Newsモーニングサテライト 米投資会社が日の丸ベンチャー発掘】

放送日 2017年11月28日(火) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

本日のゲストの東短リサーチの加藤出さんとソニーフィナンシャルホールディングスの尾河眞樹さんを紹介した。

アメリカのシニアベンチャーキャピタルが日本に上陸した。日本から世界に羽ばたく企業は育つのか、可能性を追う。また、リーダーの極意では部下の心を動かす1冊を紹介する。

キーワード
東短リサーチ
ソニーフィナンシャルホールディングス
アメリカ
日本

NYマーケット (ニュース)
05:47~

NY株式・株式先物・為替の値を確認。

NYマーケットの動きでは、今日はネット通販が盛り上がるサイバーマンデーとなっているため、小売関連に買いが入り午前中は取引時間中のの最高値を付けていた。ネット通販筆頭のアマゾンは初の1200ドルとなり、GAPなど小売関連の銘柄は買われた一方で、原油価格の下落を受けてエネルギー関連が重しとなっていてダウは上げ幅が縮小されている。

キーワード
日経平均
日経平均先物
シカゴ取引所
大阪取引所
ダウ
ナスダック
S&P500
為替
ドル
ユーロ
アマゾン
NY市場
サイバーマンデー
GAP
原油
ニューヨーク(アメリカ)

ニュースヘッドライン (ニュース)
05:47~

仮想通貨ビットコインの価格が一時9700ドル台となり、1万ドルまであと僅かとなった。

アメリカでは27日に通販のセールが盛り上がるサイバーマンデーを迎え、この日の売り上げは過去最高に達する見通し。

ドイツのメルケル首相は安定した政権が必要として社会民主党と大連立交渉に入る方針を明かした。

新築住宅の販売件数は、市場予想を上回る68万5000戸で前の月に続いておよそ10年ぶりの高水準となっている。

キーワード
ビットコイン
サイバーマンデー
メルケル首相
新築住宅
アメリカ
社会民主党
ドイツ

NY証券取引所 中継 (ニュース)
05:48~

ダウ、ナスダックなどの動きを確認。原油価格が下落したことでエネルギーが弱くなる一方で交易・通信には買いが入っている。

金利、商品、欧州株式、株式先物の動きを確認。

第三四半期では強い数字が多く、情報技術セクターでは約91%の企業が1株利益が上回り、資本財も約81%・全体でも約78%が上回ったが、気がかりな点もあり決算発表した企業の5日間の株価の動きを見ると上昇が鈍く、直近2四半期であると平均でマイナスとなっている。株価は企業が達成した利益と達成が見込まれる利益に対して反応するが、実績値が市場予想を上回っているにも関わらず株価反応は鈍くなっていて、利益成長率が高水準になっていて息切れが意識されている。

ビットコインが高騰していて日本でも100万円を超えているが、加藤出さんは本来の仮想通貨としての評価ではなく、値上がりするから買うという構図になっていると指摘した。

佐々木明子さんはビットコインについて、発行量の上限は2100万枚となっているため、使う人が増えるほど上がると信じられているが、同じく決済手段としてはあまり使われていないということを指摘した。

キーワード
大和証券キャピタルマーケッツアメリカ
ダウ
マーベル・テクノロジー・グループ
カビウム
半導体
ナスダック
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
シカゴ日経先物
大阪日経先物
日経平均
ビットコイン
NY証券取引所

プロの眼 (バラエティ/情報)
05:52~

元FRB議長のバーナンキ氏が提唱する「一時的物価水準目標」だが、これは日米欧がインフレ目標の2%を達成できない状況の中、解決策になるのかというテーマだが、加藤さんは今でも話題になっていると話していたが、これはFRBが日銀と同じくインフレ目標2%という目標を掲げているが、インフレが出来ていないためで、90年台は2%のインフレを達成できていたが、FRBが2%が目標だと述べてもインフレが2%にはなっていないので別のコミュニケーションとして使われたもので、これまでは前年比だったが、一時的に利上げを止めるなどで2%以上の強いインフレを起こすことで水準に近づけるものとなっているが、加藤さんはパウエル議長はあまり採用しないと見ていて、さらにうまくいくこともないと見ている。これは一回インフレしたものを抑えることは逆に難しいと見ているためだった。しかし、議論としては注目するべきと述べていた。

