Newsモーニングサテライト 2017年8月17日放送回

『ニュースモーニングサテライト』(略称:モーニングサテライト、モーサテ)は、テレビ東京系列(BSジャパン・日経CNBC含む)で放送されているニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月17日(木) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

出演者らの挨拶のあと、今朝のコメンテーターを紹介。今朝のコメンテーターは三菱東京UFJ銀行の鈴木敏之さんと、JPモルガン証券の阪上亮太さん。鈴木さんには先程発表されたFOMC議事要旨の注目すべきポイントについて、阪上さんには株式相場の見通しについて解説してもらう。

キーワード
三菱東京UFJ銀行
JPモルガン証券
FOMC議事要旨

NYマーケット (ニュース)
05:46~

NY市場のおさらい。NY株式相場ダウは取引開始とともに22000ドルを回復したものの、支援材料に乏しく、午後に入ってジリジリ下げる展開だった。注目のFOMC議事要旨で追加利上げは忍耐強く、物価の動きを確認しながらとの意見が出されていたことが分かり、アメリカの長期金利が低下。株価はやや上げたものの影響は限定的だった。12月の利上げの可能性は低いとの見方が広がる中、市場参加者にとって議事要旨に目新しさはなかったのかもしれない。

NY株式、8月16日のセクター別騰落率、為替の値動きを確認。

キーワード
トランプ大統領
ダウ
ナスダック
FOMC議事要旨
白人至上主義
利上げ
S&P500
NY株式
騰落率
為替
ドル
ユーロ

ニュース (ニュース)
05:48~

16日に公表された7月のFOMCの議事要旨によると、多くの参加者は「物価の伸び悩みは特異な要因によるものだ」としながらも「物価低迷は下半期も続く」との見方を示した。一方、一部の参加者は「完全雇用が達成されていると考えられる中、金融政策の正常化が遅れれば、後に物価の高騰を招いたり金融システムの安定を脅かすリスクが高まりかねない」と警鐘を鳴らした。

貿易赤字の削減を目指すアメリカは自動車などの関税を優遇する「原産地規則」の基準を厳しくするよう求めた。コレに対しカナダとメキシコは一方的な譲歩には応じない姿勢を強調した。交渉の結果次第では北米に製造拠点をおく日本の自動車メーカーにも影響が及ぶ可能性がある。

相次ぐ辞任に耐えかねついに解散。白人至上主義に対するトランプ大統領の姿勢に批判が高まる中、トランプ大統領は16日、企業経営者などで構成する2つの助言機関の解散を表明した。トランプ大統領は自身のツイッターで「助言機関のメンバーを務める企業経営者に圧力がかかるより助言機関そのものを終わらせるほうがマシだ」と述べた。「製造業評議会」に加え、「戦略・政策フォーラム」も解散する。

アメリカの7月の住宅着工件数は前の月より4.8%減少し、市場予想も下回った。前月に急増した反動が表れたもので、主力の一戸建てが0.5%減った他、集合住宅も15%減少した。先行指標とされる住宅着工許可件数も4.1%減少した。

アメリカの小売大手・ターゲットの5月から7月期の決算は1年前に比べ、売上高が予想を上回り、増加した。実店舗とネット販売がそれぞれ好調だったためで、一株利益も市場予想を超えた。また、既存点売上高も1.3%増加し、5四半期ぶりにプラスに転じた。

トランプ大統領は16日、ツイッターの書き込みでネット通販最大手のAmazon.comが他の税金を支払っている小売企業をひどく傷つけている、と批判した。また、「アマゾンによって多くの職が失われた」とも主張した。これを受けてアマゾンの株価は一時1%以上下落した。

キーワード
FOMC
NAFTA
ライトハイザー代表
トランプ氏
ツイッター
ゼネラル・モーターズ
バーラCEO
ターゲット
Amazon.com

NY証券取引所中継 (ニュース)
05:52~

NY証券取引所から中継で、ホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。今日は上値が重い展開に。ダウは一時80ドル以上上がる場面があったが、午後にかけて原油価格が下落に転じたことが嫌気された。昨日のトランプ大統領の言動も上値を抑える要因になっていると考えられる。

