Newsモーニングサテライト 2018年4月26日放送回

『ニュースモーニングサテライト』(略称:モーニングサテライト、モーサテ)は、テレビ東京系列(BSジャパン・日経CNBC含む)で放送されているニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月26日(木) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

佐々木明子キャスターらによるオープニングの挨拶。

キーワード
日本経済新聞社

NYマーケット (ニュース)
05:46~

NY株式、4月25日のセクター別騰落率、為替の値動きを確認。

アメリカでは長期金利が3%となっていることが打撃になっている。しかし、ダウ指数への影響の強いボーイングが好決算から上昇したことで1銘柄で相場を支えた形となった。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
為替
騰落率
長期金利
ダウ指数
ボーイング
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
05:47~

ボーイングの決算では売上高が6%増・純利益が57%増える好決算となっていて、これは主力の民間航空機部門や、防衛部門が好調なためで、今後も堅調な需要が続くとして1株利益見通しを引きあげていて、このことから株価が4%近く上昇している。

原油価格が高止まりしているが、アメリカ自動車協会は25日にニューヨークでの平均ガソリン価格が1ガロン3ドル台となったと伝えている。これは前年比14%増となっているが、全米平均では1ガロンあたり2ドル78セントで持っている。しかし、アメリカ自動車協会は夏のドライブシーズンを前にガソリン価格が下落する材料はないとしている。

ツイッターの1-3月期の決算は税制改革や日本などアジアでの広告収入が牽引して、上場以来初めて黒字となった前期に続いて2四半期黒字となり、月間利用者数も600万人増で予想を上回ったが、今年後半は売上高が鈍化するとみられることから株価は一時7%超の下落となっている。

ナスダックの1-3月期決算は、年初から続く変動の激しい相場展開を受けて15%の増収となり、純利益も5.4%増で、1株利益も市場予想を上回っている。また、フリードマンCEOは仮想通貨の先物の取扱はまだ検討中だとしている。

鉄道輸送大手のノーフォーク・サザンは好調な消費に支えられ売上高は5.5%増となり、純利益は27.5%増となっている。また、今後についても自身を示していて自社株買いを増やす方針から株価が8%以上上昇している。

フェイスブックの1-3月期決算は50%増となった広告収入などによって売上高が49%増・純利益も63%増となり、1株利益も予想を大きく上回っていた。また個人情報流出事件が起きているものの3月末時点で利用者数は前年比13%増の22億人となり、市場予想を僅かに上回った。

キーワード
ボーイング
アメリカ自動車協会
原油
ニューヨーク(アメリカ)
ツイッター
税制改革
日本
ナスダック
フリードマンCEO
仮想通貨
ノーフォーク・サザン
フェイスブック

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:51~

NY証券取引所から中継で、SMBC日興セキュリティーズ・アメリカの大塚祐貴さんが今日の相場を解説した。アメリカの10年債利回りが心理的節目とされる3%を上回って上昇を続け、朝方にダウが200ドル以上下げる場面があった。その後は決算発表が好感されたボーイングがダウを押し上げる展開となった。一方、引け後にFacebookやクアルコムなど多くの決算発表が控えていたことでハイテク株を中心に様子見姿勢が強く、ナスダックはわずかに下げた。

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

今朝のゲストは岡三証券の愛宕伸康さんと、三菱UFJ銀行の内田稔さん。

ボーイングの決算では、キャタピラーは好決算にも関わらず経営陣のコスト増の発言から株価を下げたのに対して、ボーイングはコスト増には言及せず今年度の民間航空機部門の営業利益予想を上方修正したことで、株価は前日の下落分を埋める形で上昇した。1株利益が市場予想を上回った割合は資本財がトップとなっていて、減税に寄る設備投資拡大への期待から資本財セクターへの投資は増えていくと見られ、米中貿易摩擦への懸念が払拭されることで株がさらに上昇するとみられる。

原油価格が高止まりとなる中で、ガソリン代は全米平均で3ドルに迫っているが、内田さんはアメリカはドルが下がっていて輸入品が値上がりしやすい中で、物価のアップサイドリスクが高まることで長期金利の上昇圧力が高まっていると説明し、FRBの再投資が停止され国債の増発懸念もあることから、もう少し長期金利は上昇すると見ていて3%前半まで上る可能性もあるとしている。一方愛宕さんは長期金利の上昇について、景気拡大・インフレ期待・財政赤字の可能性があるとしているが、財政赤字が受け止められる確率は低いと見ていた。

