JAPAN COUNTDOWN 乃木坂生駒卒業♪BTSファンミ☆WANIMAだ

『JAPAN COUNTDOWN』(ジャパン・カウントダウン)は、テレビ東京系列で毎週日曜日に放送されている音楽番組。1998年10月3日にテレビ東京の制作により、土曜深夜で放送を開始、その後日曜未明に枠移動するも、2011年10月2日からテレビ大阪制作に移管のうえ、日曜朝に再度枠移動した。2012年4月より放送時間拡大のうえ、スワン・ソングの単独制作に変更されたが、テレビ大阪が幹事局となり、現在に至る。略称J-CD。元々、この番組は1996年10月から1998年9月26日まで放送されていた『TOWER COUNTDOWN』(タワー・カウントダウン)の後継番組としてスタートした。この『TOWER COUNTDOWN』についても本項目で扱う。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月29日(日) 9:30~10:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

TOPICS (バラエティ/情報)
09:30~

4月22日、日本武道館で生駒里奈の卒業コンサートが行われた。生駒里奈は「本当に素敵な人に出会えてよかった」などと話した。生駒里奈は、乃木坂46のデビュー曲であるぐるぐるカーテンから5作連続でセンターを務めた。シングル表題曲の単独センターはグループ最多の6回。しかし、シンクロニシティでは「これ以上はぜいたく過ぎる」として本人自らセンターを辞退した。また、2014年には松井玲奈の交換留学生としてAKB48チームBを兼任し、第6回この日武道館には1万2000人が集まり、全国128の映画館でライブビューイングが行われ役6万人がステージを見守った。生駒里奈の乃木坂46メンバーとしての最後の活動は5月6日に幕張メッセで行われる握手会。

防弾少年団は横浜アリーナで4日間、大阪城ホールで2日間ファンミーティング「BTS JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.4 ~Happy Ever After~」を開き、9万人を動員した。このイベントは通常のライブやファンクラブイベントとは違い、ファンクラブに入らずともチケットを購入すれば参加可能。会場ではファンと防弾少年団の距離を縮めるため、ゲーム・コーナーやトークなどが行われ、新曲「Let Go」が初披露された。

キーワード
乃木坂46
生駒里奈
生駒里奈と乃木坂46の2451日 僕たちは彼女のピュアが大好きだった
日本武道館
おいでシャンプー
制服のマネキン
ぐるぐるカーテン
シンクロニシティ
松井玲奈
SKE48
AKB48チームB
第6回AKB48選抜総選挙
心のプラカード
幕張メッセ
全国握手会
君の名は希望
千葉県
横浜アリーナ
大阪城ホール
防弾少年団
BTS JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.4 ~Happy Ever After~
DNA-Japanese ver.-
Let Go

オープニング (その他)
09:37~

「ここはリングか?土俵か?センターステージにWANIMAの想いが凝縮!2万人超の観客と勝負!」、「乃木坂46がAKB48の公式ライバルって覚えていますか?僕たちにとって乃木坂46の歴史って何だったんだろう」など、きょう扱う内容が伝えられた。

Takaryuの「Resource (ft. Annabel)」が流れた。

今週のCATCH UP! 過去に阪神甲子園球場でライブを行ったことのあるアーティストは?

MAN WITH A MISSIONが5枚目のAL『Chasing the Horizon』を6/6にリリースすることが決定 さらに9月から行うレコ発ツアーのファイナルの会場が兵庫・阪神甲子園球場であることも発表した ちなみに過去に阪神甲子園球場でライブを行った日本人アーティストにはMr.Children、サザンオールスターズ、JUDY AND MARY、TUBE、水樹奈々などがいる

キーワード
WANIMA
乃木坂46
AKB48
Resource (ft. Annabel)
Takaryu
Resources
阪神甲子園球場
MAN WITH A MISSION
Chasing the Horizon
兵庫県
水樹奈々
Mr.Children
サザンオールスターズ
JUDY AND MARY
TUBE

TOPICS (バラエティ/情報)
09:38~

WANIMAが幕張メッセでワンマンライブ「everybody!!Tour」を行った。WANIMAが立ったステージは客席エリアの真ん中にあり、WANIMAはオーディエンスに囲まれる形となった。これはメンバーのオーディエンスとの距離を縮める提案から実現した。ツアーの締めくくりは埼玉メットライフドームでの2日間のライブが行われる。

今週のAL CHART TOP10が発表された。6位にはDOBERMAN INFINITY。5位には小野大輔のフルアルバムがランクイン。3位にはMrs. GREEN APPLE。1位はSHINeeの『SHINee THE BEST FROM NOW ON』。完全生産限定版には昨年開催された日本ツアーのダイジェストと舞台裏が収録。

今週のAL CHART TOP10 10位 TWICE/『What is Love?』 9位 『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』 8位 BTS(防弾少年団)/『FACE YOURSELF』 7位 松任谷由美/『日本の恋と、ユーミンと。』 6位 DOBERMAN INFINITY/『OFF ROAD』 5位 小野大輔/『STARTRAIN』 4位 安室奈美恵/『Finally』 3位 Mrs. GREEN APPLE/『ENSEMBLE』 2位 松任谷由美/『ユーミンからの、恋のうた。』 1位 SHINee/『SHINee THE BEST FROM NOW ON』

キーワード
WANIMA
everybody!!Tour
幕張メッセ
JUICE UP!!のテーマ
メットライフドーム
Drive
千葉県
埼玉県
SHINee
SHINee THE BEST FROM NOW ON
Get The Treasure
DOBERMAN INFINITY
小野大輔
Mrs. GREEN APPLE
完全生産限定版
DOCUMENTARY OF SHINee WORLD 2017~FIVE~
Diamond Sky

