和風総本家 世界で見つけた Made in Japan

『和風総本家』(わふうそうほんけ)は、テレビ大阪の制作により、テレビ東京系列で放送されているクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年12月12日(土) 13:00~15:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

季節の小鉢。今が旬なのは、冷たく乾いた風にあてることでより甘みが増す「干し柿」。甘みを食感を生かす「干し柿の白和え」は美味しく食べられる小鉢の一つ。

キーワード
干し柿
干し柿の白和え

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:01~

世界で見つけたメイドインジャパンに迫る。

世界で見つけたメイドインジャパンに迫る。フィンランドのヘルシンキにあるレストラン・アイノでは採れたての海の幸が食卓を賑わせる。オールドマーケットホールでは伝統料理のムイッククッコなども見ることができる。

フィンランドでメイドインジャパンをアンケート。ファツェルの「Geisha」は日本の芸者にあやかり、夢を与える存在として命名されたもの。

サウナはフィンランドが発祥でフィンランド語で「蒸し風呂」の意味。国民の3人に1人の割合でサウナを所有している。サウナを楽しんでいる現地女性にメイドインジャパンについて聞くとたまごっちを知っていた。また、フィンランドは国民1人あたりのコーヒー消費量が世界一だった。

キーワード
フィンランド共和国
ヘルシンキ(フィンランド共和国)
レストラン・アイノ
バルト海ニシンのダブル・フィレ
オールドマーケットホール
ムイッククッコ
ファツェル
Geisha
バンダイ
たまごっち
コーヒー
サウナ

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:10~

フィンランドでカフェ「マヤ・コーヒー・ロースタリー」を経営しているタパニ・フオヴィネンさんにメイドインジャパンを聞いたところ、コーノの名前を挙げた。

キーワード
マヤ・コーヒー・ロースタリー

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:14~

タパニ・フオヴィネンさんが取り上げたメイドインジャパン、コーノとはコーヒードリッパーの製造会社の事だった。コーノこと珈琲サイフォンは大正14年創業の会社でコーヒーサイフォンを開発。突出したガイドが特徴で雑味が多い泡は上部に残り、ガイドが作る空間から雑味の少ないコーヒーだけが流れ落ちる仕組み。

フィンランドの人が知っているメイドインジャパンを紹介。シュヌーレの主人は「キンキ」という商品を使っており、他の女性は「キンキはクオリティーが高くて手に持った時の感触が柔らかい」と話した。

フィンランドで活躍するメイドインジャパンは日本の玉竹産業で作られていた。ここでは堅くてしなりのある丈夫な竹「孟宗竹」を使用していた。

スタジオで「冬のフィンランドで活躍するMade in Japanとは何?」という問題が出題され東貴博ら出演者達が考えた。丸型の刃で竹を削って細くし棒状にした後、奈良・生駒市の工場で研磨していった。

キーワード
ハンドドリップコーヒー
シュヌーレ
孟宗竹

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:29~

冬のフィンランドで活躍するメイドインジャパンは近畿編針が作るかぎ針だった。近畿編針は大正5年、尾山卯之吉氏によって創業されたがその道程は平坦なものではなく昭和30年代、火事で工場が全焼、一時廃業寸前になった。更に昭和60年代以降、編み物をする日本人が減少し国内の編み物人口は10分の1になった。

創業者の想いは4代目・尾山敬さんに受け継がれた。最盛期60名いた従業員は現在30人になったが年間100万本以上、34種類の編み針を製造。4代目の想いは海を越えフィンランドで近畿編針の商品が愛用されている。現地ではシュヌーレのオーナー夫人が編み物サークルを主催し、近畿編針のファンが集まっている。

デザイナーのモラ・ミルズさんはフィンランド編み物界の第一人者。様々なアイテムを作り編み物の可能性を広げている。近畿編針の愛用者で、かぎ針の製造工程を見て感動していた。そして、近畿編針の従業員達もフィンランドでかぎ針が親しまれている映像を見た。

キーワード
尾山卯之吉
かぎ針
シュヌーレ

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:44~

フィンランドでかぎ針が親しまれている映像を見た尾山敬さんは「海外のユーザーさんにこれだけ褒めてもらえるってありがたいなって思いますね」と話し、森達さんは「良かったなという感想です」と話した。

スタジオで渡辺徹は「良い物を信じて作ると絶対これを受け取ってくれる人は世界のどこかにいるのが素敵だな」とコメント。

アメリカ・ニューヨークのメイドインジャパンに密着。町の人達にメイドインジャパンを聞くとある男性は日立を取り上げ現在運転している車はトヨタのカムリだと教えてくれた。もう1人の男性は「こよさん」という聞きなれない地名を取り上げ、スタッフが「高野山」と気付いた。

スタジオでアメリカ・ニューヨークのジャズ・シンガーが愛用している「ジコー」とは何か考えた。また、DVD豆助っていいな。(4)、豆助写真集を各10名様にプレゼントすると伝えた。

アメリカ・ニューヨークに住むフランク・ロビンソンさんはジャズやブルースなどを歌うシンガーソングライターで、家でリラックスしている時に「ジコー」という日本製の商品を愛用している。その「ジコ-」という製品は兵庫・新温泉町の工場で作られ、繊細な作業が不可欠だとして多くの女性職員が担当。まずは振動に関わる米粒大のダンパーゴムを手作業で製造し、その後はアルミ製の極小パイプ、プラスチック樹脂が使われるという。

