Newsモーニングサテライト 【仮想通貨「リブラ」の行方は】

放送日 2019年7月10日(水) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像が流れた。

池谷アナは「昨日の夜は緊張して眠れなかったんですが、今日は明るく元気に情報をお伝えします。がんばります」とコメントした。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の終値を確認した。

ニューヨークからの中継映像が流れた。森田さんは「市場は今月の利下げに関するさらなる手がかりを求め、明日のパウエル議長の議会証言に目を向けているようです」と伝えた。ダウを押し下げたのは事務用品の3M。中国事業など業績見通しに対する弱気な見方から一部で投資判断の引き下げがあった。セクター別騰落率は不動産と金融が上位にくるまだら模様の展開。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
為替
ニューヨーク(アメリカ)
パウエル議長
3M
中国

ニュース (ニュース)
05:47~

ボーイングは9日、今年上半期の航空機の納入機数が1年前に比べ、37%減少し239機だったと発表した。2件の墜落事故を起こした737MAXの運行停止が世界中で続いていることが影響した。エアバスの上半期の納入機数は28%増の389機となった。

アメリカのロス商務長官は安全保障上の脅威がない場合に限り、アメリカの企業に対し中国の通信機器大手ファーウェイに製品を販売するライセンスを発行すると話した。先月に行われた米中首脳会談を受けての措置で、ファーウェイとの取引を求める企業にライセンスを発行し販売などを可能にする。一方で、商務省が指定する「輸出規制先リスト」からファーウェイを外すことはないとしている。

アメリカの飲料大手ペプシコの4-6月期の決算は1年前に比べ11.8%の増益となった。売上高・1株利益ともに市場予想を上回った。スナック菓子・フリトレーの売上高は4.5%上昇、飲料品部門も2.5%増加した。2019年通期の1株利益の見通しは5ドル50セントに据え置いた。

EUは、ハローキティなどのキャラクター商品の越境販売を制限し、EU競争法に違反したとして620万ユーロ(約7億5,000万円)の制裁金を課すと発表した。サンリオが約11年間にわたって販売業者が販売権を得た国以外での販売を制限する措置を講じていたとしている。制裁額はヨーロッパ委員会へのサンリオの協力が考慮され、40%減額された。

ヴァージン・ギャラクティックは、ニューヨーク証券取引所に上場する特別買収目的会社と合併し、宇宙旅行会社として初めて上場企業になった。アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが創業したブルー・オリジンやスペースXと開発競争が激しさを増すなか、財務基盤を強化する狙い。

キーワード
ボーイング
737MAX
エアバス
ファーウェイ
ロス商務長官
商務省
アメリカ
中国
ペプシコ
フリトレー
サンリオ
EU
ハローキティ
EU競争法
NY証券取引所
ヴァージン・ギャラクティック
ジェフ・ベゾスCEO
リチャード・ブランソン
ブルー・オリジン
スペースX
イーロン・マスク
イギリス

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:50~

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

このあとカギは「2.25%」。

NY証券取引所から中継。米国みずほ証券の兼松さんが、今日の相場について解説。「軟調な動きを見せた欧州市場の流れを引き継いで、売り優勢で取引を始めたものの、そのあとは相場全体が下げ幅を縮小、アマゾンなどのハイテク大手が買われナスダック総合指数とS&P500指数はプラス圏で取引を終えた」などと解説した。

NY証券取引所から中継。注目の買収案件について解説。通信機器大手、シスコシステムズは、アカシア・コミュニケーションズを26億ドルで買収すると発表。アカシアは「プラガブルモジュール」を得意とするネットワーク回線の高速化をサポート。アカシアの株価は35%上昇したほか、買収側のシスコの株価も堅調で市場では好意的に受け止められている。シスコの今回の買収の狙いは、5G技術の普及に伴ったネットワーク量の増加を見込んで、高速ネットワーク事業を強化したい考え。アカシアはシスコのみならず、ノキアやZTE、ファーウェイなどに部品供給し、半導体分野で重要な位置づけにある。シスコは今年2月にもラクステラを買収しており、この分野におけるM&Aに積極的に動いている。

今朝のゲストを紹介。慶応大学教授の白井さゆりさん、為替の見通しをニッセイアセットマネジメント・松並俊哉さんと紹介した。

ファーウェイに関して、米の商務長官が発言した。トランプ大統領が「制裁を緩和する」と言って以降、現場や企業は混乱していたようだが、安全保障上問題がない範囲なら良いとの事。これについて白井さんは「はっきりしないですね。この背景には米の輸出と輸入の対前年伸び比が急激に落ちてきていて、今は0%位になっている。貿易がかなり減速してきているので、米の景気に対して心配してきているのではないか」などと話した。