金利、商品、欧州株式、株式先物の終値を伝えた。

堀古英司は「やはり9月降りにも期限を迎えると思われる債務上限問題。引き上げや予算案は上院で60票が必要、今だと民主党から8票を得ないといけない。民主党に妥協する予算案では共和党保守派から票が逃げてしまう。過半数も取れなかったオバマケアの代替法案を通すよりハードルが高い。期限付きであること、終わればV字回復を見せているのも念頭に置くべき」と話した。

鈴木敏之は「インフレ率が低すぎてとても売上げどころではない。フェドは売上げしっかりやるつもりだったと思う、今日の議事用紙みるとその議論が長くやられた記述になってる、にも関わらず最後の判断がしっかりしてない、インフレ率低すぎるから売上げしませんというメッセージ送ってしまったと思う。一方でバランスシートの縮小は急ぐ。この前のFMCでもう縮小決定するんではないかという話があって実際何人かのメンバーはそれを主張していたというのがあり、全体的にもある程度早くやるんだという可能性が高いことになる。議事要旨としてパラグラフを取って資産価格が高すぎる問題を議論している。金融規制で対応することで売上げにはしませんという動きになっている」と話した。

阪上亮太は「アメリカ株の方は反応は限定的ダガ、アメリカ金融政策がらみのニュースは日本株のほうが反応が大きかったりする。これは為替の動きというのを反映してしまうので、引き続き報告が見えなかったのでアメリカの金融政策動向に日本株が振られやすい展開が続くと思う」と話した。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
ロシアMICEX
日経平均株価
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
ホリコ・キャピタルマネジメント
トランプ大統領
民主党
共和党
オバマケア
三菱東京UFJ銀行

為替・株価 きょうの見通し (ニュース)
05:56~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

株式先物の終値を確認。

このあと、機関投資家の投資動向は?

ニューヨーク市場ドル/円は、FOMC議事要旨を受けて、ドル安の動きとなった。SMBC日興証券の野地さんは、「議事要旨ではインフレについての見解がわかれたが、当面物価動向を注視するということで一致され、ドルが全面安となりドル円も110円代前半まで下げた。」と話した。そうした中今日の野地さんの予想レンジが109円.70円~110.70円。野地さんはこれに関して、「円高に触れたので朝方若干のポジション調整が入ると思うが、その後は日本の株価に連動しながら狭いレンジでの推移となりそうです。」と話した。野地さんは注目ポイントに、フォワードレートの低下余地を挙げた。野地さんは、「108円代の円高をもたらした先週のアメリカの10年債利回りをより詳しく分析するために、10年金利を現在の5年金利と、5年後の5年金利に分解した。この5年後の金利のことをフォワードレートと言うが、5年後のアメリカ経済の楽観悲観のバロメーターともなる。先週は、現在の5年金利の方が下がった。今後5年間に予想される利上げ回数が減る一方、フォワードレートは6月ほどは下げていない。」などと話した。先週フォワードレートが下がらなかった理由について野地さんは、「5年後のように先のフォワードレートというのは、GDPなど経済成長への漠然とした期待と連動しやすく、今回15日発表の小売売上高好調などから、まだアメリカ経済の期待が高いことが伺える。今後世界の景気減速が意識されるような局面では、まだ低下余地のある5年後の金利が低下して、それにより10年債利の金利低下と、円高が一緒に起きやすいので注意が必要。」などと話した。

今日の株価の見通しをスタジオで紹介した。為替は若干円高で上値は重いとの事。注目ポイントは業績進捗率。終値は19729.28で-24.03との事。4~6月期は大幅増益。全体の7割が事前予想を上回り好調、牽引は鉄鋼・科学。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
ポンド
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
日経平均
日経平均先物
シカゴ取引所
大阪取引所
東京市場
SMBC日興証券
ニューヨーク市場
FOMC
インフレ
先物
金利
シカゴ/日経先物
GDP
ダウ
ナスダック
経済成長
円高
TOPIX
小売売上高
大阪/日経先物
フォワードレート

