Newsモーニングサテライト 2017年「とんでも」予想の日米対決

放送日 2016年12月26日(月) 5:45~ 6:40
放送局 テレビ大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:45~

オープニング映像。

出演者らの挨拶のあと、今朝のコメンテーターを紹介。今日のコメンテーターはみずほ総研の高田創さん。高田さんはアメリカ大統領選でのトランプ氏の勝利や、ブラジルのルセフ大統領罷免などを予想・的中させたことでマーケット関係者から注目を集めている。今回は2017年の予想を解説してもらう。

キーワード
みずほ総研
トランプ氏
アメリカ大統領選
ルセフ大統領

NYマーケット (ニュース)
05:45~

先週金曜日のNY株式(ダウ、ナスダック、S&P500)と為替、株式先物の終値を確認。

ニューヨークの池谷亨さんが中継でNY市場の動きの伝えた。トランプ相場の一服感を指摘する声も多く、先週末のGDPの確定値の上方修正や底堅い個人消費、住宅指標などを消化する形で27日から再開する取引で年内の2万ドル達成なるかが注目される。

キーワード
S&P500
為替
大証先物
ナスダック
ダウ
日経平均
日経先物
大阪取引所
シカゴ取引所
NY株式
ニューヨーク(アメリカ)
トランプラリー
GDP
NY市場
クリスマス
住宅指標

ニュース (ニュース)
05:47~

来年のアメリカ経済について専門家はトランプ政権の下、経済成長が加速し3%から3.5%の成長も十分可能だとみている。一方、焦点は来年の利上げのペース。専門家は3回の利上げも十分ありうると予想している。「米会議が減税やインフラ支出などトランプ氏の政策に合意するか次第だ」などと話した。

イスラエルは25日、国連安全保障理事会がヨルダン川西岸などでの入植活動停止を求める決議を採択したことに反発し、賛成した安保理メンバー14ヵ国のうち日本を含めた10ヵ国の大使を外務省に呼んで抗議した。アメリカは棄権したがネタニヤフ首相は拒否権を行使しなかったオバマ政権を批判していて、アメリカ大使を呼び直接面会するとしている。

25日、ロシアの軍用機がソチを離陸したあと黒海に墜落し、乗っていた92人全員が死亡したもよう。ロシアのインタファクス通信によると、墜落の原因は機器の不具合など技術的なものとみられている。この軍用機には音楽隊や合唱隊などが搭乗していて、シリアにあるロシア軍基地で開催される新年を祝うイベントに参加する予定だった。

このあと、週明けの東京市場の為替相場の見通し。

キーワード
ジェフリーズ
GDP
トランプ氏
FRB
利上げ
インフレ率
ネタニヤフ首相
国連安全保障理事会
オバマ政権
ロシア国防省
ソチ(ロシア)
シリア
黒海
インタファクス通信
為替
東京市場
トランプ政権
入植活動

ニュース (ニュース)
05:50~

アメリカ・ハワイの真珠湾で太平洋戦争の犠牲者を慰霊するため、安倍総理は今夜、羽田空港から出発する。安倍総理はオバマ大統領とともにアリゾナ記念館を訪れて献花する予定。そして戦争の惨禍を繰り返さないとの「不戦の誓い」や日米の絆を世界に発信する。現地では安倍総理の訪問に注目が集まっている。

防衛省は中国初の空母・遼寧を含む艦隊が沖縄本島と宮古島の間を通過し、西太平洋に出たことを確認した。中国の空母の西太平洋進出が確認されたのは初めて。遼寧はミサイル駆逐艦3隻とフリゲート艦2隻を伴い太平洋に出たとのこと。領海侵犯はなかったと。アメリカ トランプ次期大統領が今月に台湾の蔡英文総統と電話会談したほか、「一つの中国」の原則に縛られないとの考えを示していて、今回の訓練ではトランプ次期政権を牽制する狙いがあるとみられる。

日本時間25日午後11時20分ごろ、チリ ブエルトモント付近でマグニチュード7.6の地震が発生した。震源の深さ34.6キロ。太平洋津波警報センターによるとチリ沿岸で津波のおそれなし。また気象庁によると日本への津波の影響もなかった。