キーワード
トランプ大統領
イングランド銀行
カーニー総裁
NY証券取引所
ナスダック総合指数
S&P500指数
シスコシステムズ
米10年国債
NY原油
NY金
イギリスFTSE
ドイツDAX
シカゴ日経先物

5:55 きょうの為替は? (ニュース)
05:54~

為替と債券の値を伝えた。

ニッセイアセットマネジメントの松波俊哉さんの予想レンジは108.40円~109.20円。注目ポイントは日米政策金利差2.25%割れ。「2.25%割れを転機に円高に転じている。次のFOMCの見込みから8月に106円程度の円高になると見込んでいる」などと予想した。

為替の値を伝えた。

キーワード
為替
パウエル議長
FOMC
ニッセイアセットマネジメン

ニュース (ニュース)
05:58~

韓国政府はWTO理事会で、日本政府による半導体材料の輸出管理の強化は政治的目的で行った経済報復と批判し撤回要求。日本側はWTO協定と完全に整合性があると反論した。ジュネーブ国際機関代表部の伊原大使は「これまでの優遇措置を通常の措置に変えただけ」と主張した。

日本工作機械工業会が発表した6月の工作機械受注は988億円と前年比38%減。2年8ヶ月ぶりに1000億円を下回った。外需が36.4%減と9ヶ月連続減。内需も40.3%減で7ヶ月連続で前年を下回った。

5月の毎月勤労統計調査によると実質賃金は前年比1.0%ダウンした。これは5月の連休でパートタイム労働者の労働時間が短くなったためだ。1人当たりの現金給与総額は27万5597円で前年比0.2%ダウンした。

松波さんは「毎月勤労統計調査の昨年と今年のサンプル入れ替えがあった。共通事業者系列を重視している。これを見るとだいたい0.5%ほど賃金は伸びている」などと述べた。

キーワード
WTO
工作機械受注
実質賃金
伊原大使
ジュネーブ(スイス)
日本工作機械工業会
毎月勤労統計調査
厚生労働省

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:01~

日本経済新聞社が実施している日経テストの協力のもと番組中に毎日2回経済の知識と考える力を診断するクイズを出題。リモコンの4色のボタンで参加。(一部の地域では参加出来ません。BSテレ東4Kの方はBS+7を押してください。)正解で20ポイント不正解でも10ポイント、100ポイントでプレゼントに応募出来る。モーサテ特製ノートプレゼント。

モーサテQ 小麦や大豆など穀物の取引で使われる単位は次のうちどれ?青・ブッシェル、赤・ガロン、緑・トロイオンス、黄色・バレル。正解青・ブッシェル。穀物の種類によって重さが違う。1ブッシェル、大豆・小麦・約27.2キロ、トウモロコシ・約25.4キロ。