天気予報 (ニュース)
06:05~

全国の今日の天気予報と週間予報を伝えた。8月から雨が続いているが、今日も大気の状態が不安定。日差しのある西日本でも急な激しい雨に注意を。

ニュース (ニュース)
06:06~

ドンキホーテは昨日、来年にも次世代型の店舗をオープンさせると発表した。最新式の顔認証技術を活用して客に合わせた商品情報を提供。また、カゴごと一括で精算できるシステムも導入する計画。 今後は銀行業の参入も視野に入れ、新たな顧客獲得を目指す。

宮内庁は7月の九州北部豪雨を受けて延期していたしていた、眞子さまと一般人男性の婚約内定発表を9月3日に行うとした。秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまと一般人男性は国際基督教大学の同級生で婚約内定発表は当初7月8日に予定されていたが、九州北部豪雨により延期されていた。災害発生から一ヶ月が経ち、被災地の復旧・復興の状況を確認して日にちの再設定を提案し、天皇・皇后両陛下の予定も調整し、9月3日に決定した。当日は宮内庁長官が内定を正式に発表し、お二人が揃ってでは初の記者会見に臨まれる予定。

北朝鮮が先月発射したICBMのロケットエンジンがウクライナから流出した疑惑が出ていることを受け、ウクライナのポロシェンコ大統領は16日、自身のフェイスブックで政府の関連機関に対し、3日以内に調査して結果を報告するよう指示したことを明らかにした。疑惑を巡っては米ニューヨーク・タイムズが専門家などの分析の結果、エンジンがウクライナの工場で製造されたもので、北朝鮮が闇市場を通じて入手した可能性があると伝えている。

7月に訪れた日本をおとずれた外国人観光客が単月ベースで過去最高を更新、7月の訪日外国人客数は268万2千人(前年比↑16.8%)月刊で過去最高、LCC格安航空会社の増便を受け韓国(44.1%)などからが大きく増えた他イギリス(6.4%)やフランス(7.9%)からも増客しました、また4月から6月の訪日外国人の消費動向調査で一人あたりの消費額を見ると2015年に泊買いでおよそ30万円使っていた中国をイギリスとイタリアが抜きました。

トランプ政権になって初めての2+2。ポイントは「新しい体制が信頼がおけるとなれば地政学やリスクON・OFFに影響を持ってくる」などとトークされた。

働いている時にがんになった人が休職したり、仕事の量を抑えたりした影響で、年収が平均で2割減少していることがライフネット生命保険の調査で分かった。また、収入が減ったことで、2人に1人が「医療費」「生活費」に困ったと答えたほか、子供のいる家庭では4割が「教育費」に困ったと答えていて、病気による深刻な打撃が浮き彫りとなった。

訪日外国人の数がまた最高になったことについて「東京を地盤にしているホテルの決算などはあまり良くない。中身が変わってきていて欧米人が主体になってきている、地方観光が増えているなど変化が起きている」「人数だけを見ていてはわからないことがある」などとトークされた。

ワシントンを訪問中の河野外務大臣と小野寺防衛大臣は今日、日本と米国の外務・防衛閣僚による安全保障協議委員会、通称日米2+2に参加する。日米2+2はトランプ政権発足後初めてとなる。日米同盟強化の方針を確認するとともに北朝鮮の核・ミサイル開発放棄を目指し中・露へ働きかけていくことで一致する予定。

キーワード
大原孝治社長
ドンキホーテホールディングス
顔認証技術
宮内庁
眞子さま
小室圭
朝鮮中央テレビ
ICBM
日本政府観光局
九州北部豪雨
ポロシェンコ大統領
Facebook
ニューヨーク・タイムズ
秋篠宮ご夫妻
2+2
ライフネット生命保険
がん
国際基督教大学
外国人観光客
天皇陛下
皇后陛下
LCC
消費動向調査
宮内庁長官
中国
イギリス
イタリア
フランス
河野外務大臣
小野寺防衛大臣
安全保障協議委員会
トランプ政権
日米同盟
ミサイル
ワシントン(アメリカ)
アメリカ
日本
北朝鮮
ロシア