キーワード
ダウ
ナスダック
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
FOMC
SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ
10年債利回り
決算
ボーイング
Facebook
クアルコム
岡三証券
三菱UFJ銀行
NY証券取引所
キャタピラー
減税
原油
長期金利
FRB

為替 きょうの見通し (ニュース)
05:56~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

今日の為替の見通しについて内田さんは、アメリカでは株価が下押しされることなく長期金利が上昇したことで、ドル高が進んでいて、ドル円は108.80~109.80円だと予測した。一方で短期的な過熱感を示すRSIと言う指数が買われ過ぎを示す70%に迫っていて、長期金利上昇で株安となると円高に繋がるため注意が必要だとしている。また、注目ポイントでは、新年度からドル高円安を日本の投資家の対外証券投資がドル高を支えている可能性があるとして、先週分の売買契約動向を見てみるとアメリカの長期金利が急上昇した場面ではドル円も下押しとなっていて、3月に買い戻しがあったが、先々週に1兆円以上買われていて、先週は週後半に長期金利が上がったことで買われていることから注目だと話していた。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
ニュージーランドドル
イギリスポンド
南アフリカランド
長期金利
RSI

天気予報 (ニュース)
05:59~

全国の今日の天気予報と週間予報を伝えた。今日は全国的に日差しが戻り、カラっとした空気に包まれそう。

ワールドニュース (ニュース)
06:00~

北京国際モーターショーには1200もの企業が集まっていたが、ここではEVが注目されていて日産は1回の充電で338キロを走行できる「シルフィ ゼロ・エミッション」を今年後半に中国で発売する。ホンダは電気自動車の試作車「理念 EV CONCEPT」を披露していて、現地ブランド・理念のモデルとして年内に販売する。また、トヨタは「カローラ」と「レビン」のプラグイン・ハイブリッド車を初公開し、2020年までに10の電動車を中国に投入する。中国では来年から一定割合以上の新エネルギー車の生産・販売を義務付けていて、世界のメーカーは中国を電気自動車の主戦場と位置づけて相次いで新車を発売している。

武田薬品工業はアイルランドの製薬会社・シャイアーを7兆円で大型買収することで最終調整に入った。武田薬品は1株を約49ポンドで買い取る新提案を行なっていて、期限を5月9日の午前1時と区切っていて、実現すれば日本企業による過去最大の海外企業買収となる。

中国の国営英字紙チャイナ・デイリーは資産運用での新規制を数日後に発表するとしていて、資産価格バブル抑制に向けたレバレッジ引き下げや、シャドーバンキングの取り締まりが盛り込まれるとみられる。

ASEAN首脳会議がきのうシンガポールで開かれた。ここでは28日に南シナ海問題が議題になると見られるが、カンボジアなどは中国から多額の支援を受けているために協議は難航が予想される。

ドイツは2018年の経済成長見通しを2.4%から2.3%に引き下げていて、対外貿易が経済成長に大きく関与しないという見方となっている。一方アルトマイヤー経済相はドイツ経済は依然として上向いていると生命を発表している。

内田さんはドイツの見通し引き下げについて、ユーロが過去1年で2割・実効レートでも1割通貨高になったことがあり、短期間での変化が経済に影響をもたらしているとしていたが、ドイツはユーロ高でも耐性があるはずなのでフランス・イタリアやECBのプロセスなどにも問題が繋がる可能性があるとしている。一方でECB理事会ではユーロ高の影響などを確認するために今晩は動きはないと見ていた。

愛宕さんはECB理事会の後に日銀の黒田総裁の会見が行われることについて、様子をうかがってから動けるので有利だとコメントした。

キーワード
日産自動車
ホンダ
トヨタ
北京国際モーターショー
電気自動車
シルフィ ゼロ・エミッション
理念 EV CONCEPT
カローラ
レビン
プラグイン・ハイブリッド車
武田薬品工業
シャイアー
アイルランド
チャイナ・デイリー
レバレッジ
影の銀行
ASEAN首脳会議
南シナ海問題
シンガポール
アルトマイヤー経済相
GDP
ECB
日銀
ECB理事会
黒田総裁
FRB

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:06~

NY証券取引所から中継で、SMBC日興セキュリティーズ・アメリカの大塚祐貴さんが今日の相場を解説した。アメリカの長期金利上昇を背景に朝方にダウが200ドル以上下げる場面があったが、決算発表のボーイングが牽引して上昇。市場全体では、引け後にFacebookなど大型銘柄の決算発表が控えていたことで、様子見姿勢が強い展開となった。