キーワード
モーサテ特製ノート
日経テスト
日本経済新聞社
日経TEST
トウモロコシ

天気予報 (ニュース)
06:03~

全国の天気予報を伝えた。

♪Kiss Me/Sixpence None The Richer。

NEXT仮想通貨「リブラ」の行方。

キーワード
Kiss me
Sixpence None The Richer
リブラ

プロの眼 (ニュース)
06:07~

暗号資産いわゆる仮想通貨について注目。テーマは、「仮想通貨テザーからみるリブラの行方」。リブラは先月、Facebookが発行計画を発表し注目を集めているもの。仮想通貨の問題は、価値の変動が大きい為、色々なものやサービスの交換手段・価値の貯蔵手段とはなりにくい。通貨(マネー)と見なされていない。その欠点を補うようにテザー社が、2015年に開発・発行したものがテザー。単位がUSDTという。リブラも同じ様な仕組みを持っている為、本日はテザーに注目し、特徴と問題点を見ながら、リブラのの行方について考えていく。ビットコインの価格の安定性は、変動が大きいということが問題。これは裏付け資産がない為である。テザーは、ステーブルコインと言われるように、ドルに対して価値が安定している。ドルの裏付け資産を持っているという背景がある。対ドルの価格を見ると、ビットコインは、1万ドル~2万ドルの間で上下に乱れている。テザーは、1ドルとほぼ同じ状態の推移になっている。テザーの仕組みは、いつでもドルとして換金できるように、ドルという資産を準備しておき、償還に応じるという仕組み。また、ビットコインは中央管理者がいない事で有名だが、テザーの場合、テザー社が管理者になるので、ここで破綻が起きると大きな問題になる。供給量の上限は、ビットコインでは2100万枚までとあるが、テザーは担保となるドルがあれば、技術的に増やしていく事が可能である。だが問題点として、2017年から色々な問題が指摘されており、そもそも「ドル資産を100%持っているのか」、一部を切り崩してユーロに投資したり、裏付けもないのにテザー社がUSDTを発行し、ビットコインなどに投資して高値で売って利益を出していると噂されており、情報開示が不透明である。中央管理者に対する信頼が揺らいでいる為、リブラに対しても同じ問題が生じると考えられる。Facebookは各国の当局と話をしており、疑惑を作らせない為に、おそらく資産管理や情報開示をきちんとさせらると思われる。仮想通貨が世界で使われた場合、マネーと仮想通貨の境界がはっきりしない。法定通貨の安定性にのった規制をすべきではないか、という話になっている。来年前半にも動き出す予定だが、世界の人々が使用するた場合、処理できるだけのプログラムが作れるのかという疑念はあるが、期待する人も多いと伝えた。

アメリカの株式相場がピーク?

キーワード
仮想通貨
Facebook
ビットコイン
テザー社
テザー
リブラ
ニューヨーク(アメリカ)
リブラ協会
香港
スイス

株式相場 (ニュース)
06:15~

今日の株の値動きについて伝えた。

先週、個人投資家を対象にした行われたギャラップ調査の結果が公表された。個人投資家の6割以上が「株式相場はピークに近い」と考えていることが判った。この調査結果は主要株価指数の高値点にある中でアメリカの個人投資家が慎重な姿勢を維持し、投資家心理に過熱感はないことを示唆している。また、この調査が支持する政党によって見方の違いがあり、民主党の支持者82%が「株式相場はピークに近い」と解答している一方で、共和党の支持者28%に留まっており、現在の株価水準に対する見方が大きく異なっていることが分かる。トランプ政権のやり方をどう評価しているのかがアメリカ有権者の見方が分断していることの現れだと考えており、民主党の代表候補のウォーレン上院議員がハイテク大手の分割・解体を提案し支持を得ている点が挙げられ、これまで株価上昇を牽引していたのがこれらの大手であったことを考えると、民主党支持者が今後のさらなる株価上昇に懐疑的であることも説明できると考えている。

為替、金利、商品の値動きについて伝えた。

半導体サイクルから見る日本株。

キーワード
米国みずほ証券
Facebook
アマゾン
NY証券取引所
ギャラップ調査
民主党
共和党
ウォーレン氏
FRB
パウエル
10年債利回り

6:20 きょうの株は? (ニュース)
06:21~

世界の株価(9日)、株式先物の値動きを伝えた。

番組マスコットのさきちゃんが今日の東京市場を予想した。寄り付きは曇り。予想レンジは21438~21627円。

第一生命経済研究所の藤代さんの予想レンジは21450~21700円。藤代さんは「パウエル議長の議会証言を控えて様子見の1日になりそう。」などと述べた。今後の注目ポイントは半導体不況の終わり。半導体不況が間もなく終わり株価の上昇が期待できる。

NEXT、ハッピーセットが”標的”?

キーワード
上海総合
SENSEX
FTSE
DAX
ボベスパ
第一生命経済研究所
FRB
パウエル議長

日経朝特急 (ニュース)
06:27~

横浜銀と千葉銀 包括提携。両銀行は10日にも取締役会を開き、業務提携に関する基本合意を交わす。地銀1位と3位の提携。(日本経済新聞)

NEC 新卒年収 1000万円超。今年10月から社外の評価を反映して若手研究者の報酬を決める制度を導入する。新制度では新卒でも学生時代に著名な学会での論文発表などの実績があれば、1000万円を超える報酬を支給するという。ただシリコンバレーでは3000万円、4000万円という報酬があるのでこれで人材獲得できるかどうかはわからない。(日本経済新聞)

社債活況 新顔や「久々」組。9日には日清製粉グループが初の普通社債を起債すると発表した。今月中には日東紡が27年ぶりの発行を予定している。(日本経済新聞)

