Newsモーニングサテライト 2017年2月8日放送回

放送日 2017年2月8日(水) 5:45~ 6:40
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

出演者らによるオープニングの挨拶。今日のコメンテーターは野村證券の池田雄之輔さん。

キーワード
野村證券

NYマーケット (ニュース)
05:45~

NY株式、為替の値動きを確認。

ニューヨークから中継。ナスダックは高値更新ペース。ただ材料不足で方向感のなさがつきまとっている。トランプ政権の言動や政策の行方に関して様々な情報や見方が錯綜し消化が難しい反面、中盤に差し掛かった決算は全体的に不安を掻き立てるものでもなかった。相場の方向感を決めるのには手がかり不足となっている。午後、株価が伸び悩んだのは原油価格の下落も一因である。エネルギー情報局の短期見通しの中で今年の原油生産量の見通しを引き上げた事も気にされたかもしれない。

キーワード
S&P500
ダウ
為替
ナスダック
NY株式
トランプ政権
WTI原油先物
エネルギー情報局
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
05:46~

アメリカ商務省が発表した16年の貿易赤字は5022億5200万ドルで1年前に比べ、0.4%増えた。対日貿易赤字は689億ドルで横ばいだったが、赤字額はドイツを抜き2位となった。赤字額トップは対中国で3470億ドル。10日に行われる日米首脳会談でトランプ大統領が貿易不均衡を持ち出す可能性もある。

アメリカ労働省が発表した去年12月の雇用動向調査によれば、求人数は550万人で、市場予想を下回ったものの、前の月の数とはほぼ横ばいだった。多い程、労働者の雇用市場に対する強い自信を表すとされる自発的離職者の数は前の月と比べて9万8000人減って297万9000人だった。

アメリカの自動車大手GMの去年10月から12月の決算は増収減益だった。売上高は11%増えたが為替変動の影響で純利益は70%以上も減った。一株利益は市場予想を上回った。一方、GMの最高財務責任者は決算発表後にテレビ出演し、トランプ大統領が主張する国境税について、複雑すぎて検討できていないと述べた上で有益な結果になるように協力したいなどと述べた。

イギリスのEU離脱・ブレグジットを巡り、EUの政策執行機関・ヨーロッパ委員会はイギリスに対し最大で600億ユール、日本円にして7.2兆円ほどの支払いを求める方針である。イギリスではこの方針に反発する動きが見られ、離脱交渉にも影響が出ると思われる。

キーワード
アメリカ商務省
日米首脳会談
トランプ大統領
アメリカ労働省
雇用動向調査
GM
国境税
ブレグジット
EU
ヨーロッパ委員会

NY証券取引所中継 (ニュース)
05:48~

NY証券取引所から中継で、大和証券キャピタルマーケッツアメリカの森本裕貴がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。寄り付き直後はダウ、ナスダックともに最高値を更新するなど強い動きを見せたが、ドル高が逆風となるエネルギーや素材株が売られ上げ幅を縮小している。

金利・商品市況・欧州株式・株式先物の値を伝えた。

ヨーロッパの政治リスクに注目。

アメリカの貿易赤字。対メキシコは4.1%増加しており、上位4カ国でも最大の増加率となった。トランプ氏は貿易不均衡の是正を求めており、今回の結果はその材料にされるかもしれない。12月のアメリカの輸出額を見ると前月比2%程伸び、1年8ヶ月ぶりの高水準となった。ドル高でありながらこれほど高水準なのは世界での需要が回復傾向にある事を示唆している。一方輸入額も大きく伸びている。過去の例を見ると、輸入と輸出が共に増加する局面はアメリカ全体の成長が加速している。

アメリカの貿易統計が発表された。池田雄之輔氏によればアメリカの貿易赤字の半分は対中国。日本はそれに対し、全体の10%にすぎない。アメリカは日本よりも中国に対して貿易不均衡の是正を訴えてくると思われる。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
イギリスFTSE
株式先物
CRB指数
米2年国債
NY原油
米10年国債
NY金
ロシアMICEX
フランスCAC
ドイツDAX
日経平均
シカゴ
日経先物
為替相場
大和証券キャピタルマーケッツアメリカ
ドル高
トランプ氏
貿易統計
日米首脳会談

