JAPAN COUNTDOWN けやき坂☆2018音楽シーン☆Aqours特集

『JAPAN COUNTDOWN』(ジャパン・カウントダウン)は、テレビ東京系列で毎週日曜日に放送されている音楽番組。1998年10月3日にテレビ東京の制作により、土曜深夜で放送を開始、その後日曜未明に枠移動するも、2011年10月2日からテレビ大阪制作に移管のうえ、日曜朝に再度枠移動した。2012年4月より放送時間拡大のうえ、スワン・ソングの単独制作に変更されたが、テレビ大阪が幹事局となり、現在に至る。略称J-CD。 元々、この番組は1996年10月から1998年9月26日まで放送されていた『TOWER COUNTDOWN』(タワー・カウントダウン)の後継番組としてスタートした。この『TOWER COUNTDOWN』についても本項目で扱う。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月23日(日) 9:30~10:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

TOPICS (バラエティ/情報)
09:30~

星野源が幕張メッセでライブを行った。この日はマーク・ロンソンとのダブルヘッドライナー。今年はアルバムの制作が中心の1年だったため、今回が今年最初で最後のライブ。星野源は来年、初の5大ドームツアーをスタート。アルバム「POP VIRUS」のチャートアクションにも注目。

けやき坂46が日本武道館3デイズ公演を開催。武道館3デイズは今年2度目。前回はけやき坂46が1日、欅坂46が2日間行う予定だったが急遽けやき坂46が3日間任されることになった。けやき坂46は独立グループで、2017年に欅坂46よりも先に全国ツアーを開催し、18年に初のアルバムリリースでチャート1位を獲得した。今回はチケット即日完売で、3日間で3万人が集まった。

キーワード
星野源
POP VIRUS
SUN
LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson
マーク・ロンソン
ブルーノ・マーズ
グラミー賞
星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』
ロンドン(イギリス)
アイデア
けやき坂46
ひらがなで恋したい
けやき坂46、ひらがなくりすます2018
欅坂46
100年待てば
ハッピーオーラ
JOYFUL LOVE

オープニング (その他)
09:34~

オープニング映像。「アイドル戦争に勝ったのは誰?安室奈美恵はどれだけスゴかった?」などのラインナップを紹介。

BGM stereo future/BiSH

今週のCATCH UP!指原莉乃が卒業を発表。指原莉乃が「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」でグループからの卒業を発表した。来年4/28に横浜スタジアムで卒業コンサート。5/28にマリンメッセ福岡で大感謝祭が行われる。

キーワード
安室奈美恵
ラブライブ!サンシャイン!!
Aqours
BiSH
stereo future
指原莉乃
HKT48
HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~
大感謝祭

TOPICS (バラエティ/情報)
09:35~

billboard JAPANの2018年総合イヤーエンド・チャートが発表された。混戦のアイドル界を制したのは坂道シリーズ。アルバムチャートトップ10では3位に欅坂46の「ガラスを割れ!」などがランクインしているほか、100位にまで広げると100曲中10曲で坂道シリーズが占めている。アーティスト別のランキングでも、4位に乃木坂46、5位に欅坂46がランクインしている。

Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018を一覧で紹介。10位:Teacher Teacher/AKB48 9位:さよならエレジー/菅田将暉 8位:Candy Pop/TWICE 7位:ジコチューで行こう!/乃木坂46 6位:シンクロニシティ/乃木坂46 5位:ドラえもん/星野源 4位:打上花火/DAOKO×米津玄師 3位:ガラスを割れ!/欅坂46 2位:U.S.A/DA PUMP 1位:Lemon/米津玄師

Billboard JAPAN TOP Artists of the Year 2018を一覧で紹介。10位:星野源 9位:宇多田ヒカル 8位:AKB48 7位:Mr.Children 6位:安室奈美恵 5位:欅坂46 4位:乃木坂46 3位:BTS(防弾少年団) 2位:TWICE 1位:米津玄師

今年9月16日に引退した安室奈美恵。昨年発売した「Finally」は2017年の総合アルバムチャートで1位。今年も総合アルバムチャートで1位となった。

Billboard JAPAN Hot Albums of the Year 2018を一覧で紹介。10位:DINOSAUR/B’z 9位:FACE YOURSELF/BTS 8位:重力と呼吸/Mr.Children 7位:Everybody!!/WANIMA 6位:僕たちはあの日の夜明けを知っている/AKB48 5位:グレイテスト・ショーマン/オリジナル・サウンドトラック 4位:海のOh、Yeah!!/サザンオールスターズ 3位:初恋/宇多田ヒカル 2位:BOOTLEG/米津玄師 1位:Finally/安室奈美恵

