おとな旅あるき旅 極上の和を求めて冬の京都に行こう!!

『おとな旅あるき旅』(おとなたびあるきたび)は、テレビ大阪で2009年1月10日から毎週土曜日の18:30 - 19:00(JST)に放送されている紀行旅番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年2月21日(土) 12:30~13:00
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:30~

今回は極上の和を求めて冬の京都へ行く。

キーワード
京都府

極上の和を求めて冬の京都に行こう!! (バラエティ/情報)
12:33~

JR花園駅をスタート、三田村は、今日は温かい食べ物、飲み物を堪能し最後は、京都・祇園に行くと説明した。

2人は臨済宗 妙心寺へやって来た。三田村は、この寺は時代劇の撮影でよく使うと語っていた。拝観を後にし、近くにある精進料理のお店「阿じろ」で妙心寺御用達の精進料理コース「花園」を頂く事となった。調理長の千葉充さんは、出汁にも鰹が使えないため大変だという。更に、こちらでは「引き上げ湯葉」も出されると、小塚も感動していた。

続いて2人は、京都おはし工房へやって来た。日本で唯一のあつらえ箸専門店だという。独立御箸師の北村隆充さんは、お客さんの要望に合わせて材料から取り寄せて作っていると説明した。全国の名材木、世界各地の希少材木などを取り寄せ一膳ずつ手作りしていると伝えられた。ここで箸の商品「深紅木」や「盛付け箸」などが紹介された。

続いて2人は、再び妙心寺へやって来た。住職の津田章彦さんは、通常は非公開の三門へと案内されると、中には十六羅漢の像と、飛天の天井絵があった。また、衝梅院が3月18日まで特別公開されると伝えられた。

続いて2人は、お茶屋さんが軒を連ねる上七軒を通り、学問の神様、菅原道真公を祀る北野天満宮へやって来た。そこで2人は境内にある長五郎餅 出店を発見し、「長五郎餅とおうす」を堪能した。

北野天満宮では梅苑が現在公開中で、たくさんの梅が咲いている。

再び、2人は上七軒を散策していると「がま口」財布を販売する「まつひろ商店」を発見。早速、店内に入りあまりの量に驚きの声をあげていた。専務の松井達彦さんは、京都なので舞妓さんが購入してくださると説明した。また、「がまぐちづくり教室」が開催されていて2人も体験。三田村は小塚の雑さぶりに呆れ果てていた。

続いて2人は、三田村が大好きなものを求め、鴨川沿いにある「松井酒造」を訪れた。ここは1726年創業の洛中最古の蔵元だが1階が酒蔵のマンションとの事に小塚も三田村に「マンションの1部屋を借りちゃえば良いんじゃないですか?」とツッコミを入れていた。早速、十五代目の松井成樹さんに蔵を案内して貰うと、その甘い香りに2人とも感動していた。ここでお楽しみの試飲タイムとなり「純米鵜大吟醸 神蔵」や「富千歳」を堪能していた。

続いて2人は夕食のため、木屋町にある水炊きの老舗「鳥彌三」を訪れた。創業1788年、約270年前に建てられた登録有形文化財に指定された建物で、あの坂本龍馬も足しげく通ったとし知られている。ここで2人はオススメの「鳥の水炊きコース」を食べる事となった。

極上の京都体験。創業227年 伝統の味に感動!!

「おとな旅あるき旅」の番組宣伝。

キーワード
祇園(京都)
花園
もち入り湯葉真薯
深紅木
盛付け箸
雲水箸
十六羅漢
羅睺羅尊者
北野天満宮
長五郎餅とおうす
北野天満宮 梅苑
松井酒造
純米鵜大吟醸 神蔵
富千歳
坂本龍馬
鳥の水炊きコース
登録有形文化財
千葉充さん
引き上げ湯葉
北村隆充さん
上七軒
菅原道真公

極上の和を求めて冬の京都に行こう!! (バラエティ/情報)
12:54~

2人は夕食に木屋町にある水炊きの老舗「鳥彌三」を訪れた。オススメの「鳥の水炊きコース」では水と鳥だけを煮込んだスープに鶏卵だけを入れたスープを飲むことが流儀で、その味に2人は感動していた。その後はポン酢で鳥肉や野菜を堪能していた。

キーワード
鳥の水炊きコース
  1. 前回の放送
  2. 2月21日 放送
  3. 次回の放送