桑田佳祐 大衆音楽史”ひとり紅白歌合戦”「昭和・平成そして新たな時代へ」 2019年3月20日放送回

放送日 2019年3月20日(水) 22:00~23:10
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

桑田佳祐が最後に行き着いたのが「ひとり紅白歌合戦」だった。歌うのは桑田佳祐ただ1人、昭和歌謡からフォーク、平成のJポップまで全て1人で歌う紅白歌合戦。応援合戦や中間発表など本家を紅白を徹底的にパロディーにした。これまでにひとり紅白歌合戦で歌い上げた曲は170曲余りだった。そして35年ぶりに紅白に出場したサザンオールスターズに密着。

キーワード
ひとり紅白歌合戦
紅白歌合戦

桑田佳祐 大衆音楽史”ひとり紅白歌合戦”「昭和・平成そして新たな時代へ」 (バラエティ/情報)
22:03~

桑田佳祐が「見上げてごらん夜の星を」を披露した。

桑田佳祐が「真っ赤な太陽」を披露した。

桑田佳祐が「帰ろかな」を披露した。

桑田佳祐が「君といつまでも」を披露した。

桑田佳祐が「あの時君は若かった」を披露した。

桑田佳祐が「ブルーシャトウ」を披露した。

桑田佳祐が「君だけに愛を」を披露した。

NHKアーカイブスに保存されている最も古い紅白歌合戦の映像を紹介した。少年時代の桑田佳祐は家族揃って紅白を見ていた。桑田佳祐は「紅白歌合戦を見ながら、これは赤のほうが強いねとか、最後にジュリーが出てきたから白がいいんじゃないとかは本気で言ってましたからね」などと話した。

昭和30年代、日本は高度経済成長期に突入し昭和39年に東京オリンピックが開催された。新たなファッションや娯楽が生まれ、人々の生活を歌謡曲が彩った。そんな中、桑田少年が憧れを抱いたのが音楽だった。桑田佳祐は「ローリング・ストーンズなどの洋楽にあこがれて育っていってサザンでデビューする形になったんですけど、洋楽を聞くにつれて一周回ると、どうしても歌謡曲にたどり着く。自分が表現したいというふうになり、ひとり紅白に行き着いたんだと思います」などと話した。

桑田佳祐が「恋のバカンス」を披露した。

桑田佳祐が「スーダラ節」を披露した。

桑田佳祐が「チョットだけョ!全員集合」を披露した。

桑田佳祐が「小指の想い出」を披露した。

桑田佳祐が「さよならをもう一度」を披露した。

桑田佳祐が「人形の家」を披露した。

桑田佳祐が「中の島ブルース」を披露した。

桑田佳祐が「夢芝居」を披露した。

桑田佳祐が「雪が降る」を披露した。

桑田佳祐が「学生街の喫茶店」を披露した。

桑田佳祐が「翼をください」を披露した。

桑田佳祐が「なごり雪」を披露した。

桑田佳祐が「ひこうき雲」を披露した。

桑田佳祐が「春よ、来い」を披露した。

桑田佳祐が「リバーサイドホテル」を披露した。

桑田佳祐が「時代」を披露した。

桑田佳祐が「わかれうた」を披露した。

桑田佳祐が「異邦人」を披露した。

桑田佳祐が「ヤングマン」を披露した。

桑田佳祐が「いい日旅立ち」を披露した。

桑田佳祐が「SWEET MEMORIES」を披露した。

桑田佳祐が「TOKIO」を披露した。

桑田佳祐が「どんなときも。」を披露した。

桑田佳祐が「ありがとう」を披露した。

桑田佳祐が「ハナミズキ」を披露した。

昭和41年ビートルズが来日、当時ザ・タイガースを始め海外ロックに影響されたバンドが次々と登場。彼らはグループサウンズと呼ばれ昭和4年代の音楽シーンを席巻。桑田佳祐はグループサウンズはあまり好きではなかったがブルーコメッツは好きだったという。

桑田佳祐はザ・ピーナッツの魅力を洋楽っぽい、双子のハーモニー、作曲の宮川泰の偉大さなどを語った。

クレイジーキャッツを魅力を紹介。桑田佳祐は「クレイジーキャッツやドリフターズがなんでギャグをやるようになったのかは知らないんですけど、僕なんかも経験がありますけど間が持たないんですよね、まじめに音楽をやっていると、カメラを向けられると思わずふざけてしまって、それがウケちゃったりとかしてウケてると思うとまたやりたくなったりする」などと語った。

