が所在する山の名称や仏教用語などが三号として付けられるもの。今回の山号額には獅子吼山の文字が書かれている。再生開始。

キーワード
横浜市(神奈川)
ハドソン靴店
松ヤニ
佐藤正利
彦根市(滋賀)
法蔵寺

日本の再生職人 (バラエティ/情報)
12:27~

山号額の裏には元文ニ年七日朔日の文字が書かれている。さらに製作者や寄進者の文字があった。山号額の再生開始。まずサンドペーパーで残っている色を落としていく。そして下地を施していく。さらに文字に金箔をのせていく。一発勝負の彩色作業がはじまった。

「緊急車両24時」の番組宣伝テロップ。

日本の再生職人 (バラエティ/情報)
12:40~

一発勝負の彩色作業がはじまった。すべての作業が終わり元の山号額と比べた。お値段は100万円。

「和風総本家」の番組宣伝テロップ。

秋田県にある雪車の紹介。

日本の再生職人 (バラエティ/情報)
12:49~

ご住職の那須さんがが山号額と対面。

「緊急車両24時」の番組宣伝テロップ。

エンディング (その他)
12:50~

エンドロールが流れた。

テーマ曲「縁の詩~えにしのうた~/上妻宏光」。

クイズの正解者はいなかった。

キーワード
縁の詩~えにしのうた~
上妻宏光
  1. 前回の放送
  2. 6月26日 放送
  3. 次回の放送