開運!なんでも鑑定団 【衝撃…お祝いに買ったお宝がまさかのニセ物?】

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月20日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

オープニング映像。

今田らが挨拶した。

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
20:54~

今回のゲスト、シルビア・グラブの紹介。シルビアは1974年新宿区生まれで、ボストン大学の声楽科に進学。帰国後はミュージカル「ジェリーズ・ガールズ」でデビューし2005年に高嶋政宏と結婚。2016年の「真田丸」では出雲阿国を演じるなどした。

シルビア・グラブのお宝である中国の画家、林風眠の絵を紹介。シルビアの父と作者の林風眠は友人で、絵は文化大革命の際にお金に困っていた林から父が購入したものだという。本人の評価額は100万円だが、鑑定結果は1500万円だった。鑑定を行った田中は「これだけしっかりと色が入っている作品はなかなかない」などと述べた。

番組ホームページの告知テロップ。

東広島市在住の依頼人は、大の飛行機マニアで軍用機などの写真を撮りにあちこちの基地へ行くのが趣味だという。そんな依頼人のお宝は還暦のお祝いとして購入したもので、家族に良いものだと証明したいとのこと。

依頼人のお宝は2つで50万円したという金城一国斎の高盛絵の色紙箱と菓子皿。漆を盛り上げて作る高盛絵は広島県独特の技法で、二代金城一国斎が考案したものを三代目が大成させたのだという。二代金城一国斎は様々な作品を残したが、作品の漆が剥がれることは決してなかったという。

三代金城一国斎は二代目と共に各地を巡り、展覧会で度々受賞を重ねたという。三代の代表作には「孔雀牡丹高盛絵硯箱」などがあり、絵画のような超絶技工はその後も連綿と受け継がれているという。今回の依頼品は何代目の作かは不明だが、見事な高盛絵が記されている。

キーワード
ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?
パルコ
シルビア・グラブ
ボストン大学
ジェリーズ・ガールズ
エリザベート
高嶋政宏さん
国民の映画
真田丸
エン*ゲキ #04『絶唱サロメ』
林風眠
開運!なんでも鑑定団
新宿区(東京)
F-86セイバー
F-15イーグル
EA-6 プラウラー
F-4EJ改 ファントム2
高盛絵
唐人花鳥高盛絵提重箱
三代 金城一国斎
二代 金城一国斎
初代 金城一国斎
弦月雁時蒔絵茶器
風神高蒔絵香合
雲龍存星菓子器
牛に白梅高盛絵江波焼香合
菊雲鶴高盛絵食籠
獅子牡丹高盛絵菓子器
唐子高盛絵茶合
高盛絵小型弁当重箱
獅子に牡丹高盛絵菓子器
孔雀牡丹高盛絵硯箱
草花図高盛絵皿四方膳
七代 一国斎
薔薇葡萄蝶高盛絵菓子器
四代 一国斎
五代 一国斎
六代 一国斎
茘枝蜂蟷螂高盛絵香炉盆
松喰鶴高盛絵食籠
高盛絵香合 喜久
東広島市(広島)
百合
木槿
菖蒲
芍薬

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:09~

金城一国斎の高盛絵の色紙箱と菓子皿を鑑定。本人評価額はそれぞれ100万円ずつの200万円。結果は120万1500円で、色紙箱は三代目の印が偽造されるなどした偽物で1500円とのこと。一方、菓子皿は五代目一国斎の真作で、120万円だという。

キーワード
五代 一国斎

出張なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:12~

今回は斎藤実盛が創建した妻沼聖天山やかき氷「雪くま」などが有名な埼玉県熊谷市で出張鑑定を行う。

102歳の女性が持ち込んだお宝は工芸家の藤井達吉が絵付けした帯。女性の兄と仲が良かった藤井がその場で絵付けしたものだという。本人評価額は10万円だが、鑑定結果は25万円。鑑定した安河内は「感激した」などと述べた。

絵を書くのが趣味だという男性が持ち込んだのは田能村竹田作の煎茶茶碗。10数年前に通信販売で25万円で購入したもので、本人評価額は70万円。鑑定結果は明治頃の茶碗を竹田に仕立てたもので、金額は3万5千円となった。

塗り絵が得意だという男性が持ち込んだのは曽我二直庵の掛軸。60数年前に骨董店で4ヶ月分の給料で買ったもので、本人評価額は500万円。果たして鑑定結果は?

