和風総本家 スペシャル「世界で見つけたMade in Japan」

『和風総本家』(わふうそうほんけ)は、テレビ大阪の制作により、テレビ東京系列で放送されているクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年5月23日(木) 19:58~21:48
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:58~

今回の豆助ニッポン旬の魚は「真魚鰹(まながつお)」。真魚鰹を美味しくいただく料理として真魚鰹の西京焼きを紹介。

キーワード
真魚鰹
真魚鰹の西京焼き

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
19:59~

アメリカ・サンフランシスコは西海岸を代表する一大観光都市。Levi’sやGHIRARDELLIチョコレートなど世界の名だたる企業も数多く誕生。ブエナ・ビスタ・カフェではアイリッシュ・コーヒーやチョッピーノなど世界の文化が混ざった料理が人気。

サンフランシスコでMade in Japanを捜索。すると街角に意外なMade in Japan製品を扱う店「バーナル・カッタリー」を発見した。この店は日本製の砥石を使用して包丁を研ぐ店だった。

老舗雑貨店の「ダンデライオン」は数々の有名レストランが食器の買い付けや相談に来る。オーナーが世界中から厳選した商品を扱っている。この店にある日本製品はガラス製品。アメリカでは食器よりも中身が重視されることも多く日用品のグラスにデザイン性はあまり求められていないため、日本のグラスのデザインに驚かされたとオーナーは語った。

サンフランシスコで見つけたMade in Japanのガラス製品は千葉県・九十九里町の菅原工芸硝子で作られたもの。この菅原工芸硝子で「約30年前に海外で注目を浴びた斬新なデザインとは?」というクイズが出題された。

出演者たちがクイズの回答を考えた。内藤剛志と東貴博は「くだものの形をした器」、眞鍋かをりは「ガラスの中に魚がいるような感じになる器」と回答。

千葉県九十九里町にある菅原工芸硝子は22歳~66歳まで現在33名が働いている。海外で注目を浴びた斬新なデザインのグラスの製造過程は、ガラスの原料を炉から取り出したあと、違う色の原料が新たに入るため炉の中に入っている物を全て取り出す。

次に灰色の粉を炉に投入して一晩溶かし続ける。翌日、職人さんがガラスを取り出し成型作業する。斬新なデザインでサンフランシスコを驚かせたグラスとは、真っ黒なデザインのグラスだった。薄くて軽くて丈夫だと30年にわたり人気。黒いガラスは厚みが目で判断できないのが難点のため経験と勘でガラスを薄く成型する。

ドイツ、ドバイ、アメリカ・サンフランシスコなど世界各国で見つけたMade in Japan製品を紹介。

黒いグラスが生まれたきっかけは、30年前にセレクトショップの店長が工場見学にやってきたときのことだった。1980年代はモノトーンファッションが流行していたため、セレクトショップの店長は工場長に「黒いグラスって出来ないんですか?」と質問した。2代目工場長は試作を重ね2年かけて黒いグラスを開発。黒いグラスが発売されると海外バイヤーが真っ先に注目した。菅原工芸硝子は職人自らがデザインを施した製品が2000種類以上。「ダービーオーナメント」は上下逆さにしても立つグラス。

アメリカ・ロサンゼルスに住むノーマンさん夫婦は菅原工芸硝子の製品を愛用している。ノーマンさんは大阪USJのデザインを担当し映画界でも活躍している。ノーマンさんの家にはダービーオーナメントもあった。ノーマンさん夫婦は日本製のグラスに飲み物を注いで庭でくつろぐのが楽しみ。菅原工芸硝子の職人さんたちにノーマンさん夫婦が菅原工芸硝子製品を使っている映像を見せた。

キーワード
Levi’s
ブエナ・ビスタ・カフェ
アイリッシュ・コーヒー
チョッピーノ
バーナル・カッタリー
ダンデライオン
ドイツ
ドバイ
サンフランシスコ(アメリカ)
GHIRARDELLI
ダービーオーナメント
砥石
九十九里町(千葉)
ロサンゼルス(アメリカ)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
20:23~

サンフランシスコとロサンゼルスで収録した映像を菅原工芸硝子の職人さんたちに見せた。職人さんたちは喜んだ。

東貴博は「職人さんたちも自分が作ったものが棚に飾られていて大切に使われていて嬉しいだろうね」と感想を述べた。山崎樹範はVTRは最高だがクイズは「ヒントが最低」とコメント。クイズは全員不正解。

アラブ首長国連邦ドバイは石油マネーを背景に急成長を遂げている。バージュ・カリファは828メートルの世界一高い建造物。食文化は多種多様で「アルファナール」「ケバブエマラティ」などバラエティに富む。

ドバイでMade in Japanを捜索。ドバイの街の人は日本といえば「和牛」「千代の富士」などの意見が挙がった。ドバイは世界有数の高級リゾート地で世界中の高級ホテルが集まる。その中でもバージュ・アル・アラブはドバイのシンボルとも呼ばれる世界最高峰のホテル。このホテルにMade in Japanがある。