NY証券取引所中継 (ニュース)
06:12~

NY証券取引所から中継で、ホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司さんがダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。今日は上値が重い展開に。ダウは一時85ドルぐらいまで上昇する場面があったが、午後にかけて原油価格が下落したこと、昨日のトランプ大統領の発言が上値を抑える要因になっていると考えられる。

NY株式の終値を伝えた。

為替、金利、商品、欧州株式の値動きを伝えた。

大手機関投資家の投資動向は?堀古英司さんは「個別銘柄の特徴が目立った。アリババとアリババ株を大量に保有するアルタバを買う動き。アリババは6月の説明会で18年3月期の売上高が45%~49%増加すると発表したのが影響していると思われる。アルタバは6月までYahoo!の株だった。Yahoo!がアルタバという名前にかえてアリババの15%の株を保有しているので、この2社の相関関係が強い。またスナップチャットを売る動きが目立っている」などと話した。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
ホリコ・キャピタルマネジメント
S&P500
NY株式
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
ロシアMICEX
日経平均株価
ドル
ユーロ
トランプ大統領
アリババ
アルタバ
Yahoo!
スナップチャット

日経朝特急 (ニュース)
06:15~

中国の上場企業の間で今年の春以降、共産党の経営介入が急速に進んでいる。中国企業の定款変更を日本経済新聞社が調べたところ、党が経営判断に深く関わる事を容認するなどの項目を盛り込んだ企業が4月以降でおよそ200社にのぼった。党の意向を汲んだ経営が一段と強まれば外資企業にとって合弁事業など中国投資のリスクが高まる可能性がある。(日本経済新聞)

金融市場が予想するインフレ率は昨日10ヶ月ぶりの水準に低下し、日銀が目標とする2%から一段と乖離した。市場の物価予想は10年物国債と物価連動債の利回り差である「期待インフレ率」にもとづいているが、昨日0.341%と去年10月以来の低い数字となった。消費者の安値思考は根強く、企業は値上げに慎重。さらに賃金も増えない中、日銀の出口も遠いとの見方が一段と強まっている。(日本経済新聞)

中国は6月末に日本を抜いて9ヶ月ぶりに首位。下落していた人民元相場が落ち着き、外貨準備を取り崩して市場介入をしなくても済むようになってきた為。米中関係がギクシャクする中、中国がアメリカを牽制する材料に使う可能性がある。(日本経済新聞)

このあとは「プロの眼」。FOMC議事要旨を読み解く。

キーワード
日本経済新聞
FOMC議事要旨
共産党
日本経済新聞社
日銀

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:20~

このあと、大学スポーツを狙え!

7月のFOMCで利上げの判断は忍耐強く慎重に行うべきとの意見が示された事が明らかになった。16日に公開された7月のFOMCの議事要旨によると、多くの参加者は「物価の伸び悩みは”特異”な要因によるもの」だとしながらも、「物価低迷は下半期も続く」との見方を示した。一部の参加者は「正常化が遅れれば物価高騰をまねいたり、金融システムの安定を脅かすリスクが高まりかねない」と警鐘を鳴らした。

鈴木敏之は「判断を保留したのは議長の交代を意識した可能性がある。今単位労働コストが下がっている、過去下がった時は物価が上がっていない。今の賃金の上昇率は2.5%しかなく、単位労働コストが下がってしまうと一般の物価はどこに2%という目標が掲げられるんだろうという話になってしまう。労働市場情勢指数をFRBが発表していたのを辞めた。なぜこんなことをやろうとしたのか。今利上げを進めるという金融政策を考えたときに都合の悪い動きになっている。この前同じくらいの失業率があったときはその乖離が大きかったのが、今ほとんど離れていない。こう見ると労働市場は加熱していないと言える。これではなかなか利上げに持っていけない。人々が労働市場に出てこないとなると、企業はそれを無理に賃金を上げて事業を進めるよりは事業を辞めてしまう。ダドレー総裁が公演で言っていたのは、価格が簡単に比較できるようになってしまうと高いものが売れなくなってしまう。利上げ判断はあと数ヶ月かけて行うことになるが、目下史上は4割ぐらいしか12月の利上げ確立を見ていない。4割ではなかなか利上げに持っていきづらい。それを乗り越えて利上げに持っていけるだけのインフレ率の上昇があるかどうかちょっと心配になると思う。やはりダドレー総裁の公演であったが、債務上限の問題や地政学問題があったとしてもやるということで、これはイエレンさんが自分の仕事をやりとげたという形に持っていくために急いでやっているということだと思う。おそらく9月に決定をするような日程は変わらないと思う。7月にもやろうと言っていたくらいだからそこのところは変わらない、はっきりやるんだというイエレンさんの意向が出ていると思う」と話した。

