FOOT × BRAIN ホリエモン登場!「サッカー界はやばい」ズバリ物申す!

放送日 2018年12月2日(日) 0:20~ 0:50
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:20~

今回のゲストはホリエモンこと堀江貴文。2015年にJリーグのアドバイザーに就任した堀江がJリーグに物申す!

キーワード
Jリーグ

FOOT × BRAIN (バラエティ/情報)
00:22~

Jリーグアドバイザーとして活動する堀江は「月給3万円で雇われ、外野で意見を言っている責任の無いアドバイザー」と説明した。

Jリーグアドバイザーとして活動する堀江に密着。松本山雅の本拠地・サンプロ アルウィンを訪れ「地域の皆が応援しているクラブがこれだけ盛り上がるっていうのがサッカーが根付いてきたのを感じる」と語る。クラブ視察の様子もネット配信しており、現地に行かなければわからない魅力を伝えている。スタジアムのある松本平広域公園は市民にとって憩いの場となっており、堀江は「スタジアムと外の世界には結界があってこのスタジアムは結界がゆるい気がした」と説明した。

堀江は「結界はサッカー好きや野球好きには理解できない。行ったことがない人にとっては精神的にめちゃくちゃ行きにくい」と説明。「年間で試合に2~3回しか行かない客をいかに取り込むかを考えないとスタジアムは絶対満員にならない」と語った。さらに広島カープの勝因についてマツダスタジアムを挙げた。「カシマサッカースタジアム」では女性用トイレ問題にいち早く着手しトイレを6倍に増設し女性サポーターが足を運びやすい環境を整えた。また一般の方がチームドクターの診察を受けられるクリニックや、普段選手が使用しているスポーツジムを作るなど、スタジアムを普段使い出来る工夫がなされている。さらに夜間でも芝の成長を促進させる特殊なLED照明の開発などを行っていることなどを紹介した。

予約管理サービス「トレタ」を話題に客が再来店する割合について紹介。堀江は「常連が増えると客単価が上がる。飲食店にとって大事なのは常連化させること。スタジアムも一緒」と語った。さらに「世界標準で見るとVIPが行くための部屋とか食事のサービスがダメ」と指摘した。しかし人が集まると渋滞問題も発生し、先日大分で行われた日本代表の試合でも選手を乗せたバスが1時間も遅刻した。渋滞の解決にいち早く動いたのが高田明社長でITサービスを活用し試合のある日だけ駐車場を有料化したという。今年4月にはV・ファーレン長崎の親会社ジャパネットHDが長崎駅前に新スタジアムを中心とした新都市構想を発表した。

堀江はJリーグの未来について語る。少子化の影響はサッカー人口にも如実に表れており、若者が個人スポーツの方にシフトしているという。堀江は外国人枠の撤廃を主張し「10年経つと日本人では支えられなくなる」と指摘した。既にドイツ・ブンデスリーガでは2006-2007シーズンから外国人枠を撤廃している。

キーワード
Jリーグ
松本山雅FC
サンプロ アルウィン
岡田武史オーナー
高田明社長
V・ファーレン長崎
FC今治
ミゲル・ロドリゴ
チャナティップ
ティーラシン
コンサドーレ札幌
サンフレッチェ広島
広島カープ
鹿島アントラーズ
山雅ビール
ひだコロッケ
マツダスタジアム
カシマサッカースタジアム
アントラーズスポーツクリニック
カシマウェルネスプラザ
トレタ
ノエビアスタジアム神戸
アキッパ
ジャパネットHD
ブンデスリーガ

FOOT × BRAIN (バラエティ/情報)
00:45~

堀江は阿部英生さんが営む「阿部梨園」で経営改善ノウハウをウェブ上で公開していることを紹介し「Jリーグでも経営改善を紹介した知恵袋を作ると良い」と提案した。

キーワード
Jリーグ
阿部英生
阿部梨園

エンディング (その他)
00:48~

「2018 Jリーグアウォーズ観覧チケット」を5組10名様にプレゼント。詳しくはFOOT × BRAINホームページを検索。

キーワード
FOOT × BRAIN
2018 Jリーグアウォーズ観覧チケット
  1. 前回の放送
  2. 12月2日 放送
  3. 次回の放送