キーワード
かぎ針
エンパイア・ステーキ・ハウス
ポーターハウス・ステーキ
ニューヨーク(アメリカ)
高野山
日立
トヨタ
カムリ
豆助っていいな。(4)
豆助写真集
新温泉町(兵庫)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
13:59~

アメリカニューヨークのジャズ・シンガーが愛用するメイドインジャパン「ジコー」とは、音に関係があるもので、レコード針(交換用)だった。レコードプレイヤーにはカートリッジがありその先端にとりつける。

兵庫県新温泉町は、明治から昭和初期まで縫い針の産地で日本精機宝石工業も縫い針製造から針製造に転換した会社で、昭和41年からレコード針を作り続けている。しかし、レコード産業が衰退し多くの同業社が廃業していく中顧客の要望に対応しレコード針を作り続けており、愛好家達の間では日本精機宝石工業株式会社の頭文字からジコーと呼ばれている。針の音チェックには必ず女性演歌歌手でサ行が最も音の濁り具合を確かめやすいという。この針は海を超えアメリカニューヨークのジャズ・シンガーの人の家でも大切に使われていた。

アメリカニューヨークでジコーのレコード針を愛用しているゲナディツァフさんは、音楽のジャンルによってレコード針とプレイヤーを使い分けており中でジコーのレコード針を使ってかけるジャズが一番のお気に入りだという。

ジコーのレコード針を愛用するフランクさんに、日本でレコード針を作ってる様子をみてもらうと彼女たちは職人だと驚いていた。ジコーのレコード針を愛用する2人の様子を針を作っている日本精機宝石工業の方にみせると、とても嬉しそうにしていた。

「和風総本家スペシャル」の番組宣伝テロップ表示。

フィンランド・ロヴァニエミでは冬になるとオーロラが観測でき、12月の平均気温は氷点下12度だが多くの観光客が訪れている。町にあるレストラン ニリでは塩と胡椒で味付けされた「トナカイの骨付きステーキ」が人気。ロヴァニエミではサンタクロースの故郷として知られ、手紙の総数は年間で70万通にのぼる。そんなサンタにとってメイドインジャパンのものは弥生時代にブロンズで作られた銅鐸だという。

ロヴァニエミのサンタクロース村では新潟・燕市にあるフジイコーポレーションの製品が愛用されている。工場ではアーチ状に切りだされた鉄板に強度を増すために溝と捻りが加えられ、その鉄板を要所で型に固定し螺旋状のパーツができあがる。塗装したパーツを2つ結合することで、他の機材とも組み合わせて除雪機が完成。同社の除雪機は南極観測基地でも使われ、雪深い地域に住む人の生活を支えている。

フィンランド・ロヴァニエミの郊外に住むトゥオーマス・プラネンさんはテーブルやベンチといった北欧家具職人で、シンプルなデザインながら自然の風合いを活かしたものをコンセプトとしている。プラネンさんは兵庫・三木市の工場で特殊鋼を使って作られた製品を愛用。

出演者らには「兵庫・三木市で工場で作られ、フィンランドの家具職人が愛用している道具とは?」という問題が出された。ヒントとしては男女問わずに知っていて、学校でも使うことがあるという。

キーワード
レコード針
日本精機宝石工業
新温泉町(兵庫)
ニューヨーク(アメリカ)
オーロラ
ロヴァニエミ(フィンランド)
レストラン ニリ
トナカイの骨付きステーキ
フジイコーポレーション
サンタクロース村
燕市(新潟)
アルヴァ・アアルト
アアルト・スツール
三木市(兵庫)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
14:35~

兵庫・三木市の工場ではブレードと呼ばれるものを機械に1000枚セットし、30分かけて加工するとブレードにギザギザが刻まれた。片面にも刃を刻み、両端の刃の部分に焼入れすることで柔軟性と硬度を持たせた。

キーワード
三木市(兵庫)
ロヴァニエミ(フィンランド)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
14:40~

兵庫・三木市の工場ではブレードと呼ばれるものの両端に刃を刻み、そのギザギザ部分を焼入れすることで柔軟性と硬度を持たせた。そしてプレス機で刃を波型にし、手作業で10本のブレードを束ねた。

お寺でよく見かける梵鐘の数え方は「口」。

キーワード
三木市(兵庫)
梵鐘

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
14:44~

フィンランドの北欧家具職人は、日本製ののこやすりを愛用していた。神東工業という会社のもので、会社のある兵庫・三木市は日本有数の金物の産地。昭和19年から金切りのこぎりの刃を作っていたが、その高い技術を生かしてのこやすりを独自に開発した。

フィンランド・ロヴァニエミの家具職人であるトーマスさんは、神東工業ののこやすりを愛用している。軽い力で木を削れるため、家具を作る工程のあらゆる場面で使っているという。トーマスさんは神東工業の職人さんたちにメッセージを贈っていた。

キーワード
神東工業
のこやすり
フィンランド
ロヴァニエミ(フィンランド)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
14:52~

神東工業ののこやすりを愛用しているフィンランドの家具職人であるトーマスさんが、日本の職人にメッセージを送った。トーマスさんは、「本当に素晴らしい製品を作ってくれて、本当にありがとう」というメッセージを伝えた。

キーワード
神東工業
のこやすり
フィンランド

エンディング (その他)
14:53~

エンディングにて、クイズの正解は「ノコヤスリ」と発表された。

  1. 前回の放送
  2. 12月12日 放送
  3. 次回の放送