キーワード
FOMC
アメリカ
FRB

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:27~

トランプ大統領に対する批判が加熱している。トランプ大統領はバージニア州でおきた衝突について14日、白人至上主義を非難したが翌日には一転擁護するように「デモに抗議していた市民にも非がある。」と述べた。アメリカの新聞各紙はこれを大きく取り上げていて、ウォール・ストリート・ジャーナルはトランプ大統領は自ら孤立を招いているとの見出しで、企業のCEOからだけでなく共和党内部からの批判も高まっていることを伝えている。記事は、批判は落ち着きを見せていたのに新たな火種を撒いたトランプ大統領について、その行動を疑問視した。今後の事態の展開が見えないとしている。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ハリウッド俳優のジョニー・デップ氏の資産を管理していた資産管理会社「マネジメント・グループ」を司法当局が捜査しているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えている。記事によるとマネジメント・グループは、詐欺とマネーロンダリングの疑いで司法省とIRSから取り調べを受けている。加えて証券取引委員会がデップ氏の資産管理に問題がなかったのかを調査している。デップ氏は1999年から2016年までマネジメント・グループに資産管理を委託していたが、4000万ドルを超える債務負担などを理由に1月に提訴していた。一方マネジメント・グループは自身の責任だとデップ氏の主張を否定している。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

アメリカンフットボールなど熱狂的ファンの多いアメリカの大学スポーツ売上の低迷に悩むビール会社はそのスポーツファンをターゲットに戦略を打ち出す、大学スポーツに参入したのがバドワイザーやコロナなどのビールブランドこの他ルイジアナ州のノラ・ブルワリーは地元大学のスポーツチームと提携しチーム名にちなんだ「グリーン・ウエーブ・ビール」を発売予定ラベルにもマスコットキャラやチームカラーなどを使用、アメリカ国内のビール消費のうち35%がミレニアル世代専門家は「大学スポーツの試合会場での宣伝はミレニアル世代とビールの関係構築に効果的」と期待している。(USAトゥデイ)

“邪魔者”を商機に。

「マネジメント・グループ詐欺とマネーロンダリングの疑いで司法省などから取り調べ」のテロップが表示された。

スタジオにて、森田「鈴木さん白人至上主義の問題は収まるどころか加熱してますね」鈴木「そうですね企業のCIOが離れてるということは共和党としては大きな問題ビジネスフレンドリーだから支持を受けているところがあるそこに距離ができてしまっては影響があると見られてる」森田「株価にも影響が出ていますね」坂上「そうですね、トランプ政権の政策が中々進まなくなるというのは株式市場にとっても不安材料になる、一方で何もしてないから株が現状なんだ結局財政政策なんかを大規模にやり始めると逆にFRBの利上げ観測が強まって株式市場にとって悪材料になるという見方がある」と話した。

キーワード
ウォール・ストリート・ジャーナル
USAトゥデー
人種差別
トランプ大統領
白人至上主義
CEO
共和党
バージニア州(アメリカ)
アメリカ
パイレーツ・オブ・カリビアン
ハリウッド
ジョニー・デップ氏
司法省
アメリカンフットボール
ザ・マネジメント・グループ社
証券取引委員会
IRS
マネーロンダリング
詐欺
バドワイザー
マネジメント・グループ
コロナ
ノラ・ブルワリー
グリーン・ウエーブ・ビール
ミレニアル世代
ルイジアナ州(アメリカ)
CIO
トランプ政権
株価
株式市場
財政政策
FRB
利上げ