今週の予定を伝えた。26日 日銀 金融政策決定会合議事要旨。日銀 黒田総裁講演。27日 11月消費者物価指数 会計調査。11月完全失業率 有効求人倍率。10月S&Pケース・シラー住宅価格指数。28日 11月鉱工業生産指数。11月商業動態統計。29日 日銀 金融政策決定会合の主な意見(12月分)。新規失業保険申請件数。30日 大納会。

年末に向けてみずほ総研 高田創は、日本・アメリカ株の “2万ドル”の大台について気になると述べた。今年も大波乱だったが今年はそうした不安はないと予測した。

キーワード
安倍総理
オバマ大統領
羽田空港
アリゾナ記念館
太平洋戦争
真珠湾攻撃
ハワイ(アメリカ)
真珠湾
トランプ次期大統領
防衛省
中国国防省
遼寧
沖縄本島
宮古島
西太平洋
フリゲート艦
蔡英文総統
トランプ次期政権
ブエルトモント(チリ)
地震
太平洋津波警報センター
気象庁
日銀
金融政策決定会合
黒田総裁
消費者物価指数
完全失業率
有効求人倍率
S&Pケース・シラー住宅価格指数
商業動態統計
鉱工業生産指数
新規失業保険申請件数
大納会
みずほ総研

東京市場 為替の見通し (ニュース)
05:54~

現在の為替の値を伝えた。

現在の各国の為替相場情報を伝えた。

クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司がきょうの為替の見通しを解説した。株価の動きは穏やかにとした。注目ポイントは日銀 黒田総裁のコメント。黒田総裁はイールドカーブ・コントロールの目標金利の引き上げについて「今は全く考えていない」などと言及した。

キーワード
ユーロ
ドル
為替
ポンド
オーストラリアドル
ブラジルレアル
トルコリラ
人民元
オンショア
オフショア
クレディ・アグリコル銀行
日銀
黒田総裁
イールドカーブ・コントロール

モーサテサーベイ (バラエティ/情報)
05:57~

マーケットや経済情勢の先行きを番組のレギュラー出演者へのアンケートから独自に占う。期間は12月22日~25日、方法はインターネット経由、番組出演者32人から回答を得た。

今週末の日経平均予想を伝えた。予想中央値は19600。先週終値は19427だった。DZHフィナンシャルリサーチ 東野幸利は19800円、SMBC信託銀行 山口真弘は19200とそれぞれ予想した。

今週末のドル/円予想。予想中央値は117.50。先週終値は117.49だった。ブラウン・ブラザーズ・ハリマン 伊庭剛は119円、東海東京証券 佐野一彦は116円50銭と、それぞれ予想した。

3ケ月先の景気を占うモーサテ景気先行指数。48.4で横ばいだった。

キーワード
東野幸利
山口真弘
SMBC信託銀行
DZHフィナンシャルリサーチ
プレスティア
日経平均株価
伊庭剛
佐野一彦
ブラウン・ブラザーズ・ハリマン
東海東京証券
ドル/円

日経朝特急 (ニュース)
05:58~

政府は働き方改革として正社員の副業を後押しすると報じた。これまでの副業の「原則禁止」から「原則容認」に転換する。複数の企業に務める際の社会保険料などの指針も作る(日本経済新聞)。

東京電力ホールディングスが家庭用ガスに参入すると報じた(日本経済新聞)。

先進国で研究・開発費が減少している。すぐに成果のでない基礎分野に対する軽視の傾向が続いているが、基礎軽視は将来的な国の潜在成長率を制約する懸念もある(日本経済新聞)。

キーワード
日本経済新聞
副業
東京電力ホールディングス

天気予報 (ニュース)
06:00~

全国のきょうの天気予報と週間予報を伝えた。北日本西日本は雨。東京はくもり。今週前半は寒暖差がはげしい。

BGM:「Life In A Northern Town」Dream Academy

このあと、ついに機内食も有料に?

