Newsモーニングサテライト 『消費税率は上がる…賃金はどうなる?』

放送日 2019年6月17日(月) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の値動きを伝えた。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
為替
中国
アメリカ

週末の注目ニュース (ニュース)
05:46~

アメリカの5月の小売売上高は前月比0.5%のプラスであった。市場予想は下回ったものの、4月から情報修正されるなど個人消費の底堅さを示す内容であった。5月の鉱工業生産指数は前月比0.4%プラスで、市場予想を上回った。製造業が0.2%の増加と今年始めての拡大を示している。

6月のミシガン大学消費者信頼感指数は97.9に低下し市場予想を下回った。期待指数の低下が目立ち、対中制裁関税に対する警戒感が広がっていることが浮き彫りとなった。

14日、アメリカのシャナハン国防長官代行はイラン沖のルムズ海峡付近で起きたタンカーへの攻撃をめぐり、イランへの責任を追及する圧力強化を国際社会に呼びかける考えを示した。国防総省は今回の攻撃におけるイランの関与を示す証拠として「不発機雷をイラン革命防衛隊の小型船が回収する様子」の映像を公表している。イギリスのハント外相は「ほぼ確実に責任はイランにある」とアメリカに追随した。一方、ドイツをフランスはアメリカとイランの双方に自制を促した。日本はイラン関与の裏付けとなる客観的証拠を示すようアメリカ側に要求していて、各国の対応が割れている。

キーワード
ミシガン大学
ミシガン大学消費者信頼感指数
小売売上高
鉱工業生産指数
シャナハン国防長官代行
アメリカ
イラン
ハント外相
ホルムズ海峡
イギリス
ドイツ
フランス

最新のニュース (ニュース)
05:48~

今朝のゲストを紹介した。経済産業研究所の中島厚志さんとUSBウェルス・マネジメントの居林通さん。

FOMCで為替は?

今回の報復関税で対象となるのは、アメリカからの鉄鋼製品や農産品など28品目。インドは当初18年8月から報復関税を実施予定だったが、アメリカとの競技が続き延期していた。今月5日に、アメリカがインドからの輸入品の関税を一部免除する優遇措置を終了したことで協議が停止したという。

バークレイズ・キャピタルのマイケル氏は「G20前の利下げは”政治的な動き”と見られるリスクがある。対中制裁関税の第4弾が発動したらそれに対応すべきか否か判断したほうがよい。私は7月に0.5%、9月に0.25%の利下げを行なうと予測する。去年12月の利上げの歳には現在の世界経済の成長鈍化は予想されていない。今は貿易摩擦をめぐる不透明感が増し、アメリカのインフレ率も低い。金融政策は引き締めすぎだ。」と述べた。

バークレイズ・キャピタルのマイケル氏は「経済の減速を示す根拠は十分すぎるほどあるため、FRBが今週の会合で利下げに踏み切って市場にサプライズを起こす可能性もある。関税の脅威によってすでに企業は投資を減らし経済は減速し始めている」と述べた。

中島さんは「6月はあまりないと思う。むしろ7月には0.5まで上がりうる可能性もみてます」と述べた。

居林さんは「この後何が起きるかわからないので、出来ればとっておきたい、先に。今回は見送り、あるとしても将来先じゃないかな。景気の悪化が明らかになってから、そんな風に思っています」とコメントした。

キーワード
トランプ大統領
りんご
インド
アメリカ
バークレイズ・キャピタル
G20
FRB
経済産業研究所
UBSウェルス・マネジメント
FOMC

5:55 きょうの為替は? (ニュース)
05:53~

為替の値動きを伝えた。

各国の為替の値動きを伝えた。

今週1週間の相場をオフィスフカヤの深谷さん予想。予想レンジ107.50円~109.50円と予想。先週から今週の流れを「引き続き利下げがドルの上値を抑え、ドル円相場は上値の重い展開となりそうだ」などと解説。注目ポイントを『FOMC7月利下げの地ならしは?』とし、深谷さんは6月は利下げはないと予想しているようだ。また「今回の会合で政策変更は予想されてないが、次回7月会合での利下げをどの程度示唆されるのかが、焦点だと思う」などと話した。

