ニュース 「安倍内閣改造」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月11日(水) 13:00~13:48
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
13:00~

内閣改造について伝える。7月の参院選で与党が勝利。今回の内閣改造はこれを受けて行われる。閣僚に起用される議員たちは、次々と官邸を訪れる。まもなく菅官房長官が第4次安倍第二次改造内閣の名簿を発表する。安倍総理は公明党の山口代表と党首会談を行った上で組閣本部を設置し、内閣改造を行う。そして夕方にも第4次安倍第二次改造内閣が正式に発足する。政治部・官邸キャップの松本さんは、内閣改造の注目点について「麻生副総理兼財務大臣・菅官房長官を除く17の閣僚ポストを入れ替え、閣僚の顔ぶれが大幅に変わったこと。安倍総理は『安定と挑戦』というキーワードを掲げましたが、内閣の骨格は維持しながら要所には総理・総裁候補の有力議員を配置した。また、次世代を担う若手のホープも起用した。派閥の意向も汲みながら、政権の安定性、政策実行能力の確保を狙った人事だと思う」とコメントした。ここで総務大臣に任命された鈴木俊一氏が官邸に到着した。「注目人事は?」と聞くと、松本さんは「まずは小泉進次郎議員だと思う。今回のキーワードの『安定と挑戦』では『挑戦』にあたる。小泉さんは自民党の若手の中でも最も有望な議員として知られているが、議員経験も10年となり、党の厚生労働部会長として全世代型の社会保障制度改革の実現に向けて提言をまとめたと言う実績もある。安倍総理としてはより重い職務を担わせることで将来の総理・総裁候補としての育成を図る狙いもあると思う。今回は環境大臣に任命されたんですが、小泉さんの発信能力に期待をかけていると思う」と答えた。官邸の中庭を眺められる3階と2階をつなぐ階段を降りてきた閣僚たちは、恒例の記念撮影を行う。今回ここに並ぶことになる閣僚を紹介する。安倍総理大臣と閣僚の平均年齢は61.55歳。昨年10月に発足した第4次安倍改造内閣の63.40歳より1.85歳若くなった。女性は2人で改造前より1人増えた。初入閣は法務大臣・河井克行氏、文部科学大臣・萩生田光一氏など13人。留任は副総理兼財務大臣・麻生太郎氏と官房長官・菅義偉氏の2人。ポストを変えて引き続き閣僚を務めるのは、経済再生担当大臣から外務大臣に変わった茂木敏充氏と外務大臣から防衛大臣に変わった河野太郎氏の2人。再入閣は総務大臣・高市早苗氏と厚生労働大臣の加藤勝信氏の2人。安倍総理と公明党・山口代表の党首会談が午後1時過ぎから総理官邸で始まった。今回、初入閣する人の午前中の動きをまとめた。

安倍総理と公明党の山口代表による党首会談はさきほど終わった。このあと組閣本部が設置され、内閣改造が行われ、菅官房長官が第4次安倍第2次改造内閣の閣僚名簿を発表する。

松本さんは「副総理兼財務大臣の留任が固まった麻生太郎さんが、今総理官邸に到着しました。この後も続々起用が固まった閣僚たちが到着します」、三條さんは「今回の人事で萩生田さんは安倍総理と近い議員の一人で、菅官房長官に比較的近い原因だと思います。今回の入閣は、安倍総理や菅官房長官が人となりを把握してる方々が集まった印象です」と話した。