東京市場 為替の見通し (ニュース)
05:52~

現在の為替と10年国債の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

今日の為替の見通し。ヨーロッパの政治懸念を少し和らいでいると見られる。アメリカでは雇用統計を消化しており、材料不足で一進一退の動きを見せている。池田雄之輔氏の予想レンジは1ドル111.50円から113.0円。週末には日米首脳会談が控えており、春先にはヨーロッパの政治イベントが多数行われる。その中で今日は若干行き過ぎた円高が修正されると池田氏は見ている。今年はヨーロッパで反ユーロの政権が生まれるかもしれない。3月のオランダ総選挙では極右の獲得議席は2~3割。フランス大統領選挙ではルペン氏の決選投票の支持率は35%。ルペン氏が大統領選に勝利した場合、ユーロから離脱するには憲法を改正する必要があり、ハードルは極めて高い。そのため池田氏は今年はそれほどユーロ安にはならないと見ている。

キーワード
ドル
為替
ユーロ
10年国債
ポンド
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
雇用統計
ドル/円
日米首脳会談
オランダ総選挙
フランス大統領選挙
ドイツ連邦議会選挙
ルペン氏
EU

ニュース (ニュース)
05:55~

大手自動車メーカーのホンダと日立製作所グループはEV=電気自動車などに搭載するモーターについて共同出資会社を7月に設立すると発表した。世界的な環境規制の強化に連携して対応する狙い。新会社はアメリカや中国にも生産・販売の拠点を設け他社への供給も目指す。

JTBとシンガポール政府観光局は日本人客の誘致などを目的に4月1日からの1年間、商品開発やプロモーションなどで提携すると発表した。JTBを利用してシンガポールに旅行した日本人の数は2016年度は約7万人を見込み、2017年度は約9万人を目指す。

事務機大手のリコーは生産体制効率化の一環として埼玉県八潮市にある事務機器や周辺機器の生産・設計拠点を2018年3月に閉鎖すると発表した。閉鎖後は神奈川県厚木市と海老名市、静岡県御殿場市に生産・設計機能を移す。

出光興産は延期している昭和シェル石油との合併交渉について合併を反対する創業家側と交渉再開に向けた話し合いを始めたことを明らかにした。

中国人民銀行はきのう1月末の外貨準備高が約2兆9982億ドルだったと発表した。去年の12月末と比べ約123億ドル減り、5年11か月ぶりに3兆ドルを割り込んだ。減少は7か月連続で、当局が人民元急落を防ごうと為替介入を繰り返したためとみられている。

中国の外貨準備高について池田雄之輔氏は3兆ドルは注目されてきた水準だが減り方はそれほど過激ではない。アメリカの金利が1月は下がったのでその分抑制された。中国景気も強いのでアメリカが金利を上げる時に中国も上げられる歩調の合った展開などと話した。

キーワード
ホンダ
日立製作所
EV=電気自動車
八郷隆弘社長
JTB
シンガポール政府観光局
シンガポール
リコー
八潮市(埼玉)
厚木市(神奈川)
海老名市(神奈川)
御殿場市(静岡)
出光興産
昭和シェル石油
出光昭介名誉会長
中国人民銀行
外貨準備高
為替介入

天気予報 (ニュース)
05:59~

BGM:「Don’t You(Forget About Me)」Simple Minds

全国の今日の天気と週間予報を伝えた。今日は強い風はおさまるが、西から天気が崩れそう。

キーワード
Don’t You(Forget About Me)
Simple Minds

日経朝特急 (ニュース)
06:00~

このあと、底堅いNY株 その訳は…

総務省は格安スマホ10社の通信速度を来年度にも開示するよう求めた。利用者が通信速度と料金を比べて事業者を選べるようにし大手携帯会社から乗り換えるメリットとデメリットが一目でわかるようになる。透明な競争環境を整え利用者が格安スマホを選びやすくすると報じている(日本経済新聞)。

去年の農林水産物や食品の輸出額は前年より1%多い約7500億円だった。高品質でブランド力のある果物や牛肉の輸出が増えた。特にぶどうは50%、いちごは35%とそれぞれ大幅に伸びた。円高の影響で日本全体の輸出額は7%減ったが日本産の農水産物の健闘が目立っていると報じている(日本経済新聞)。

