Newsモーニングサテライト 【海外企業も注目のニッチな化学メーカー】

放送日 2019年4月17日(水) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の情報を伝えた。

ニューヨークから中継。ニューヨーク株式相場セクター別騰落率を伝えた。

キーワード
日本経済新聞社
ダウ
ナスダック
S&P500
為替
セクター別騰落率
ニューヨーク(アメリカ)
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ボーイング
クアルコム
アップル
ブラックロック

ニュース (ニュース)
05:46~

スマートフォン向け半導体の特許使用料をめぐって、訴訟合戦となっていたアップルとクアルコムは16日、全ての訴訟を取り下げることで合意したと発表した。合意ではアップルが「不当に高い」と訴えていた特許使用料についても和解に達したが、具体的は支払い金額は明らかにしていない。またアップルとクアルコムは半導体の供給を含むライセンス契約を結ぶことも発表した。契約期間はことし4月1日から6年間でさらに2年間の延長が可能なオプションが含まれているという。アップルが去年発売した新型iPhoneではクアルコム製半導体の使用を取りやめていたため、供給再開を受けクアルコムの株価は23%以上大きく上昇した。

日本とアメリカによる貿易交渉の2日目の協議が16日ワシントンで始まった。両国は交渉の進め方やサービス分野などを含めた交渉の範囲について、さらに詰めた議論を進める方針。2日目の協議は茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表が参加し、3時間ほど前から始まっている。初日の協議では去年の日米共同声明に沿って議論を進めていくことが確認され、茂木経済再生担当大臣は交渉が農産物や自動車などの物品関税が中心になるとの見方を示した。両国はサービスや貿易ルールなどの分野について、どこまで交渉範囲とするかさらに議論を進めるものと見られる。

バンク・オブ・アメリカの今年1月から3月期の決算は6%の増益となり、四半期として過去最高益を更新した。融資が堅調に拡大したほか、コストの削減が利益を押し上げた。モイニハンCEOは声明で、「経済成長と消費は堅調で、企業の規模を問わず借り入れが増加している」と指摘した。一方、トレーディング事業は、債券部門、株式部門ともに減収となった。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの今年1月から3月期の決算は、ベビーパウダーをめぐる数千件の訴訟費用が利益を圧迫したものの、売上高、一株利益ともに市場予想を上回った。売上高の半分以上を占める処方薬が4%のプラスと堅調だった。また通期の売上高伸び率の見通しを上方修正したことなどから、株価は1.1%上昇した。

アメリカの3月の鉱工業生産指数は上昇するとの予想に反し、前の月から0.1%のマイナスとなった。自動車の生産が不振だった。企業の設備投資とインフレの先行指標である設備稼働率も前の月から低下した。

キーワード
アップル
クアルコム
スマートフォン
iPhone
茂木経済再生担当大臣
ライトハイザー通商代表
日米共同声明
バンク・オブ・アメリカ
モイニハンCEO
ジョンソン・エンド・ジョンソン
鉱工業生産指数
設備稼働率
ワシントン(アメリカ)

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:49~

金利、商品、欧州株式、株式先物を伝えた。

5月に動き出す為替 円高?円安?

今日の相場、ダウは底堅く推移する一日。ジョンソン・エンド・ジョンソンの好決算などが上げを主導した結果。ナスダックは約半年ぶりに8000ポイント台にのせている。

ユナイテッドヘルス・グループは、売上高、1株利益ともに予想を上回り、通年の利益見通しも引き上げる好決算だったが、その後CEOが国民皆保険制度に初めて反対姿勢を示したため株価は売りに押された。また今年のヘルスケア株は全体とくらべ出遅れているとするも、利益は全体を上回る見込み。

今朝のゲストを紹介。北野氏はアメリカの指標について鉱工業生産が悪かったことと、住宅市場指数が改善していることなどとあげ、まだ利上げの影響は見ていく必要があるとのべた。

日米貿易協議について、鈴木氏は為替条項が取り上げられる可能性があるため注意が必要だが、あまり懸念する材料でもないとした。

キーワード
米10年国債
米2年国債
NY原油
OPEC
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
シカゴ日経平均先物
日経先物
日経平均
為替
NY証券取引所
マキシム・グループ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ボーイング
ダウ
クアルコム
ナスダック
ユナイテッドヘルス・グループ
S&P500
ファクトセット
国民皆保険制度
みずほ証券
ソシエテ・ジェネラル銀行