キーワード
物価水準
FRB
バーナンキ氏
日銀
利上げ
一時的物価水準目標
パウエル新議長

日経超特急 (ニュース)
05:56~

「5G」新規参入の話題。総務省は、次世代高速通信「5G」の新規参入を促す。5Gは、スマホや自動運転向けの需要拡大が見込まれているが、2019年にも電波の割当制度を見直し、審査基準が外部に分かるようにする。欧米先進国が導入している価格競争の要素も初めて取り入れる。日本のスマホ通信料は国際的に割高。携帯大手三社による、通信の寡占状態が崩れれば通信料金の引き下げに繋がる可能性も。(日本経済新聞)

需要超過の話題。内閣府が発表した、需要と潜在的な供給力の差を示す、需給ギャップが7月~9月期は+0.5%だった。需要超過は三四半期連続で、4月から6月期の0.4%から+幅が拡大。物価上昇圧力が強まっている。(日本経済新聞)

副業しやすいよう、ルールが変わる可能性が出てきた事について。厚生労働省は、複数の勤務先で労働時間を合算する仕組みの見直しを考える。昼間に本業のA社で8時間、夕方以降に副業のB社で二時間働いている場合、法律の原則ではB社が残業代を支給。こうしたルールが、副業が広がらない一因とされており、厚労省は心身に悪影響を及ぼす長時間労働を避ける事も配慮しながら、慎重に見直しを探っていく。(日本経済新聞)

需要超過の話題。物価上昇圧力が強まっているからといって、すぐに物価上昇するわけではないが、来年になればゆるやかに物価上昇の可能性もあるという。また、日銀がYCCの値を上げる可能性もある。

キーワード
5G
日本経済新聞
副業
物価
総務省
内閣府
需給ギャップ
厚生労働省
YCC
日本銀行

気象情報 (ニュース)
05:58~

全国の天気予報を伝えた。

ニュース (ニュース)
06:00~

NYウォール街の様子を紹介した。

ビットコインの話題。ビットコインの価格が27日、一時9700ドル代をつけ、1万ドルに迫った。この二週間の上昇率は40%を超えている。9700ドル代をつけたのは、ルクセンブルクに拠点をおくビットコイン取引所で、日本円にすると1ビットコインあたり約108万円となる。急騰の背景には、ビットコインが分裂を繰り返している事や、CMEグループが先月末、ビットコイン先物上場を発表した事が影響しているとみられる。専門家などは、投機マネーの流入が更に加速していると指摘した。

米サイバーマンデーの話題。アメリカは27日、ネット通販のセールが一年で最も盛り上がるサイバーマンデーを迎え、序盤は好調となっている。アメリカ東部時間午前10時の時点で、既にネット通販の売上高は8億4000万ドルとなり、一年前に比べ約16.9%上昇した。この日だけでネット通販の売上高は、過去最高となる66億ドル、約7300億円に達する見込み。また、24日のブラックフライデーのネット通販の売上高は約50億ドルで過去最高となったが、市場調査会社は最大50%がAmazon経由の買い物だったとしている。

ドイツ政治の話題。メルケル首相は27日記者会見し、難航していた政権作りにむけ、第二党の社会民主党と、大連立交渉に入る方針を明らかにした。自身が率いるキリスト教民主・社会同盟は、9月の連邦議会選で議席数を減らし、自由民主党などとの3党連立も決裂。30日、メルケル首相は社会民主党のシュルツ党首と会談予定だが、交渉の行方は不透明。

米の新築住宅販売件数の話題。アメリカの商務省が発表した10月の新築住宅販売件数は、市場予想を上回る68万5000戸と、前月に続き約10年ぶりの高水準となった。地域別でみると、北東部や中西部の伸びが全体を押し上げた。一方、在庫は1.1%+、価格の中央値は3.7%下がった。