キーワード
横浜銀行
千葉銀行
日本経済新聞
NEC
日清製粉グループ
日東紡

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:30~

被告はかつてヘッチバンドをひきいた人物でプライベートジェット2機の他馬を個人で所有しており大富豪として知られている。ウォール・ストリート・ジャーナルによると被告はトランプ大統領やクリントン元大統領など政財界の著名人との親交もあった。被告は2002年~2005年頃数十人の未成年の少女に現金を払い性的関係を持った。被告の自宅を調べた所、数百枚の若い女性のヌード写真の他「少女の裸の写真」と書かれたディスクを発見した。被告は無罪を主張。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ニッセイアセットマネジメントの松波さんは「プラスチック業界にとってはマイナスだが逆境が企業のイノベーションを高めてきたというのが歴史的にあるのでそこに期待」などと述べた。中国でさえ排ガス規制など環境問題にメスをを入れてきている。先進国も欧州を中心に環境問題がこれからの大きな流れになると予想した。

BSテレ東では7時5分からの「日経モーニングプラス」でFTのニュース解説をお送りします。のテロップ表示。

ビットコインは今年40万円台で始まったが徐々に値を上げ現在は130万円台と高値を推移している。”中国のシリコンバレー”とも呼ばれる深圳(シンセン)という電気街には最新型のドローンから携帯電話の充電コードばかりを扱う店も。ビットコインを掘り当てる為の”マイニングマシン”専門店では売上が急上昇。ビットコインはマイニングマシンが売買を記録することで成り立っており、記録したマシン所有者が報酬(ビットコイン)を得る。ビットコインの値上がりで報酬が大きくなる仕組みだ。これを金の採掘に例えてマイニングと呼び、世界中の投資家が最新のマシン(1台50万円の値がつくもの)を投入して競い合っている。一獲千金を狙う投資家に向けたセミナーが行われるなど中国のビットコイン投資熱が再燃したのは今年の4月頃。米中貿易戦争などで人民元安が進んだ為ビットコインに資金が逃避したとみられている。450万円相当の株をビットコインに変えた投資家も。公式にはビットコインの取引が禁止されている中国で投資熱を支えているのがある”抜け道”の存在。中国政府は海外への資金流出を嫌い2017年9月から国内の交換所でのビットコインの売買を禁止。これを受け、交換所側は海外に新たな交換所を次々と設立したのだ。5年前に設立された深圳のスタートアップ企業「パンダマイナー」では”マイニング代行サービス”を本格的に始めた。四川省などに工場を作り自家水力発電で電気代を日本の4分の1ほどに抑えた。投資家のマシンを預かって管理する他、1口約1600円で自社のマシンを使って”マイニング(採掘権)”を販売。利用者は50万人に達したという。パンダマイナーの楊笑COOは「中国の”地の利”を生かして代行サービスを世界に売り出したい。日本・韓国は最優先で開拓したいマーケット」だと話す。ただ、専門家は中国政府がいつ更に規制を強化してもおかしくないと再燃するブームに警鐘を鳴らす。ビットコインに向かう投資の熱に中国政府がどう対応するのか、ブームの今後を大きく左右するかも知れない。

ニューヨーク市では2019年上半期の殺人や強盗など重大犯罪の件数がニューヨーク市がデーターを収集始めた1994年以降過去最低となった。デブラシオ市長は「警察が常習犯や重罪に重点を置いて巡回を強化したことの効果が出ている」と述べた。銃犯罪の件数は去年の上半期と比べ7.1%増加しており警察は銃犯罪の多いブルックリンを中心に巡回する警察官の数を増やす。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

プラスチックゴミ問題が世界で注目を浴びる中イギリスではマクドナルドのハッピーセットが新たな強敵になっている。現在イギリスではハッピーセットのプラスチック製のおもちゃの廃止運動で32万人以上が署名しイギリスの環境省も後押ししてる。ハッピーセットをはじめとする多くのおもちゃは何種類ものプラスチックを使用しておりリサイクルできないことが多いと指摘。マクドナルドはリサイクルしやすいよう去年から1種類のプラスチックで作る方法を模索し再生可能な素材を使えないか研究している。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

慶應義塾大学の白井さゆりさんは「今は水力発電を使っているということだが、環境に影響があればマイニングに対しても禁止することはあり得る。禁止を迂回するため香港でも取引きされている。テザーの取引きの6割が中国人で、色々な形で迂回している。テザーの取引とビットコインの取引きが一致しており価格を釣り上げているという噂が以前からあり、今の価格の上昇もそれと関係しているかも知れない」と述べた。