経済産業大臣に任命されている菅原一秀氏は「入閣待機組」との報道が相次ぎ、先週に都内のデパートでモーニングを購入した。内定が決まった昨日は、大学時代にダンスユニットを組んでいたTRFのSAMさんからもお祝いのメッセージが来るなど、1,000件以上のメールや電話が届いたとのこと。復興大臣への起用が内定している当選8回の田中和徳氏は、議員会館の事務所にさっそく復興庁の職員が駆けつけ、これまでの取り組みや被災地の現状などについて説明を受けた。今週中には岩手・宮城・福島を訪問して知事と面会する予定。今回、小泉進次郎氏も初入閣した。環境大臣に任命された小泉進次郎氏は、戦後3番目の若さでの初入閣となる。小泉氏は衆議院神奈川11区選出の当選4回。父親は小泉純一郎元総理大臣。小泉氏は党内の派閥には所属しておらず、復興政務官や党筆頭副幹事長などを務め、去年10月には党の厚生労働部会長に就任。政府が目指す「全世代型の社会保障制度の実現」に向けた提言をまとめた。党内では「将来の総理大臣候補の一人」と目されている。先月にはフリーアナウンサー・滝川クリステルさんとの結婚を総理官邸で明らかにして話題となった。安倍総理としては、発信力もある小泉氏を起用することで政権基盤を強化する狙いがあるとみられる。

今回初入閣は13人と安倍内閣で多くなった。オリンピック・パラリンピック大臣に決まった橋本聖子氏と文部科学大臣に決まった萩生田光一氏の経歴を紹介。橋本聖子氏(54)。参院比例代表当選5回。橋本氏はスピードスケート、自転車競技の選手として冬・夏計7回五輪に出場。平成4年のアルベールビルオリンピックでは銅メダルを獲得。平成7年の参院選で初当選し、これまでに外務副大臣などを歴任。7月まで党参院議員会長を務めた。安倍総理としては知名度のある橋本氏の起用で来年の東京オリンピック・パラリンピックを成功に導きたいという狙いがあるものとみられる。文部科学大臣に起用される自民党の萩生田光一氏(56)。衆院東京24区当選5回。自民党細田派に所属し、安倍総理に近いことで知られている。これまでに文部科学政務官や自民党内の総裁特別補佐などを務め、第3次安倍改造内閣では官房副長官として安倍総理の政権運営を支えた。おととし8月からは党幹事長代行に。安倍総理としては側近の1人の萩生田氏を起用することで政権基盤を強化する狙いがあるとみられる。

松本さんは「バランス良く配置したと思います。派閥別なんですけども、主要派閥からバランス良く配置・起用したという形になっていて、その一方で去年の総裁選挙を争った石破派からの入閣は0となりました」と述べた。ここで中継映像が流れ、首相官邸に到着した大臣を紹介した。松本さんは「派閥別に見ますと無派閥の議員の起用が6人と最も多くなっている。細田派は改造前と変わらず3人、麻生派は3人、竹下派と岸田派と二階派は2人。石破派は今回入閣はなし」と伝えた。再び官邸の中継映像が流れ、衛藤晟一氏が一億総活躍相に選ばれた。今回の閣僚の顔ぶれを派閥ごとに紹介した。最も多いのは無派閥の6人。この中では高市早苗氏・河井克行氏・菅原一秀さんなど安倍総理大臣や菅官房長官などに近いとされる議員の起用が目立った。去年の総裁選挙を争った石破派は、改造前に1人が入閣していたが今回は入閣はなかった。石原派も前回に続いて入閣はなし。松本さんは「安倍総理大臣は派閥の意向も配慮した形で初入閣させたと多数にのぼりました。去年総裁選挙を争った石破派からの入閣はゼロとなりました。この辺りどう見るかという点ですけども、どこまでもそういう意図があったのかはわかりませんが、とにかく派閥の意向を重視しただということだと思います」と述べた。

午前中、自民党の役員人事が決まり、新執行部が記者会見をした。二階幹事長は「安倍総裁は憲法改正に意欲を持っているので、努力を重ねたい。国民の声に謙虚に耳を傾けながら、党としての方針を進めたい」と話した。鈴木総務会長は「総務会長の責任は重いものがあります。最終的には一つにまとまり、実現に向かっていくことを心に置きながら、総務会の運営にあたりたい」と話した。岸田政調会長は「消費税の引き上げを円滑に実現する。社会保険の未来についてしっかり議論してはいかなくてはいけない」と話した。下村選対委員長は「東京オリンピック前に都知事選がある。今からしっかり準備することで、党勢拡大に貢献できるよう努力・精進したい」と話した。