特集 (ニュース)
06:33~

海藻を食い荒らしたり漁を邪魔する海の邪魔者。そんな邪魔者を画期的な方法で人気者に変身させる取り組みを負った。肥満を抑制すると言われ、注目を集めている海藻「アカモク」。神奈川県の逗子で乾燥させたアカモクを販売するメーカー「TAC21」。ちょうど袋詰の作業中。社長に話を聞くと「あっという間に完売」「うれしいし大変」と話す。実は海で自生するアカモクは漁船のスクリューに絡みつき、漁の邪魔者とされ捨てられていた。しかし健康に良いことがわかり人気者になった。

兵庫県・淡路島でも海の邪魔者を活かす取り組みが。明石海峡大橋の袂にある岩屋漁港では水揚げの真っ最中。漁師を悩ませているのがサメ。鮫肌が他の魚を傷つけてしまうため、サメは漁師に嫌われていた。島にある水産加工会社「武田食品冷凍」。主力の製品はタイやアジの干物。武田社長が見せてくれたのは邪魔者のサメとエイが大量に保管されていた。干物の技術を活かして作ったのが犬や猫のペットフード。サメ軟骨やエイのジャーキーなど12種類。しかし商品化にはある問題があった。身に尿素があるため時間が経つとアンモニア臭がすること。そこで導入したのが水処理装置。中にあるセラミックと竹の炭によって粒子の細かい無菌の水を作ることが出来る。サメをこの水に漬けて2時間後、粒子の細かくなった水はサメの未に染み込みやすくなるため、匂いを消してくれるという。本当に海の邪魔者をペットは食べてくれるのか。川崎市に住む長畑さん。愛犬のパオくんのためサメのペットフードをネットで購入。美味しそうに食べていた。今年5月から大手スーパーのプライベートブランドとして全国展開を始めた。

一方、海の邪魔者の味を変えてしまおうという取り組みも。神奈川県で水産物の加工を研究する臼井さん。見せてくれたのはムラサキウニ。ムラサキウニは海藻を食い荒らす海の邪魔者。サザエやアワビの収穫に影響が出るので駆除対象にもなっている。食べる所はほとんどなく、味も今ひとつだという。目をつけたのが三浦半島の特産品であるキャベツ。廃棄する部分をウニにやると、身が大きくなった。さらに分析機で身の成分を図るとアミノ酸の一種「グリシン」が2倍に。海の邪魔者を有効活用し人気者にする。そんな活動が今始まっている。

このあと、史上最多の「いいね」。

スタジオトークで秋元玲奈さんは「先ほどのサメやエイのペットフードは中国やアメリカからも問い合わせがきているそうで、近々海外展開も計画中。今年の秋に人間用のおつまみとしてもリリース予定ということです」と話した。

キーワード
TAC21
武田食品冷凍
神奈川県水産技術センター
天日干し あかもく
アカモク
逗子市(神奈川県)
明石海峡大橋
岩屋漁港
bau-bau
キャベツ
ウニ
ムラサキウニ
サザエ
アワビ
三浦市(神奈川)
中国
アメリカ
サメ
エイ
兵庫県
洲本市(兵庫)
川崎市(神奈川)
淡路島
オバマ前大統領

ニュース (ニュース)
06:42~

アメリカのFRBのフィッシャー副議長が共和党が掲げる金融改革は小手先の改革だ、とフィナンシャル・タイムズとのインタビューの中で強く批判している。フィッシャー副議長は共和党が大手金融機関への規制を緩和するため、ストレステストやボルカー・ルールなどの見直しを目指しているのはとても危険だ、と述べた。またアメリカ政府によるシャドーバンキングなどへの対処も不十分だと指摘。「共和党の小手先の改革は金融危機を引き起こす可能性がある」と警鐘を鳴らしている。フィッシャー副議長が共和党の金融改革を批判する理由は何なのか。(フィナンシャル・タイムズ)

「BSジャパンでは7時5分からの日経モーニングプラスでもFTのニュース解説をお送りします、とテロップ表示。

このあとは「コーポレートサーチ」。消防車を造り続けて110年1トップ企業の新戦略とは。

トランプ氏はツイッターで金委員長がグアムへのミサイル攻撃の見合わせを示唆したことを受け、「非常に賢く、理にかなった決断をした」と賞賛した。しかしその一方で「金委員長が別の選択をしていたら壊滅的かつ受け入れられない事態になっていただろう」と述べ、北朝鮮を牽制した。