キーワード
ドル
ユーロ
為替
人民元
オーストラリアドル
イギリスポンド
ブラジルレアル
トルコリラ

騰落率ランキング (バラエティ/情報)
05:57~

一方、値上がり率の大きかった銘柄ランキングでは、9位資生堂は中国当局が景気後退への対応が可能と認識を示した事で、中国消費関連の一角として買われた。また4位のアンリツは、政府のIT新戦略で、5G普及に向け、信号機基地局としての利用が閣議決定された事が好感され7.7%の上昇。上昇率トップ3では1位MonotaROは、5月の売上高が、1年前に比べ22%増えた事などが好感され、11%を超える大幅高だなどと伝えた。

先週1週間日本株の個別銘柄の動きを中心に振り返り、今週の注目ポイントを専門家が展望。商いは低調だったものの、先週の東京市場は米によるメキシコへの制裁関税実施の見送りやFRBの利下げ観測による米株の上昇などが相場を支えた。今週の相場を占う前に先週の相場をランキング形式でプレイバック。業種別では上昇下落ともに、ホルムズ海峡でのタンカー攻撃が材料となった。上昇トップの鉱業は原油価格反発をうけ、3.4%に。一方下落率トップは海運業の-1.7%だった。

先週の値下がり銘柄は、5位に調剤薬局大手・アインホールディングス。前週発表された決算への失望を引きずり、軟調な展開が続いている。また8位のアドバンテスト、9位東京エレクトロンと半導体関連株が下落した。そしてもっとも下げた3銘柄には、3位に半導体メーカー・太陽誘電がランクイン。今年後半には回復するとみられていた半導体市況だが、米中貿易戦争の影響で米ブロードコムが売上見通しを下方修正するなど、市況回復が後ズレするという見方が広がり関連株が売却されたなどと伝えた。

キーワード
孫会長
ソフトバンクグループ
騰落率ランキング
アインホールディングス
太陽誘電
資生堂
アンリツ
MonotaRO

ニュース (ニュース)
06:00~

18日(火)6月の月例経済報告。景気はゆるやかな回復という認識を維持するか注目。アメリカではFOMCが開かれる。20日EU首脳会議。21日、日本の6月の消費者物価指数。ユーロ圏PMIが発表される。

居林さんは「景気先行指数はFOMC後。この数字が市場に影響する。」などと述べた。

キーワード
月例経済報告
FOMC
EU首脳会議
消費者物価指数
PMI

モーサテ サーベイ (バラエティ/情報)
06:02~

モーサテにレギュラー出演している専門家約50人が経済の先行きを独自の分析で予想するコーナー。景気と経済の先行きがわかる。今回は、6月14日~16日までインターネット経由で実施。番組出演者36人に調査を行った。

ポイントはG20を控え、膠着相場が継続。予想の中央値は21200円。先週末よりやや高い数字。マネックス証券の広木さんも21200円を予想。G20に関心がむかい、動けない相場が続くとしている。20600円を予想するのは和キャピタルの村松さん。利下げ期待が高すぎるFOMCは失望に終わる可能性が高いとしている。

ポイントはドルの上値、重く。予想の中央値は1ドル108.50円。その中央値を予想するのはソニーフィナンシャルホールディングスの菅野さん。利下げ期待のドル安とリスクオンの円安が見合って小動きと見ている。

イギリスで保守党の党首を決める投票が始まったが、合意なき離脱の可能性について聞いた。最も多かったのは30%でおよそ3割を占めた。10%、50%と続いている。

モーサテ景気先行指数は-8.3となった。改善は2週連続。日銀の手詰まりやオリンピック関連の設備投資が剥げ落ちることが影響しそう。アメリカ、中国、ヨーロッパの指数も前の週からは回復しているものの以前低い水準。米中貿易摩擦の長期化による世界経済への影響が懸念されている。