閣僚名簿が発表された。今後の課題で注目する点について松本卓さんは「経済ですね。米中貿易摩擦長引いてます。来月消費税率の引き上げに踏み切ることになる。この増税がどう影響するか場合によっては追加の経済対策検討という話も出てくると思う。また社会保障改革は少子高齢化が進んでいて、年金や医療の社会保障費が膨らみ続けているので、全世代型の社会保障制度の実現を政府は目指しているので、給付と負担のあり方の疑問が進められる見通し。外交は戦後最悪と言われる日韓関係の対応。今の状況を脱するかも課題になる。日米貿易交渉などの貿易関係。来年トランプ大統領は大統領選を迎えるのでトランプ大統領の変化にも注目される」などと話した。今後の政治日程を紹介。今月下旬に国連総会が開かれ、日米首脳会談が行われる。来月1日消費税率引き上げ。10月上旬には臨時国会が招集される。2020年は東京オリンピック・パラリンピックがあり、そのあとは2021年に安倍総理の自民党総裁としての任期が満了、10月には衆院任期満了となる。

小泉進次郎氏の初入閣について、松本さんは「小泉さんは自民党の次世代のホープということで、有望な議員として知られている。これまでは選挙の際の演説で人がかなり集まったり、党務などをこなしながらこれまで経験を積み上げてきた。今回は政府側で”より重い責任”を担わせて将来の総理総裁候補として育成する狙いもあると思う。また環境大臣ということで、安倍総理がG20で議長を務めましたが、その主要なテーマで環境問題について議論している。こうした面で日本の取り組みを発信するということで、小泉さんの『発信力』に期待をかけている部分もあると思う」とコメントした。安倍総理は「安定と挑戦」をテーマにしていたが、安定の部分は麻生副総理と菅官房長官の留任。2人は安倍内閣発足当初から総理を支えている。今回の改造内閣のもう一つのポイントに松本さんは「閣僚の大幅刷新」と挙げ、「初入閣は最多の13人。各派閥の意向にも配慮した人事だと思う。もう一つの『安定』は将来の総理・総裁候補を要所に配置した人事がもう一つの特徴だと思う。ポスト・安倍といえば、党側の骨格として岸田政務会長を留任させたということ。これに加えて外務大臣の茂木さん、再入閣の加藤さん、防衛大臣の河野さんなど実力者・有力者を起用している。安倍総理自身の自民党総裁としての任期は再来年の9月とあと2年なので、自身の後継も意識した人事だと思う」とコメントした。外務大臣に起用された茂木氏については、「政策ツウとして知られており、内政・外交の幅広い政策に通じています。来月の消費税率の引き上げに伴う景気対策の立案にも取り組み、TPPや日米貿易交渉などでも中心的な役割を担ってきた。日米貿易交渉では今月行われる首脳会談で交渉を妥結させる見通しとなっており、こうした実績が評価されたと思う。日米貿易交渉は外務大臣として引き続き取り組むことになると思う」などとコメントした。

総理官邸の記者会見場で、菅官房長官が第4次安倍改造内閣の閣僚名簿を発表する。菅官房長官は、官房長官を引き続き担うこととなった。西村明宏氏と岡田直樹氏は官房副長官となった。杉田和博氏は官房副長官留任となる。麻生太郎氏は副総理・財務相に留任となる。高市早苗氏は総務大臣、河井克行氏は法務大臣、茂木敏充氏は外務大臣、萩生田光一氏は文部科学大臣、加藤勝信氏は厚生労働大臣、江藤拓は農林水産大臣、菅原一秀氏は経済産業大臣、赤羽一嘉氏は国土交通大臣、小泉進次郎氏は環境大臣、河野太郎氏は防衛大臣、田中和徳氏は復興大臣、武田良太氏は国家公安委員長、衛藤晟一氏は一億総活躍担当大臣、竹本直一氏は科学技術担当大臣、西村康稔氏は経済再生担当大臣、西村康稔氏は地方創生担当大臣、橋本聖子氏は五輪担当大臣、近藤正春氏は内閣法制局長官、秋葉賢也氏・木原稔氏・今井尚哉氏氏は内閣総理大臣補佐官となった。認証式はきょうの午後3時30分に行われる。総理の記者会見は午後6時、初閣議は午後6時45分に予定されている。