5:55 今週の為替は? (ニュース)
05:56~

経済情報を伝えた。

各国の為替を伝えた。

今週の為替は?鈴木恭輔さんの予想レンジは111.50円~112.20円。鈴木さんは「日米貿易協議の進展を待つということで、狭いレンジで推移している」と話した。注目ポイントは「変動率の季節性」で鈴木さんは「4月は値幅が動きにくくなる季節性」が強いが、今もマーケットにもあらわれている。ドル円と3か月予想変動率の相関係数を見ると、今は0.8と逆相関になっている。変動率があがるとドル円相場が下がりやすくなる」などと話した。

キーワード
為替
10年国債
人民元
オフショア
オンショア
レアル
リラ
ランド
ゴールデンウィーク
日米貿易協議

ニュース (ニュース)
05:59~

根本厚労大臣はきのう、一部報道で一定以上の収入がある場合70歳以上にも加入・保険料支払いの義務付けを検討すると報道したことに対して報道を否定した。一方、70歳より上の年齡でも年金を受け取りについては前向きな姿勢を示した。

2020年、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は昨日、東京オリンピックの競技日程を発表した。開会式は7月24日、新国立競技場で午後8時開始。陸上は、トラック・フィールドの計9種目の決勝やバスケットボール、ビーチボールなどを午前開始の時間帯で行う。時差のあるアメリカでの夜のテレビ放送に合わせたとみられる。

中国の国家統計局が発表した3月の新築住宅価格指数は70都市のうち65都市で上昇。地方の小規模都市はほぼ全面的に上昇した。アメリカとの貿易摩擦で景気減速に苦しむ中国政府は金融緩和やインフラ投資を積極化、不動産市場に資金が流入した可能性がある。

北野さんは「マイナス金利、異業種の参入、テクノロジーという3重苦の中で、プロ化を進めないといけない。IFAという方々がシェアを伸ばしてきている。個人と寄り添うような営業姿勢が臨まれる」などと述べた。

シャープの親会社である台湾の鴻海製道工業の郭台銘会長は昨日、来年1月の総統選への出馬を検討している事を初めて公の場で明らかにした。出馬するかどうかは「この2日で決める」としている。出馬する場合は、対中融和路線の最大野党・国民党から出馬する意向だ。党内の予備選を経て公認候補となれば、与党、民主進歩党と対決する事になる。会長は15日に経営の第一線から退く意思を示していて出馬観測が強まっていた。

三井住友銀行がメガバンクとして初、65歳への定年延長を検討。会社側は来年1月の導入を目指し、労働組合に制度変更を提案した。60歳から65歳への定年延長は異業種参入などの課題に対応するため、高齢社員の専門知識を生かす狙いがある。それに伴い、51歳から60歳の給与の落ち込み幅を緩やかにし社員の働く意欲の維持に努める。

キーワード
根本厚労大臣
厚労省
室伏広治
国家統計局
新築住宅価格指数
東京オリンピック
東京パラリンピック
IFA
リオデジャネイロ五輪
アメリカ
鴻海精密工業
郭台銘会長
シャープ
国民党
民主進歩党
台湾
三井住友銀行

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:04~

日本経済新聞社が実施している日経テストの協力の下、番組中2回、経済の知識と考える力を診断するクイズを出題している。リモコンのボタンで参加し、正解で20ポイント、不正解でも10ポイントもらえる。合計100ポイントに達すると、「モーサテ特製ノート プレゼント抽選」に応募することが出来る。

問題は「国産のスーパーコンピューター京(けい)が設置されている都市は?」。青は札幌、赤は横浜、緑は名古屋、黄は神戸という選択肢。リモコンのボタンを押して選択する。正解は黄の神戸。電力供給の安定性があり、コストが安くアクセスしやすい立地ということから神戸市のポートアイランドに設置された。

キーワード
日本経済新聞社
モーサテ特製ノート
ポートアイランド
札幌(北海道)
横浜(神奈川)
名古屋(愛知)
神戸(兵庫)

天気予報 (ニュース)
06:06~

BGM:Blue Eyes Blue/ERIC CLAPTON

全国の天気を予報した。

急騰の背景に「抵抗運動」?