総合ソングチャートでLemonが1位。米津玄師は100位以内に7曲がランクイン。総合アルバムチャートにも4作がランクイン。アーティストランキングでも1位。ダウンロード数などでも1位となった。

Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018を一覧で紹介。10位:Teacher Teacher/AKB48 9位:さよならエレジー/菅田将暉 8位:Candy Pop/TWICE 7位:ジコチューで行こう!/乃木坂46 6位:シンクロニシティ/乃木坂46 5位:ドラえもん/星野源 4位:打上花火/DAOKO×米津玄師 3位:ガラスを割れ!/欅坂46 2位:U.S.A/DA PUMP 1位:Lemon/米津玄師

Billboard JAPAN TOP Artists of the Year 2018を一覧で紹介。10位:星野源 9位:宇多田ヒカル 8位:AKB48 7位:Mr.Children 6位:安室奈美恵 5位:欅坂46 4位:乃木坂46 3位:BTS(防弾少年団) 2位:TWICE 1位:米津玄師

2018年の注目株はあいみょん。アーティストランキングでは16位。彼女の順位を引き上げたのはストリーミングで、新しいスタイルであいみょんの楽曲に触れる若い世代が増えている。

Billboard JAPAN TOP Artists of the Year 2018を一覧で紹介。20位:西野カナ 19位:Hey!Say!JUMP 18位:NEWS 17位:WANIMA 16位:あいみょん 15位:嵐 14位:DA PUMP 13位:ONE OK ROCK 12位:サザンオールスターズ 11位:back number 10位:星野源 9位:宇多田ヒカル 8位:AKB48 7位:Mr.Children 6位:安室奈美恵 5位:欅坂46 4位:乃木坂46 3位:BTS(防弾少年団) 2位:TWICE 1位:米津玄師

今週のアルバムチャートトップ10を紹介。9位にはナオト・インティライミ。7位には虹のコンキスタドールがランクイン。5位にはSKY-HI。DA PUMPのベストアルバムが2位。1位はRADWIMPS。2年ぶりのオリジナルアルバム。ロックからポップまで幅広くバンドのエネルギーが詰め込まれている。Takaなど多彩なゲストが参加している。

今週のアルバムチャート。10位:劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム スペシャルユニットドラマCD 音也・藍・ヴァン/一十木音也、美風藍、桐生院ヴァン 9位:「7」/ナオト・インティライミ 8位:imaginism/KissBee 7位:THE BEST OF RAINBOW/虹のコンキスタドール 6位:WESTV!/ジャニーズWEST 5位:JAPRISON/SKY-HI 4位:ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)/クイーン 3位:ALL TIME BEST 1998-2018/コブクロ 2位:THANX!!!!!!Neo Best of DA PUMP/DA PUMP

キーワード
安室奈美恵
billboard JAPAN 2018年総合イヤーエンド・チャート
シンクロニシティ
乃木坂46
ジコチューで行こう!
ガラスを割れ!
欅坂46
帰り道は遠回りしたくなる
Hero
namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~
Finally
SWEET 19 BLUES
CAN YOU CELEBRATE?
Do It For Love
米津玄師
Lemon
BOOTLEG
Flamingo
あいみょん
マリーゴールド
今夜このまま
RADWIMPS
ANTI ANTI GENERATION
ナオト・インティライミ
虹のコンキスタドール
SKY-HI
DA PUMP
人間開花
Taka
ONE OK ROCK
Miyachi
Tabu Zombie
SOIL&“PIMP”SESSIONS
カタルシスト
そっけない
泣き出しそうだよfeat.あいみょん

このあと (その他)
09:42~

結成からわずか3年で東京ドームへ!スクールアイドルAqours 成功までの3年間の軌跡。

キーワード
Aqours
ラブライブ!サンシャイン!!

JAPAN COUNTDOWN CHECK (バラエティ/情報)
09:43~

高を舞台にしたコンテンツ”ラブライブ!”の劇中のスクールアイドルミューズ。そして、2015年にラブライブ!サンシャイン!!がスタート。その中に登場するスクールアイドルこそがAqours(ミューズに憧れた劇中の女子高生で結成)。Aqoursはメンバーの声を担当するキャスト9人もスクールアイドルAqoursとして活動。中にはこの作品で声優デビューとなったキャストも。一般的な声優業と少し違うイメージだがキャストは「ラブライブ!は歌って踊ってというのがあったのでちょっと不思議だなと思った。元々は小学4年生からずっとダンスをやっていた人間だったのでそれで声優という形よりもその歌って踊ってという方に魅力を感じて、オーディションを受けてみた」とコメント。声優としてはもちろんパフォーマンス力を備えた9人が選ばれ、2015年にCDデビュー。そして、CDデビューの翌年2016年7月にTVアニメ放送スタート。アニメに登場するスクールアイドルAqoursは自分たちの分身、そんな意識も芽生えたという。アニメと一心同体になるためにという「最初は見た目から入った。髪型や色などから始め、性格的にも自分に似ているところを探した」努力もあったという。さらにゲームアプリにも進出。ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルはユーザー数が世界で4500万人を突破。