台風15号の影響による停電。東京電力は今日中の全面復旧の見通しは立っていないとしている。昨夜のうちに管内の停電は約12万戸まで減る見通しだとしていたが、午後1時現在で千葉県と神奈川県をあわせて43万戸あまりで停電が続いている。横浜・金沢区では高波で堤防が崩れ、沿岸の工場が浸水した。広い範囲で続く千葉県君津市の特別避難所では、昨日電力会社の電源車で照明やエアコンが復旧し、体調の悪い人などを優先的に受け入れている。南房総市では丸2日以上にわたる梯田のため、固定電話や携帯電話がつながらず、携帯各社が対応にあたった結果、市役所周辺に限り電波が入る状況になった。断水も続いている。市原市役所には飲料水を配布する窓口に朝から行列ができた。千葉県内では今日も真夏日となっている。停電地域ではできるだけ水分を補給するほか、少しでも暑さをしのげる場所で過ごすなど、熱中症への対策をとるよう呼びかけた。

菅官房長官は第4次安倍第2次改造内閣の19人の閣僚名簿を発表した。内閣総理大臣は安倍晋三氏、副総理・財務相は麻生太郎氏が留任。総務相は高市早苗氏、法相は河井克行氏、外務相は茂木敏充氏が横滑り。文部科学相は萩生田光一氏、厚生労働相は加藤勝信氏、農相は江藤拓氏、経済産業相は菅原一秀氏、国土交通相は公明党の赤羽一嘉氏。環境相は小泉進次郎氏、防衛相は河野太郎氏が横滑り。官房長官は菅義偉氏が留任する。復興相は田中和徳氏、国家公安委員長は武田良太氏、一億総活躍相は衛藤晟一氏、科学技術相は竹本直一氏、経済再生相は西村康稔氏、地方創生相は北村誠吾氏、五輪相は橋本聖子氏。

第4次安倍第2次改造内閣の閣僚名簿が発表された。このあと新しい内閣は夕方正式に発足する。

キーワード
菅官房長官
安倍総理
山口代表
麻生副総理兼財務大臣
小泉議員
鈴木俊一氏
河井克行氏
萩生田光一氏
江藤拓氏
菅原一秀氏
赤羽一嘉氏
田中和徳氏
武田良太氏
衛藤晟一氏
竹本直一氏
西村康稔氏
北村誠吾氏
橋本聖子氏
オリンピック
茂木敏充氏
河野太郎氏
高市早苗氏
加藤勝信氏
麻生さん
河井さん
萩生田さん
菅原さん
西村さん
第4次安倍第2次改造内閣
カルガリーオリンピック
TRF
アトランタオリンピック
SAMさん
アルベールビルオリンピック
第4次安倍改造内閣
内閣改造
復興庁
東京オリンピック
パラリンピック
二階幹事長
第3次安倍改造内閣
安倍総理大臣
小泉純一郎元総理大臣
滝川クリステルさん
田中和徳
鈴木総務会長
茂木敏充
岸田政調会長
武田良太
岩手県
宮城県
福島県
トランプ大統領
河井克行
小泉進次郎氏
下村選対委員長
国連総会
ロウハニ大統領
安倍晋三
麻生太郎
小泉進次郎
萩生田光一
江藤拓
菅原一秀
赤羽一嘉
衛藤晟一
竹本直一
西村明宏副官房長官
北村誠吾
橋本聖子
河野太郎
高市早苗
加藤勝信
臨時国会
G20大阪サミット
台風15号
停電
東京電力
ニューヨーク(アメリカ)
岸田政務会長
茂木さん
第4次安倍第二次改造内閣
内閣府
加藤さん
河野さん
真夏日
君津(千葉)
神奈川県
千葉県
金沢区(神奈川)
南房総市(千葉)
熱中症
TPP
西村康稔
近藤正春
秋葉賢也
木原稔
今井尚哉
和泉洋人
長谷川榮一
東京パラリンピック
岡田直樹副長官
  1. 前回の放送
  2. 9月11日 放送
  3. 次回の放送