ダウなどNY株式の終値を伝えた。

為替、金利、商品、欧州株式の終値を伝えた。

「日本の自然利子率」を読み解く。

アリゾナ州での下院の補欠選挙だが、ここは共和党の強い地域であるため約5ポイント差で、共和党のヒラル・ティピルネニ氏が当選したが、アリゾナ州第8選挙区では1980年以降民主党が勝っておらず、さらに選挙資金も共和党は約100万ドル・民主党は約25万ドルとなっていた。また、ペンシルベニア州では共和党は破れている。一方民主党側は8月のオハイオ州第12選挙区の下院補選での勝利を目指していると見られ、これはアリゾナ州での得票率より、オハイオ州での大統領選での差のほうが少ないためだった。

キーワード
ダウ
ナスダック
SMBC日興セキュリティーズ・アメリカ
決算
ボーイング
Facebook
S&P500
NY株式
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
自然利子率
共和党
デビー・レスコ氏
ヒラル・ティピルネニ氏
NY証券取引所
民主党
レスコ氏のホームページ
アリゾナ州(アメリカ)
ペンシルベニア州(アメリカ)
オハイオ州(アメリカ)
補欠選挙
愛宕さん

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:12~

日本の自然利子率は1%を超えていると見られているが、これは日銀の英字でのワーキングペーパーにあるものだった。自然利子率とは、インフレもデフレも起こさない実質金利のことで、景気が良い時はあがり悪い時は下がるものとなっているが、現在の自然利子率は現在0から1%に上がっているという状況になっていて、インフレが進んでいる形になると愛宕さんは解説した。

日銀が自然利子率を1%と評価したことについて愛宕さんは、長期金利の操作目標として10年の金利を0%に押さえているが、これを名目の金利に引きなおすと1%を超え、これを引き揚げても緩和は問題なく可能となるとしていた。また、ワーキングペーパーは日本語では出されていないが、これは円高への影響を恐れてのものだったとみられる。また、これによって意見が出るのは5月10日になると愛宕さんは予想していた。

キーワード
日銀
自然利子率
インフレ

日経朝特急 (ニュース)
06:16~

けさの日本経済新聞1面トップは「電力 広域・一括で安く」。コンビニ大手を運営するセブン-イレブン・ジャパンは、関西電力と隣接する中国・四国・東海エリアで電力調達先を関西電力に乗り換えると発表した。対象店舗は約3000店。関西電力では原発が稼働してコストが下がったことから、従来よりも低い価格の提示があったとみられる。他にも北海道は新電力とし、九州は新電力から九州電力に戻すなど調達先を全国で見直す。スタジオからは、セブン-イレブンでは今後も毎年調達先を見直す方針と紹介した。(日本経済新聞)

警察庁や金融庁は金融機関が口座開設時に義務付けられている、顧客の本人確認をネットで解決できるようにする調整を行っていて、顧客はネットで身分証や顔写真を送信する方法なども対象となっていて、利便性や金融やITを融合したフィンテックを促進させる方針。(日本経済新聞)

外貨準備が多様化しているとIMFは伝えていて、2017年末における外貨準備高は11兆4294億ドルだったが、内訳をみてみると、ドルは3ポイント近く減っていて、円やユーロなどが代わりに買われているとしていて、これがドル安に繋がる可能性もある。内田さんは様々な通貨の使い勝手が良くなることで中央銀行が備えとしてさまざまな通貨を持っていると説明していて、豪ドルやカナダドルが伸びているが、特に人民元が注目されていると説明した。(日本経済新聞)

今日の株式相場は?

このコーナーでは、けさの日本経済新聞から記事を紹介する。

キーワード
セブン-イレブン・ジャパン
セブン&アイ ホールディング
中国電力
四国電力
関西電力
セブン-イレブン
日本経済新聞
東京電力
北海道電力
九州電力
警察庁
金融庁
フィンテック
IMF
人民元

株価 きょうの見通し (ニュース)
06:22~

4月25日の世界の株価を確認。

NY株式、株式先物の終値を伝えた。

AIによる日経平均の予想は高くなると見られていて、ニューヨーク市場ではダウ平均とS&P500が小幅高となっていることが好材料で、22110~22310円を予想していた。

楽天証券経済研究所の香川睦さんは、今日のアメリカ市場は小幅ながら反発していて、ドル高円安が進んだことで、反発すると見ていて、一方で為替の行方を見極めることが大事だとしていた。また、昨日の日経平均は前日に米国株が急落しても下げ渋っていたたとして、22200~22500円になると予想していた。