昭和40年代日本中にボウリングブームが巻き起こった。桑田佳祐もこの頃ボウリングに夢中だった。伊東ゆかり「小指の想い出」について「女性の香りがする」などとコメントした。

当時なかにし礼や阿久悠が描いた女の情念の世界に桑田佳祐は衝撃を受けた。桑田佳祐はいしだあゆみ「あなたならどうする」について「泣くの歩くの死んじゃうのはちょっと大げさなんだけど、あなたならどうするを引き出すために大げさな前振りをしてるんですよね、生々しい男と女の会話ってパソコンでものが済んじゃう時代じゃなくて、女に会って何か致してモメて、修羅場になったあとの様相みたいなものがかいて、死んじゃったり傷つけちゃったり命預けますだもんね」などとコメント。弘田三枝子「人形の家」については「実地体験がないとこの詞は書けない」などとコメントした。

かぐや姫「神田川」について桑田佳祐は「当時四畳半フォークって言い方があって揶揄されていた、今思うと大きな勘違いでね、学生街の喫茶店は完成されたプログレッシブ・ロックなんだよね」などとコメントした。

フォークや歌謡曲が主流だった音楽シーンにニューミュージックが誕生。松任谷由実「ひこうき雲」について桑田佳祐「ひこうき雲は聴いたこともなかったが、聞くを覚えてピタッと入ったら体から出なくなっちゃって、歌って初めてツボが押されまくるっていうんですか、もう好きでたまらないっていうことになるんですよね」などとコメントした。

ユーミンの魅力を紹介。桑田佳祐は「ユーミンの春よ、来いもそうですけど歌っていて涙を堪えるのに必死になるような曲、名曲っていうのは聴いて良しだけど歌ってもっていかれる、歌という入れ物をお借りして、入れ物の中を自分の心が自由奔放に動き回れる、大事な器を与えてもらえるような感じ」などとコメントした。

中島みゆきについてトーク。「わかれうた」について「道に倒れて男の名前を呼んだことありますかってそんなことあるかよって話している人いましたけど、2ビートに乗って中島みゆきの詞を歌ってご覧なさいよ、中島みゆきが降りてくるんですね、中島みゆきさんはいろんな意味で天才だから、わかれうたを歌っている時、歌手としての恍惚っていうんですか、エクスタシーみたいなものをグーッと引っ張り出されるんですよね」などとコメントした。

歌番組が生んだヒット曲についてトーク。昭和53年サザンオールスターズデビュー、沢田研二、松田聖子などがいる中、寺尾聰「ルビーの指環」が音楽番組で12週連続1位。桑田佳祐は「あの頃は自分たちのことで精いっぱいだったんで、寺尾聰さんのルビーの指環がどれだけいい曲か全然耳にも入ってこなかった、よくできてるし、自分がプロとして音楽を何十年やってきたから分かるもんであってそれまでは気づかなかったんですよね」などとコメント。さらに久保田早紀「異邦人」を傑作と評価した。

平成生まれのJ-POPを紹介。桑田佳祐は槇原敬之について「歌詞の乗っけ方が自由っていうか、詞先なのかもしれないね、どんなときも。は譜割りを捕まえるのが歌詞だけを見ていると分からないんだけど、こんなに素晴らしい曲なんだって思いました」などとコメント。さらに「勝手のシンドバッド」についても語った。

桑田佳祐は一人紅白で平成生まれの名曲も30曲以上歌った。

LADY GAGA「Born This Way」を歌った理由についてトーク。桑田佳祐は「今昭和の再現をしているだけじゃお客さんは退屈な時代だし、紅組はいるんだけど白組が足りないみたいな時があるんですよ」などとコメントした。

桑田佳祐がLADY GAGA「Born This Way」を披露した。

桑田佳祐が北島三郎「与作」披露した。

桑田佳祐が美空ひばり「愛燦燦」を披露した。

桑田佳祐が和田アキ子「古い日記」を披露した。

和田アキ子についてトーク。桑田佳祐は「北島三郎さんと美空ひばりさんで朗々と終わって最後ちょっと終わりにくいんですよ、そのあとゆく年くる年の鐘が鳴る訳じゃないからね、そういう意味で最強の音楽人っていうのは和田アキ子さんなんですよね」などと語った。