ゲストのAqoursは今年結成3年での東京ドームのステージに立つ快挙を成し遂げた。キャストたち本人はこの快挙について「ヤバイ」とコメント。Aqoursはどんなグループなのか?東京ドーム進出までの3年間の道のりはどんなだったのか?本人インタビューでその秘密に迫る。

スクールアイドルAqoursはライブのステージへ!映像とのシンクロパフォーマンスとは!?

キーワード
Aqours
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~
ラブライブ!
ミューズ
青空Jumping Heart
MIRAI TICKET
それは僕たちの奇跡
HAPPY PARTY TRAIN
私立浦の星女学院
ユメ語るよりユメ歌おう
君のこころは輝いているかい?
黒澤ルビィ
渡辺曜
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

JAPAN COUNTDOWN CHECK (バラエティ/情報)
09:50~

Aqoursは2017年2月に横浜アリーナで初のワンマンライブを開催。海上は超満員。そして、結成3年で東京ドームへ。彼女たちのライブは映像とシンクロするパフォーマンス。2日間で役15万人を動員した。(全世界ライブビューイングを含む)キャストたちはこの輝かしい道のりを「支えてくださっている皆さんのおかげ。3年間はあっという間だったが、3年で東京ドームというのはヤバイ」と話した。来年1月にはラブライブ!サンシャイン!!の劇場版アニメが公開。さらにラブライブ!シリーズ初のアジアツアーも開催される。そんなスクールアイドルのキャストは「このラブライブ!というコンテンツはみんなで叶える物語というテーマがある。初心は忘れず。これからも小さな夢をひとつひとつ叶えていきたい」とコメント。

キーワード
Aqours
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~
ラブライブ!
ミューズ
青空Jumping Heart
私立浦の星女学院
君のこころは輝いているかい?
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~ Day1
ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow
LOVE LIVE!SUNSHINE!!Aqours World LoveLive!ASIA TOUR 2019

SINGLE CHART CHECK (バラエティ/情報)
09:53~

SINGLECHARTCHECK。SKE48の松井珠理奈の完全復活で11年目の幕が上がった!8位のRAISE A SUILEN、4位poppin party3位RoseliaメディアミックスプロジェクトのBanG Dream!の3組がTOP10入りを果たしている。5位は大人気のドラマ魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!から飛び出した5人組アイドル。1位はSKE48のStand by you。

キーワード
SKE48
松井珠理奈
Stand by you
RAISE A SUILEN
BanG Dream!
魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!
magical2
ミルミル ~未来ミエル~
poppin party
Roselia

NEW RELEASE (バラエティ/情報)
09:54~

注目の新作トピックス。GENERATIONSfrom EXILETRIBEのニューシングル「G-ENERGY」、三浦大知の「Blizzard」。KANA-BOONのデビュー5周年のミニアルバム。まねきケチャの「日本武道館deまねきケチャ」、Shine Fine Movementの「リフレクト」、ゲーム・シャイニーカラーズの「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」。

キーワード
G-ENERGY
GENERATIONS from EXILE TRIBE
Blizzard
三浦大知
KANA-BOON
ネリネ
日本武道館deまねきケチャ
まねきケチャ
きみわずらい
リフレクト
Shine Fine Movement
THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!
アイドルマスター シャイニーカラーズ

エンディング (その他)
09:56~

今週のプレゼント。関ジャニ∞が表紙のCUTを10名にプレゼント。応募方法は番組HPへ。

JAPANCOUNTDOWNの番組宣伝をした。

エンディング。fhanaの青空のラプソディの映像をバックに、最新の音楽ニュースをお伝えし、クイズを出した(SKE48の”Stand by you”は通算何枚目のシングル?)。

キーワード
関ジャニ∞
CUT
番組HP
fhana
青空のラプソディ
SKE48
Stand by you

エンディング (その他)
09:58~

エンディング。SKE48の”Stand by you”は通算何枚目のシングル?その答えは24枚目。

キーワード
fhana
青空のラプソディ
SKE48
Stand by you

番組宣伝 (その他)
09:58~

キラッとプリ☆チャンの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送