Newsモーニングサテライト 【ここまで来た!身近なIoT最前線】

放送日 2017年11月29日(水) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

佐々木明子アナらがオープニングの挨拶をした。

ニュース (ニュース)
05:46~

NY株式、為替の値動きを確認。

きょう未明、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルはおよそ50分間飛翔し、日本の排他的経済水域内に落下した。菅官房長官は会見で「このような挑発行為を断じて容認することはできず、北朝鮮に対して厳重に抗議を行った。拉致、核、ミサイルという諸懸案を解決することなしに北朝鮮に明るい未来はない」と述べた。小野寺防衛大臣は、ミサイルは大陸間弾道ミサイル級と推定し、高度は4000km超に達したと明かした。また、ミサイルは高い高度で打ち上げ飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で発射されたとみられる。北朝鮮のミサイル発射は北海道上空を通過した9月15日の火星12号発射以来。これを受けて国家安全保障会議が6時ごろを予定に開催される見通しとなっている。安倍総理はすでに公邸を出発し、まもなく官邸に到着する。

きょうのゲスト、ニッセイ基礎研究所の矢嶋さんは北朝鮮のミサイル発射について、「憤りを感じる。アメリカ本土まで届くということを北朝鮮サイドは言っているが、それに対して、どういう時間的な猶予があるのかということをトランプ政権、日本サイドがどのような発言をするかが今後の注目」と話した。ドイツ証券の小川さんは「為替はいったん40銭ぐらい下がったが、すぐに戻った。メーカーの反応などでまた変わってくると思う」と話した。

ニューヨークから中継。北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについてアメリカのトランプ大統領はすでに報告を受けていて、まもなく記者団に対し声明を発表することにしている。発表は日本時間の午前5時からの予定だったが、いまなお始まっていない。北朝鮮がおよそ2ヵ月ぶりに挑発行動に踏み切ったことで、アメリカと北朝鮮との関係がいっそう緊迫化するのは確実な情勢だ。

ニューヨーク株式相場で、ダウはミサイル発射の報道を受けて100ドルほど上げ幅を縮小した。FRBの次の議長に指名されたパウエル理事が上院の公聴会で金融規制の緩和に前向きな姿勢を示したことで金融株に買いが集まり、午前中ダウは200ドル近く上昇。ミサイル発射の一報を受けて一時的に弱含んだものの、税制改革法案が上院の予算委員会で承認されたことを材料に再び上げ幅を大きく確認する展開だ。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
為替
ドル
ユーロ
菅官房長官
総理官邸
小野寺防衛大臣
火星12号
朝鮮中央テレビ
ロフテッド軌道
国家安全保障会議
安倍総理
平城(北朝鮮)
ニッセイ基礎研究所
ドイツ証券
FRB
パウエル理事

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:51~

NY証券取引所から中継で、日本生命NYの加藤裕之がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。北朝鮮のミサイル発射などでバタバタしたが、上院予算委員会で税制改革法案が確定したことなどを好感し、相場は上昇する展開に。

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

アメリカの11月消費者信頼感指数は17年ぶりの高い数値で、消費者マインドの好調さを示す内容だった。ただし所得別で見ると高所得者層が全体の数値を牽引している状況で、足元の株高に支えられている様子があることには注意が必要。現在の景況感を示す現状指数が上昇しているわりに、将来の見通しを示す期待指数がそれほど上昇せず、その差がリーマンショック前の水準まで拡大してきている。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
日本生命NY

ニュース (ニュース)
05:54~

北朝鮮がミサイルを発射したことを受け、安倍総理が官邸に向かっている。北朝鮮が今日未明ICBMとみられる、弾道ミサイルを発射。安倍総理は「政府としてはミサイルの動きを完全に把握。危機管理に万全の体勢を取った。。北朝鮮に対して厳重に抗議を行った。安保理に対して、緊急会合を求める。」などと話した。