キーワード
ERIC CLAPTON
Blue Eyes Blue

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:10~

資金の動きからみる今後。

今日のテーマは「仮想通貨の本質は抵抗権」。今月ビットコインが5000ドルを突破するなど急騰した。北野さんは「こじつけかもしれないが、5000ドル回復の裏側で起こってたことはFRBの新任が揺らぐということだった。トランプ大統領が自分の知り合いを理事に任命するなどの裏側で、ビットコインが急騰しているのはなにか意味があるのではと勘ぐっている状況。金本位が1700年代に始まったがそれも国家への抵抗権を反映している。1970年代まで金利はずっと安定していた。ニクソン・ショックでアメリカはベトナム戦争の最中でしたし、冷戦もしていた。戦争をしないといけないお金が必要で、財政赤字が出る。金の縛りは迷惑ですということになり、金本位を離脱した。それからインフレ率が高まって20%近くまでいった。これではいけないと中央銀行法ができた。最後に日本銀行の法律ができたのが98年。ようやく金利が6%を割ってきた。背景にあるのは抵抗権。政府を縛らないと危ないですよという話」などと話した。

キーワード
仮想通貨
ビットコイン
FRB
トランプ大統領
ドラギ総裁
ニクソン・ショック
インフレ率
ブラックロック
アメリカ

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:17~

NY株式の値動きを伝えた。

NY証券取引所から中継で相場の値動きを解説した。ジョンソン・エンド・ジョンソンの好決算やボーイングがダウ指数の上げを主導した。またクアルコムなど半導体関連が買われてナスダックは半年ぶりの8000ポイント台にのせている。

為替、米10年国債金利、商品市況の値動きを伝えた。

需給改善セクターは?

ブラックロックの1-3月期決算は売上高は市場予想を上回り、1株利益も予想を上回った。運用資産は6兆5200億ドルと6兆ドル台を回復している。債権への流入が800億ドルと目立ち、株式の流出260億ドル分を補う形となった。利上げ局面でキャッシュへの投資を増やしてきた投資家が、FRBが利上げ停止に転換したことで慌てて債権に資金を動きがあったとみられる。フィンクCEOもこの点を指摘したうえで、株式への流入がまだみられていないことから今後は高い確率で株式への資金流入が増えるだろうと強気な見方を示している。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
NY証券取引所
CRB指数
OPEC
ジョンソン・エンド・ジョンソン
ボーイング
クアルコム
ブラックロック
FRB
フィンクCEO

6:20 きょうの株は? (ニュース)
06:22~

世界の株価を伝えた。

フランス 大聖堂へ寄付集まる。

日経平均が4日続伸は2か月ぶりのことだが、連日で年初来高値を更新している。今日の日経平均について、サキちゃんは「寄り付きは薄晴れ。上げて始まりそうです。日経平均レンジは22,144円~22,340円」とコメントした。

仙石さんの予想レンジもAIとほぼ同じ「22,150~22,350円」。昨晩米国株が上昇したことを受け、日経平均株価も上昇していくのではないかと予想している。今日は中国の経済指標などの発表もあり、決算発表前、ゴールデンウィークの10連休を控え、積極的な売買は手控えられる傾向が目立っているので、昨日同様に寄り付き以降は値動きの乏しい展開になりそうとのこと。足元ではファーストリテイリン等の値型株の上昇が目立っているため、それが継続するかが注目するべきところと話した。今日の注目ポイントは「需給改善セクターに注目」。昨日発表された日照合計の信用取引残高では、信用買い残高は全種マップ比で147億円の増加となったが、信用買い残高の水準自体は、2017年の1月以来の低水準となっている。信用買い残高が減少していることは株価の上昇局面で信用で買ったものを売却し、その後は様子見姿勢が強まったことを現している。決算発表前、ゴールデンウィークの10連休を控え、株価がさらに上昇するのを期待している投資家も少ない。業種別では、信用需給の改善に差が出ており、業種別信用倍率の昨年末からの変化を見ると、大きく低下しているのは海運業やその他製品、電気機器など輸出関連業種が上位に並んでおり、景気敏感業種の信用取引の需給環境は改善傾向が見られてる。これらは信用買い残高が減少しているケースも多く、将来的な売り圧力は減っていることを現している。来週以降日本企業の決算発表も本格化になり、景気敏感業種に注目するべきと言える。

