Newsモーニングサテライト 今年後半の米経済&米株価は?

放送日 2017年7月24日(月) 5:45~ 7:05
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

オープニング (その他)
05:46~

佐々木明子らが挨拶。今朝のコメンテーター紹介。

NYマーケット (ニュース)
05:46~

NY株式・株式先物・為替の値を確認した。

アルファベットなどのハイテク決算の他、FOMC、アメリカのGDPにも注目が集まる。先週発表された主要企業の決算はまちまちの内容。

声明文では文言に変更を加え「資産縮小を比較的すぐに始める」と示唆する。これにより9月にも実行できるし物価上昇が弱ければ12月に先送りもできる。今週の声明文で縮小を示唆し、9月から段階的に縮小を始めるとみている。

精彩を欠いた1-3月期から持ち直し、4-6月期は年間2.5%程度のプラスの見通し。1-3月期に好調だった設備投資が4-6月期も引き続き堅調だと予想する。また在庫の増加が4-6月期の成長を押し上げると思われる。懸念材料は1-3月期に弱かった個人消費。特に自動車関連消費の落ち込みが4-6月期のGDPの下押し圧力になる。

ドイツの雑誌「シュピーゲル」によると、カルテルの疑惑は独自動車5社で技術や部品調達など広範囲に及んでいる。ヨーロッパ委員会は「カルテルに関する情報を入手し、この情報を精査中」としていて、ドイツ史上最大のカルテル事件に発展する可能性が出てきた。

エルドアン大統領は対話による解決を促す考えだが、カタールに対するサウジアラビアの姿勢を、「国際法に違反し国家主権への攻撃だ」と、激しく批判した。エルドアン大統領は24日にカタール入する予定。

尾河眞樹は「9月に縮小開始とみている。そういうマーケットは割りと主流だと思う、それを織り込ませたりとか予想通りのないようになってくると市場には安心感が広がって値段が戻ってくるのかなと思う」と話した。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
騰落率
為替
ドル
ユーロ
FOMC
BNPパリバインベストメント・パートナーズ
スティーブン・フリードマン
EU
カルテル
シュピーゲル
エルドアン大統領
サルマン国王
トルコ
サウジアラビア
カタール

為替・株価 きょうの見通し (ニュース)
05:52~

現在の為替の値を伝えた。

きょうの為替の見通しについて尾河眞樹が解説。週末はドル売りの動きを見せた。スパイサー報道官が突然の辞任も影響しているが今週FMCもありイベント待ちとなりきょうの値動きも乏しい形になると思います。予想レンジはドル円は110.70円~111.70円でポイントは円高の持続性とする。テクニカルは昨年10月の118.66円から4月の108.13円から5月、7月の114.64円戻しで、フィボナッチポイントというテクニカル数字。7月中旬に110.62円の舌打ちで止まるなど、しかし円高の流れは長引かないとみています。円の名目実効レートとVIX指数を重ねると相関性が高い。アメリカは緩やかな景気拡大と定員インフレの状況が続く中FRBの利上げペース(金利引き締め)も緩やかだろうとなっていて株式市場にお金が集まりやすい流れとなっている。それでVIX指数は低下の状況でドル安ではあるが、しかし円も同時に下がっている。ドル安、円安という状況。アメリカのトランプ政権にとって悪いニュースがでたとしても今ならVIX指数凄く低くて9.36は93年以来の低水準。円上昇は続きにくく今週のFMCでサプライズがないようですと市場も安心して、先週日銀も2%のインフレ時期を後立押しにした。あらためて注目されれば円安・ドル高の方向にじわっといくと思われます。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