NEXT「食品ロボ 唐揚げも自動化!」。

キーワード
ニッセイアセットマネジメント
トランプ大統領
クリントン元大統領
イノベーション
仮想通貨
ビットコイン
ウォール・ストリート・ジャーナル
デブラシオ市長
中国
ブルックリン(ニューヨーク)
マイニングマシン
マクドナルド
ハッピーセット
マイニング
米中貿易戦争
人民元安
パンダマイナー
岡三証券
深圳(中国)
上海(中国)
四川省(中国)
韓国
ケイマン諸島
慶應義塾大学
人民元
テザー

特集 (ニュース)
06:45~

昨日から開幕したアジア最大級の食の技術の展示会に行ってきた。東京ビッグサイトで開かれている「FOOMA JAPAN 2019」。食の技術をテーマに688社が出展し、最新の食品機械が展示されている。コンビニのレジ横で販売される揚げ物、いわゆるホットスナックを客に提供するロボットの役割は、商品の提供だけではない。冷蔵庫から材料を取り出すと、そのまま油に投入。さらに調理が終わると保温器に陳列。ここまでを全て自動でこなすのだ。一方、お弁当におかずを盛り付けるロボット「Foodly」は、お弁当をベルトコンベアに置くと、ロボットが唐揚げをトングで掴み盛り付け。間違える事なく同じ場所に入れる事ができていた。そして大きな特徴が、盛り付けの分担など、人間と一緒に作業する事を想定した恊働ロボットだ。あえて人と同じサイズに設計し、圧迫感を与えないようにしているそうだ。

キーワード
江東区(東京)
FOOMA JAPAN 2019
Hot Snack Robot
Foodly

ニュース (ニュース)
06:48~

EUは、ハローキティなどのキャラクター商品の越境販売を制限し、EU競争法に違反したとして620万ユーロ(約7億5,000万円)の制裁金を課すと発表した。サンリオが約11年間にわたって販売業者が販売権を得た国以外での販売を制限する措置を講じていたとしている。制裁額はヨーロッパ委員会へのサンリオの協力が考慮され、40%減額された。

アメリカ大統領選に二度出馬した、実業家のロス・ペロー氏(89)が、9日、白血病のため亡くなった。コンピューター関連企業を起こして巨万の富を得たペロー氏は1992年の大統領選挙に出馬し、当時のブッシュ大統領敗北の一因となった。また、NAFTAに反対して改革党を結成し、1996年大統領選挙では大敗した。

住友商事は、モノづくりの優れた技術をもつスタートアップ企業に対し、支援プログラムを開始。これは米中でスタートアップ支援を成功させた投資会社と組んで始めるものだ。この事業を通じて、国内のモノづくり産業を育成するとともに、商社として技術革新に対応していきたいとしている。

集英社は11日にオープンする「おとなのジャンプ酒場」の内覧会を行った。キン肉マンや北斗の拳、聖闘士星矢など数々の人気作品を生んだ少年ジャンプの黄金期と呼ばれる80年代がテーマ。この居酒屋は食べ飲み放題がついて2時間で3000円だ。さらに単品メニューではドラゴンボールをモチーフにした「ドラゴンミートボール(788円)」や、キン肉マンがテーマの「マッスル・ドッキングバーガー(1296円)」が注文できる。また80年代のジャンプを立ち読みできるコーナーも併設されている。80年代には500万部あった少年ジャンプの発行部数は現在は100万部台まで落ち込んでいる。集英社はこうした店をテコに当時の読者の呼び戻しを狙う。

フランス政府は9日、新たな環境税として、フランス発の航空券に1.5~18ユーロ(約180~2200円)を課税する方針を決めた。これにより、年間1億8000万ユーロ(約219億円)の税収を見込み、鉄道網の整備などあてるとしている。一方、航空大手のエールフランスは「年6000万ユーロ(約73億円)の追加コストで競争力は著しくて低下する」との声明を出し、強く反発している。

フィリピン入国管理局は、違法コピーしたマンガを掲載した海賊版サイト「漫画村」の元運営者である容疑者をマニラ空港で拘束したと発表。入管によると、日本の捜査当局が指名手配していて、今後日本に強制送還される見通し。「漫画村」をめぐっては、福岡県警などが、著作権法違反の疑いで捜査していた。

アメリカの航空機大手「ボーイング」は9日、2019年上半期の納入機数が前年比37%減の239機だった。2機の墜落事故を起こした737MAXの運行停止が世界中で続いていることが影響している。一方、ヨーロッパのエアバスは前年比増の389機だった。