キーワード
ダウ
DAX
FTSE100
MOEX
日経平均
上海総合
SENSEX
ボベスパ
QUICK
エーアイ
ニューヨーク
東海東京調査センター
日経平均株価
ファーストリテイリング

日経超特急 (ニュース)
06:29~

医療費控除手続きが簡素化される。政府は医療費控除を全ての人を対象に自動化する。マイナンバーカードの活用に寄る新しいシステムを作り、1年間の医療費を自動計算して、税務署へ通知する仕組み。確定申告の煩わしさを解消し、公的サービスの簡素化を加速させる。マイナンバーカード普及率は13%でまだまだ少ない。これを増やそうという試みだ。(日本経済新聞)

日銀、日本最大の株主に。日銀は日本株に投入するETFを年間6兆円購入している。日本経済新聞の統計では同じペースで買い続けると来年11月末には、保有残高がおよそ40兆円に増え、現在最大株主である公的年金のGPIFを上回る。機関投資家や外国人が主導してきた日本の株式市場は主要銀行が主導するこれまでにない段階に入る。(日本経済新聞)

日本電産はオムロンのEV部品子会社を1000億円で買収すると発表した。モーターやセンサーの競争力を高める。電動自動車や自動運転に必要な機器をセットで売り込み、開発競争激化に対応したい考えだ。(日本経済新聞)

キーワード
医療費控除
ETF
日本電産
EV
日本経済新聞

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:32~

アメリカの新聞各社の一面はほとんどが、ノートルダム大聖堂の火災を報じている。呆然と立ち尽くす市民や観光客の姿や、大聖堂に祈りを捧げる姿がみられた。当局は改修工事が火災の原因となったと見ている。マクロン大統領は「ノートルダム大聖堂は私達の歴史であり文学でもあり想いが詰まった場所である。私達の生活の中心となってきた場所」などと述べ、大聖堂を蘇らせると誓った。ネット上では支援の動きが広がっているほか、億万長者は1億ユーロ(約126億円)を拠出するとの生命を出したという。また、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのアルノー会長は個人とグループ合わせて2億ユーロ(約235億円)を拠出する意向をしめした。専門家は再建には数十年かかる見通しを示したが、マクロン大統領は5年以内の修復を目指す考えを示した。

タイガー・ウッズ優勝でナイキは報われた。ウッズ選手がスキャンダルで不振にあえぐときもナイキはスポンサーを降りなかった。ナイキ創設者のナイト氏は「ウッズ選手は家族の様な存在。私の前でタイガーの悪口はゆるさない」と述べている。マーケティングの専門家は「スポーツファンは不祥事を起こしたアスリートに寛容。ウッズ選手が受け入れられる可能性は高い」としている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

北野さんは「ナイキは陸王という小説の中でこはぜ屋という店が出て来るが、リアルこはぜ屋のような会社で、ステークホルダー全てを大切にする。そういう経営が報われたという面もある」などと述べた。

キーワード
ノートルダム大聖堂
マクロン大統領
ルイ・ヴィトン
アップル
ロレアル
タイガー・ウッズ
ナイキ
ウォール・ストリート・ジャーナル
ナイト氏
SHOE DOG
陸王

コーポレートサーチ (バラエティ/情報)
06:36~

コラボ機内食で攻勢。

今回は、半導体に欠かせない材料の製造で急成長する企業が登場する。山梨・上野原市にある「トリケミカル研究所」。売上高は過去最高の88億3000万円で純利益は24億7000万円を見込んでいる。太附社長に化学薬品の工場を案内してもらう。工場は通常より小さなプラントだが大事な役割をしているという。半導体には情報を記憶するメモリーセルという場所があり、メモリーセルは現在10万分の1の大きさとなっており、この部屋を区切るのが絶縁膜でトリケミカル研究所では絶縁膜の材料(化学薬品)を販売している。絶縁体に特化することとなったのは、現在の会長の研究開発が出発。現在も研究開発をつづけ進化する半導体の必要素材を開発し供給できるようになっている。トリケミカル研究所では来月から台湾に新工場を建設し2023年本格稼働を目指しており、アジアを中心にマーケットの幅を広げることを目標としている。現在、会社の売り上げの4割が国内で5割が台湾となっているが、去年から韓国のSKハイニックスという大手にも材料提供を始めている。

