テンゴちゃん みんなのテレビ

放送日 2018年9月16日(日) 0:05~ 2:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

今回は「テレビの企画会議をレボリューション」で、岡崎体育、こやまたくやは放送事故になる可能性があると語った。

番組ホームページ、公式ツイッターのお知らせ。

今年8月にレギュラー放送がスタートしたが、第2回目の今回は「テレビの企画会議をレボリューション」。SNSやホームページで誰でも参加できる会議を行い、視聴者が本当に見たい番組を作る。

三日市篤史ディレクターが加わり、製作会議を行ってその場で製作するという内容を説明。会議にはNHKの関係者は介在せず、決まった内容を60分かけてスタッフらが製作。完成した番組は午前1時55分から2時まで放送され、番組も大団円を迎えるというもの。隣のスタジオには50~60名のスタッフが集結し、三日市ディレクター曰く、歴戦のエキスパートだという。他にも美術道具、俳優の酒井敏也もスタンバイしていた。

番組ホームページ、公式ツイッターのお知らせ。

キーワード
ヤバイTシャツ屋さん
テンゴちゃんホームページ
テンゴちゃん 公式ツイッター

テンゴちゃん (バラエティ/情報)
00:13~

岡崎体育が陣頭指揮をとり、企画会議がスタート。視聴者も番組ホームページの投稿ベージ、つぶやきで参加可能となっていて、岡崎は「いま見たいものって何?」という質問内容を決定した。また、ツイッターでは何のワードが特につぶやかれているかが多い順にモニターに表示され、こやまたくやら3人は歴戦のスタッフをあたふたさせたいとして、「人形劇」、「先輩が後輩をどなるとこ」、「恋愛ドラマ」、「ミュージカル」に絞り、視聴者投票にかけた。1位は「ミュージカル」に決定。

番組ホームページ、公式ツイッターのお知らせ。

決まったミュージカルに反映させるため、「いまかけて欲しい言葉は?」を視聴者に募集。早速、「君は天才だ」、「リア充転べ」などがあり、岡崎体育は「『痩せろ』、耳が痛い」とコメント。寄せられた投稿から「生きてるだけで毎月400万円振り込むよ」、「誰やねんお前」、「あなたは人類の敵なのよ」、「コンタクトはずしな」に絞られ、視聴者投票を実施した。第1位は「生きてるだけで毎月400万円振り込むよ」。

3つ目の質問は「なりたい気分を擬音にすると?」で、寄せられたメッセージから、「ピコピコ」、「ガンバボバンボ~」、「ニブニブニブニブ」、「ドンガラガッシャーン」に絞られ、視聴者投票の結果、「ガンバボバンボ~」が1位。3つの投票結果から、岡崎体育らは番組タイトルを思案し、こやまたくやはラ・ラ・ランドにちなんだ「バ・バ・バンボ」、もりもりもとは「ミュージカル ~お金は活力~」、しばたありぼぼは「サンバとガンバ」、岡崎体育は「オリジナルミュージカル 岩手から東京へ来て早6年」と発表した。

3つの投票結果から、岡崎体育らは番組タイトルを思案し、こやまたくやはラ・ラ・ランドにちなんだ「バ・バ・バンボ」、もりもりもとは「ミュージカル ~お金は活力~」、しばたありぼぼは「サンバとガンバ」、岡崎体育は「オリジナルミュージカル 岩手から東京へ来て早6年」と発表した。視聴者投票の結果、「バ・バ・バンボ」に決定。三日市ディレクターは中座し、製作へと向かった。

三日市ディレクター指揮のもと、番組「バ・バ・バンボ」の制作が進められるなか、「ドキュメント72時間」を担当している森あかりディレクターが岡崎体育らのもとに合流。岡崎ら5人は別室での仕事ぶりをカメラを通して見て、森ディレクターは美術スタッフ、音響効果らの仕事について説術した。スタッフらが製作に精を出すなか、酒井敏也は擬音を手がける音響効果の様子をじっと眺めていた。

三日市ディレクターが構成作家と打ち合わせを行うなか、椅子に座っていた酒井敏也が立ち上がり、ヘルメットを着用しどこかへ移動した。スタッフたちの製作を見守っていた岡崎体育らは視聴者からの意見を紹介。さらに製作スタッフにインタビューを行い、グラフィック担当の岩崎氏は「おやすみ日本」、「半分、青い」などに携わっていた。

ミュージカルに出演するキャストを決めることになり、番組ホームページ、ツイッターで募集した。合算すると、「岡崎体育」と「もりもりもと」に決定。こやまたくやは3票差で落選し、安堵していた。一方、岡崎ともりもとは打ち合わせへと向かった。

岡崎はもりもりもとがミュージカル出演の経験があるという情報を関係スタッフに伝えるようこやまらに促し、こやまは三日市ディレクターに対して、ミュージカルのキャリアが20年あるとサバを読んで伝達。その頃、岡崎ともりもりもとはブラジル人風のメイクを施して貰っていた。酒井敏也の姿もメイク室にあった。本番まであと20分となったなか、三日市ディレクターによると、台本が完成したといい、打ち合わせも最終段階へ。

「みんなのテレビ このままでいいのか? YES or NO」を視聴者投票。結果、「NO」が多数で、打開策としてミュージカルに岩手という要素を盛り込むことに。その頃、衣装に着替えたもりもりもと、岡崎体育が登場。別室では酒井敏也が三日市ディレクターから番組のコンセプトについて説明を受けていた。

森ディレクターによると、今回、番組の放送自体には108名のスタッフが参加し、それ以下の人数が5分のミュージカルに携わっているという。スタジオでは舞台セットの設営が行われていたなか、こやまたくや、しばたありぼぼは視聴者からのツイートを紹介し、スタッフのもとへと移動。

テンゴちゃんの次回予告。

公式ツイッターのお知らせ。

しばたありぼぼ、こやまたくやは森ディレクターとともにサブと呼ばれる場所へと移動。ディレクターや番組プロデューサーの姿があった。番組開始10秒前から、こやまらはカウントダウンをスタート。

公式ツイッターのお知らせ。

キーワード
テンゴちゃんホームページ
テンゴちゃん 公式ツイッター
酒井敏也
ドキュメント72時間
おやすみ日本
半分、青い。
テンゴちゃん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月16日 放送
  3. 次回の放送