株式先物の値を確認。

きょうの株価の見通しについて小川佳紀が解説。きょうの日経平均予想レンジは19,900円~20,100円です。先週末の欧米株安に加えてドル円相場で円高基調で続いていて軟調なスタートとなる。今週から本格化する決算発表で売り急ぐ動きも限定的になると考えられる。注目ポイントとして業績拡大期待は再燃するかとの事で、足元では日本株は重い動きですが業績拡大の動きもトーンダウンしていて、アナリストの業績予想の変化を表すコンセンサスDIのグラフでは、企業側の保守的見通しにしわ寄せする形で数ヶ月は予想が切り下がっている。これが業績拡大の後退に繋がっていると考えられる。今回の決算発表では日銀の単価の中で大企業製造業の想定為替レートと次世のドル円相場の推移を見ると、第一四半期は円安に寄る業績の押上効果が見込まれる。これでアナリストの業績予想の持ち直しが図られれば相場全体を押し上げる効果が生まれると期待できます。一方で決算発表が市場の予想に届かなければ秋の中間決算に向けて夏枯れ相場が続く可能性がある。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
ポンド
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
日経平均
日経平均先物
シカゴ取引所
大阪取引所
スパイサー報道官
VIX指数
FRB
フィボナッチ

ニュース (ニュース)
05:58~

今週一週間の予定として、「衆院閉会中審査」やアメリカ「FOMC」を筆頭に、週の後半にはアメリカの「6月新築住宅販売件数」や「6月耐久財受注」、国内では「6月消費者物価指数 有効求人倍率」などが発表される。また、重要な企業の決算が相次いでおり、アメリカではアルファベット、フェイスブック、アマゾン、日本ではNTTドコモや任天堂などが発表される。

米国株 上昇のカギ握るのは?です。

テレビ東京と日本経済新聞の世論調査で、安倍内閣の支持率は先月の調査から10ポイント下落し39%になった。2015年7月の支持率28%に次ぐ低い数字となった。一方不支持率は第2次安倍内閣で最も高い52%になった。学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐる政府の説明に納得できると答えた人は13%に対し、納得できないと答えた人は77%だった。また安倍政権についておごりがあると思うと答えた人は65%で、思わないの25%を大きく上回った。一方稲田大臣について安倍総理が交代させるべきか聞いた所、交代させるべきと答えた人は73%にのぼった。

インターネット上の仮想通貨ビットコインを取り扱う国内の主な取引所は、システムの分裂などでビットコインが失われるような不足の事態に備えコインの入出金を一時停止した。利用者の資産保護が目的だとしている。23日中に取引を再開した取引所もあるが、対応を示していない取引所もある。

従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意にもとづき、韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」のキム・テヒョン理事長が辞意を表明したことが昨日明らかになった。今年5月に発足した韓国のムン・ジェイン政権が日韓合意や財団に批判的なことが理由とみられ、これによって財団の活動は事実上停止状態になるとみられる。

秋田県では活発な前線の影響で県内各地で7月1ヵ月分の平年の降水量を越す記録的な大雨となり、県内を南北に流れる雄物川が氾濫するなどして床下浸水や土砂崩れの被害が相次いだ。大仙市では約2万人に避難指示が出ている。また秋田新幹線は大曲~秋田間で運転再開の見通しがたっていない。

堀古英司さんの今週の注目は27日に行われるランダル・クオールズさんの公聴会。堀古さんは、「クオールズさんが就任するかどうかは大事。アメリカには金融規制法案ドッド・フランクというものがあって、金融機関に対する規制が厳しい。トランプさんが大統領になってからこの規制が緩和され撤廃があるのではないかと言っている人もいますが、上院と下院の票数を考えると撤廃は絶対無理。ただクオールズさんが就任して、規制を緩和していくことは十分可能です。クオールズさんが就任すれば、来年の6月のストレステストのあとに金融が楽になると思います。」と話した。またビットコインの騒動について尾河さんは、「本来は決済手段であるはずのビットコインが今投機対象として急速に取引が拡大しているということで、システムがついていっていないのかなといったところですね。これから整備されていくと思います。」と話した。

キーワード
クオールズ
アルファベット
GM
マクドナルド
フェイスブック
アマゾン
エクソンモービル
信越化
任天堂
NTTドコモ
東電HD
中古住宅販売件数
消費者信頼感指数
FOMC
新築住宅販売件数
耐久財受注
消費者物価指数
テレビ東京
日本経済新聞
安倍内閣
第2次安倍内閣
加計学園
稲田防衛大臣
安倍総理
ビットコイン
従軍慰安婦問題
日韓合意
和解・癒やし財団
キム・テヒョン理事長
ムン・ジェイン
前線
降水量
土砂崩れ
避難指示
秋田新幹線
大曲
秋田駅
秋田市(秋田)
秋田県
大仙市(秋田)
雄物川
衆議院予算委員会
閉会中審査
金融政策決定会合
FRB
有効求人倍率
GTP
日本電産
アメリカ
日本
連邦準備制度理事会
金融規制法案
ドッド・フランク
トランプさん
ストレステスト
ニューヨーク(アメリカ)