中国の王毅外相とオーストラリアのビショップ外相による会談が行われ、アジア太平洋地域の貿易自由化推進を軸とした経済協力の強化を確認。難民受け入れ問題を巡って米豪関係には不協和音が生じている。間隙をつく形でトランプ大統領の揺さぶりに対抗する中国の思惑がのぞいていると報じている(日本経済新聞)。

キーワード
日本経済新聞
総務省
格安スマホ
円高
ぶどう
いちご
王毅外相
ビショップ外相
トランプ大統領

プロの眼 (バラエティ/情報)
06:04~

池田雄之輔氏が解説。円高の要因についてアメリカの利上げ期待が後退していること、トランプ政権の円安牽制、ヘッジ目的で円を買う動きになっている可能性があるという。アメリカの金利は10年債利回りと同じ形でグローバルPMIがV字型で回復している。現在進行系の世界景気の良さと地に足の着いた相場であるという見方ができる。今年2回の利上げができて、来年の利上げを1回織り込むと年末には120円の相場が予想できるなどと話した。

キーワード
円高
トランプ政権
円安
トランプ・ラリー
トランプ氏
10年債利回り

NY証券取引所中継 (ニュース)
06:07~

NY証券取引所から中継で、大和証券キャピタルマーケッツアメリカの森本裕貴がダウ、ナスダックなど今日の相場を解説した。寄り付き直後はダウ、ナスダックともに最高値を更新するなど強い動きを見せたが、ドル高が逆風となるエネルギーや素材株が売られ上げ幅を縮小した。

NY株式の終値を伝えた。

為替、金利、商品、欧州株式の終値を伝えた。

このあと、アメリカの大統領令で医師不足?

NY証券取引所から中継。株価が底堅い理由は決算発表を通じ2つの警戒感が払拭された為。トランプ氏の政策、資本財セクターの動きで確認出来る。これには政策に関連する多くあるが足元の業績は厳しい状況が続いており減益から抜け出せていない。このセクターの株価は決算発表後にも安定して推移している。トランプ氏の大統領令署名によって今後の政策期待が高まった。 決算を機に下落との懸念は後退となった。二つ目はドル高への警戒感は情報技術セクターから読み取れる。IT企業は海外での売上比率が高くドル高が懸念、しかしアップルが決算後の大幅高で懸念を払拭、セクター全体でも増益率予想が大幅に上方修正。 ドル高を相殺する成長率を見せた。

キーワード
NY証券取引所
ダウ
ナスダック
大和証券キャピタルマーケッツアメリカ
ドル高
S&P500
NY株式
為替
米10年国債
米2年国債
NY原油
NY金
CRB指数
イギリスFTSE
ドイツDAX
フランスCAC
ロシアMICEX
大統領令
トランプ氏
アップル
フィラデルフィア連銀
ハーカー総裁
トランプ大統領

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:12~

トランプ大統領によるイスラム圏7ヶ国の入国禁止の大統領令が国内の医師不足の深刻化を招くおそれがあるという。アメリカ全土で入国制限を受けた国出身の医師は1万5000人以上で有名校出身の医師が行きたがらない田舎の小さな町でも働いてくれている。慢性的な医師不足の米では地方の外来診察の42%を海外出身の医師が担っている。更に海外出身の医師は優秀な経歴が多く米医師よりも医療知識が豊富なデータもある。そのため優秀な医師がビザの更新が行えなくなるおそれがあるため医療に打撃を与えるおそれがあるとしている。(ニューヨーク・タイムズ)

以前は危険な街と言われていたニューヨークがここ25年ほどで最も治安が回復しているという。ニューヨーク市警が発表した情報によると今年1月に起きた殺人事件は20件と最も多かった93年の189件と比べると激減。また発砲事件も58件と同様に減少。全体の犯罪件数も減少していた。犯罪件数が8000件を下回ったのは93年以降で2回目となる。ニューヨーク市長は警官数の増加などが犯罪減少に繋がったとしている。(デイリーニューズ)