キーワード
G20
マネックス証券
広木隆
村松一之
FOMC
ソニーフィナンシャルホールディングス
菅野雅明
ブレグジット
モーサテ景気先行指数
米中貿易摩擦

ニュース (ニュース)
06:05~

きのう、大阪・吹田市の千里山交番で26歳の巡査が男に複数箇所刺され、実弾5発が入った拳銃を奪われた。26歳の巡査は防弾チョッキを着用していたが、左胸に包丁が刺さった状態で見つかり、意識不明の重体となっている。警察は事件の約1時間前に、交番の周囲を歩き回っていた身長170~180センチの不審な男を公開した上で、東京・品川区に住む30代の男が事件に関与したとみて、強盗殺人未遂の疑いで逮捕状をとった。不審な男の画像を見て、品川区に住む30代の男の父親が「息子によく似ている」と警察に連絡してきた。また、その不審な男によく似た人物が14~15日にかけて吹田市内のホテルに宿泊していたことが明らかになった。事件後、現場から約5キロ離れたスーパーで右手に血の付いた男が、ジャンパーなどを購入していたこともわかっていて、警察は事件との関連を調べると共に男の行方を追っている。

中国本土への容疑者引き渡しを認める「逃亡犯条例改正案」の撤回を求めた香港の民主派団体のデモは、参加者が過去最大の約200万人となった。1997年の中国への返還以降、香港で最大のデモとなった。デモを受け、林鄭月娥長官は香港社会の混乱を招いたとして市民に陳謝したが、事態が収束に向かうかは見通せない状況となっている。

イラン沖のホルムズ海峡で攻撃された日本などのタンカー2隻のうち、イラン当局に救助されたノルウェーのタンカーの乗組員23人全員が、15日空路でドバイに到着した。一方、日本の海運会社が運行する船もアラブ首長国連邦のカルバに到着した。タンカー攻撃を巡っては、アメリカなどがイランの関与と断定しており、タンカーの乗組員による証言が注目される。

中島さんは「少し前ですが、2012年にオーストラリアのシンクタンクが、ホルムズ海峡が閉鎖された場合に、どのくらい原油価格が上がるかについて計算したんです。それで、原油価格がピークで2.5まで上がる計算なんですよ。今は50ドルちょっとなので、70~80ドル上がって120~130ドルまで上がるけど、その後回復するという見込みですので、回復しなければもっと上がるリスクはありますね」と話した。

キーワード
テレビ大阪
千里山交番
大阪府警
強盗殺人未遂
吹田市(大阪)
品川区(東京)
逃亡犯条例
林鄭月娥長官
香港(中国)
ドバイ
ノルウェー
カルバ(アラブ)
ホルムズ海峡
オーストラリア

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:09~

日本経済新聞社が実施している日経テスト協力のもと、番組中に毎日2回、経済の知識と考える力を診断するクイズを出題している。お手元のリモコンの4色ボタンを押して答える。正解で20ポイント、不正解でも10ポイント。100ポイントで番組特製ノートのプレゼント抽選に応募できる。

「一部地域では参加出来ません。BSテレ東4Kの方はBS+7を押してください」のテロップ表示。 

OECDによる41ヶ国・地域対象の調査で男女の賃金格差が最も大きかったのは?青・韓国、赤・ルーマニア、緑・アメリカ、黄色・日本。お手元のリモコンの4色のうち正解と思うボタンを押す。正解は青・韓国。韓国の男女賃金格差、韓国34.6%。日本は24.5%。3番目に大きい。

キーワード
日本経済新聞社
日経テスト
番組特製ノート
BSテレ東
韓国
ルーマニア
アメリカ
日本
日経TEST

気象情報 (ニュース)
06:11~

NEXT消費増税を機に賃上げを!

