カンブリア宮殿 「幸せを増やす企業」東証一部上場最年少社長が語る新ビジネス論

放送日 2012年12月13日(木) 22:00~22:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

「幸せを増やす企業」東証一部上場最年少社長が語る新ビジネス論 (バラエティ/情報)
22:00~

リブセンス社長・村上太一の紹介。一部上場最年少の26歳で多くの雑誌でも特集されている。

リブセンスは求人サイト「ジョブセンス」を運営しており企業にも利用者にもメリットを設けている。ジョブセンスは企業が広告を出しても費用はかからない。応募してきた人を採用した段階で初めて成功報酬を払うシステムになっている。しかも掲載期間に制限がないので納得がいくまで人材探しができる。さらに応募者は祝い金が支払われる。

リブセンスは2006年3人の仲間と設立。現在の従業員は約100人近くに膨れ上がった。スタート当時は大学1年の19歳だった。ジョブセンスは独自のビジネスモデルで割り込み大躍進、2万社が利用している。現在はアルバイトだけでなく正社員の転職サイトや不動産賃貸のサイトなども展開している。

村上太一がリブセンスの業績を説明。売上高予測17億円を23億円、営業利益予測7億円を11億円達成できた事を投資家に伝えた。

スタジオにリブセンス社長・村上太一が出演。会社を作ったからには大きな会社にしたいと考えていて、大きな会社の多くが上場しているため知識と経験がないがための発想からのスタートだったが上場を果たせた。村上太一はジョブセンスのお祝い金システムは企業からの報酬によって金額が変わる事を説明した。

このあと 若い”村上”に小池メロメロ!?

キーワード
ジョブセンス

「幸せを増やす企業」東証一部上場最年少社長が語る新ビジネス論 (バラエティ/情報)
22:17~

村上太一の人生を紹介。1986年、東京のごく一般的な家庭に生まれたが経営者だった祖父に影響され高校在学中に簿記、システム管理者の資格を取得。早稲田大学に進むとベンチャー起業家養成講座を履修し「アルバイトの逆求人」という企画書を制作。早稲田大学ビジネスプランコンテストに提出し最優秀賞を受賞した。

企業を営業に回っていた村上太一は、浅はかなアイディアだと突き返され求人サイトの利用者もいないため赤字が続いた。自らアルバイトをして社員に給料を払う日々が続いた。しかし、技術開発を全て社内で行い社員の7割がサイト改善を担当している。

リブセンスには営業マンが2人しか在籍していない。その理由はネット上でのやり取りで広告を掲載するため。営業マンにかかるコストが下がり営業利益率は47.8%。貴州菜園は紙媒体に広告を出したが問い合わせすら来なかった。そこでジョブセンスに広告を掲載してもらった結果、アルバイトの問い合わせがあり従業員を雇う事が出来た。

村上太一はこのまま頑張って先が見えるのかどうか不安が続いたと創業当時を振り返った。感情に惑わされる事もあったが理性を働かせて言語化し現在の経営理念である「幸せから生まれる幸せ」という軸を設けた事で感情に惑わされる事がなくなった。

このあとは 最年少上場 社長 驚きの生活!?

池上彰の総選挙ライブ、皆様からの質問を募集中。詳しくはHPまで。

キーワード
早稲田大学
ジョブセンス
池上彰の総選挙ライブ

「幸せを増やす企業」東証一部上場最年少社長が語る新ビジネス論 (バラエティ/情報)
22:35~

村上太一はリブセンス株の約60%を保有しており個人資産は150億円だが、コンビニでご飯を済ます事が多い。自宅も学生が住みそうなワンルームマンション。テレビもビジネス誌も見ないでウェブで済ます事が多く仕事をしている時が一番おもしろいと話す。

サイバーエージェントの社長・藤田晋は村上太一についてちゃんとした経営者だと分析。ゆとり世代の成果物で独創的なキャリアを作る人は現れなかったと話した。

村上太一は住居環境に関心がなくワンルームマンションにこだわってるわけではないと話した。小学4年までいつでも半袖短パン靴下で過ごし、人と違う事をやっていいという自覚を持っていた。

若者の幸福観について、村上龍は今の若者を見て労働者として満足している人は非常に少なく消費者として満足してしまうところがあると話すと、村上太一は消費者と同じ感覚を同じように提供する側に回りたいと話した。

村上龍が村上太一の企業理念に切り込んだ。起業について村上太一は「ビジネスモデル」、「人材」、「資金」を考えると会社をできないと考えベンチャー企業が勝てる理由がなくなると話した。

村上龍が若者の意識の変化について問いかけると、村上太一はお金をたくさん持っているのが偉いとか会社を上場をしていれば偉いとかそういった画一的な価値観でなく、より自分を持っている人が増えたと話した。

このあと 新しい経営者の登場 村上龍が感じたのは…?

キーワード
ホリエモン
サイバーエージェント
アメーバブログ

「幸せを増やす企業」東証一部上場最年少社長が語る新ビジネス論 (バラエティ/情報)
22:48~

収録を終えた村上龍が村上太一の企業理念について分析。他人の幸福に関与する事で自分も幸福感を得るという理念を持ち、彼のような若き起業家がごく普通に次々と現れる事、日本を覆う閉塞感を打破しまた普通・規範を復活っせるためにはそれしか方法がないと考えた。

キーワード
村上太一

エンディング (その他)
22:50~

カンブリア宮殿の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 12月13日 放送
  3. 次回の放送