30日に開かれる、主要国の閣僚会議を前に、OPECのバルキンド事務局長は27日、これまでの協調減産の効果を改めて協調した。具体的には、OECD商業用在庫は過去5年平均を1億4000万バレル上回る状態まで解消されたと指摘した。その上で、中長期的な原油相場の安定の為、各国が協力を続けるよう訴えた。

EV急速充電スタンドの話題。ヨーロッパ石油最大手・ロイヤルダッチシェルは27日、ダイムラーやフォードなど欧米の自動車メーカーが出資するベンチャー企業と共同で、EV向け急速充電スタンドを、2019年までに80か所設置すると発表。ヨーロッパの高速道路にあるシェルのガソリンスタンドに、最速5分で充電できるコンボ方式急速充電器を設置。 これにより、欧米メーカーが推進するコンボ方式の普及を後押しする。

ダラス連銀が発表した11月の製造業景気指数は、活動指数が19.4と前の月に比べ8.2ポイントのマイナスとなり、市場予想を大幅に下回った。内訳をみると、生産と雇用がそれぞれ10ポイント以上のマイナス。新規受注も悪化した。先行きを示す指数は、0.5の+となり良好な水準を保っている。

アメリカは年末商戦が開始。アメリカは貯蓄率があがった事により、消費を押し上げる要因が数多くある。一方、サンクスギビングの夜のブラックフライデーで、店舗に商品が多く並ぶ風物詩は減少傾向。スーパーなどの雇用が今後減ってくる可能性がある。

ドイツ、メルケル首相の話題。EUにおいても、ドイツの政治が安定するのは重要。大連立への報道で、ユーロなども上昇。ドル安円高の形となっている。

ヨーカドーを運営するセブン&アイ・ホールディングスは、通販大手のアスクルと組み新サービス「IYフレッシュ」をきょうから始める。アスクルの通販サイトであるロハコにIYのフレッシュを出店、注文を受け商品を準備し、ロハコの物流網で配送を行う。また、受け取りは翌日以降であれば一時間単位で変更することができる。まずは、文京区と新宿区でサービスを行い、来年度中に23区へ拡大する計画。生鮮の配達を巡っては、オイシックスやアマゾンフレッシュなど、競争が激化している。

資生堂は、IoTの技術を活かした新しい化粧品「Optune」を発表した。スマホの専用アプリをつかい肌を撮影、数値化されたデータをクラウド側で分析し、最適な配合の美容液が本体から出てくる仕組みとなっている。販売する数量や価格は未定だが、来年の春よりテスト販売を開始する。

昨日始まった衆議院の予算委員会では森友学園の国有地売却で資料がなく、値引きの根拠が不十分との会計検査院の報告をめぐり野党側が追求した。安倍首相は国民の疑念を招くことがあってはならないと述べ、年内に行政文書管理などのガイドライン改正など業務の見直しを進める考えを強調した。予算委員会は今日も7時間の質疑を予定しており、野党側は昭恵夫人の国会招致を要求する方針。

イギリス王室は27日ヘンリー王子がアメリカの女優メーガン・マークルさんと婚約したと発表した。2人は報道陣の前で手を繋いで現れ写真撮影に笑顔で応じた。婚約は今月上旬でエリザベス女王含む親しい親族には知らされており女王は「非常に喜んでいる。幸せを願っている。」とコメントしている。来年の春に式を挙げる予定。

ローマ法王のフランシスコが昨日イスラム教徒ロヒンギャの問題で揺れるミャンマーに到着した。法王は宗教と民族の融和を訴えロヒンギャ問題の解決を促すと見られアウン・サン・スー・チー氏とも会談する。その後30日にはバングラディシュへ移動しロヒンギャ難民とも面会する予定。

宅配の時代になっている。アメリカでアマゾンが生鮮食品の宅配をやりたがっているが、宅配システムに限界があり今ひとつであるが日本はそこをきめ細かく出来る。また日本は共働きであるため潜在意欲はあるのではと加藤出さんはコメントした。そうなるとスーパーの売り上げや雇用に影響が出そうである。

資生堂が発表した新たなスキンケアのことをスタジオトーク。尾河眞樹は女性は化粧品を自分に合うよう変えることも多いと指摘していて、こうしたことから新たな需要が掘り起こせるとしていた。オプチューンなどはIoTということでデータ分析を自動で行われることから佐々木明子も「つい買ってしまう」と話していた。