全国の天気予報を伝えた。

♪Every Morning/Sugar Ray。

キーワード
シュガー・レイ
Every Morning

プロの眼MONDAY (バラエティ/情報)
06:15~

下値めど いくら?

賃金の対策について、中島さんは「消費税率が8~10%に上がっても経済対策は十分に足りているし、軽減税率も行われる。駆け込み需要もない。でも対策は一時的であって、やはり賃金がしっかりと物価に見合って上がっていかないと、長期的に見れば購買意欲は落ちてしまう。必ずしも消費税の引き上げに対して賃金増は割負けていないんですが、90年台後半の金融危機以降、その後に賃上げよりも雇用維持に重点を置かれるという風に状況が変わってきた。その時から賃金上昇が物価に見合っていないので、購買意欲が落ちてきた。アメリカの場合は賃金上昇の中に物価の割合が結構しっかりリンクして入っている。日本の場合は同じようなスケールで見るとあまり上がっていない上に度合いが少なくリンクも少ない。企業の収益増もあるが、あまり効いていない状況。一つとしては日本は値上げがあまりできない。これが賃金増につなげにくいのだと思う。実際には企業の収益も増え、内部留保も大きく上がっているので、労使交渉みたいな場面でしっかり賃上げを物価上昇をカバーするくらいするんだというふうに持っていくのが大事。特に春闘などが大事。」などとコメントした。

6:20 きょうの株は? (ニュース)
06:24~

株式先物の日経平均株価を確認した。

大注目!メキシコのロッキー。

今週の予想レンジは21000~21700円。居林さんは「金融緩和に向かうFOMCと、貿易問題で歩み寄りがあると期待されるG20の動きが注目される」と語った。注目ポイントは「下値めどと自社株買い」。居林さんは「そろそろ下値めどに近づいていると考えている、今年は自社株買いが株式市場の鍵を握ると考えている」と語った。

キーワード
日経平均
FOMC
G20
アベノミクス
コーポレート・ガバナンス
メキシコ
中国
ロッキー

日経超特急 (ニュース)
06:31~

日本経済新聞の記事「小売り 税別表示が増加」を紹介。政府は支払い総額がわかりやすい税込み価格の表示を推奨しているが、税別表記にする企業が増えている。例えば、コンビニ3社は税別価格が目立つ併記を行っている。これは、軽減税率の導入により、同じ食品でも税率が異なる商品があり、値札を複数用意する手間を省く狙いだとした。(日本経済新聞)

三菱電機、安川電機など国内の主要メーカー100社が連携し、設備の稼働状況などの製造データを相互に取引できる仕組みを作る。これにより開発期間の短縮やものづくりの効率性の改正などにつなげる。2023年までに参加企業500社を目指している。(日本経済新聞)

長野・軽井沢町で開かれていたG20エネルギー・環境相会合は、海に流れ出す廃プラ削減に向けた国際枠組み創設などを盛り込んだ共同声明を採択し閉幕した。各国は毎年進捗状況を報告する。(日本経済新聞)

1月~3月へのアメリカへの投資額は去年より7割減った他、ヨーロッパやオーストラリアへの減速も目立つ。中国マネーの退潮は世界の不動産ブームの変調を物語っている。(日本経済新聞)

キーワード
日本経済新聞
イズミ
イオン
セブン
ローソン
ファミリーマート
コメリ
増税
軽減税率
三菱電機
G20エネルギー・環境相会合
軽井沢町(長野)

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:34~

百貨店秘書厳選の手みやげ。

アメリカとイランの対立が激化し、どのような力学が働いているのか分析している。アメリカのポンペオ国務長官がタンカーへの攻撃に関与したと主張し、ボルトン大統領補佐官と最大限の圧力を訴え続けている背景にはトランプ政権内の主導権争いがあると指摘。また、サウジアラビアのムハンマド皇太子が今回のタンカー攻撃を巡ってイランを非難し、「あらゆる驚異に対処することをためらわない」と述べたことについて、記事ではサウジアラビアが長い間、レバノンやイラクなどで間接的にイランと戦ってきたことから、アメリカとイランの緊張が高まることはサウジアラビアにとって好都合だと主張している。サウジアラビア人記者・カショギ氏の殺害事件をめぐり、ワシントンから厳しい目を向けられているムハンマド皇太子にとっては、「アメリカの目がイランに向くことは役に立つだろう」と指摘している。(ニューヨーク・タイムズ)