キーワード
日経平均
上海総合
SENSEX
MICEX
DAX
FTSE100
ボベスパ
ダウ
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ナスダック
S&P500
NY株式
Quick
ニューヨーク市場
ダウ平均
楽天証券経済研究所

きょうの株価材料 (ニュース)
06:24~

三越伊勢丹ホールディングスは2018年3月期の最終損益が80億円の黒字予想から一転10億円の赤字になったとしていて、これは2010年の3月期以来8期ぶりとなっていて、店舗設備などで減損損失を110億円計上したためだった。

半導体製造装置大手の東京エレクトロンは18年3月期の決算では、純利益が前年比77%となる2043億円となった。これはクラウドサービス拡大によってデータセンター向けの半導体需要が増えたためで、19年の3月期も32%増の純利益が予想され年間配当は199円増となった。

キヤノンは1-3月期の純利益が1年前から4%増となっていて、データセンター向けメモリーが活況となっていたためで、通期の見通しは据え置きとなっている。

製薬会社のマーケティング支援を行うエムスリーは、3月期の純利益が1年前より23%増となっていて、医薬品情報サイトでの手数料収入が増えた形となる。

QUICKのAIが選んだ銘柄は、18年3月期の経常利益が従来予想を19億円下がった135億円としたプリマハム、19年3月期の純利益が10%増と予想したスタンレー電気、18年3月期の純利益が予想の8億円を上回る10億9800万円となった東洋鋼鈑の3つだった。

「新・牛乳」が急成長。

キーワード
三越伊勢丹ホールディングス
東京エレクトロン
キヤノン
エムスリー
QUICK
プリマハム
スタンレー電気
東洋鋼鈑
AI
クラウドサービス
ニュージーランド

株価 きょうの見通し (ニュース)
06:29~

楽天証券経済研究所の香川さんは今後の株価について、アメリカの長期金利の上昇と、日経平均に注目していて、これはアメリカの長期金利が3%となったことで、内外市場の警戒要因となっているためで、長期金利と期待インフレ率と日経平均は相関した動きを見せているためで、金利上昇が急激なものであればリスク回避のために株が売られ円高となるが、インフレ期待の上昇は日本企業の外需拡大となるためで、デフレ脱却に加えてドル高円安や増収傾向は上方修正の期待となることで好材料になると説明した。

キーワード
楽天証券経済研究所
長期金利
日経平均

今後の株価は? (ニュース)
06:31~

アメリカの10年債の金利が3%を超えたことについては、一般紙のUSAトゥデーは家計への影響を伝えていて、一方のウォール・ストリート・ジャーナルは金利の上昇は自信の現れだとして、今回は2月に金利が急上昇したときと違い落ち着いた状態での金利上昇となったためで、FRBの利上げを経済成長が吸収し、金融危機以降の低金利が続くという投資家の懸念が薄れたことを示すためだった。また、専門家は長短金利差は縮小しても逆転は指定内として、不安になる必要はないとしている。(USAトゥデー/ウォール・ストリート・ジャーナル)

ニュージーランドでは牛乳の売上高が伸びていて、これはA2ミルク社が販売する「A2ミルク」とよばれる牛乳が人気になっているためで、この牛乳は中国やオーストラリアでも話題となっているが、この牛乳には消化不良を起こす「A1」型のタンパク質が入っていないことで、お腹に優しくなっている。科学的な実証はまだされていないものの、乳業世界最大手のフォンテラも製造を発表している。

24日に発表されたキャタピラーの決算では純利益が過去最高を記録したものの、6%も株価が低下している。これはキャタピラーが投資家への決算説明で「業績の頂点に達した」と第1四半期決算で発言したために、投資家が業績が下がると認識したためだとジョン・オーサーズ氏は解説している。

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします。

キャタピラーの失言による株価の急落について、内田さんは景気や政治などを踏まえての理念が注目される中での発言で、発言によって相場が動くことは今後もあると解説していた。これから行われる日銀の黒田総裁の金融政策決定会合での発言について、愛宕さんは見通し通りの展開とコメントすると見ていた。

キーワード
USAトゥデー
ウォール・ストリート・ジャーナル
キャタピラー
フィナンシャル・タイムズ
BSジャパン
日経モーニングプラス
FT
決算
金利
FRB
ニューヨーク(アメリカ)
A2ミルク
A2ミルク社 HP
フォンテラ
ニュージーランド
中国
オーストラリア
タンパク質
日銀
黒田総裁
金融政策決定会合