キーワード
ウォール街
ビットコイン
サイバーマンデー
メルケル首相
新築住宅
バルキンド事務局長
ロイヤルダッチシェル
ダラス連銀製造業指数
ブラックフライデー
セブン&アイ・ホールディングス
アスクル
IYフレッシュ
ネットスーパー
資生堂
IoT
杉山繁和
オプチューン
ロハコ
新宿区
文京区
アマゾンフレッシュ
オイシックス
安倍総理
ヘンリー王子
フランシスコ法王
立憲民主党
長妻代表代行
森友学園
会計検査院
昭恵夫人
衆議院予算委員会
メーガン・マークルさん
エリザベス女王
ロンドン(イギリス)
ヤンゴン(ミャンマー)
アウン・サン・スー・チー氏
バングラディシュ
アマゾン
CMEグループ
ルクセンブルク
GBHインサイツ
社会民主党
キリスト教民主・社会同盟
自由民主党
シュルツ党首
OPEC
OECD
ダイムラー
フォード
EV
商務省
アメリカ
ダラス連銀
サンクスギビング
EU

NYマーケット (ニュース)
06:11~

ドル/円、ユーロ/円、ドル/ユーロ、米10年国債、米2年国債などを伝えた。

NY証券取引所から野村グループの前田秀人さんと中継した。年末商戦は、百貨店などの小売業の苦戦が取りざたされる一方で、Amazonを筆頭にネット通販が好調で売上高は前年比11~15%増えると予想される。とはいえ実店舗は今だにネット通販の5倍以上の売り上げがあり、その動向は無視できない。ネット通販も今年の夏ごろから成長の鈍化が一部で話題となっているが、この時期に小売株を買うのは危険かもしれないなどと話した。

円高進む中 きょうの日本株は?です

NYダウ、ナスダック、S&P500を伝えた。

キーワード
NY原油
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
NYダウ
ナスダック
S&P500
NY証券取引所
Amazon
ネット通販
年末商戦

為替・株価 きょうの見通し (ニュース)
06:17~

現在の為替、債権の値を伝えた。

各国の為替を伝えた。

世界の株価を伝えた。

NYダウ、ナスダック、S&P500を伝えた。

セクター別 騰落率を伝えた。

株式先物を伝えた。

尾河眞樹さんに今日の予想レンジを聞いてみると110.70~111.70円だと見ていた。ドル安の流れが続いていて、ドル/円は一時111円を割り込んでいたが、理由としてFOMCがインフレの加速に自身が持てなくなっているためだと見ていて、先週のイエレン議長は講演で早すぎると述べていたことや、インフレ期待に下振れ兆しが見えることがあることを上げていた。FOMC議事要旨でも、インフレの低迷は一時的ではないと見られていたという。数値としてはBEIが原油価格の割に上がりにくくなっているために、ここからもインフレが低迷する見方が多いと述べていた。一方尾河さんは来年はアメリカのインフレ率があがりドルも上がると見ているが、今週はOPEC総会によって原産延長で合意することで原油相場があがってもドル/円は上昇しないと見ていた。

AIによる日経平均株価の予想では下げて始まると見られていて、27日のニューヨーク市場では円高ドル安が進行し、S&P500指数・米ボラティリティ指数が横ばいだったことをあげている。

日中の予想レンジは22,400円から22,600円となっている。今日の東京株式市場は、北朝鮮のミサイル発射準備への警戒や、FRBパウエル次期議長の公聴会を前に様子見の展開となる見込み。

キーワード
為替
上海総合
日経平均
MICEX
SENSEX
DAX
FTSE100
ダウ
ボベスパ
NYダウ
ナスダック
S&P500
原油
インフレ
WTI原油先物
FOMC
イエレン議長
FOMC議事要旨
BEI
OPEC総会
QUICK
日経平均株価
ニューヨーク市場
ボラティリティ
東京市場
パウエル次期議長
北朝鮮のミサイル発射準備
FRB
ETF
日銀