アメリカとイランの仲介役を買って出た安倍総理大臣について、「安倍総理は痛みを伴う教訓を得た」との見出しで厳しい評価をしている。記事では安倍総理のイラン訪問後「アメリカとイランの対立関係はより不安定なものになってしまった」とし、「安倍総理のほろ苦い中東外交デビューだった」と表現した。安倍総理は「独立した仲介役」であることを強調したものの、イランメディアは「安倍総理とトランプ大統領の蜜月ぶり」や「日米同盟に焦点をあてていたこと」などを挙げ、「中立的な人物とは見られていなかったのでは?」と指摘している。その上で「安倍総理は夏の参院選を前に自身のイメージに磨きをかけるために日本の首相が避けてきた中東外交に足を踏み入れた」と分析している。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ニューヨークで6月1日に行われたボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチで、アンディ・ルイス選手がアンソニー・ジョシュア選手からダウンを奪う様子を伝えた。テクニカルノックアウトで破れたジョシュア選手はヘビー級の3タイトルを一気に失うこととなったが、ジョシュア選手はロンドンオリンピックの金メダリストで、プロに転向してからは22戦全勝というスーパースター。「世紀の大番狂わせ」と言われる試合となった。大番狂わせを演じたルイス選手はチョコレートバーの「スニッカーズ」が好物ということで、ボクシングの選手としてはかなりぽっちゃり。アメリカ生まれだが、親はメキシコ生まれの移民で今は「メキシコのロッキー」と呼ばれて注目を浴びている。ルイス選手は当初ジョシュア選手が対戦する予定だった相手がドーピング違反を犯したため、試合のおよそ1ヵ月前に代役として急遽出場することに。試合前日の軽量ではおよそ122キロと「90キロ以上」というヘビー級の規定を遥かに上回っており、調整不足は明らか。「ルイス選手が勝つ」と予想した人はほとんどいなかった。メキシコとの国境で育ったルイス選手。「街にはドラッグの売人などが溢れていたが、道を踏み外さなかったのはボクシングのおかげ。ボクシングが自分の人生を救ってくれた」と話している。(ニューヨーク・タイムズ)

佐々木さんが「中東情勢が緊迫する中で、原油価格の上昇がそこまで強くない。その動きはどう見ますか?」と聞くと、居林さんは「タンカーの攻撃がありましたが、それがすぐに原油の上昇につながっていないというのはアメリカのシェールオイルの増産余地があるのでは?とマーケットが思っているということを示していると思う。アメリカはできれば中東に減産してもらって石油価格を上げて、自分たちの石油の生産を上げたいと思っていると思う」などとコメントした。

キーワード
ポンペオ国務長官
ボルトン大統領補佐官
ムハンマド皇太子
カショギ氏
ニューヨーク・タイムズ
安倍総理
トランプ大統領
ウォール・ストリート・ジャーナル
アンディ・ルイス選手
アンソニー・ジョシュア選手
ロンドンオリンピック
スニッカーズ

三つ星 手みやげ (バラエティ/情報)
06:41~

次は夏のアウトドアで大活躍!

