石巻Reborn〜100年先へのメッセージ〜 2018年10月20日放送回

放送日 2018年10月20日(土) 2:05~ 3:18
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
02:05~

石巻市で「リボーンアートフェスティバル2017」という食やアート、音楽をテーマにしたイベントが行われた。イベントでは22億円の経済効果がもたらされたという。そして今年も「リボーンアートフェスティバル2018」が行われるという。番組ではリボーンアートフェスティバル2018での石巻市の人の奮闘を伝える。

キーワード
石巻市(宮城)
リボーンアートフェスティバル2017
リボーンアートフェスティバル2018
松本俊彦幹事長
小林武史
八代亜紀
水木一郎
Salyu

石巻Reborn〜100年先へのメッセージ〜 (バラエティ/情報)
02:08~

石巻市での魅力をリボーンアートで再発見することで街の活性化に繋がるのが「リボーンアートフェスティバル2018」の目的だ。開催期間中は「食の祭典」「魅力発見ツアー」「盆踊り」の3つに取り組む。

松本俊彦さんはイベント成功のために小林武史さんと積極的に打ち合わせした。松本俊彦さんは小林武史さんのツテで腕利きの料理人をお願いしたという。

イベントの主催者である小林武史がリボーンアートを立ち上げたのは7年前の東日本大震災がきっかけだ。東日本大震災で圧倒的な無力感を感じたと小林武史は語った。そうした中で去年「リボーンアートフェスティバル2017」を行った。ただ地元では反発もあった。しかしこのイベントによって新たなうねりも発生している。

「リボーンアートフェスティバル2018」を行うにあたって実行委員会が作られて、4月11日に合同部会が行われた。リーダーになったのは松本俊彦さんだ。松本俊彦さんが最初に手軽のは食のイベントだ。イベント会場は地元の市場だ。

7月19日に小林武史さんのツテで集めた料理人たちとメニューの検討会を行った。その中にはイタリアンシェフの佐藤剛さんの姿もあった。佐藤剛さんは老舗割烹の主人である阿部司さんとタッグを組んで料理を作ることになった。阿部司さんの割烹料理店は100年の歴史がある老舗だ。そんな阿部司さんは今回のイベントで新しいものに挑戦するという。

佐藤剛さんと阿部司さんは試作会でブイヤベースを作って臨んだ。阿部司さんは佐藤剛さんのアイデアについて「自分では発想できない」と感心した様子だった。2人は当日まで試行錯誤を重ねた。

「リボーンアートフェスティバル2018」では食のイベントだけでなく「牡鹿半島」をめぐる観光ツアーも企画された。プランを手がけたのは移住コンシェルジュの雁部隆寿さんだ。牡鹿半島の知られざるスポットを見つけて観光ツアーに組み込む方針だ。そこで地元に詳しい人に話を聞いてツアーの内容を決めていった。雁部隆寿さんはここに根を張って生きる人たちとの交流をツアーの軸にすると考えるようになったと語った。

「リボーンアートフェスティバル2018」の牡鹿半島ツアーを実際に八代亜紀が体験することになった。そこでカキ漁を体験した。

八代亜紀が「人生の贈りもの」を歌っている様子が伝えられた。

8月4日になりリボーンアートの開幕日を迎えた。この日は小林武史の提案で鹿の丸焼きが振る舞われた。増えすぎた鹿を駆除するより、食べることで命を無駄にしない考えがあるという。

「リボーンアートフェスティバル2018」で食のイベントが開催された。佐藤剛さんと阿部司さんによるブイヤベース作りが行われた。そこで「鶏とかつおの合わせだしとブイヤベースの二層仕立て」や「活あなごの焼き霜と桃生ナスのソース」という料理を振る舞った。イベントの料理は好評だった。

「リボーンアートフェスティバル2018」の中で、牡鹿半島の桃浦漁港で伝統行事の「盆舟おくり」が復活した。「盆舟おくり」を復活させるために関東の大学から協力を得たという。提案した甲谷強さんは東日本大震災後もここで暮らしており、亡くなった奥さんもここにいることを望んでいたという。「盆舟おくり」で地元を賑わかせたい思いがあるという

小林武史とSalyuが「to U」を歌った。

「リボーンアートフェスティバル2018」で水木一郎が「まほろばの群青」を歌った。水木一郎は震災後に復興に入った際にショックを受けたと当時を語った。「まほろばの群青」は石巻へ向かう道中で生まれた曲だと水木一郎は語った。

「リボーンアートフェスティバル2018」のラストを飾る盆踊りでは、子どもたちが盆踊りの歌詞を手がけたという。「100年後の夢」というテーマで歌詞を書いてもらい、音頭に入れたい歌詞を決めたという。メンバーで高校生の猪俣琴葉さんは音頭で街を活気づけたいと考えているという。猪俣琴葉さんは子どもたちに踊りを教えた。

「リボーンアートフェスティバル2018」の最終日には盆踊りが行われた。そこには櫓の上で踊りを披露する猪俣琴葉さんの姿があった。松本俊彦さんはイベントによって街に対する気持ちが生まれてつながっていくと思いを語った。

小林武史とSalyuが「MESSAGE-メッセージ-」を歌った。

キーワード
石巻市(宮城)
リボーンアートフェスティバル2018
八代亜紀
おんな港町
東日本大震災
大地の芸術祭
瀬戸内国際芸術祭
リボーンアートフェスティバル2017
牡鹿半島
人生の贈りもの
鶏とかつおの合わせだしとブイヤベースの二層仕立て
活あなごの焼き霜と桃生ナスのソース
盆舟おくり
to U
まほろばの群青
遠藤正明
リボーン音頭
MESSAGE-メッセージ-

エンディング (その他)
03:16~

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
03:17~

「きらり!えん旅」の番組宣伝。

「出張!cool japan」の番組宣伝。

「バラエティー生活笑百科」の番組宣伝。

  1. 10月20日 放送