開運!なんでも鑑定団 【蔵から出てきたポスターに仰天鑑定!これは?】

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月30日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

オープニング映像。

今田耕司ら出演者による挨拶。今田は「うちの会社が色々とすみません」とコメント。

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
20:54~

本日のゲストはルー大柴。1954年に東京・新宿で生まれ、高校卒業後に欧米各地を訪問し道端で自作アクセサリーを販売。帰国後に三橋達也さんの付き人を経て俳優デビュー、30代半ばでブレイクした。2006年にブログを開始、クドすぎるブログとして話題になった。最近では遠州流茶道の師範としても活躍している。

スタジオにルー大柴が登場、茶道をはじめてから着物が好きになったという。持ち込んだお宝は「茶碗」、祖父がのこしたものだという。本人査定額は30万円、鑑定結果は5万円だった。中島誠之助によると200年ほど前に作られた三島茶碗だったが誰かが手を加えていたため値段が落ちたという。

「テレビ東京 鑑定団」で検索。

依頼人は神奈川県・相模原市から宇都讓二さん。お宝は20年前に母の77歳のプレゼントとして購入したものだという。

宇都讓二さんが持ち込んだお宝は「英国アンティーク家具」、当時96万円で購入したもの。英国アンティーク家具は様々な様式があり、その1つがベンチに変わって登場した背もたれつきの椅子。テーブルの足にはバルボスレッグが用いられるようになった。ジェームズ1世が統治した17世紀前半は家具職人が女性好みの装飾を次々と考案した。ジョージ1世から4世までの199年間はイギリス家具の黄金期、産業革命によりデザインの幅が広がった。今回の依頼品はキャビネットで、材質はマホガニー。

キーワード
ルー大柴
新宿区(東京)
三橋達也さん
浅草橋ヤング洋品店
遠州流茶道
心を整えルー 
自由国民社
テレビ東京 鑑定団
三島茶碗
相模原市(神奈川)
エリザベス1世
バルボスレッグ
ジェームズ1世
ボビンタービング
リネンフォールド
チャールズ2世
寄木細工
木象嵌
アン女王
ジョージ1世
産業革命

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:10~

宇都香織さんが持ち込んだのは「英国アンティーク家具」。本人評価格は100万円、鑑定結果は150万円だった。作られたのは1900年、イギリスで探そうと思ってもこれだけいいものは手に入らないという。

第14回 名画鑑定大会 (バラエティ/情報)
21:12~

第14回 名画鑑定大会、今回の鑑定士は額賀大輔と山村浩一。

町田和男さんが持ち込んだのは「東郷青児の美人画」、馴染みの骨董店で330万円で購入したもの。本人評価格は330万円、鑑定結果は600万円だった。本物の作品で「街」というタイトルだった。

社交ダンサーの富樫俊暢さんが持ち込んだのは「レンブラントのエッチング」。20年ほど前に展示即売会で発見し145万円で購入したもの。本人評価格は300万円、鑑定結果は30万円だった。残念ながら後刷りだった。

秋元千加恵さんが持ち込んだのは「山下清のペン画」。11歳の時、母と一緒に地元のデパートに行った時に1000円で購入したもの。本人評価格は50万円。

キーワード
東郷青児
レンブラント
キリストとサマリアの女
山下清

第14回 名画鑑定大会 (バラエティ/情報)
21:22~

秋元千加恵さんが持ち込んだのは「山下清のペン画」。鑑定結果は250万円、本物で1964年に描かれたものだった。

山岸ヒサ子さんが持ち込んだのは「レオナール・フジタの少女の絵」。60数年前に絵が好きだった父が画廊で購入したもの。本人評価格は50万円、鑑定結果は残念ながら3万円だった。1930年に作られた木版画、コンディションが悪いことが値段の理由だった。

長谷川聡子さんが持ち込んだのは「片岡球子のリトグラフ」。30年ほど前に父が21万5000円で購入したもの。本人評価格は50万円、鑑定結果は80万円だった。「松原の富士」という作品で、亡くなられてから値段があがったという。

キーワード
山下清
レオナール・フジタ
片岡球子
松原の富士

私のお宝売ります (バラエティ/情報)
21:29~

今年6月18日に登場した爲谷謙治さん。祖父の遺産として受け継いだお宝「端硯(すずり)」を180万円で売りたいとした。購入してくれたのが岡山市に住む馬場勉さん、実際に炭をすって「風」という文字を書いた。

CMの後は、あのポスターに驚きの鑑定結果が!

キーワード
岡山市(岡山)
端硯

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:35~

依頼人は大阪府・高槻市から樋口明夫さん、日課は元気ざかりの孫と遊ぶこと。宝物は昨年、蔵を解体したときに見つけたものだという。

樋口明夫さんが持ち込んだのは「赤玉ポートワインのポスター」。日本では1902年に石版印刷が誕生、職人が何色に分解できるか肉眼で判断して作っていた。数あるポスターの中で人気が高かったのが美人画、明治は着物が主流だったのに対し、大正時代になると洋服・洋髪が主流に。昭和になると女性の多くが微笑み、歯をのぞかせた。依頼品は大賞11年にセミヌード写真を採用したもので、モデルは松島栄美子、デザインを担当したのは片岡敏郎。ワンポーズおよそ60枚、6日間かけて撮影された。

番組観覧募集のお知らせ。詳しくは番組HPまで。

キーワード
番組HP
赤玉ポートワイン
武徳ポスター 石版
サクラビール 校正刷り
大日本麦酒
三越呉服店「むらさきしきべ」
三越呉服店「此美人」
足利本銘仙
サクラビール
鳥井信治郎
松島栄美子
片岡敏郎

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:48~

樋口明夫さんが持ち込んだのは「赤玉ポートワインのポスター」。本人評価格は50万円、鑑定結果は150万円だった。多少の亀裂があるが、修理ができる状態なのでとても良い品質だという。

キーワード
赤玉ポートワイン

エンディング (その他)
21:50~

お宝鑑定依頼の募集告知。

エンディングテーマ:TOKYO RABBIT「HANABI」

今田耕司ら出演者によるエンディングの挨拶。

エンディングテーマ:TOKYO RABBIT「HANABI」

キーワード
TOKYO RABBIT
HANABI
  1. 前回の放送
  2. 7月30日 放送
  3. 次回の放送