今回は創業150年の百貨店「松屋銀座」の社長秘書の河西美佐子さんが登場する。様々な商品が集まる百貨店ならではの手土産の目利き力に注目したい。

河西さんが手土産を選ぶ際に欠かせないのは、松田社長との綿密な打ち合わせだ。状況によって変わる松田社長からの様々な要望に答えるため、デスクに戻り、ふさわしい手土産をチェックする。松田社長自身も、海外に出張に行く際には日本の技術やセンスが光る逸品の手土産を持っていくこだわりがある。松田社長は「センスを問われるというか、百貨店としての提案が伝わっているか、我々は常に問われている」と話している。河西さんも手土産を探す際は、百貨店としての発信力やセンスに気を配っている。

三ツ星手土産その1は、松屋銀座限定の「サブレショコラ」。ラズベリーやチョコレートなどの5種類の味が入っており、小ぶりのパッケージで遠方から来た客への手土産にも渡しやすくなっている。作っているのは鎌倉駅から徒歩3分のところにある「アンビグラム鎌倉」。パティシエの伊沢さんは「ほろっとした口溶けにするため、サブレの生地の中にチョコを入れるのが一番のポイントとなってます」と話している。チョコレートを練りこんだ生地を型取りオーブンに入れ、クリームを挟む作業は全て手作業となっており、一日わずか15箱しか販売していない。

三ツ星手土産その2は、1625年創業の「サケショップ福光屋」の「糀甘酒」。日本酒づくりで培った技を活かし、米と麹だけを使ったノンアルコールの糀甘酒は、甘さ控えめであっさりした口当たりが特徴となっている。普通、お中元・お歳暮の時期はお菓子を贈ることが多いが、河西さんは被らないようあえてこういった糀甘酒を贈ると言う。そういう気遣いが、手土産選びで重要なポイントとなる。

スタジオでは「会食後の手土産の場合、会食が和食だったらあえて洋菓子を贈るなど、相手の立場に立って考えてるそうです」「大事ですよね」などとコメントした。

キーワード
松屋
パリ(フランス)
サブレショコラ
糀甘酒
千代田区(東京)
金沢(石川)

ニュース (ニュース)
06:49~

トランプ氏はG20で習近平氏に対し、香港の人権問題を提起するという事。ポンペオ氏は「香港住民は、あ大切だと考えていることに声を上げており、我々も注視している」と述べた。

報復関税で対象となるのはアメリカからの鉄鋼製品や農産品など28品目。インドは18年8月からの関税を予定していたが、アメリカとの協議が続き延期していた。アメリカの優遇措置が終了したことで協議が停止した。

バークレイズ・キャピタルのマイケル氏は「G20前の利下げは”政治的動き”と見られるリスクがある。対中制裁課税の第4弾が発動したら、対応すべきか判断したほうが良い。私は7月に0.5%、9月に0.25%の利下げを行うと予測する。逆風の強まりを考えると金融政策は引き締めすぎだ」。と語った。

昨日大阪府吹田市の千里山交番で警官が刺され拳銃を奪われた事件で、警察は東京都品川区に住む33歳の男性が事件に関与したとして、殺人未遂の疑いで逮捕した。

香港の民主派団体は、逃亡犯条例改正案の撤回と林鄭行政長官の辞任を求めるデモを実施、200万人近くが参加したという。1997年の中国返還以降最大のデモとなった。デモを受け林鄭行政長官は社会の混乱を招いたとして市民に陳謝した。

イラン沖のホルムズ海峡などで攻撃されたタンカー2隻の内、イラン当局に救助されたノルウェー船乗組員23人全員がドバイに到着した。日本の海運会社が運行する船の乗組員もカルバに到着した。攻撃をめぐって乗組員による証言が注目される。

G20でのトランプ大統領の提議に関するトーク。中島さんは「米中首脳会談が開催されるかどうかが気になる」と語った

キーワード
ポンペオ国務長官
習近平氏
トランプ大統領
G20
FOX NEWS
FOXテレビ
アメリカ
中国
大阪
香港(中国)
トランプ
インド
FOMC
バークレイズ・キャピタル
千里山交番
テレビ大阪
吹田市(大阪)
大阪府
東京都
品川区(東京)
逃亡犯条例改正
林鄭行政長官
イラン
ドバイ
UAE
ノルウェー
カルバ
ホルムズ海峡