ウーバーの描く空飛タクシーの図が掲載、実現にこぎつけられるかもしれないとしている。ウーバーは計画に元NASAベテラン技術者を採用。最先端の飛行機設計に携わっていた技術者は空飛ぶタクシーを実現したくウーバー働くことを決意したという。(USAトゥデー)

このあと、自動車貿易摩擦が再燃か。

ニューヨークの治安回復について本来ワシントンにいるはずの大統領警備チームが今ニューヨークにいるのも影響しているのでは?等語った。

キーワード
デイリー・ニューズ
USAトゥデー
ニューヨーク・タイムズ
ビザ
アメリカ
デブラシオ市長
ニューヨーク市(アメリカ)
ウーバー
NASA
航空法
ニューヨーク(アメリカ)
ワシントンDC(アメリカ)
日米首脳会談
トランプ大統領

特集トーク (ニュース)
06:16~

このあと、ドイツの政財界が猛反発。

アメリカ商務省が発表した去年の貿易赤字は前年前比0.4%増。国別で見ると対日赤字は689億ドルで横ばいだったが赤字額は対ドイツを抜き2位に。赤字額トップは対中国で3470億ドルとなった。日米首脳会談でトランプ大統領が貿易不均衡を持ち出す可能性も。

日米首脳会談の焦点は?対日赤字が2位に浮上したこと、全体の8割弱が自動車関連なので首脳会談で取り上げられることが懸念される。初めての首脳会談で本来日米関係の重要性の確認など包括的経済な協議の枠組みで合意するが、自動車問題に触れる可能性は否定できないと解説。自動車摩擦については過去にもあり81年に日本の輸出自主規制、95年には米車輸入拡大。輸出規制についてはオイルショック後で日本車は小型車の輸出が急増したが米ビッグスリーは大型車中心だったため経営が悪化。その結果対日摩擦が強まり輸出自主規制に至る。輸入に関しては日本へ自動車や部品などの輸入拡大を要求。実際に輸入するのは企業で強制できないと要求を拒否したことで交渉が激化した。政府としてはあくまでも要求は拒否したが自動車メーカーが自主的に部品購入等行う事を公表し決着した。また日本車の北米生産や部品現地調達はこの時期から加速した解説した。

アメリカの要求にどう対応するか?要求に応じると米国内での自動車生産も増える、自国内での競合が激しくなるためその分を日本で輸入するよう要求する可能性がある。無茶な要求を阻止するためWTOが存在しているがトランプ大統領はWTOからの脱退を表明しているため気にせずに対日要求を進めてくる可能性も懸念される。アメリカのWTO脱退はありえるのか?協定違反措置に対し他国が対抗措置をうっても無制限にうててしまう為アメリカには不利、違反を続けながらもとどまるだろうと解説。日本のとる対応は?ピンチと捉えずチャンスとして捉える発送の転換が必要。またインフラやエネルギー協力についてはメンテナンスを考えると長い期間の投資になるだろうという。為替については公式の場では批判してこないだろうと解説した。

キーワード
トランプ大統領
商務省
ドイツ
アメリカ
中国
日米首脳会談
オイルショック
橋本通産大臣
ミッキー・カンター
USTR
WTO

ニュース (ニュース)
06:26~

このあと、株式相場の見通しは?SQ値と日経平均の関係は。

アメリカ労働省が発表した去年12月の雇用動向調査によれば、求人数は550万人で、市場予想を下回ったものの、前の月の数とはほぼ横ばいだった。多い程、労働者の雇用市場に対する強い自信を表すとされる自発的離職者の数は前の月と比べて9万8000人減って297万9000人だった。

アメリカの自動車大手GMの去年10月から12月の決算は増収減益だった。売上高は11%増えたが為替変動の影響で純利益は70%以上も減った。一株利益は市場予想を上回った。一方、GMの最高財務責任者は決算発表後にテレビ出演し、トランプ大統領が主張する国境税について、複雑すぎて検討できていないと述べた上で有益な結果になるように協力したいなどと述べた。

イギリスのEU離脱・ブレグジットを巡り、EUの政策執行機関・ヨーロッパ委員会はイギリスに対し最大で600億ユール、日本円にして7.2兆円ほどの支払いを求める方針である。イギリスではこの方針に反発する動きが見られ、離脱交渉にも影響が出ると思われる。