きょうの株価材料 (ニュース)
06:23~

楽天が新しいがんの治療法として注目されている「光免疫療法」の商業化を進めているアメリカのベンチャー企業に2割超の出資をして、持分法適用会社にしてがん治療事業に参入する。健康データと組み合わせる医療サービスを提供することで、新たな収益源に育てる。

ダイドーは2018年の純利益予想を30億円から26億円へ下方修正した。国内飲料事業が天候不順の影響で販売が計画を下回ることに加え、海外飲料事業でトルコ通貨安による原材料価格高騰の影響を受けた。

塩野義製薬は480万株300億円を上限に自社株取得枠の設定を発表した。これにより取得したものを含め、500万株の自社株を来年3月12日付で償却すると合わせて発表した。

今日の注目銘柄は新株発行などで約395億円を調達すると発表し、金融機関からの借入金の返済にあてるとした沢井製薬・大和証券が目標株価を7800円から9000円に引き上げたヤクルト・三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標価格を1万1500円から1万3500円に引き上げたダイキンの3社。

高島屋は2019年2月期に国内百貨店17店の営業損益がすべて黒字になる見通しであると伝えられた。(日本経済新聞)

ベンチャー支援 米「黒船」上陸です。

今後の株価のポイントについて糸島孝俊さんに聞く。注目ポイントは「バリュー株指数」だといい、2015年からの推移では折れ線が上向きになるとバリュー株が有利で、下向きはグロース株が優位になる。これらは7か月ごとに動いているが、現在は5か月間中立を保っている。過去にもこのような状況があったが、そのときはバリュー株優位となっていて、今回もそのようになると見ている。バリュー株とは何かというと、輸送用機器や銀行業・電気機器などがあるが、上位10銘柄では銀行業が多くメガバンク3つは全て含まれている。そのためバリュー株優位となるとメガバンクが指数を牽引するとになる。また、なぜ牽引できるかというと、マイナス金利の深掘りはないとしながらも、決算説明会では3グループともに人員や店舗数の削減の期限を明確化していて、これらは高く評価されると糸島さんは述べた。また、人工知能やロボットなどへの取り組みも強化するとしていて、今後発表のあった構造改革を実現できれば収益力が期待できると見ていた。

ベンチャー企業を支援する動きが日本でも活発になっているが、アメリカから黒船が上陸することでこの流れが加速するとみられる。

キーワード
楽天
ダイドー
塩野義
沢井製薬
ヤクルト
ダイキン
高島屋
日本経済新聞
光免疫療法
がん
アメリカ
QUICK
大和証券
MUFJモルスタ
バリュー株指数
みずほ
三菱UFJ
三井住友
メガバンク
マイナス金利
人工知能

特集 (ニュース)
06:31~

アメリカのベンチャー育成投資会社が“上陸日本に上陸した。アメリカを拠点としているアーティセンスというベンチャー企業の独自の技術は特殊なカメラを使用して街の3Dマップを作成するもの。彼らは自動車関連メーカーが多い日本を新拠点にと考えていて、富士通は興味を示している。この両者を引き合わせたのが「プラグ・アンド・プレイ」。これまで2000社以上のベンチャー企業の育成を手がけてきた。ペイパルやドロップボックスなどを創業当初から支援してきた実績を持っている。このプラグ・アンド・プレイを日本に呼び寄せたのは三菱UFJフィナンシャル・グループだった。日本のベンチャー企業が育っていないという危機感を持っている。サイードCEOも日本のベンチャー企業は成長の可能性を秘めていると感じている。

プラグ・アンド・プレイが注目しているのは、abaという会社。代表の宇井吉美さんは排泄を感知するシートの開発をすすめている。宇井さんは海外に行くこともなかなかできないので、老舗のベンチャーキャピタルと直接繋がれるのは大きなメリットがあると話した。