キーワード
バージュ・カリファ
バージュ・アル・アラブ
グランド・ハイアット
インターコンチネンタル
ザ・リッツカールトン
シャングリ・ラ
ラッフルズ
ドバイ(アラブ首長国連邦)
アルファナール
ケバブエマラティ
JWマリオット・マーキース

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
20:31~

バージュ・アル・アラブ内にMade in Japanがあるということでバージュ・アル・アラブに潜入。世界一高い吹き抜けは180m。1泊28万900円~。部屋はイタリア産大理石が敷かれアメニティはエルメス。Made in Japanがあるのは最上階のバーだった。

このMade in Japanを作っているのは石川県白山市のニッコーの工場で作られている。材料は白い粉状のも の。材料をドラムマシンに入れ、15時間回転させて撹拌。水分を抜いて座布団状にする。さらに加工して成型し、コーヒーカップが完成。素焼きが終わったコーヒーカップに色をつけて機械に入れていく。

キーワード
バージュ・アル・アラブ
ニッコー
白山市(石川)
コーヒーカップ

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
20:40~

ニッコーの職人さんが機械にコーヒーカップを投げ入れていたのは小石で研磨して表面を滑らかにし、食紅を付けて細かな傷がないかチェックするためだった。白さと強度を兼ね備えたコーヒーカップは高い透光性も特徴。バージュ・アル・アラブのバーでは2007年に300セットのコーヒーカップを購入。

さらにドバイでMade in Japanを探す。ドバイは人口の約8割が外国人居住者。ドバイの街の人に声をかけると、ジャニーズが好きで特に嵐が好きだという女性に出会った。ほかにもAKB48を知っているという男性もいた。男性はカンドゥーラというアラブの民族衣装を着用していた。男性は民族衣装の生地が日本製だと話した。生地店「ムハンマド ヌール ターレブ イグジビション」で聞いてみると、トウヨウボウ、シキボウ、カネボウ、ユニチカなどほとんどが日本製の生地だった。

ドバイには1000以上のモスクがある。ドバイに住むアラブ人の約9割がイスラム教徒のため。イスラム教徒は1日5回決まった時間に聖地メッカの方角を向いて礼拝する。イスラム教徒が愛する日本製品がエナヤット・ブラザーズという雑貨店にある。店主に聞くと、25年前から取り扱っている。出張の多いビジネスマンや旅行で使う人に人気。

ドバイのイスラム教徒が愛用する日本製品は茨城県稲敷市の岡田製作所で作られていた。

キーワード
バージュ・アル・アラブ
AKB48
カンドゥーラ
ムハンマド ヌール ターレブ イグジビション
モスク
イスラム教徒
エナヤット・ブラザーズ
ニッコー
コーヒーカップ
ドバイ(アラブ首長国連邦)
トウヨウボウ
シキボウ
カネボウ
イスラム教
稲敷市(茨城)

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
20:48~

茨城県・稲敷市の岡田製作所の岡田さんを取材。岡田さんは製品がドバイのイスラム教徒に愛用されていることは嬉しいと話した。岡田さんはガラスの棒の先端を溶かし、ペンチでカットし、そのパーツを叩き壊した。壊したパーツを円形に並べ、上に松ヤニをたらしてパーツを固めた。

問題「ドバイのイスラム教徒が愛用するMade in Japanとは?」を出題。ヒントは特殊な金属の板と、その作業の前にはかならず時計を外すこと。

スタジオで東貴博らが答えを予想。増田は完成した製品は重要なものであり、長持ちさがぜんぜん違うと話した。

もう一つの重要なパーツを山本さんが紹介。山本さんは特殊な金属の板にプレス機で穴を開けた。台東区のYCMコーポレーションの職人が部品をあわせてコンパスを完成させた。YCMコーポレーションではアル・カーバコンパスなど年間20万個の高品質なコンパスを製造している。

アハマド・アル・ファラシーさんもアル・カーバコンパスを30年間、いつもポケットに入れ、持ち歩いている。アハマドさんは日本の職人に向け、これからも素敵な商品を作り続けて下さいとメッセージを送った。山本さんもこれからも良い品質のものを世界に出して行きたいと話した。

スタジオでクイズに答えた東らは全員正解した。山崎は宗教や文化も違う人が日本の良いものを使ってくれるのは嬉しいと話した。

ドイツの田舎町・レーアではツア・ヴァーゲなどの魚料理がレストランの定番メニューとなっている。ヘンドリックさんの工場を取材すると、職人たちが鉛で作業をしていた。

問題「何を作っている職人さん?」を出題。ヒントは鉛の板と丸い棒。スタジオで萬田久子らが答えを予想。増田は日本ではあまり作っていないもので、家にあるものではないとヒントを出した。真鍋は教会の鐘、内藤はストーブなどとそれぞれ解答した。

材料の鉛の板を砂の上で伸ばすことで鉛を適切な固さで板に出来る。丸い棒で鉛を成形し、職人が丁寧にハンダ付けし、大きさの違うパイプが出来上がった。正解はパイプオルガンだった。世界200以上のパイプオルガンを作ってきたユルゲンアーレントオルゲルバウでは日本製の金切りバサミが使用されている。