気象情報 (ニュース)
06:55~

東京都のライブ映像とともに全国の天気予報を伝えた。

キーワード
東京都

経済視点 (ニュース)
06:57~

為替の見通しはオフィスFUKAYAの深谷さん。今週のドル円予想レンジは107.50~109.50円。今週のFOMCまでは動きづらいものの、会合後は期待ほどドル安円高にはならないだろうと見ている。

今週の株の見通しはUBSウェルス・マネジメントの居林さん。今週の予想レンジは21000~21700円。今週開催されるFOMCと月末のG20がてがかりになり押し目買いが入りそうと見ている。

日本では5月の首都圏マンション販売が発表される。アメリカでは6月のNY連銀製造業景気指数、NAHB住宅市場指数が発表される。

中島さんの経済視点は「怖いリスク慣れ」。中島さんは「米中の景気鈍化、米中貿易摩擦、ホルムズ海峡の緊張もある。何年かに1回しか起きないことが起きているがマーケットがリスク慣れしているのではと懸念する」などと述べた。居林さんの経済視点は「令和の組織改革」。居林さんは「会社の組織改革は常にあるが、令和になって働き方改革。ビジネスポートフォリオマネジメントなど新しい組織改革が行われるのではと思う」などと述べた。

今夜のWBS(夜11時~)食べ放題が再び脚光のワケ。とテロップ。

キーワード
オフィスFUKAYA
深谷幸司
FOMC
居林通
UBSウェルス・マネジメント
押し目買い
G20
首都圏マンション販売
NY連銀製造業景気指数
NAHB住宅市場指数
米中貿易摩擦
FRB

モーサテQ (バラエティ/情報)
07:00~

※一部の地域では参加できません。BSテレ東4Kの方はBS+7を押して下さい。問題・世界の空港の顧客満足度ランキングでハマド国際空港(カタール)とともに首位だったのは?青・成田空港。赤・中部国際空港。緑・羽田空港。黄色・関西国際空港。お手元の4色のボタンで正解と思うボタンを押してください。正解は緑・羽田空港。

キーワード
カラール
ハマド国際空港
日経TEST
アメリカ

モーサテstyle (バラエティ/情報)
07:01~

東京・神田にある「サロモンスントici club」へ。レジャーがより楽しくなる便利なアウトドアウオッチを探しに。店員の菅原さんのオススメは「スント」の時計。スントは1936年フィンランドで創業。創業者のトーマス・ボホロネンは液体を閉じ込め針を安定させるコンパスを開発。その後、さまざまなコンパスを開発しスキューバダイバーが使う「ダイブコンピューター」なども発明。1998年にをアウトドアウオッチを発売した。世界で初めて温度計・気圧計・温度計を掲載。超時間バッテリー搭載の最新モデルが「SUUNTO9 BARO」タッチディスプレーでGPSも付いており丈夫。

キーワード
SUUNTO
トーマス・ボホロネン
SUUNTO9 BARO
神田(東京)
フィンランド

エンディング (その他)
07:04~

野沢アナが「明日のモーニングサテライトは、ホルムズ海峡でのタンカー襲撃について原油相場にどう影響してくるかす専門家を来て頂きたいとおもいます」などと述べた。

このあと7時5分からはテレビ東京系列「おはスタ」(一部地域除く)BSテレ東で「日経モーニングプラス」をお送りします。のテロップ表示。

キーワード
ホルムズ海峡
おはスタ
日経モーニングプラス

スポット

エネルギー/素材

東京エレクトロン
安川電機

グルメ

サケショップ福光屋 丸の内店
アンビグラム鎌倉

レジャー/交通

関西国際空港
成田空港
羽田空港
中部国際空港

家電

アドバンテスト

流通

松屋銀座
サロモンスントici club神田店
オークワ

金融/保険

日銀
和キャピタル
  1. 前回の放送
  2. 6月17日 放送
  3. 次回の放送