キーワード
安倍総理
ICBM

プロの眼 (バラエティ/情報)
05:57~

安倍首相が賃上げ3%へ。矢嶋は「目玉は2つ。1つは所得税。2つめは法人税。アメとムチ税制。」などと話した。賃上げ3%はハードルが高い。今は働き方改革。矢嶋は「残業代が減ると8兆円にもなる。3%の賃上げをやらないと賃金が減る。」などと話した。

キーワード
安倍首相

日経超特急 (ニュース)
06:01~

ビックデータをAIが高速処理したり、IoTで大量に集めた情報を保管したりする新しい需要が市場を引っ張る。世界の株高を牽引した半導体需要は底堅いものの、供給過剰の懸念も生じている。(日本経済新聞)

AOKIホールディングスやコナカなど紳士服大手はアマゾンジャパンのサイト内に男性用ビジネスウェアを集めた専用ページを開設。スーツやワイシャツ、雑貨などブランドをオーダーして購入出来る。(日本経済新聞)

キーワード
日本経済新聞
IoT
AOKIホールディングス
コナカ
アマゾンジャパン

天気予報 (ニュース)
06:02~

全国の今日の天気予報と週間予報を伝えた。今日は西日本を中心の傘の出番となりそう。

ニュース (ニュース)
06:03~

大阪大学とパナソニックは、先端にイメージセンサーを搭載した血管内視鏡カテーテルを世界で初めて実用化させたと発表。直径1.8ミリのカテーテルの先端に取り付けた超小型イメージセンサーによって、これまでモノクロだった血管内部の動脈硬化や血栓などの様子を高画質フルカラーで見ることが可能になった。パナソニックは、治療精度の向上の他、人工血管の評価などにも役立てるとしている。

キリンビールは業務用のビール類やサワーの出荷価格を来年4月から値上げすると発表した。大瓶の店頭価格で1割程度上がる見通し。物流コストの高騰や、今年6月からの安売り規制強化に対応するためで、値上げはおよそ10年ぶり。ビール大手ではすでにアサヒやサントリーが値上げを発表、またサッポロも検討中としている。

アメリカは税制改革法案の採決を行った。反対すると見られていた財政規律を重視する共和党のコーカー上院議員とジョンソン上院議員が賛成に回った。エンジ予算委員長は公平でシンプルで透明性の高い税制に向け、一歩前進したとの声明を発表した。これに先立ち議会予算局は26日、乗員案について「2018年から2027年度に財政赤字が1兆4000億ドルに膨らむ」との見通しを発表していた。トランプ政権と共和党は30日にも上院本会議で採決にかけたい考え。

きょう未明、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルはおよそ50分間飛翔し、日本の排他的経済水域内に落下した。菅官房長官は会見で「このような挑発行為を断じて容認することはできず、北朝鮮に対して厳重に抗議を行った。拉致、核、ミサイルという諸懸案を解決することなしに北朝鮮に明るい未来はない」と述べた。政府の発表によるとミサイルが北朝鮮の首都平壌近郊から発射。午前4時10分ごろ、青森県の西に落下。小野寺防衛大臣は、ミサイルは大陸間弾道ミサイル級と断定し、高度は4000km超に達したと明かした。また、ミサイルは高い高度で打ち上げ飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で発射されたとみられる。北朝鮮のミサイル発射は北海道上空を通過した9月15日の火星12号発射以来。

今回は高度4000キロは遥かに超えて、飛行時間50分。青森県の西に着水。潮匡人は「確実に言えることはICBMである。何を撃ったのかは情報をまたなければならない。火星14号も以前打ち上げている。火星13の可能性もある。火星14の飛距離について防衛省が5500キロ以上だということを公表している。それよりも短いということはあり得ない。5500キロ以上、おそらくは1万キロかそれ以上の飛距離になるだろう。北朝鮮から発射するとサンフランシスコやロサンゼルスも充分に射程。トランプ政権がテロ支援国家に再指定した。北朝鮮も強い反発を示してきた。そうした経緯を踏まえた北朝鮮としての軍事的な挑発。ミサイル発射は再びあるだろう。北朝鮮としては飛距離や角度を変えてくる。」などとと話した。