気象情報 (ニュース)
06:06~

全国の天気予報を伝えた。

プロの眼 マンデー (バラエティ/情報)
06:07~

猛暑で消費熱↑。

今日のテーマは「米国株 長期上昇ステージ入り」。「相当長い強い相場の中にいるためずっと更新している」「背景の要因としては人口動態が経済や株に与える影響は大きく、日本のケースでは子どもが出来て一番借金してでも消費する年代は40代前半が多い。この世代が一番多くなった1990年の時に株も経済も良くなっていった。働き盛りの人が多い時。今も一部高齢者を除けば働き盛りの人が多いがこれから減っていく。」等とトークされた。

アメリカの人口動態を紹介。「「アメリカはまだ生産性の一番高い人口は少ない。1980年台の相場を引っ張ったベビーブーマーの子どもはアメリカで一番多い。真ん中が25歳ぐらい。これが40前半になるころにアメリカ経済を引っ張っていく」等とトーク。アメリカ株の長期の上昇局面の過去の例を紹介。「1930から見るとタームがある。10年ぐらい調整した後25年ぐらい上昇局面が続く。1970年にも生産性の高い人口がピークを迎えた時に相場は横ばいになった。2000年にもベビーブーマーがその時期を過ぎたので株価も経済も調整があった。今、次のミレニアム世代が引っ張る時期に入ってきた」等とトークされた。

アメリカ株について「トランプさんになってから上昇が早い。夏は受給的にそれほど良くない。確定申告との兼ね合いがある。経済市場がまばらになってきているとか低インフレなども影響している。超金利が上がってゴールドマン・サックスの株が上がっている時期があるがどこの金融株をとっても大体超金利に連動して動いている」「トランプ効果であるなら法案が通るか通らないかが非常に大きな要因だ」等とトークされた。

年末までのアメリカ株のマイナス要因について番組出演者へ聞いた所、一番多かったのは「トランプ政権の経済政策の遅れ」。続いて「アメリカの金融政策」。その他「中国経済の鈍化」や「米中関係の悪化」などがあがっている。

「気にされているのはアメリカの政策」「アメリカ議会の動向は夏は休会。今週で終わり。トランプさんは夏も出てこいと言っているが11月と12月は休会が結構あるということで9月に投資家が夏休みから戻ってきて今まで半年以上通せなかったものが2ヵ月程度で通せるのかと思われている」「そのリスクは相場に織り込まれるはず。議会のスケジュール絡みてもここ2、3ヵ月は調整、またはそんなに上がらない時期に入るかと思われる」等とトークされた。

キーワード
トランプさん
ゴールドマン・サックス

モーサテサーベイ (バラエティ/情報)
06:18~

今週末の日経平均予想今週末の終値の予想中央値は20000円。その予想はマネックス証券の広木隆氏。日米の政治リスク意識で動きにくいと予想した。一方、20200円と予想したニッセイ基礎研究所・井手氏は、好調な企業業績が後押しすると予想。

今週末のドル/円相場の予想、予想中央値は111.50。FPG証券・深谷幸司氏は、アメリカのFRBの強気スタンスがドルを下支えするとみて112円の予想。三菱東京UFJ銀行の内田稔氏は、円売りの手じまいが強まる公算が高いとし110円を予想している。

今週はアメリカでFMCがあるが専門家はバランスシートの縮小開始について、9月は72%、10月16%と予想されている。

モーサテ景気先行指数は、日本は25に低下。アメリカとヨーロッパ、中国の3か月先の先行指数、アメリカは18.8、中国はマイナス11.3、ヨーロッパは28.1となっている。