キーワード
Dream Academy
Life In A Northern Town
機内食

日刊モーサテジャーナル (ニュース)
06:03~

ドイツで発生したテロは容疑者が射殺され収束を迎えたが、ウォール・ストリート・ジャーナルは欧州政治の火種になるだろうと報じている。ニューヨーク・タイムズは、容疑者は電車などを使ってフランスやイタリアへ自由に移動できたと指摘し、「EU内の移動の自由におけるセキュリティー」に欠陥があるのではと伝えている。またウォール・ストリート・ジャーナルは、容疑者はイスラム過激派と接触し、爆弾の製造に関心を示していたにも関わらず、ドイツの警察は9月に監視対象から外したと批判。メルケル首相の移民政策はますます厳しい立場に晒されることになり、来年の再選に暗雲が漂っているとみている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、投資家と消費者の期待インフレ率を示した最新データを示し、消費者は下がり始めた一方、投資家は上昇を続けている。記事はアメリカの金利が今後急落する可能性があると警鐘を鳴らしている。金利はトランプ氏のインフラ投資などへの期待から上昇してきたが、「投資家のシナリオは間違い」との声が出ている。投資家は「長年の低インフレは構造的な問題で、トランプ氏が変えられるような問題ではない」と話している。

国際線の機内食の有料化の流れが高まっている。この動きを先導しているのは格安航空会社で、大手航空会社も追随していると伝えている(ウォール・ストリート・ジャーナル)。

このあとは特集トーク。来年を大胆予想。

低インフレについて。みずほ総研 高田創は世直し的なもので現実的にはまだ変わらないと指摘した。

キーワード
ウォール・ストリート・ジャーナル
ニューヨーク・タイムズ
テロ
メルケル首相
EU
イスラム過激派
ドイツ
トランプ氏
機内食
みずほ総研

特集トーク:高田氏の“とんでも予想2017” (バラエティ/情報)
06:08~

このあと、高田さんとブレマー氏が考える2017年の姿とは。

2016年は、チャイナショック。マイナス金利、ブレグジットなど世界が揺るがした。ユーラシア・グループ イアン・ブレマー氏、みずほ総研 高田創氏が来年の姿を予想する。高田氏はトランプ氏に注目している。

高田さんは世界全体として財政を重視していこうという潮流は出る可能性がある。日本が50年、100年と長い国債を出して、一方で中央銀行が購入するというのがひとつのやり方。財政を重視となると消費税増税も難しくなってくるなどと話した。

高田創氏が2017年を予想した。まずアベノミクスがトランポノミクスに。これは大型減税や、カジノ法案に乗りインバウンドとしてトランプホテルが建設されるのではとした。

TPP批准、ダウ23000ドル、長期金利3.5%超などにより、トランプ大統領に賞賛の嵐が吹くと予想。

米中が急接近する可能性があるとした。トランプ氏はビジネスライクな視点で物が見られるので、アメリカの役に立つなら中国とも接近も辞さないだろうとし、日米のAIIB参加もありうるとした。

日銀はイールドカーブ・コントロールで長期を抑えており、日米の金利に差がついてしまう。これは円安誘導であると言われかねない状況である。トランプ大統領がそうしたことを“口撃”すれば、すぐにでも円高となり超長期金利になると予想した。

キーワード
ブレマー氏
チャイナショック
マイナス金利
ブレグジット
ヘリコプターマネー
ユーラシア・グループ
みずほ総研
国債
トランプ氏
消費税増税
トランプ大統領
TPP
ダウ
長期金利
アベノミクス
インバウンド
AIIB
日銀
円高
イールドカーブ・コントロール

特集トーク:高田氏の“とんでも予想2017” (バラエティ/情報)
06:18~

このあとはニュース。搭乗者の生存、絶望的…。

高田さんは欧州の選挙についてフランスでは国民戦線の勝利ルペン氏、ドイツのメルケル氏の退陣、イタリアでは五つ星運動の勝利を予想。イアン・ブレマー氏は「来年はフランスやドイツで選挙があり大きな焦点になる。プーチン大統領やトランプ氏は”ポピュリスト”が勝つよう手助けするだろう」などと話した。

高田さんはブレグジットの撤回があるとフランスに移そうとしていた金融機関がイギリスに戻り、イギリスがバブルになるなどと話した。

ブレマーさんは北朝鮮への制裁をめぐるアメリカと中国の関係を指摘。トランプ氏は北朝鮮の最大支援国である中国に単独で問題に取り組むよう圧力をかけると予想。中国は強く反発し、米中の隔たりもあり来年北朝鮮はいくつか争いや問題を起こし始めるのはとみている。

2007年のサブプライム問題、1997年のアジア通貨危機、1987年のブラックマンデーについて高田さんは7のつく年のジンクス、夏から秋にかけてが多い。年後半について留意しておかなければならないリスクなどと話した。