人事巡り…トランプ政権を提訴です。

加藤出は、シリコンバレーを訪れた時、若い人たちを育てるシステムがますます構築されている感じだった、こういう試みは期待したいですね、と話した。

プラグ・アンド・プレイの日本法人としては、まず国内外のベンチャー21社を選び、3カ月集中して支援を行っていくという。

キーワード
富士通
ペイパル
ドロップボックス
三菱UFJフィナンシャル・グループ
シリコンバレー
ベンチャー
アーティセンス
プラグ・アンド・プレイ
aba

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:40~

金融機関などを規制・監督する消費者金融保護局の副局長がトランプ政権を提訴したというニュースが各紙1面を飾っている。この副局長は早期退任した局長の後任に指名されていたが、トランプ大統領が違う人選をしたことで主導権争いが勃発。異例の法廷闘争に持ち込まれた格好。もともと、この消費者金融保護局(CFPB)はオバマ前政権が2011年、ドッド・フランク法の目玉としてFRBの下に設立したもので、金融の安定や消費者保護に貢献との評価の一方、金融機関からは反発も出ている。トランプ政権は「過剰規制だ」とこれまでにも攻撃してきた。

ソフトバンクグループによる配車サービス大手のウーバーへの出資は実施に向けて準備中。しかし、ウーバーの個人情報流出問題が影響を及ぼしそうだと伝えている。ソフトバンクグループは、ウーバーに最大で1兆円超の出資と少なくとも14%の株式取得を検討しているという。

「5G」は、大容量のデータを瞬時に送信できるため新たなイノベーションが期待される高速通信。従来の高速通信はアップルやグーグルなどがクアルコムなどの特許、技術を使用するという構図だったが、5Gをめぐっては、この技術メーカーがアップルやグーグルと同じぐらいの利益を得られるかは不明。それは、アップルとクアルコムの間で、すでに半導体の特許料を巡る訴訟が泥沼化しているため。FTのアンドリュー・エッジクリフ・ジョンソン記者は、5Gの通信革命ではアップルなどの消費者向け商品を作る企業と、半導体メーカーとの間で新たな戦いが始まると指摘する。

ウーバーとソフトバンクの話題でトーク。情報流出・隠蔽など不祥事が相次いでいるウーバーへの投資はソフトバンクにとってもリスクがあるのではと佐々木アナが述べたのに対し、東短リサーチ・加藤出氏は、将来的なことを考えると米加の地方都市で住民が自宅から駅まで車で行き、電車に乗り換えて大都市に通勤するというケースが多く、駐車場が満杯になってくると、駐車場を増設するのではなくウーバー利用で補助金を出すという自治体が増えてきていて、10年も経つと、自家用車で通勤する人が減るはずで、ウーバー等のほうが税負担においては効率的という議論もあり、潜在力があるのは確かと解説した。

ソニーフィナンシャルホールディングス・尾河眞樹氏が、トランプ氏は金融規制に関しては緩和する方向の人なので、今回のCFPBの人事の背景にはそういうこともあったのかと思う、いずれにしても政権の人事を巡る混乱は続きそうだと述べた。

「“山”専門店の『1分ルール』」。

BSジャパンの「日経モーニングプラス」の番宣告知。

キーワード
ウォール・ストリート・ジャーナル
ソフトバンクグループ
ウーバー
アップル
グーグル
クアルコム
5G
トランプ大統領
消費者金融保護局
FRB
オバマ前政権
ドッド・フランク法
トランプ政権
BSジャパン
日経モーニングプラス
東短リサーチ

リーダーの栞 (バラエティ/情報)
06:49~

ICI石井スポーツ・荒川勉社長に東京・千代田区で取材。同社は1964年に設立。スキー用品や登山用品など山に特化した専門店を34店舗運営。社長も自ら5月にエベレストとローツェを連続で登ってきたと話す。2016年10月に現職に就任した荒川社長は、ザ・ボディショップの日本法人の元社長、岩田松雄著「部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密」(角川書店)を紹介。岩田氏が社長時代に全国のスタッフにメールやFAXで送ったメッセージを公開し、解説している本。これらのメッセージが売上倍増のきっかけとなったという。荒川社長は「全社員が同じ目線で店を良くしていこうと思わないと会社は良くならない」と話す。この本をヒントに、全国のスタッフに備品・在庫を取りに行く時には1分以内で見つけられる状態にするという共通ルールを配信した。

最新のビジネス書ランキング・ベスト5を発表。(11月20日~26日紀伊國屋書店調べ)