キーワード
スマホ
AI
トリケミカル研究所
竹中潤平会長
SKハイニックス
山椒
上野原市(山梨)
台湾

ニュース (ニュース)
06:44~

ソフトバンクがPepperの新型を発表しその予約受付を開始した。AIを刷新したことで会話機能がこれれまでに役7倍以上が向上した。家庭向けとビジネス向けの二つのタイプがあり、家庭向けのPepperは本体価格は21万3840円。

ハウステンボスなどは高齢者の見守りに使うコミュニケーションロボット・TELLBO(テルボ)を5月31日に発売すると発表した。TELLBOのお腹が録音ボタンになっており、高齢者が話しかけるとその内容が家族のスマートフォンに文字情報として送られる。また、家族がスマホに入力した文字をTELLBOが受信し、高齢者に音声で呼びかけることもできる。価格は税別3万9600円で別に通信料がかかる。

2日目の協議は茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表が参加し、約2時間半行われた。茂木経済再生担当大臣は農産物と自動車を含む物品貿易について協議したほか、デジタル貿易については今後交渉すると述べた。アメリカが求める「為替条項」については、財務大臣が議論する問題との見方を示した。

先ほど発表されたネットフリックスの今年1月から3月期の契約者数の伸びは、アメリカが174万人、海外市場では786万人の増加と、共に市場予想を上回った。また全体では2割以上の増収となったほか、一株利益も市場予想を上回った。ただ4月から6月期の業績や契約者数の伸びについては、市場予想よりも慎重な見通しを示した。

2020年、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は昨日、東京オリンピックの競技日程を発表した。開会式は7月24日、新国立競技場で午後8時開始。陸上は、トラック・フィールドの計9種目の決勝やバスケットボール、ビーチボールなどを午前開始の時間帯で行う。時差のあるアメリカでの夜のテレビ放送に合わせたとみられる。

EUのトゥスク大統領は16日、イギリスのEU離脱をめぐり、「少なくとも私は、より良い結束したヨーロッパを夢見ることはやめない」と述べ、イギリスが離脱を撤回することへの期待を持ち続ける姿勢を強調した。一方、ヨーロッパ委員会のユンケル委員長は、「イギリスがいつEU離脱を選択するかはイギリス次第」と述べ、離脱撤回や期限の再延長の可能性は低いとの認識を示した。

全日空は東京発-ホノルル線で来月からエアバスの超大型機A380を導入する。これにあわせ、エコノミークラス向けの新たな機内食を発表した。機内食のパートナーとなったのはオーストラリア生まれのレストラン「bills」。billsのメニューで人気をあつめるシュニッツェルをアレンジした肉料理などが提供される。メニューは3か月ごとに入れ替え2種類から選べる。全日空はメニューを選ぶ時間を省き機内で寛いでいただきたいと説明。「A380」の導入で15%のシェアを約25%まで高める計画としている。

ドイツのZEW(ヨーロッパ経済研究センター)が発表した4月の景況感指数は3.1と前の月から6.7ポイント上昇した。プラス圏に浮上したのは約1年ぶり。ZEWは「世界経済が以前の見通しほどには悪化しないとの期待に加え、イギリスのEU離脱の延期も寄与した」と分析している。一方、現況指数は5.5に悪化し、約4年半ぶりの低水準となった。

ドイツ景況感の先行きについて、「少しリバウンドしたこと自体はいいのかもしれないが、今の景気見通し自体が楽観すぎるのでは。PMI指数を見ても下落トレンドが著しい状況。」などと北野さんらが話した。

星野リゾートは、今年夏ごろ台湾の台中近郊に温泉リゾート「星のやグーグァン」を開業する。全客室に源泉かけ流しの露天風呂が備わっており、ほとんどの客室がメゾネットタイプとなっている。価格は日本円で1泊1部屋約65000円から。星野リゾートが海外に施設を作るのは3店舗目となる。

キーワード
ソフトバンク
Pepper
港区(東京)
ハウステンボス
TELLBO
スマートフォン
長野オリンピック
浅利慶太
茂木経済再生担当大臣
ライトハイザー通商代表
ワシントン(アメリカ)
為替条項
ネットフリックス
室伏広治さん
東京オリンピック
リオデジャネイロ五輪
アメリカ
EU
トゥスク大統領
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
中央区(東京)
ヨーロッパ委員会
ユンケル委員長
全日空
A380
ZEW
ZEW景況感指数
bills
ECB
PMI
レモン
シュニッツェル
オーストラリア
ホノルル(アメリカ)
星のやグーグァン
千代田区(東京)
台中(中国)
タヒチ
インドネシア