フィッシャー副議長が金融規制の改革について批判したことについて「株式市場でも期待が高い分野で比較的進みやすいと思われているためこれも滞るようでは株価への悪影響は大きいと考えざるを得ないだろう」などとトークされた。

トランプ氏2助言機関の解散を表明、トランプ大統領はツイッターで「メンバーの経営者に圧力がかかるより助言機関を終わらせる方がマシだ」と発言し、GMの代表者などが名を連ねる製造業評議会、戦略・政策フォーラムも解散となる。

オバマ氏「いいね」史上最多、「生まれながらにして肌の色や宗教が違うことを理由に他人を憎む人間などいない」とネルソン・マンデラ氏の言葉を引用、ツイッターに投稿し「いいね」が最多記録。

NAFTA再交渉スタート、ワシントンからの映像ではアメリカ通商代表部のライトハイザー代表が「根本的に失敗、アメリカ国民は改善を求めている」とし原産地規制基準の厳格化を要求した。カナタとメキシコは「一方的要求に応じない」と回答、日本の自動車メーカーにも影響か。

キーワード
フィッシャー副議長
FRB
共和党
フィナンシャル・タイムズ
ボルカー・ルール
ストレステスト
シャドーバンキング
BSジャパン
日経モーニングプラス
FT
フィナンシャルタイムズ
トランプ氏
金委員長
ツイッター
朝鮮中央テレビ
アメリカ
メキシコ
カナダ
ライトハイザー
ワシントン(アメリカ)
NAFTA
関税
GM
トランプ大統領
メアリー・バーラ
オバマ
ネルソン・マンデラ
いいね

コーポレートサーチ (バラエティ/情報)
06:49~

消防車を110年間作り続けてきた企業の新戦略とは。東証一部に上昇するモリタホールディングス。兵庫県・三田市の工場を訪ねると、中では様々な消防車が組み立てられていた。現在消防車の国内シェアは57%。はしご車は約90%。業績は堅調で、2017円3月期の売上高は850億円。最近は海外の売上げものびている。好調の理由について中島会長は技術開発に相当力を入れているからだと話す。その自慢の技術力を象徴するのが、もし火災現場が傾いていたとしても自動で地面の傾きにあわせて水平を保つことができる。安全な救助活動に必要な機能。そしてモリタの成長を加速させたのが、消火薬剤を含んだ泡で消化する消防車。水と泡の消化能力を比較した実験では水で2分17秒かかった消火も泡の場合40秒。全国の消防車の約6%に導入されている。最新の消防車のシステムをあらわした模型。消防車の先につながれた建物内のろうそくが火事現場。スイッチを入れると水も風も出ないのに炎が次々消えてしまった。これは室内に窒素を送り込み、酸素濃度を下げる消防車。酸素濃度を約12%まで下げると火が消えるという。すでに原子力施設に導入されている。

キーワード
モリタホールディングス
消防車
東証1部
三田市(兵庫)
はしご車

ネタのたね (バラエティ/情報)
06:53~

三越日本橋本店で、日本最大級の時計の祭典が昨日から始まり、祭典には国内外から約5000点が集結。世界で1点の品物で、今回のワールドウォッチフェアで初めてお披露目する非常に希少な時計「クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ」の「リアルムーン ステラ ネビュラ」は1425万6000円。今年のトレンドとしてあげられるのは、女性用の高級時計が充実しているという。「ピアジェ」の「クラシック ジュエリーウォッチ」は712万8000円など。三越日本橋本店ではこうした追い風を受け、1年前と比べ15%増の売り上げを目指している。

キーワード
三越ワールドウォッチフェア
三越日本橋本店
クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ
リアルムーン ステラ ネビュラ
ピアジェ
クラシック ジュエリーウォッチ