千葉県・南房総市の金切りばさみ職人・安西さんを取材。安西さんは廃業してしまったがドイツで金切りバサミが愛用されていると知り、嬉しいと話した。

「ろ政」の初代が修業した久光という工房には今も職人が残っている。加藤さんは現在1人で作業をしており、ドイツ人が愛用していると聞き嬉しいと話した。金切りバサミには鋼付けや鍛造、合わせの作業など独自の技術が行われている。「久光 柳刃」は18000。

ドイツ・レーアのユルゲンアーレントオルゲルバウの職人は久光の金切りばさみを愛用している。職人は左利き用を右手で使うことで切り口が見やすくパイプのフチを綺麗に切ることが出来る。

ガラスのパーツのギザギザはグラインダーで削った。部品にガラスを持ちることで耐久性をもたせている。樹脂でできた部品にガラスを埋め込み、製品が完成した。

アル・カーバコンパスはメッカにあるカーバ神殿から名前が来ている。中の部品にガラスを使うことで優れた耐久性を持ち、ドバイのイスラム教徒に愛用されている。

職人は日本製の金切りバサミについて使い心地が良く細かく切れると絶賛した。ご主人が16年前に仕事行った東京で偶然に購入した金切りばさみには、ろ政という文字が刻まれていた。

安西さんは14歳から職人として修業し、相棒の山崎さんと66年間一緒に仕事をしてきた。工場は東日本大震災で伊丹が進み昨年取り壊した。残った倉庫には二人が作った金切りバサミの在庫があった。安西さんは館山で今も金切りバサミを今も作っていると話した。

キーワード
山本金属
YCMコーポレーション
ヨハン・セバスチャン・バッハ
パイプオルガン
小フーガト短調
稲敷市(茨城)
ドバイ(アラブ首長国連邦)
グラインダー
イスラム教
台東区(東京)
コンパス
アル・カーバコンパス
カーバ神殿
レーア(ドイツ連邦共和国)
ユルゲンアーレントオルゲルバウ
ユルゲン・アーレント
南房総市(千葉)
東日本大震災
金切りばさみ
久光
久光 柳刃

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
21:25~

ドイツの職人は、日本の金切りばさみの職人に向け、廃業してしまったのは残念だが今もはさみを使ってお入り、丁寧に人生をかけて作った想いが伝わってくると感謝のメッセージを送った。安西さんらもメッセージを聞き、また作りたいと話した。

山崎は職人が職人に感謝される表情は真似出来ないと話した。

ドイツ・ベルリンのパン屋「コンディトライ・エンゲルマン」では職人がドイツの伝統的なお菓子を作っていた。

ベルリンにあるベーカリー「コンディトライ・エンゲルマン」では、職人がバウムクーヘンを作っていた。ドイツ人はメイドインジャパンについて海苔やカニカマだと話した。

キーワード
バウムクーヘン
ドイツ連邦共和国
ベルリン(ドイツ連邦共和国)
コンディトライ・エンゲルマン
海苔
カニカマ

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
21:34~

ドイツ人は日本人の約5倍チョコレートを食べる世界一のチョコレート消費国。スーパーのチョコレート売り場で「nippon」という名前のチョコレートを発見。発売当時の日本で流行していたポン菓子をチョコと組み合わせたライスチョコレートだった。「nippon」の製造元はドイツだった。

ドイツのスーパーマーケットでは日本からやってきた商品が人気。「ビオカンパニー」というスーパーの店員に聞くとその商品は「ホッカイドウ」と呼ばれていた。

「ドイツで人気のホッカイドウとは?」というクイズが出題された。

キーワード
チョコレート
nippon
ビオカンパニー
ドイツ
ポン菓子

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
21:39~

ドイツで人気の“ホッカイドウ”をスーパーの店員さんに見せてもらうことにした。店員さんは野菜売り場に向かった。“ホッカイドウ”とはカボチャのことだった。“ホッカイドウ”がドイツに上陸したのは20年前。日本のカボチャの種を北海道出身の男性がドイツに持ち込んだことが起源。ドイツのカボチャとの交配が進み、日本のカボチャの血をひく欧州スタイルの品種が誕生。“ホッカイドウ”はドイツの一般家庭で意外な使用目的があった。

社寺建築に用いられる「火灯窓」を紹介。

キーワード
ホッカイドウ
古嵜寛志さん
カボチャ
火灯窓

世界で見つけたMade in Japan (バラエティ/情報)
21:43~

ドイツの母親の間でホッカイドウを離乳食に使うことが人気になったことでホッカイドウはドイツの家庭に広まった。ホッカイドウはレストラン「イコス」のシェフなどプロも御用達。シェフは“ホッカイドウ”を使ってかぼちゃのリゾットを作った。

キーワード
ホッカイドウ
イコス
かぼちゃのリゾット
ドイツ
離乳食

エンディング (その他)
21:44~

エンディング映像。

和風総本家の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 5月23日 放送
  3. 次回の放送