高田さんは地球温暖化で起きているリスクも考えておかなえければならないなどと話した。

ニューヨークから池谷亨さんが中継。ブレマーさんはブレグジットの撤回はないとしていたと伝えた。議員たちが国民の選択を覆したら自分の将来が危うくなるというのが理由だという。

イアン・ブレマーさんは「来年のキーワードは「トランプ」。「世界にとってアメリカは不可欠だ」との考えを捨て去った人物が大統領に選ばれた。これがリスクであることは明白。これまで世界秩序を作ってきたアメリカによっていま不確実性が増している。世界にとって劇的な変化が起きている」などと話した。一方でこの変化をチャンスとみているのが中国。ブレマー氏はアメリカの体制の変化により中国が世界の主導権を握っていくことになると予想。「RCEPはアジア地域全体でさらに魅力的になる。1年前とはかなり違う世界になる」などと話した。ブレマーさんはアメリカと中国の関係がこじれた場合、アメリカとの関係を重視する日本は巻き込まれる可能性があり日中関係にも影響すると語っていたという。

高田さんは来年も世界の中で日本をどう見るかが重要になるなどと話した。

キーワード
大統領選
ルペン氏
メルケル氏
五つ星運動
ユーラシア・グループ
プーチン大統領
トランプ氏
ポピュリスト
モンテ・パスキ
ブレグジット
バブル
ブレマーさん
サブプライム問題
アジア通貨危機
ブラックマンデー
地球温暖化
エルニーニョ
トランプ
RCEP

ニュース (ニュース)
06:29~

25日、ロシアの軍用機がソチを離陸したあと黒海に墜落し、乗っていた92人全員が死亡したもよう。ロシアのインタファクス通信によると、墜落の原因は機器の不具合など技術的なものとみられている。この軍用機には音楽隊や合唱隊などが搭乗していて、シリアにあるロシア軍基地で開催される新年を祝うイベントに参加する予定だった。

このあと、東京市場の株価の見通し。

来年のアメリカ経済について専門家はトランプ政権の下、経済成長が加速し3%から3.5%の成長も十分可能だとみている。一方、焦点は来年の利上げのペース。専門家は3回の利上げも十分ありうると予想している。「米会議が減税やインフラ支出などトランプ氏の政策に合意するか次第だ」などと話した。

イスラエルは25日、国連安全保障理事会がヨルダン川西岸などでの入植活動停止を求める決議を採択したことに反発し、賛成した安保理メンバー14ヵ国のうち日本を含めた10ヵ国の大使を外務省に呼んで抗議した。アメリカは棄権したがネタニヤフ首相は拒否権を行使しなかったオバマ政権を批判していて、アメリカ大使を呼び直接面会するとしている。

キーワード
ロシア国防省
ソチ(ロシア)
シリア
黒海
インタファクス通信
株価
東京市場
ジェフリーズ
GDP
トランプ氏
FRB
利上げ
インフレ率
トランプ政権
ネタニヤフ首相
国連安全保障理事会
オバマ政権
入植活動

東京市場 株の見通し (ニュース)
06:33~

金曜日の東京、NY株式市場、株式先物を確認。

このあとは天気予報と経済視点。

きょうの株価の見通しを伝えた。日経平均は19,300~19,500円。注目ポイントは中小型株の年末ラリー。年末は中小型株に資金が流入すると見られる。米大統領選後は個人投資家の待機資金は積み上がっている傾向にある。

キーワード
S&P500
ダウ
ナスダック
NY株式
日経平均
株式先物
大証先物
日経先物
東京株式市場
シカゴ先物
岡三証券

天気予報 (ニュース)
06:37~

全国のきょうの天気予報と週間予報を伝えた。今日の天気は西から下り坂で、雨足が強まる所も。

エンディング (その他)
06:38~

明日の「Newsモーニングサテライト」の予告テロップ。東京都の小池知事が影響を受けた“1冊”とは。

きょうの予定を紹介。安倍総理は米ハワイ・真珠湾を訪問し、日銀 黒田総裁は講演を行なう。また11月企業向けサービス価格指数と日銀 金融政策決定会合議事要旨が発表される。

高田創さんのきょうの経済視点は「日本の見直し」で、政治と景気は見直しが必要だと語った。

キーワード
小池知事
安倍総理
黒田総裁
日銀
企業向けサービス価格指数
金融政策決定会合
  1. 前回の放送
  2. 12月26日 放送
  3. 次回の放送