NYマーケット (ニュース)
06:55~

NY株式、中国株式の終値を伝えた。

8月16日の世界の株価の情報を伝えた。

キーワード
香港ハンセン
上海総合
ダウ
ナスダック
S&P500
NY株式
中国株式
ボベスパ
日経平均
SENSEX
FTSE100
DAX
MICEX

株価材料&AI予測 (ニュース)
06:56~

第一生命保険は来月、バブル崩壊後に一度撤退した海外不動産投資を26年ぶりに再会する。今年度にまず100億円を投じ、ヨーロッパ15ヵ国、500物件に分散投資する。マイナス金利政策で国際の運用が難しくなる中新たな投資先の開拓を急ぐ。(日本経済新聞)

西武ホールディングスはアメリカの投資ファンド・サーベラスのグループが保有していた西武株を10日付で全て売却したと発表。サーベラスは西武が経営再建中だった2006年に3割を出資していたが2014年の再上場以降は保有株を段階的に売却していた。

その他、コニカミノルタが2022年3月期のヘルスケアで売上高2,000億円以上との目標を掲げた、と日本経済新聞が伝えた他、ダイドーグループホールディングスの上期は6%の経常増益といったニュースが入っている。

金融情報サービスを手がけるクイックによるAIを駆使したAI予測。今日の日経平均は曇り。昨日の終値からプラスマイナス0.2%圏内とされている。NY市場ではS&P500指数は小幅高して日経平均にポジティブ。円高ドル安が進行してネガティブに働きそうということで日中の予想レンジは19635円から19817円と予想。

キーワード
日本経済新聞
第一生命
西武ホールディングス
サーベラス
コニカミノルタ
ダイドーグループホールディングス
NY市場
S&P500指数
日経平均

天気予報 (ニュース)
06:58~

全国の今日の天気と週間予報、紫外線情報、世界の天気を伝えた。今日は西日本は厳しい暑さが続く見込み。雨続きだった関東だが、今日は雲の隙間から陽が射して蒸し暑くなりそう。

為替・株価 きょうの見通し (バラエティ/情報)
07:01~

SMBC日興証券・野地慎の予想レンジ、109.70円~110.70円。JPモルガン証券・阪上亮太の予想日経平均、19600円~19750円。

きょうの予定を伝えた。ユーロ圏ではECB理事会議事要旨が発表される。アメリカでは7月の鉱工業生産、8月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数が発表される。ウォルマートが決算を発表する。またワシントンでは、日米の外務・防衛担当閣僚協議、ツープラスツーが開かれるなど。今日の予定の中での鈴木さんの注目は、ECBの議事要旨。鈴木さんは、「ドラギ総裁がジャクソンホールでテーマに即した発言をすると報道が流れておりますので、ここで金融政策について言わない可能性があります。そうしますとこの議事要旨は非常に大きな注目となります。」などと話した。坂上さんの注目は、フィラデルフィア連銀の製造業景気指数。坂上さんは、「アメリカの景気拡大が続いているのかどうか、重要な指標となると思います。」などと話した。

キーワード
SMBC日興証券
野地慎
JPモルガン証券
阪上亮太
ウォルマート
鉱工業生産
フィラデルフィア連銀
景気指数
ユーロ圏
ECB
外務・防衛閣僚協議
ドラギ総裁
アメリカ
ワシントン(アメリカ)
ジャクソンホール(アメリカ)
ドイツ

エンディング (その他)
07:03~

「おはスタ」「日経モーニングプラス」の番組宣伝。

明日の「Newsモーニングサテライト」予告テロップ。中国のネット金融規制強化の影響は?

鈴木さんの今日の経済視点「右肩上がり」。鈴木さんは、「日本経済なんですが、いくつかの数字を並べると右肩上がりとなっている。アベノミクスにより訪日外国人が64万人から今日268万の数字が出ました。インフレ率以外は良いのではないかと。ここの見方を整理して出口政策を議論する必要があります。」などと話した。坂上さんの今日の経済視点「最後はファンダメンタル」。坂上さんは、「最終的には企業業績、景気が株価ど決めるという構造は崩れていないので、日本の景気が良いですから。不透明感の払拭が重要だと思います。」などと話した。

キーワード
テレビ東京
BSジャパン
アベノミクス
GDP
インフレ
有効求人倍率
出口政策
ファンダメンタル
  1. 前回の放送
  2. 8月17日 放送
  3. 次回の放送