キーワード
斎藤実盛
雪くま
熊谷商工高校
熊谷ラグビー場
ラグビーワールドカップ2019日本大会
熊谷市(埼玉)
のど自慢
藤井達吉
草花図屏風
鹿図盆
紺別珍地桐繍胴服
田能村竹田
曽我二直庵

出張なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:22~

60数年前に骨董店で4ヶ月分の給料で買った曽我二直庵の掛軸。鑑定結果は10万円となった。鑑定を行った安河内は「良いものだが曽我二直庵の作品ではない」と解説した。

ハーモニカに凝っているという男性が持ち込んだのは備前焼の船徳利。12年前に他界した義父が遺したもので、詳しい入手経緯などは不明とのこと。本人評価額は10万円だが、鑑定結果は真っ赤な偽物で3千円となった。

続いて持ち込まれたのは岡田雄皝の屏風。依頼人の父と親しかった岡田が日頃の礼として書いてくれたものだという。本人評価額は75万円だが、鑑定結果は100万円となった。

キーワード
曽我二直庵
架鷹図
備前焼
熊谷市(埼玉)
蕪徳利
岡田雄皝

幻の逸品買います (バラエティ/情報)
21:29~

観音寺市の藩札コレクターを紹介。約300点のコレクションには約800万円をつぎ込んだという。中でも珍品は「高松藩札 銀百目」。偽札を防止するために受け取った人が藩を押すなどの工夫がされているという。そんな依頼人が探している幻の逸品は多度津藩札の銀三分と銀二分。これらは1746年に通用停止になった際に殆どが回収され、現存数が極めて少ないのだという。状態の良い銀三分札と二分札はそれぞれ30万円で買取とのこと。お持ちの方は番組HPかお手紙で連絡。

ネットオークションで次々とギターを買い集めた結果 居場所がなくなり大弱り!

キーワード
生駒高俊
藩札
越前福井藩札 銀十匁
高松藩札 銀百目
丸亀藩札 銀百目
多度津藩札 銀三分
番組HP
観音寺市(香川)

私のお宝売ります (バラエティ/情報)
21:35~

今回の依頼人は神戸市のギターを集めている男性。ネットオークションで購入したギターは全部で40本以上にのぼるという。今回売るのは子供の頃から集めていたもう一つのコレクション。

番組観覧募集のテロップ。

今回の依頼人が売りたいお宝は自動車プラモデル201台。定年後に作る予定だったが、居場所がなくプラモは諦めることにしたという。

プラモデルは1958年にマルサン商店によって国産第1号が作られ、少年たちの間で大きなヒットとなった。スーパーカーや宇宙戦艦ヤマトは多くのファンを引きつけ、「RX78ガンダム」は空前のブームとなるなどした。今回の依頼品は1970年代から80年代にかけてのもので、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーが揃っており、いずれも保存状態は極めて良い。果たしていくらで売れるのか。

キーワード
開運!なんでも鑑定団
マルサン商店
原子力潜水艦 ノーチラス号
ダットサン1000
サンダーバード2号
イマイ
大巨獣ガッパ
ニットー
ミリタリーミニチュアシリーズ
タミヤ
アオシマ
ハセガワ
ウォーターラインシリーズ
神戸市(兵庫)
「サーキットの狼」ロータス ヨーロッパ
ランボルギーニ カウンタック LP400
フェラーリ 512BB
宇宙戦艦ヤマト
バンダイ
RX-78ガンダム
ガンプラ

私のお宝売ります (バラエティ/情報)
21:47~

自動車プラモデル201台を鑑定。本人の売却希望額は150万円だったが、鑑定結果は200万円。鑑定した宇野は「一番良い頃のプラモデル。一番高いのはトヨタスポーツ800で4万5千円」などと話した。購入希望者は番組HPなどから連絡。応募者多数の場合は依頼人が選ぶ。また、詳しい写真は番組HPから。

キーワード
番組HP

エンディング (その他)
21:51~

今田耕司ら出演者によるエンディングの挨拶。

エンディングテーマ:TOKYO RABBIT「HANABI」

キーワード
TOKYO RABBIT
HANABI
  1. 前回の放送
  2. 8月20日 放送
  3. 次回の放送