キーワード
日経平均
マネックス証券
広木隆
ニッセイ基礎研究所
井手真吾
FOMC
FPG証券
深谷幸司
FRB
三菱東京UFJ銀行
内田稔
アメリカ
バランスシート
FMC
日本
中国

日経朝特急 (ニュース)
06:20~

南ア ランドの見通しは?です。

LNG発電 包括輸出。日本のガス会社大手や商社が政府と手を組み、LNG=液化天然ガスの調達システムから発電所建設まで、包括的に輸出する計画が動き出す。まずはフィリピンでの受注を目指す。原発の事業環境が厳しい中、火力では環境負荷が比較的小さいLNGが、インフラ輸出で有望な分野だと判断。アジアの需要拡大をにらみ、官民一体で売り込む。

内閣府がこのほどまとめた報告書で、貿易は先進国と途上国の両方で所得格差を小さくしていると指摘。世界的に広がる保護貿易的な動きに警鐘を鳴らした。ただ、先進国では企業の海外進出を含めたグローバル化が格差広げる面があり、教育の充実で格差を縮小すべきだと訴えている。

各地で真夏日や猛暑日が観測される中、ビール類やエアコンの販売が好調。サントリーはプレミアム・モルツの缶ビールの生産を8月に1割増やす。高島屋新宿店では、予想最高気温が33℃以上になった場合、割引サービスを実施して集客に力を入れる。

キーワード
LNG
サントリー
高島屋新宿店
プレミアム・モルツ
真夏日
猛暑日

新興国アップデート (バラエティ/情報)
06:24~

NEXT・・・拒否権発動はあるのか?

南アフリカの4~6月の失業率が25%を上回る状況が継続。岡三証券・秋本翔太さんは「1~3月期は27.7%となっています。今回も27~28%の数字が予想されます。景気後退の長期化もみられます」などと解説。

アップデートポイント:政治リスクに要注意!秋本翔太さんは「失業率が非常に高いので国民の不安も高まっていますし、それが政治を不安定にしているという状況です」などと解説。

混乱する南アズマ政権の行方は?秋本さんは「財務大臣が解任されたのが今年の3月末でしたのでランドが急落しております。その後は米の金利が低水準に推移しておりましたので、ランドが徐々に戻してきているという状況です。欧米の中銀が修正に向かっていくという中ではリスクが高いという風に見ております」などと解説。

キーワード
金融政策決定会合
岡三証券
リセッション
失業率
南アフリカ
ズマ大統領
ランド
不信任決議案
ラマポーザ氏
ドラミニ・ズマ氏
アメリカ
FX
トランプ大統領

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:31~

AIが今週の市場を予測です。

共和党と民主党は22日、ロシアに対する制裁強化法案について、一部修正の上合意した。制裁の緩和や解除には議会の審査が必要だと定めるこの法案について、ニューヨーク・タイムズなどは「トランプ大統領を窮地に追い込む」との見出しで伝えている。G20での米ロ首脳会談などを通して、プーチン大統領と良好な関係を構築してきたトランプ大統領は、法案を承認するのか、それとも拒否権を発動するのか、大きな決断を迫られる。ニューヨーク・タイムズは、ロシアゲート疑惑に対する捜査の進展や、政権が不安定な状態にあることを考えると、トランプ大統領は拒否権を発動するとは思えないという、政府高官の声を紹介している。(ニューヨーク・タイムズ/デイリーニュース)

自動運転をめぐる企業の連携が進む中、ライドシェアサービス大手のリフトが、独自の自動運転開発部門を立ち上げることを、ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えている。自動運転車の開発をめぐり、リフトはこれまでGM(ゼネラルモーターズ)やインドののタタといった、大手自動車メーカーと提携してきたが、自動運転技術で主導権を握るため方針の転換に踏み切った。大手自動車をめぐっては、安全性の他、どういった形で管理・運営するかなどが課題として残るが、リフトの幹部は「自動運転をより開かれたモノにするため、積極的な役割を担いたい」と述べ、今後の開発に意欲を示した。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