アメリカの消費者信頼感指数は前月比129.5と大幅に上昇した。2000年11月以来17年ぶりの高水準。内訳は現状指数、期待指数ともに上昇している。発表もとのコンファレンス・ボードは「消費者は18年前半にかけて経済が好調に拡大し続けると期待している」と分析している。

アメリカの9月のS&Pケース・シラー住宅価格指数が前年比6.2%の上昇し、2014年6月以来最大の伸びとなった。シアトルが前回に続き二桁のプラスになった他、サンディエゴとラスベガスも10%近く上昇。発表元は「30年物住宅ローン金利は平均で4%下回り、住宅在庫は低水準で価格は今後も上昇する」としている。

住宅価格の上昇が続いていることをうけアメリカの連邦住宅金融長は住宅ローンの限度額の引き上げを発表した。引き上げは2年連続で対象は「連邦住宅抵当公社 ファニーメイ」「連邦住宅貸付抵当公社 フレディマック」。来年以降、限度額は住宅1軒につき、約7%引き上げられる。

開設を聞いて矢嶋は「時間的猶予が市場としての注目」などと話した。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについてトランプ大統領は「北朝鮮情勢を注視している」などと話した。北朝鮮が2ヶ月半ぶりに挑発行動に踏み切ったことでアメリカと北朝鮮との関係が一層緊迫化するのは確実。

連邦準備制度理事会の次の理事に指名されたパウエル氏は12月の利上げを強く示唆。金融規制の見直しを訴えた。パウエル氏は「保有資産の縮小は3~4年かかり、最終的に2.5兆~3兆ドルに縮小」と述べた。「大きすぎてつぶせない金融機関は存在しない」とし、ボルカールールの見直しを指示。

ヨーロッパ中央銀行が28日に発表した、10月のユーロ圏内の企業向け銀行融資は前年比2.9%増加し、金融危機以来最大の伸び率となった。家計向け融資は前年と同様2.7%の伸びだった。ヨーロッパ中央銀行は先月量的緩和の縮小を決定したが企業や家計でも回復を裏付けている。

アメリカの税制改革法案についてトーク。出演者は「上方修正の中で今日可決になった減税は2つの見方がある。経済をプッシュするというプラスの効果と、減税が決まってしまうと株が売られるところもある。思った以上にというトーンが今後出てくるかなと言う気はする」などと話した。FRB次期議長のパウエル氏について「相場を動かす材料にはならなかったが、税制改革については経済予想に織り込んでいないという話をしていた。」と話し上振れの余地があると話した。

東レの不正問題について、社長は記者会見で法令で違反しなければ公表しなくてもいいと基本的には思っていると話した。今回公表に踏み切ったのはネットの掲示板に不正を指摘する書き込みがあったためとした。東レは偽装があった素材をタイヤメーカー13社に納品していて、去年7月の時点で問題を把握しながら、法令違反はなかったと1年4か月に渡り公表しなかった。

キーワード
大阪大学
パナソニック
北区(大阪)
キリンビール
アサヒ
サントリー
サッポロ
コーカー上院議員
菅官房長官
総理官邸
小野寺防衛大臣
火星12号
朝鮮中央テレビ
ロフテッド軌道
国家安全保障会議
安倍総理
平城(北朝鮮)
ジョンソン上院議員
共和党
青森県
ICBM
火星14号
火星13
コンファレンス・ボード
防衛省
S&P
サンフランシスコ(アメリカ)
ロサンゼルス(アメリカ)
ニューヨーク(アメリカ)
トランプ大統領
パウエル氏
ファニーメイ
連邦準備制度理事会
フレディマック
ヨーロッパ中央銀行
ボルカールール
FRB
東レ
神戸製鋼

NY証券取引所 中継 (ニュース)
06:20~

NY証券取引所から中継で、日本生命NYの加藤裕之がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。北朝鮮のミサイル発射などで一時弱含む局面があったが、上院予算委員会で税制改革法案が確定したことなどを好感し、主要3指数ともに最高値を更新する展開となった。

NY株式の終値を伝えた。

為替、金利、商品、欧州株式の値動きを伝えた。

CMのあとは株・為替の見通しについて。北朝鮮のミサイルやアメリの税制改革法案を東京市場はどう判断するのか?