平成最後の紅白その舞台裏を紹介。紅白と言えば応援合戦、サザンオールスターズも北島三郎の応援に参戦、桑田佳祐は「北島三郎さんを応援させて頂いたんですけど、一年間頑張ってきた、みんな頑張ってきてて、テレビの向こうの方々も頑張ってきてて、集大成って大事だなって、見てる方も出てる方も老若男女みんなで盛り上がるっていうのはとってもいい事だな、美しい姿だなって思ったんですよね」などとコメント。平成最後の紅白を締めくくる大舞台でサザンオールスターズは紅組、白組ではない特別枠で登場した。

「希望の轍」歌っている時、桑田佳祐は「さすがに緊張した、いろんな事忘れたんですよ、なんとなくフッと見たらサブちゃんがいらっしゃって、ずーっとニコニコしてるんですよ、これで体の力がおかげあまで抜けてね」などとコメント。「勝手にシンドバッド」を披露している時は「間奏を終わって後ろを見たらユーミンさんがいて嬉しかった」などとコメント。

桑田佳祐は「35年ぶりにNHKホールで紅白を体験できたということが今後頑張れる気持ちにもなりましてね、僕らも本当にこれでいいんだろうか?とか、生きてるとクヨクヨするんだけど、みんなそれぞれ苦しかったけど頑張ればなるようになるんじゃなかな気がした、夢のような紅白でしたね」などとコメント。昭和から平成へ 時代の記憶を紡いできた名曲の数々 大衆音楽の偉大な歴史をひとり紅白で歌い継いできた桑田佳祐がその胸に抱く思いとは。桑田佳祐は「これから年齢を重ねていっても、やっぱり多少チャレンジもしていかないと、悪ふざけも含めて、歌詞なんかもこれから変化していくだろうなと思う、世の中が変わっていけばおおっ!?いう歌も相変わらず書いていきたいなってこと」などとコメント。次なる計画については「ひとり紅白またやろうかなと思ってる」などと話した。

キーワード
見上げてごらん夜の星を
真っ赤な太陽
帰ろかな
君といつまでも
あの時君は若かった
ブルーシャトウ
君だけに愛を
紅白歌合戦
坂本九
小柳ルミ子
わたしの城下町
他人の関係
金井克子
LOVE 抱きしめたい
沢田研二
東京オリンピック
美空ひばり
加山雄三
恋のバカンス
スーダラ節
チョットだけョ!全員集合
小指の想い出
さよならをもう一度
人形の家
中の島ブルース
夢芝居
雪が降る
学生街の喫茶店
翼をください
なごり雪
ひこうき雲
春よ、来い
リバーサイドホテル
時代
わかれうた
異邦人
ヤングマン
いい日旅立ち
SWEET MEMORIES
TOKIO
どんなときも。
ありがとう
ハナミズキ
ザ・ビートルズ
ザ・タイガース
ブルーコメッツ
ブルー・シャトウ
NHK紅白歌合戦
ザ・ゴールデン・カップス
愛する君に
ひとり紅白
スパイダース
ザ・テンプターズ
純愛
ジャッキー吉川とブルーコメッツ
シャボン玉ホリデー
ザ・ヒットパレード
ザ・ピーナッツ
宮川泰
クレイジーキャッツ
ホンダラ行進曲
ハナ肇とクレージーキャッツ
ザ・ドリフターズ
サザンオールスターズ
日本万国博覧会
和田アキ子
笑って許して
尾崎紀世彦
また逢う日まで
内山田洋とクール・ファイブ
東京砂漠
ちあきなおみ
喝采
伊東ゆかり
なかにし礼
阿久悠
いしだあゆみ
あなたならどうする
弘田三枝子
梅沢富美男
アダモ
ベトナム戦争
イルカ
神田川
かぐや姫
クラプトン
GARO
ボブ・ディラン
赤い鳥
松任谷由実
井上陽水
中島みゆき
レッツゴーヤング
勝手にシンドバッド
松田聖子
青い珊瑚礁
ルビーの指環
寺尾聰
大橋純子
シルエット・ロマンス
久保田早紀
西城秀樹
山口百恵
ジュリアナ東京
Jリーグ
槇原敬之
平原綾香
Jupiter
一青窈
いきものがかり
LADY GAGA
Born This Way
ユニバーサル ミュージック
北島三郎
与作
愛燦燦
古い日記
ゆく年くる年
まつり
MISIA
ゆず
石川さゆり
布袋寅泰
希望の轍

キャスト

  1. 3月20日 放送