ニューヨークやロンドンを筆頭に、世界各国の大都市で続く住宅価格の高騰。世界の投資マネーが流れ込む不動産市場。中国やブラジルなど、新興国からの投資も目立っている。記事によると、アメリカの場合、中国からの投資はことし3月までの1年間で1530億ドル(約17兆円)にのぼり、前年比49%増加した。こうした投資物件は空室のままになることが多く、付近のスーパーなどからは、大きな打撃だとの嘆き節も聞かれるようだが、その一方で「外国人投資家がアメリカ投資に自信を持っていることの表れであり、アメリカ経済にとってプラスだ」との見方が広がっている。(ニューヨーク・タイムズ)

海外マネーでアメリカの住宅価格が上昇していることについて「あくまで投資案件。中国がもしおかしくなってきたら、引いてしまうお金もあるので注意が必要。」などと尾河さんらが話した。

トランプ大統領がピンチ?マーケットの反応について「アメリカの人はニューヨーク・タイムズと言えば、反トランプのトップにくる新聞なので、それを咀嚼した上で読む。日本では公平な記事のように報じられる。反トランプのニューヨーク・タイムズと紹介した方が日本の人には伝わりやすい。」などと堀古さんらが話した。

キーワード
共和党
民主党
ニューヨーク・タイムズ
デイリーニューズ
トランプ大統領
米ロ首脳会談
プーチン大統領
ロシアゲート疑惑
ライドシェア
ウォール・ストリート・ジャーナル
自動運転
リフト
ゼネラルモーターズ
タタ
カプール最高戦略責任者
ニューヨーク(アメリカ)
ロンドン(イギリス)
中国
ブラジル
AI

先読みAI (バラエティ/情報)
06:37~

NEXT売れる音楽とは?

TOPIX 先週の予測結果&今週の株価予測。使用するのはカムイ・キャピタルのAI。先週、AIはTOPIXは上昇と予想していた。結果は正解だった。今週のTOPIXのAI予測は下落と予想。

ドル/円・WTI原油先物価格 先週の予測結果&今週の予測。テクノスデータサイエンス・エンジニアリングが作ったAIの予測。先週の予測はドル/円は下落、WTI原油先物価格は上昇と予測していたが、結果はドル/円は正解、WTIは不正解だった。今週はドル/円は上昇と予測。予想レンジは110円30銭~113円98銭、予測分析は「リスク選好的なドル買いの可能性は低い」。WTI原油先物は下落と予測。予想レンジは44ドル19セント~48ドル95セント。予測分析は「供給過剰が早期に解消できず」とみている。

今週の注目セクターは海運業、化学など。化学については引き続き上昇傾向が継続するとみている。

アメリカのAI事情について堀古英司さんは「アメリカでもマーケットの取引の9割はシステムと言われている。色んなマーケット参加者がいるのは良いと思うが、必ずしもうまくいくとは限らない」と話した。

キーワード
カムイ・キャピタル
AI
TOPIX
フィスコ
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
WTI原油先物
OPEC

売れるエンタメ (バラエティ/情報)
06:43~

きょうはロック歌手の寺田恵子さんに池谷さんがインタビューです。今月27日が誕生日との事で池谷さんがバラを寺田さんに渡した。寺田さんは54歳となりSHOW-YAに入ったのが17歳なので、34年とか35年とかそれぐらい!(芸歴)という。5人組のSHOW-YAは1985年にデビューしたガールズバンドの先駆け。一旦活動は停止しましたが2005年に復活して今も活動し続けています。

ネットが普及して苦戦する事があるなかで歌業界はどうかとの問いで寺田さんは、ネットが普及することでCDが売れなくなった問題はある。新しい戦略が必要になってきたのではないかとの問いには”ない”という。それは曲をCDで出してもネットで配信しても売れないものは売れない。

今でこそライブは必要?との問いかけに(ライブは)私達の中では無くてはならないもの。生活の一部。その時の体調で声が出ない日もある。声が出て調子のいい時よりも声が出ない時の方が何かわからない思いが伝わったりとか、それがリアルに生きている。生身の人間、同じ空間、時間、生きてると実感できる。デビュー当時は女性というだけで男性バンドと対等とは扱われず風当たりが強かった。やはりパワーが足りないや女性スタッフが少なく男が圧倒的に多かったという。寺田さんが旗振り役を務める女だけの音楽祭『NAONのYAON 2017』は1987年から続く音楽祭。今では女性の社会進出を応援するイベントにもなっている。