ITセクターは39%上昇とS&P500指数を大きく上回っているが、株価収益率ではITセクターが18.7倍とS&P500全体を少し上回っているだけで、今後の成長力を考えればまだ上昇余地はある。今月中旬、アマゾン・エコーが日本でも発売となり、AIが身近に感じられる例が少しずつ出てきた。AIはソフトウェアの動くところ全てに活用できる可能性があるため、今後の裾野の広がりが期待できる。例えばアドビのアドビセンセイは映像から電柱など不要な部分を削除し、その背後をAIがきれいに描き出す補正技術を開発しており、映画の製作者やユーチューバーなどに重宝されることが予想される。セールスフォースのアインシュタインは顧客が最終的に商品購入に至る可能性を予測して営業活動の効率化を助けている。ITセクターにおける企業の選別はAIを用いてどのような差別化ができるかが焦点となりそうだ。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
日本生命NY
S&P500
NY株式
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
日経平均株価
ドル
ユーロ
東京市場
アマゾン・エコー
AI
アドビセンセイ
アドビ
セールスフォース
アインシュタイン

為替・株価 きょうの見通し (ニュース)
06:26~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

11月28日の世界の株価を確認。

NY株式、11月28日のセクター別騰落率、株式先物の終値を伝えた。

CMのあと、IoTで暮らしが変わる!?

小川さんはNY市場を振り返って、北朝鮮の報道でいったんドル円が下がる局面があったが、その後は落ち着いて半ば近辺で推移していると述べた。きょうの予想レンジは110.70円~111.70円。きょうの注目ポイントは「上値が重い足元のドル円相場」。理由について小川さんはFRBが利上げを行っているにもかかわらず、ドルの金融環境というのが以前緩和的であるため、と述べた。この先FRBの見通しどおりのペースで利上げを市場が折り込み始めた時には緩やかなドル高になっていくのではないか、とした。そして、来年3回のFRBの利上げと来年末で120円というドル円の上昇を見ている、と話した。

三井住友アセットマネジメントの市川さんがきょうの株価の見通しを解説。北朝鮮のミサイル発射は懸念材料だが、今回はミサイル発射の兆候が未然に報道されていたことや、その後の円相場などが落ち着いた反応であったことから、東京市場でも比較的冷静に受け止められる可能性がある。むしろ米上院予算委員会が税制改革法案を可決したことで今週中の本会議での採決と年内成立の期待が高まっており、これが日本株にも追い風になるとみている。

市川さんの注目ポイントは「日銀のETF買い入れ方針」。日銀は現在ETFの保有残高が年間約6兆円ペースで増加するように買い入れを行っている。そのため毎月平均で約5000億円の買い入れが必要だが、このところの株高で10月の買い入れ額は大きく減少した。ただ、株高が一服した11月には5000億円のペースに戻りそうだ。株価の上昇トレンドが続けば買い入れを徐々に見送る可能性もあるが、当面は現行の方針が維持され、相場を支えるものとみられる。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
ニュージーランドドル
イギリスポンド
南アフリカランド
日経平均
上海総合
SENSEX
MICEX
DAX
FTSE100
ボベスパ
ダウ
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ナスダック
S&P500
騰落率
IoT
FRB
NY市場
三井住友アセットマネジメント
日銀
ETF

特集 (ニュース)
06:35~

CMのあとは「日刊モーサテジャーナル」。注目は「婚約相手のアメリカ人女性」。

先週公開された新築マンション、横浜MIDベースタワーレジデンスではアマゾンエコーを全戸に導入している。Iot機器はそれだけではなく、ソフトバンクのグループ企業が開発したエネトークでは、電気の使用量を”見える化”している。レオパレス21も来年1月から年間約1万戸にAIスピーカーを導入する。Iotを利用した住宅は増える見通しだ。