ニュース深掘り (ニュース)
06:36~

日本電産では主力だったハードディスク向けの精密モーターから家電・自動車分野へ事業構造の改革を行っているが、日本電産としては過去2番めとなるエンブラコの買収について、永守重信会長兼社長は、どの分野でもナンバーワンを目指すとしていた。エンブラコは冷蔵庫の基幹となるコンプレッサーを手がけていて、冷蔵庫用コンプレッサーは毎年4%近く成長し、省エネに優れた製品の需要が特に伸びているが、それぞれの持つ高い省エネ事業から家電事業の強化を目指していて、ナンバー1を達成するのはいつかを聞かれると、永守会長は10年にないにナンバーワンになると述べた。さらに2020年までに5000億円の設備投資を行い、家電・車載モーター・産業用ロボットを強化する方針。

買収の発表を受けて日本電産は295円安となっていたが、これは今期の見通しが市場予想よりも保守的だったためだと見られている。また、日本電産の戦略は、中核の部品では外注が多くなることで外枠やソフト以外はすべてメーカーが請け負うことになり、部品メーカーは1強体制になるという予測から来ているものだった。

キーワード
日本電産
永守重信会長兼社長
エンブラコ
千代田区(東京)

ニュース (ニュース)
06:40~

H.I.S.はロボットが受付をする医療施設を併設した“変なホテル”をあす開業すると発表。予約や決済はスマートフォンで行う。

昨日、東京都の小池知事はベンチャー企業を支援するイベントに出席し、東京都がアジア1の国際金融都市を目指す意義を強調した。東京都では「国際金融都市・東京」を実現するために企業への減税策などを検討するなど、制度面での整備を進めている。イベントを主催した三菱UFJフィナンシャルグループは、大企業とのマッチングに強いシリコンバレーのベンチャー支援企業を日本へ誘致するなど環境づくりを進めている。

オムロンは新規事業を創出するための新会社「オムロン サイニックエックス」を東京大学近くに設立し、今日から本格的に活動を開始する。ロボットやAIを活用し、高齢化や人手不足といった社会問題を解決する技術開発を行う。大学の研究者など社外の人材を多く登用したい考え。

NEXT 売り上げを3倍に!?秘密のハコ。

国際金融都市構想は2014年の5月に日経センター、みずほ総研、大和総研の3団体で営業を出していた。中々進まない理由として箱を作ってもそこで儲かるのかが分からないためと語られた。今は潜在成長率も高まり、チャンスであるという。儲かるという意味においてはポジティブな傾向とのこと。

キーワード
H.I.S.
浜松町(東京)
変なホテル
小池都知事
三菱UFJフィナンシャル・グループ
オムロン
東京大学
オムロン サイニックエックス
AI
高齢化
日経センター
みずほ総研
大和総研
国際金融都市

コーポレートサーチ (バラエティ/情報)
06:47~

ダンボールが進化しているという。手でミシン目に沿って簡単に開けられるタイプが登場し、カッターが必要だった頃に比べ作業効率が格段に良くなったとスーパーの店員は語っている。

国内最大のダンボールメーカーであるレンゴーは東証1部に上場。年期の売上高は6080億円と過去最高を予想、純利益は105億円を予想している。最新の商品はワンタッチで組み立てられるダンボールのディスプレイ棚。軽量で頑丈なところが評価されおよそ5万個が売れたという。他にも防炎段ボールや耐水段ボール、耐湿段ボールなど段ボールであらゆものをカバーする方向で展開しているという。近年は女性が9割のデザイン・マーケティング部門が立ち上がり、購買層に女性が多いため女性ならではの感性を発揮しているという。購買意欲を高めるデザインにすることで売り上げが3倍になったという話もあるという。また、商品のサイズを読み取り最小限のサイズで自動梱包してくれるシステムもあり、レンゴー社長は「梱包する機械と段ボールの素材を一気通貫で扱うことで世界で一番優秀なパッケージング会社になると思っている」などと語った。スタジオでは海外にも進出しており、一昨年は香港の段ボール会社を買収している事などが語られた。今後はヨーロッパやアメリカ進出も目指していきたということ。

キーワード
板橋区(東京)
ビッグ・エー 板橋大山店
レンゴー
ラクッパ ディスプレイ
防炎段ボール
耐水段ボール
防湿段ボール
港区(東京)
香港(中国)