TOPICS (バラエティ/情報)
09:42~

乃木坂46がAKB48の公式ライバルって覚えていますか?僕たちにとって乃木坂46の歴史って何だったんだろう。

キーワード
乃木坂46
AKB48

JAPAN COUNTDOWN CHECK (バラエティ/情報)
09:44~

国民的アイドルグループ乃木坂46は東京ドームライブ、紅白歌合戦出場と輝かしい活動をしている。今年で結成7年目となる。乃木坂46の軌跡をチェックする。2011年に結成し、2012年に「ぐるぐるカーテン」でCDデビューをした。デビュー当時はAKB48の公式ライバルと呼ばれ、グループに大きな重圧がかかっていたという。その後、2期生が加入した。活動中のメンバーに加入することについて2期生の堀未央奈は追いつかなくちゃという思いが強く吸収するのに必死だったと話す。3期生の山下美月は気持ちがフワフワしていた、与田祐希はアイドルってスゴイなと思ったと話した。複数の世代がグループ内でまとまり、グループとしての結束につながった。乃木坂46のライブはキャリアを重ねるにつれて、大規模となり昨年は東京ドーム進出を果たした。乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVEは2月に外壁のないドームで行われ、寒さに耐えながら約7時間30分のステージを行った。乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVEでは台風が接近し、大雨となった。

乃木坂46が語る「アイドル」としての卒業。

キーワード
乃木坂46
AKB48
裸足でSummer
紅白歌合戦
東京ドーム
シンクロニシティ
制服のマネキン
ぐるぐるカーテン
走れ!Bicycle
バレッタ
トキトキメキメキ
いつかできるから今日できる
夏のFree&Easy
命は美しい
乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE
乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE
何もできずにそばにいる
気づいたら片想い

JAPAN COUNTDOWN CHECK (バラエティ/情報)
09:51~

乃木坂46がメンバーの卒業について語る。メンバーが抜けるのは大きいが、頑張らないとという思いが強くなる、新たな出発点と話した。長年グループを支えた生駒里奈の在籍最後のシングルとなるシンクロニシティにはこれまで培ってきた強さと美しさが詰まっている。

「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA」DVD&BD発売中。

「シンクロニシティ」発売中。

キーワード
乃木坂46
乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE 2017.2.20-22 SAITAMA SUPER ARENA
橋本奈々未
サヨナラの意味
制服のマネキン
シンクロニシティ
生駒里奈

SINGLE CHART CHECK (バラエティ/情報)
09:53~

今週のSINGLE CHARTは8作が初登場。1位はKAT-TUN/Ask Yourself。再始動第1弾シングル。亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人が新たな未来に再び歩み始めた。

今週のSG CHART 10位:EXILT THE SECOND/「アカシア」9位:DEAR KISS/「ため息の世界はいらない」8位:西野カナ/「アイラブユー」7位:早坂美玲、森久保乃々、星輝子/「THE IDOLM@STER CINDERELLA STARLIGHT MASTER 16 ANSWER」6位:欅坂46/「ガラスを割れ!」5位:MAN WITH A MISSION/「Take Me Under/Winding Road」4位:まねきケチャ/「鏡の中から/あたしの残りぜんぶあげる」3位:ラストアイドル/「君のAchoo!」2位;Juice=Juice/「SEXY SEXY/泣いていいよ/Vivid Midnight」

キーワード
KAT-TU
Ask Yourself
亀梨和也
中丸雄一
上田竜也

NEW RELEASE (バラエティ/情報)
09:54~

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEは現在47都道府県ツアーを開催中。ニューシングルの「Fandango」は情熱的なラテンダンスナンバー。

和楽器バンド、さらに多彩な音楽性を追及した5枚目のアルバム「オトノエ」が完成した。

sumikaの「Fiction e.p」は9ヵ月ぶりのリリースの4曲入りのep作品。

小袋成彬のファーストアルバム「分離派の夏」は宇多田ヒカルがプロデュースしている。

女王蜂「HALF」は約3年2ヵ月ぶりとなるシングル。

Homecomingsは京都在住の4ピース・バンド。新曲「Songbirds」は映画「リズと青い鳥」の主題歌。

キーワード
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
Fandango
オトノエ
和楽器バンド
sumika
Fiction e.p
フィクション
宇多田ヒカル
分離派の夏
小袋成彬
Selfish
女王蜂
HALF
Homecomings
Songbirds
リズと青い鳥
京都府

エンディング (その他)
09:56~

「ROCKIN’ ON JAPAN」最新号を抽選で10名様にプレゼント。応募は番組HPまたは携帯サイトから。

エンディングテーマ:ACTRESS/luki from「ACTRESS」

JAPAN COUNTDOWNの次回予告。

エンディングテーマ:ACTRESS/luki from「ACTRESS」

エンディング映像。

キーワード
ROCKIN’ON JAPAN
番組HP
携帯サイト
ACTRESS
luki

エンディング (その他)
09:58~

エンディング映像。QUIZ KAT-TUNのデビュー曲「Real Face」を作曲したのは松本孝弘(B’z)作詞をしたのは誰?正解はスガシカオ。

キーワード
松本孝弘
スガシカオ
KAT-TUN
Real Face

番組宣伝 (その他)
09:58~

キラッとプリ☆チャンの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月29日 放送
  3. 次回の放送