1人暮らしの人に便利なコインランドリーだが、ランドリー・トランクR 京都南唐橋店では今でもスマホで空き情報などを確認でき、運転終了のメールを受け取ることができる。コインランドリーがさらに進化するという。先週、コインランドリー事業への参入を明らかにしたファミリーマート。コインランドリー機器で国内最大手のアクアと業務提携した。アクアの開発したIOTシステムを利用した洗濯機では店の経営者がすべての洗濯機の動きを把握し、管理でき、遠隔運転が可能だという。また、ICカードを利用すると現金より安く利用できるという。追加料金でロックを延長することもできる。

都内のベンチャー企業ではOQTA Clock という鳩時計を開発。鳩時計とスマホがインターネットでつながっており、スマホを押すと鳩が鳴くという。高橋さんは1人ぐらしをしている母親のことをふと考えた時にハトを鳴らすという。こだわりはハトの優しい音色で、空気で笛を鳴らすアナログ機構リズム時計工業とコラボしたもの。モニターとして鳩時計を置いている稲船家では忙しいご主人が興味をもったという。鳩時計が鳴ったことで「お父さんが鳴らしてくれた、嬉しい」で娘がコメント。現在クラウドファンディングで先行予約受付中。身近になるIOTは想像以上の早さで人の暮らしを変える可能性がある。

最後に出てきた鳩時計は1台につき、最大8人まで鳴らせる人を登録できるという。誰が鳴らしたか分からないし、履歴も残らないという。本来IOTは利便性を追及するものであるが、これは全く違うものを目指していると話した。IOTは心がないものと思っていたが、心をつなぐというのが初めての視点だったなどと意見があがった。

キーワード
ソフトバンク
IoT
横浜市(神奈川)
横浜MIDベースタワーレジデンス
横浜市住宅供給公社
AI
AIスピーカー
アマゾン エコー
エネトーク
レオパレス21
ランドリー・トランクR 京都南唐橋店
ファミリーマート
アクア
南区(京都)
IOT
OQTA Clock
リズム時計工業
クラウドファンディング
鳩時計

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:44~

サイバーマンデーについて、見出しは「ネット通販の記録を塗り替える。」この日だけで、売上高は過去最高の66億ドル。1年前より17%増加。42%はアマゾン経由での買い物。専門家は「アマゾンで目当ての商品がない場合に限り他のウェブサイトを検索する」と指摘。最近はネットで買い物している人の半分近くがスマートフォンで注文。サイバーマンデーのスマートフォン経由での売り上げは21%増加。背景には、小売業者もスクロール回数を減らしたり、自動入力システムを導入したりの努力。(USAトゥデー)

ヘンリー王子とメーガン・マークルの婚約について。メーガン・マークルはニューヨークが舞台のドラマに出演。ロサンゼルス生まれで一般家庭で育つ。父親が白人、母親が黒人。そして本人に離婚歴がある。「これまでの時代との明らかな違い」と指摘。またエドワード8世が2回の離婚歴があるアメリカ女優と結婚など言及し「離婚は今やありふれたこと」と書いている。(ニューヨーク・ポスト/ワシントン・ポスト/ウォール・ストリート・ジャーナル)

Cofcoは従業員14.5万人、売上高700億ドル。穀物メジャーに肩を並べる計画を推進。CEOは「来年を成長と発展の1年にしよう」と意欲満々。ニデラやノーブルアグリを買収。(フィナンシャル・タイムズ)

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします。

このあと、ミサイル発射でトランプ政権は?

中国の爆買いについて矢嶋は「日本はどうやって対抗するのかを考えなければならない。」などとコメントした。

イギリスはヘンリー王子のの結婚。ポンド上昇について小川和宏は「制裁金について、ポンドドルは上昇。12月14日、15日でミーティングがある。実際にどうゆう話になるのか注目。」などとコメントした。

キーワード
USAトゥデー
ニューヨーク・ポスト
ワシントン・ポスト
ウォール・ストリート・ジャーナル
フィナンシャル・タイムズ
BSジャパン
日経モーニングプラス
FT
トランプ政権
アマゾン
ヘンリー王子
メーガン・マークル
エドワード8世
エリザベス女王
ニューヨーク(アメリカ)
ロサンゼルス(アメリカ)
Cofco
ニデラ
ノーブル・アグリ
習国家主席