ドイツ政府と財界や労組は共同声明を発表し自由貿易を守るべきと訴えた。ロイター通信によると声明はトランプ大統領に対する直接的な言及を避けながら、政治経済面で保護主義追及は誤りとの立場を示した。ドイツはG20の議長国として保護貿易目的の政治介入と戦う必要があるとしている。

キーワード
株価
東京市場
SQ値
アメリカ労働省
雇用動向調査
GM
トランプ大統領
国境税
ブレグジット
EU
ヨーロッパ委員会
ロイター通信
G20
ドイツ

東京市場 株の見通し (ニュース)
06:30~

NY株式、2月7日のセクター別騰落率、株式先物の終値を確認。

2月7日の世界の株価の情報を伝えた。

みずほ証券の三浦豊氏による今日の株の見通し。三浦氏の日経平均の予想レンジは18750円から19050円。アメリカの株価と同じ様に今日の日経平均も方向感に乏しい展開になると思われる。円高圧力がかかっているが、円は底堅い。これはニューヨークダウが2万ドルを維持しているためだと思われる。ただニューヨークダウが2万ドルを下回ると、日経平均も1万8500円程度まで下落する可能性がある。注目ポイントは2月SQ値。日経平均はSQ値を上回って推移している。2月もSQ値を上回っていれば日経平均も反発する可能性が高い。今週には日米首脳会談がある事からドル円、日経平均共にテクニカルリバウンドすると三浦氏は見ている。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
騰落率
日経先物
日経平均
大阪取引所
ボベスパ
上海総合
SENSEX
FTSE100
DAX
MICEX
香港ハンセン
みずほ証券
ニューヨークダウ
SQ値
日米首脳会談

ニュース (ニュース)
06:33~

今日の天気予報と経済視点。

文科省の天下り問題を巡り、あっせんの中心にいた人事課のOBらが昨日国会に呼ばれて、集中審議が行われた。再就職のあっせんは文部科学省が人事課OBに人事情報を渡し、OBが企業などからの求人とマッチングする形で行われた。前事務次官も自身の関与を認めた上で、陳謝した。安倍総理は組織ぐるみと言われても仕方がない事案であると批判。政府は再発防止を徹底する方針だが野党は氷山の一角だとして追及を続ける構え。

豊洲市場問題について審議する都議会の特別委員会は用地取得の経緯を調べるため、石原元知事と副知事だった浜渦武生氏を参考人として招致する事を決めた。豊洲市場の地下水からはベンゼンなどの有害物質が検出されており、小池知事が当時の都政を問題視している。

キーワード
文科省
天下り
安倍総理
豊洲市場
石原元知事
浜渦武生氏
参考人招致
小池知事
ベンゼン

天気予報 (ニュース)
06:36~

全国の今日の天気と週間予報を伝えた。今日は冬型の気圧配置がゆるみ、日中は強い風がおさまりそう。

エンディング (その他)
06:37~

今日の予定。去年12月の国際収支と今年1月の景気ウォッチャー調査の発表。日銀の先月の金融政策決定会合の主な意見の公表。ソフトバンクグループと富士重工業が決算を発表する。また今日はインド準備銀行が政策金利を発表する。

明日の「Newsモーニングサテライト」の予告テロップ。1皿100円の裏にサバイバル。

池田雄之輔氏は当分の間、日銀は政策を変更しないと見ている。アメリカの金利が上昇すれば自動的に日米の金利差が開き、円安が後押しされ、デフレが克服されるために日銀は動く必要が無いという。日銀にとっては金利が急激に上がるのを抑えるのは重要だが、ゆっくり上昇する分は許容すると見られる。今日の経済視点は「トランプ(空)砲」。池田氏はトランプ大統領の発言はそれまでの大統領と違って重みは無く、よほどの事がない限りは口先だけだとしてマーケットは過剰反応すべきではないなどと述べた。

キーワード
ソフトバンクグループ
国際収支
景気ウォッチャー調査
日銀
富士重工業
インド準備銀行
金利
トランプ砲
トランプ大統領
  1. 前回の放送
  2. 2月8日 放送
  3. 次回の放送