ニュース (ニュース)
06:51~

米朝首脳会談に向けて、アメリカのトランプ政権はCIAのポンペオ長官を極秘訪朝させて交渉を進めている。CIAで7年間朝鮮半島問題の上級研究員を務めたスー・ミ・テリー氏はCIAのトップが交渉を主導するのは異例と見ていて、ポンペオ氏やボルトン補佐官を起用することが北朝鮮への圧力になるとしていて、過去の失敗を繰り返すつもりはないが、核やミサイル問題に繋がる可能性は低いと見ていて、金正恩氏がICBMの放棄を提案すると、トランプ氏がこれを拒否しないとみられるが、この場合は日本や韓国が危険にさらされると懸念していた。

フェイスブックの発表した1-3月期決算では売上高は49%増・純利益は63%増で、1株利益も予想を大きく上回っていて、広告収入は50%増となった。また、個人情報流出が懸念される中3月末の利用者数は22億人となっていて、自社株買いを増やすと発表したことで株価は一時7%増にもおよんだ。

ボーイングの1-3月期決算では売上高が6%増・純利益は57%増で、民間航空機の納入は8%増となる184機にのぼった。今後も堅調な需要が続くとして1株利益の見通しを従来より引きあげていることから、株価は4%以上上昇している。

原油価格が上昇する中、アメリカ自動車協会はニューヨーク市でのガソリン平均価格が1ガロンあたり前年比14%増の3ドルになったと伝えている。全米平均では2ドル78セントとなっているが、今後についてはドライブシーズンを前に価格は下落しないと見ていた。

南北首脳会談のマーケットに与えるに影響について内田さんは、非核化が行われるなら米朝首脳会談だと見ていて、朝鮮戦争の集結までだとしていた。マーケットは北朝鮮リスクを過去のものと見ているために、話がもつれてリスクオフになる可能性が高いとコメントした。愛宕さんは重要な問題だが話題に上っていないとコメントした。また、大浜さんは政治も問題となっていて内閣不信任案の可能性もあるため、大型連休を果たして空気が変わるかどうかが大きいと話した。

キーワード
ポンペオ長官
CIA
トランプ大統領
米朝首脳会談
戦略国際問題研究所
朝鮮半島問題
ボルトン補佐官
金氏
ワシントン(アメリカ)
北朝鮮
日本
韓国
フェイスブック
ボーイング
原油
アメリカ自動車協会
ニューヨーク市(アメリカ)
南北首脳会談
非核化
朝鮮戦争
リスクオフ
内閣不信任案

天気予報 (ニュース)
06:58~

全国の今日の天気予報と週間予報、世界の天気予報、気象庁が発表した5~7月の3ヵ月予報を伝えた。今日は全国的に晴れ。

キーワード
気象庁
3ヵ月予報

きょうの予定&経済視点 (バラエティ/情報)
06:59~

今日の予定を伝えた。「日銀 金融政策決定会合」「ECB理事会」「決算 アマゾン マイクロソフト インテル」など。

愛宕さんは今日の経済視点について、アメリカでは4月の議会予算局の見通しで潜在成長率が2%に上振れていて、これとインフレ期待を足すことで長期金利水準が将来的に4%になる可能性を述べた。一方内田さんはユーロ・ドル相場に注目していて、ドイツが景況感が停滞していることからユーロが下がっていて、アメリカも赤字やインフレ期待によって下がる可能性があると見られ、為替を読むのが難しいと述べ、どちらかと言えばドル安に傾くと予想した。

キーワード
金融政策決定会合
ECB理事会
日銀
アマゾン
マイクロソフト
インテル
議会予算局
長期金利

エンディング (その他)
07:04~

明日の「Newsモーニングサテライト」の予告。「大浜見聞録」の特別企画。大浜キャスターがスタジオを飛び出し、日本の製造業を象徴するエリア・愛知県から中継!朝も夜も動き続ける最先端の工場からものづくりの現場をリポート。

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。

キーワード
テレビ東京
BSジャパン
愛知県

スポット

エネルギー/素材

レンゴー
オムロン

家電

東京エレクトロン

情報/通信

オムロン サイニックエックス
テレビ東京

政治/経済/地方自治体

気象庁

流通

ビッグ・エー 板橋大山店

美容/健康/医療

エムスリー

金融/保険

大阪取引所
日銀
岡三証券
  1. 前回の放送
  2. 4月26日 放送
  3. 次回の放送