女性の活躍の場は整っているか、それは昔に比べれば整っていて女性バンドも増えているので。そういう部分で続けてきてよかった。次の世代が育つのはありがたいと思うがニュースを観ると環境が整ったように見えて実は整っていない所も多い。時代は音楽もネットができて配信みたいな風になって時代がどんどん変わっているのに『昔のままのルールでいいでしょ』私の中で納得できないと寺田は言う。

売れるエンタメとは?時代はすごく大きい意味がある。巡り合わせで売れるものは良いも悪いもその時代に合ったもの。時代に必要とされるもの。時代に呼ばれたもの。SHOW-YAは今デビューしてたら売れていない。みんなの思いと時代と自分たちのスタイルが一致した時。それが爆発的なエネルギーを生みだして、人々に伝わっていくと寺田は述べた。スタジオトークで、やはり時代ですね、女性で切り開いていくパイオニアという寺田さんその姿勢は素晴らしいものですなどと語った。

キーワード
限界LOVERS
SHOW-YA
渋谷区(東京)
バラ
NAONのYAON 2017

ニュース (ニュース)
06:49~

テレビ東京と日本経済新聞の世論調査で安倍内閣の支持率は39%になった。この調査電話世論調査で行われた。安倍内閣の支持率は先月調査から10ポイント下落した39%で2015年7月の支持率、38%に次ぐ低い数字となった。一方、不支持率は第2次安倍政権で最も高い52%になった。学校法人・加計学園の獣医学部新設を巡る政府の説明に納得できると答えた人は13%に対し納得できないは77%だった。一方、稲田防衛大臣について安倍総理が交代させるべきか聞いた所、交代させるべきは73%にのぼった。

今週開かれるFOMCについてアメリカの専門家は今回固有資産の縮小が決まることはないものの、声明文で縮小開始に向けた示唆があると見ている。

一方、今週発表される4月から6月期のGDP速報値についてフリードマン氏は1.4%の成長にとどまった1月から3月期から成長が加速すると見ている。

インターネット上の仮想通貨・ビットコインを取り扱う国内の主な取引所はコインの受け入れや引き出しを一時停止した。これはシステムの分裂などでビットコインが失われるような不足の事態に備えたもので、利用者の資産を保護する目的だとしている。23日中に取引を再開した取引所もあるが対応を示していない取引所もある。

EUの政策執行機関・ヨーロッパ委員会はフォルクスワーゲンやBMWなどドイツ自動車大手5社が不正なカルテルを結んでいた疑いがあると見て調査に乗り出す方針。雑誌「シュピーゲル」によるとカルテルの疑惑は技術の分野や部品調達など広い範囲に及んでいる。ヨーロッパ委員会は「カルテルに関する情報を入手し、この情報を精査中」としていてドイツ史上最大のカルテル事件に発展する可能性が出てきた。

仙台市長選で民進党など野党4党の支援を受けた無所属新人の元復興政務官・郡和子氏が当選した。自民党は東京都議選に続く大型地方選挙での敗北。

ユーロ高が止まらない。ECBは先週、金融政策の現状維持を決めたが市場には超金融緩和の脱却に向けた思惑が広がり、ユーロはおよそ2年ぶりの水準まで上昇した。ドラギ総裁は先週の記者会見野中で資産の買い入れの縮小は急がない方針を表明したが市場で加熱する金融引締めの観測を抑えるには至らなかった。先月ドラギ総裁がデフレを克服した、などと発言したことで火が付いたユーロ相場。専門家は「総裁はユーロ高の傾向を抑えるせっかくの機会を逃してしまった」と話している。

「長期的にはユーロ高のトレンドに入った可能性は高い」「短期的には投機的なユーロ買い越しで高くなり2007年以来の水準まで増えているので変わりすぎ」等とトークされた。