嵐など多くの男性アイドルを育てた芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川さん(本名:喜多川拡さん)が昨日、くも膜下出血の為東京都内の病院で亡くなった。87歳だった。ジャニー喜多川さんはロサンゼルス生まれで、1962年にジャニーズ事務所を設立して以来、SMAPや嵐などのアイドルグループや、郷ひろみさん、近藤真彦さんなど、人気歌手を次々に世に送り出した。ジャニーズ事務所によると、葬儀・告別式は所属タレントなどで家族葬として行い、後日お別れの会を開く予定。

キーワード
サンリオ
EU
ハローキティ
EU競争法
アメリカ大統領選
ロス・ペロー氏
白血病
ブッシュ大統領
NAFTA
千代田区(東京)
改革党
ドラゴンミートボール
マッスル・ドッキングバーガー
フランス政府
エールフランス
ボーイング
漫画村
737MAX
エアバス
ジャニー喜多川
ジャニーズ事務所
SMAP
郷ひろみ
近藤真彦
くも膜下出血

天気予報 (ニュース)
06:53~

現在の都心の空の中継映像が流れ、現在の様子を伝えた。きょうの全国の天気予報を伝えた。

キーワード
梅雨寒
梅雨前線
日本海
梅雨

きょうの経済視点 (ニュース)
06:55~

ニッセイアセットマネジメントの松波さんの予想レンジは108.40~109.20円。FRBパウエル議長の議会証言では次回会合で0.25%の利下げを示唆する内容が予想されドル円は上値の重い展開になるとみている。

第一生命経済研究所の藤代さんの予想レンジは21450~21700円。藤代さんは「パウエル議長の議会証言を控えて様子見の1日になりそう。

日本、6月の企業物価指数が発表される。米、FRBパウエル議長が議会証言。6月に行われたFOMCの議事要旨が公表される。

白井さんの経済視点は「本日のパウエル証言」。白井さんは「注目は7月に利下げするなら9月の資産縮小も終えなければ合理的ではない。その辺を議事録などで言うかということ」などと述べた。松波さんの経済視点は「予防的利下げ→バブル醸成?」。松波さんは「1987年、98年、その後の不動産バブル、ITバブルの要因になった。今回の予防的利下げもバブル醸成の要因になるのではと危惧する見方もあるがそうはみていない」などと述べた。

今夜のWBS(11:00~)セブンが”最後の空白地”沖縄に進出!とテロップ。

キーワード
ニッセイアセットマネジメント
松波俊哉
FRB
パウエル議長
第一生命経済研究所
藤代宏一
企業物価指数
FOMC

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:58~

世界で最も交通渋滞が深刻な都市は?青:ムンバイ、赤:北京、緑:モスクワ、黄:ジャカルタ。正解は青:ムンバイ。1位はムンバイ、2位はコロンビアのボゴタ、3位はペルーのリマ。

キーワード
ムンバイ(インド)
ボゴタ(コロンビア)

あさ7時のビジネスドラマ 突然ですがピンチです (バラエティ/情報)
06:59~

およそ2500年前の中国で書かれた「孫子の兵法」。それは現在のビジネスにも反映されている。得意先から急遽パイナップル20トンを輸入して欲しいと発注がきた。最終的には20トンだが納期には半分の10トン。残りはあとでいいという条件。取引相手の三村という男が曲者だった。松村次長は孫子の「上兵は謀を伐つ」という言葉で先手をうっていた。最高の戦い方は相手の意図を見抜いて未然に防ぐということ。2週間後、三村は10トンしか納品されてないじゃないかと迫ってきた。納期には半分でいいと言っていたのに、クレームをいれてきた。松村は事前に録音された音声で三村を説き伏せた。フィリピンのタクミマートから現地の果物を調達を依頼されていたのだが。現地の財閥系大手商社が果物の調達をタクミマートにアプローチしているという。松村は孫子の教えで撤退を決めた。

キーワード
孫子

エンディング (その他)
07:04~

池谷さんが孫子の兵法のことばを紹介。上兵は謀を伐つ。最高の戦いは敵の意図を見破って未然に防ぐ。佐々木さんは「明日は国際政治学者のイアン・ブレマー氏にインタビューします」などと述べた。

このあと7時5分からはテレビ東京系列で「おはスタ」(一部地域を除く)BSテレ東で「日経モーニングプラス」をお送りします。とテロップ。

キーワード
孫子
BSテレ東
イアン・ブレマー
  1. 前回の放送
  2. 7月10日 放送
  3. 次回の放送