ICI石井スポーツ・荒川勉社長についてトーク。野沢アナが、自身もエベレストに登頂経験があるが、登山用ロープは命綱で、客とも命綱を共有するような信頼関係が大切と話した。

ビジネス書 最新ランキング 11月20日~26日第1位:大人の語彙力ノート /齋藤孝第2位:SHOE DOG/フィル・ナイト第3位:残酷すぎる成功法則/エリック・バーカー第4位:スタンフォード式最高の睡眠/西野精治第5位:伝え方が9割/佐々木圭一

キーワード
ICI石井スポーツ
ザ・ボディショップ
紀伊國屋書店
荒川勉社長
エベレスト
ローツェ
岩田松雄
角川書店
部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密
ビジネス書 最新ランキング

ニュース (ニュース)
06:54~

仮想通貨ビットコインの価格が27日、一時9700ドル台をつけあと僅かで1万ドルに迫った。ここ2週間の上昇率は40%を超えている。この価格がついたのはルクセンブルク拠点の取引所で日本円にすると1ビットコインあたり9735ドル51セントで約108万円となる。急騰の背景にはビットコインが分裂を繰り返していることや、大手のCMEグループが先月末ビットコインの先物の上場を計画していることを発表したことが影響している。専門家は投機マネーの流入がさらに加速していると指摘している。

アメリカは27日ネット通販が一年で最も盛り上がるサイバーマンデーを迎えた。序盤は好調で27日午前10時時点でのアメリカ東部のネット通販売上高は8億4000万ドルとなっており1年前と比べ約17%上昇した。この日だけで66億ドルと過去最多となる見込み。また24日のブラックフライデーのネット通販の売上高は約50億ドルで過去最高となったが市場調査会社は40~50%がアマゾン経由の買い物だったと分析している。

ドイツのメルケル首相は27日記者会見し難航していた政権づくりについて第二党の社会民主党と大連立交渉の入る方針を明らかにした。メルケル首相は自身が率いるキリスト教民主社会同盟は9月の連邦議会選挙で議席を大きく減らし自由民主党などとの3党連立協議が分裂していた。30日には社会民主党シュルツ党首と会談予定だが交渉の行方は不透明である。

来月開かれる連邦公開市場委員会の投票メンバーの1人であるダラス連銀のカプラン総裁は27日、労働市場は完全雇用に近く来年には加熱状態に陥る可能性があることを示唆した。また行き過ぎた債務など金融市場で不均衡が起こるリスクを警戒するべきだと主張している。利上げについては物価上昇の確証を待ちすぎると金融政策は後手にまわり景気後退を招くとし近い将来の利上げは適切だとの考えを示している。

利上げの見通しについてスタジオトークを展開。加藤出さんは今まで携帯電話の値下がりという一時的な要因で物価が上がりにくいとのことだったが、その一時的な要因に確信が持てなくなっている。そのためFRBの主流派は慎重になっている。物価の見通しは難しい。尾河眞樹さんは市場の見方も割れているようだ。それ次第で為替も株も動いていくとコメントした。

キーワード
サイバーマンデー
メルケル首相
ダラス連銀製造業指数
ビットコイン
ルクセンブルク
CMEグループ
アマゾン
GBHインサイツ
社会民主党
キリスト教民主社会同盟
自由民主党
シュルツ党首
連邦公開市場委員会
カプラン総裁
FRB

気象情報 (ニュース)
06:58~

全国の天気予報および世界の天気予報を伝えた。

エンディング (その他)
07:00~

国内では11月の月例経済報告が発表される。アメリカではFRB次期議長のパウエル理事が議会上院の公聴会に臨む。

きょうの経済視点を解説。加藤出は「オープンマインド」としていて、イエレン議長が相場が読みにくい現状からこうした発言をしたことを指摘していて、こうしたことから利上げしにくい現状を説明した。そして尾河眞樹は「107~114」としていて、今年のドル円相場のなのだが現状こうした動きになりやすいと話した。

キーワード
月例経済報告
FRB
パウエル理事
イエレン議長
ドル円
利上げ

エンディング (その他)
07:04~

「Newsモーニングサテライト」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 11月28日 放送
  3. 次回の放送