キーワード
テレビ東京
日本経済新聞
加計学園
稲田防衛大臣
安倍総理
FOMC
FRB
GDP
ビットコイン
EU
フォルクスワーゲン
BMW
ヨーロッパ委員会
シュピーゲル
仙台市長選挙
民進党
郡和子氏
自民党
フィナンシャル・タイムズ
ECB
ドラギ総裁

株価材料&AI予測 (ニュース)
06:55~

カゴメは2017年12月の純利益が1年前より29%プラスになりそうだと発表した。機能性トマトジュースやスムージーが好調で、従来予想の84億円を上方修正した。年間配当も従来計画より1円積み増しした。

トヨタ自動車が2019年にも中国でEV、電気自動車の量産を検討している。大気汚染が深刻な中国では例年から環境規制が強化される予定だが、トヨタが得意とするハイブリッド車は環境対応車から除外されるため、対応が急がれている。

新日鉄住金の2018年3月期の経常利益がおよそ7割増えて3000億円程度になる。鉄鋼製品の値上げが浸透して採算が改善、増益は3年ぶり。

S&Pグローバルレーティングは、シャープの長期格付を2段階引き上げたと発表した。台湾の鴻海傘下でコスト削減を進め、業績がS&Pの予想を上回っていると説明している。

先読みAIクイック版を伝えた。

キーワード
カゴメ
トヨタ自動車
中国
新日鉄住金
S&P グローバル・レーティング

天気予報 (ニュース)
06:58~

全国の天気予報を伝えた。

世界の天気予報を伝えた。

お願い (その他)
06:59~

テレビ東京グループでは、九州北部豪雨災害義援金の募集をしている。口座などを伝えた。

キーワード
九州北部豪雨災害義援金

NY ニュース (ニュース)
07:00~

ドイツ総選挙まで2ヶ月 与党が大差でリード。今回の総選挙では中東から押し寄せる難民の問題や、イスラム過激派によるテロに対する各政党の対応に関心が集まっていたが、すでに難民の積極的な受け入れを決めたメルケル首相は、ドイツ経済の好調さをアピールするなどし、難民問題などが争点化するのを回避した。ZDFの世論調査では、ドイツキリスト教民主同盟・社会同盟の支持率は40%に達し、社会民主党に16ポイントの大差をつけている。

キーワード
メルケル首相
ドイツキリスト教民主同盟
ZDF
社会民主党
ドイツ

為替・株価 きょうの見通し (バラエティ/情報)
07:01~

きょうの為替の見通し。ソニーフィナンシャルホールディングスの尾河さんの予想レンジなどを伝えた。野沢さんは「今日は目立った材料はなく、FOMCを控え小幅値動きにとどまるとの予想でした」と話した。

きょうの株価の見通し。岡三証券・小川さんの日経平均の予想レンジを伝えた。野沢さんは「今日は売り先行で始まると予想しているものの、一巡後は今週から本格化する決算発表を前に、売り急ぐ動きは限定的とみています」と話した。

キーワード
ソニーフィナンシャルホールディングス
為替
FOMC
岡三証券
日経平均

エンディング (その他)
07:01~

きょうの予定。衆院予算委員会は加計学園問題などに関し、閉会中審査で集中審議を行う。アメリカでは7月の購買担当者景気指数、6月の中古住宅販売件数が発表される。また、グーグルの持株会社アルファベットの決算がある。堀古さんは注目点について、「今週、いわゆるFANGと言われるハイテク大手の決算ありますけれども」と触れ、「今週決算あった、上下するかもしれませんけれども、そういうのはあんまり気にしないほうが、こういう銘柄は良いと思います」と語った。

きょうの経済視点 プロのこだわり。堀古さんは「夏休みは宿題を」と書き、「宿題っていうのは銘柄選びとかやって投資する準備をちゃんとしといて、お子さんだけじゃなく、大人もちゃんとやりましょう」と話した。尾河さんは「独国債利回り」と書いた。

キーワード
衆院予算委員会
加計学園
閉会中審査
集中審議
PMI
グーグル
アルファベット
Facebook
Amazon
FANG
FOMC
アメリカ
アメリカ国債
ドイツ国債
ドイツ
アメリカニューヨーク(アメリカ)
セミ
  1. 前回の放送
  2. 7月24日 放送
  3. 次回の放送