ニュース (ニュース)
06:53~

きょう未明、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルはおよそ50分間飛翔し、日本の排他的経済水域内に落下した。菅官房長官は会見で「このような挑発行為を断じて容認することはできず、北朝鮮に対して厳重に抗議を行った。拉致、核、ミサイルという諸懸案を解決することなしに北朝鮮に明るい未来はない」と述べた。小野寺防衛大臣は、ミサイルは大陸間弾道ミサイル級と推定し、高度は4000km超に達したと明かした。また、ミサイルは高い高度で打ち上げ飛距離を抑える「ロフテッド軌道」で発射されたとみられる。北朝鮮のミサイル発射は北海道上空を通過した9月15日の火星12号発射以来。安倍総理は「断じて容認できない。北朝鮮に対して厳重に抗議をした。国連安保理に対して緊急会合を要請する」などと述べた。

トランプ大統領は先程記者団に対し、北朝鮮問題をめぐるアメリカの対応は変わらないと述べ、引き続き北朝鮮に最大限の圧力を加える考えを強調した。アメリカと北朝鮮との関係がいっそう緊迫化するのは確実な情勢だ。

FRBの次の議長に指名されたパウエル氏は12月の利上げを強く示唆し、金融規制の見直しを訴えた。また10月から取り組んでいる保有資産の縮小については3~4年かかるとし、最終的に2.5~3.5兆円に縮小すると述べた。さらに、大きすぎてつぶせない金融機関は存在しないとし、ボルカールールの見直しを支持する考えを示した。

アメリカの上院予算委員会は28日、税制改革法案の採決を行い、賛成12、反対11の僅差で承認した。共和党上院議員コーカー氏とジョンソン氏は賛成に回った。エンジ予算委員長は「公平でシンプルで透明性の高い税制に向け一歩前進した」とした。議会予算局は28日、「上院案は18~27年度に財政赤字が1兆4000億ドル膨らむ」との見通しを発表いていた。

キーワード
菅官房長官
総理官邸
小野寺防衛大臣
火星12号
朝鮮中央テレビ
ロフテッド軌道
国家安全保障会議
安倍総理
平城(北朝鮮)
トランプ大統領
ホワイトハウス
パウエル次期議長
FRB
コーカー氏
ジョンソン氏

天気予報 (ニュース)
06:58~

東京都心の現在の様子、全国の今日の天気と週間予報、世界の天気を伝えた。関東は晴れるが、西から雨の範囲が広がる見込み。

キーワード
東京都

きょうの予定&経済視点 (バラエティ/情報)
06:59~

日本では日銀の中曽副総裁が都内で講演する。アメリカでは7-9月期のGDP改定値が発表される。

矢嶋さんのきょうの経済視点は「時短→生産性」。いま日本では働き改革で残業時間が減り、時短が成功している。しかし、時短になると残業代が減って総賃金が減って消費が落ちるという動きになりかねない。もっと生産性の議論に持っていかなきゃいけないと話した。小川さんのきょうの視点は「インフレ 中国 YCC?」。リスクという意味で、インフレが強くなる、中国が想定以上に崩れてしまうなどというところが考えられるリスクだと話した。

キーワード
中曽副総裁

エンディング (その他)
07:04~

明日の「Newsモーニングサテライト」の予告。「マイクロスコープ」では、外国人投資家が今後注目しそうな銘柄の特徴について分析。「コーポレートサーチ」では、どんな生活トラブルでも解決する企業を紹介。

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝テロップ。

キーワード
テレビ東京
BSジャパン

スポット

エネルギー/素材

神戸製鋼

グルメ

キリンビール

スクール/教育

大阪大学

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

横浜MIDベースタワーレジデンス
横浜市住宅供給公社
ランドリー・トランクR 京都南唐橋店

情報/通信

S&P
テレビ東京

政治/経済/地方自治体

総理官邸
防衛省

金融/保険

日銀
大阪取引所
ニッセイ基礎研究所
  1. 前回の放送
  2. 11月29日 放送
  3. 次回の放送