天気予報 (ニュース)
06:53~

BGM:Blue Eyes Blue/ERIC CLAPTON

全国の天気を予報した。

キーワード
ERIC CLAPTON
Blue Eyes Blue

きょうの経済視点 (バラエティ/情報)
06:55~

今週の為替と株の見通し。ソシエテ・ジェネラル銀行の鈴木さんのドル円予想レンジは「111.50円~1112.20円」で日米貿易交渉で米側から具体的に強い要求事項がなかったため、引き続き様子見ムードとみている。続いて、東海東京調査センターの仙石さんの日経平均予想レンジは22.150円~22.350円。米株が上昇したことで日本株も上昇スタートとなりそう。中国の経済指標も注目だが、決算や10連休を前に小動きとみている。

きょうの予定を紹介。国内では3月貿易統計、中国では3月鉱工業生産や小売売上高などが相次ぐ。また米国で地区連銀経済報告が公表される。

きょうの経済視点。北野さんは「日米相対株価」で「米株は最高値に接近しているが、日米相対株価は2012年以来の安値。相当日本株が出遅れているので、これがどうなるか注目。前回2回は景気の底入れ局面でキャッチアップした。しかし今回は景気の底入れ局面かというとまだそうでもない。米株の反落リスクの方が高いと思う」と話した。鈴木さんの経済視点は「素通り相場」で「マーケットが反応しないというのではなく、マーケットは事の本質を見極めたいという状況に移行していると思う。貿易協議も日本の自動車の輸出に規制がかかるかもしれないとか本丸にどう踏み込んでくるかがポイント。本質を見極めるので今は反応できない状況だと思う」と話した。

今夜のWBSのテロップ表示。

キーワード
ソシエテ・ジェネラル銀行
日米貿易交渉
東海東京調査センター
中国
アメリカ
貿易統計
鉱工業生産
小売売上高
地区連銀経済報告
ブレグジット

モーサテQ (バラエティ/情報)
06:58~

2問目。世界の美術品市場で取引総額が最も多いアメリカのシェアは?青:12%、赤:28%、緑:35%、黄:44%。リモコンの4色ボタンで選択。正解は黄:44%。世界の美術品の市場規模は7兆5000億円、アメリカが取引総額の44%を占める。アジア経由も増加傾向に。

キーワード
アメリカ

あさ7時のビジネスドラマ 突然ですがピンチです (バラエティ/情報)
06:59~

人事異動により花形部署へと異動になった松村と大迫は「新規事業を起こせ」と無理難題を課せられた。更に想定外のピンチが。松村が立案した植物性の”バイオプラスチック”(微生物の働きで二酸化炭素と水に分解されるプラスチック)事業。そのさとうきびが天候不良で輸入出来ないと言う。事態を打開する為、社員達は奮闘を続けるが…。ピリピリした雰囲気の中、松村が「メシは食ったか?」とお弁当を買って現れた。実はこの「メシを食ったか?」という言葉はかつて田中角栄が部下の秘書や閣僚たちに口癖のように言っていた言葉。食事を振る舞い部下達に気を配っていたのだ。「安く仕入れる為に大量に購入する」と松村が提案。大事なのは日本にさとうきびを持ってくるという事でとにかく動くことに。翌日、副部長の竹中からの懸念に対し、松村達は、「新素材プラスチックの開発に乗り出した企業に買い取ってもらった」と余ったさとうきびの解決策を伝えた。松村の窮地を救ったのはかつての部下、小山田との繋がりだった。ここでもまた田中角栄流の人心掌握術があった。角栄のような「ご遺族にちゃんと花を届けてやってくれ」などという繊細な日頃の気遣いが危機を救うのだ。しかし更なるピンチが…。明日につづく。

キーワード
田中角栄
朝賀昭
メキシコ
さとうきび

エンディング (その他)
07:04~

明日も角栄流の人心掌握術で部をまとめあげていく松村部長が副部長とうまくいかないピンチ…。

♪テーマ曲:阿部海太郎

キーワード
田中角栄
阿部海太郎
  1. 前回の放送
  2. 4月17日 放送
  3. 次回の放送