きんくる〜沖縄金曜クルーズ〜 甲子園 100回大会!うちな〜高校野球物語〜

放送日 2018年8月2日(木) 2:35~ 3:47
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
02:35~

夏の全国高校野球に出場した沖縄県立北部農林高等学校について紹介したあと、オープニング映像が流れた。

津波らが挨拶し、「100回目の甲子園楽しみですね」などとコメントしたあと、ゲストを紹介した。甲子園についてゲストに質問すると「地元の方の声援がすごかった」と語った。また、中継で沖縄県立博物館・美術館の甲子園の展示を紹介。高校野球の年表を使ってMEIRIが沖縄の高校野球の歴史を紹介した。

キーワード
岸本宗太
第100回 夏の全国高校野球
第100回夏の甲子園
夏の高校野球

きんくる〜沖縄金曜クルーズ〜 (バラエティ/情報)
02:40~

沖縄県立首里高校は沖縄県初の全国出場を決めた高校。福原朝悦さんは沖縄戦の鉄血勤皇隊に参加。そこで多くの学友を亡くし、戦後教員になった福原朝悦さんは野球を通して子どもたちに夢を与えることが役目だと考えるようになったという。戦後は野球の道具を揃えるのも難しい状況。独学でやるしかなかったと資料で紹介した。当時福原朝悦さんは粘り強く勝つために守備力の強化に注力した。初出場のときのメンバーで山口辰次さんは「グランドは砲撃のあとに作ったのでイレギュラーバンドなどもあり、鼻にぶつけて内出血して真っ黒にした」と当時の様子を語った。夏の甲子園で初出場となった一回戦は敦賀高校と対戦。3-0で負けて帰ってきたがいい試合だったとみんなに言われてよかったと山口辰次さんは語った。アメリカ統治下の沖縄には甲子園の記念の砂は持ち込めないとし、海に捨てられたという。全国でも話題になり、学校には甲子園の石などが送られたとのこと。再び甲子園に出向き、本土と同じレベルで野球をすることが唯一の道だと同窓会の甲子園参戦記には書かれていた。

安仁屋さんは「印象に残っているのは沖縄に球場がなかったので、甲子園球場のクッションをたらいで練習したこと」だと語った。野球が支えになっていたことを感じるとして沖縄県立博物館・美術館と中継をつなぎ、アメリカ軍基地の中にあったパラシュートを再利用して作った優勝旗、首里高校の寄せ書きなどを紹介した。福原朝悦さんについては外間一先は礎を築いた存在だと語った。

栽弘義監督は沖縄を強豪にした名将。豊見城高校を3大会連続のベスト8に、沖縄水産を2大会連続で準優勝に。指導者を目指した背景には福原朝悦さんを尊敬していたという。栽弘義は本土の大学へ進学し、一から野球の指導論を学んだ。本土では沖縄への偏見に直面し、それをバネに本土に負けない野球をしようという心持ちだったと神山さんは語った。屋良景太さんは栽弘義監督のもとで主将を務め、「グラウンドに来るか来ないかで緊張感を持たせる人は会ったことがない。今でも現れたら緊張してこんな立ち方しない」と語った。また緻密な分析による戦略も組んでいたという。「自分たちも本土と同等にやれる。自信がついた」と屋良景太さんは話した。1990年の決勝では沖縄水産と天理高校。優勝には届かなかった。翌年には大阪桐蔭と決勝。またしても決勝で敗れた。栽弘義監督は「生きている間に全国制覇をするべくがんばりたい。沖縄県は野球大好き。本土のみなさんと方を並べてやれている」と当時は語っていた。

大野倫が入学した当時を思い出しながら「先人たちの土俵があったから野球ができるようになってきた」と語った。沖縄県立博物館・美術館と中継をつなぎ、沖縄水産が準優勝したときのたてや、ノートを紹介した。栽弘義元監督のノートに関してはリアルタイムに書き記し、戦術など多才に書き込み、貴重な資料だと外間一先は語った。安仁屋宗八は「優勝候補になるレベルにしたのは栽監督たち。歴史を変えた」と話した。

我喜屋優さんが優勝請負人として2007年に就任。1968年には興南の主将として出場した我喜屋さん。県初のベスト4に進出するも準決勝では0-14の大敗をきした。監督就任後は逆境に負けないチーム作りをしてきた。重視したのは生活の見直しで早朝には散歩、周囲の変化に気づく力を養ったり、1分間スピーチをして仲間に気づいたことを投げかける力をつけるといった目的。「野球は基本は生活習慣。「挨」「拶」で言葉の通じ合い」と我喜屋監督は語った。2010年には夏の甲子園で準決勝で報徳学園と対戦。6-5で勝利し、決勝戦へ。決勝は東海大相模と対戦。初めて沖縄県として優勝した。飛行機で沖縄に帰る機内の放送の音声を紹介。当時機長をしていた片桐史推さんはこういう瞬間にフライトに携わることができて嬉しかったんでしょうねと語った。

沖縄の優勝についてスタジオでは、「今見ても感動しますよね。先人たちの汗と涙と努力の上に高校野球が成り立っているということですよね」といった話が行われた。

それぞれの甲子園の忘れられない思い出を紹介する。最初は離島勢初の勝利を収めた八重山商工について石垣島出身の30代の方からのお便りを紹介する。男性は当時千葉に住んでいたが仕事がうまく行かず落ち込んでいた。そんな時八重山商工の試合を見るために甲子園へ向かい、八重山商工が勝利したときには知らないおじさんと抱き合って喜んで、優希をもらった1日になったという。

スタジオトークが展開された。島の人達一丸となって応援してまさかアンガマが遅れるとは思わなかっただろうし、高校野球が伝統芸能を上回った瞬間だったとコメントした。

比嘉乃映さんとお父さんの義人さんが大切にしているのは第99回甲子園1塁アルプス席の入場券だった。2人は去年興南高校の試合を見に甲子園に訪れた。しかし1枚しかチケットを手に入れられず、義人さんは乃映さんにそのチケットを譲り、1人で球場に入った。そしてチケットが足りず父が外で待っていることを話すと、県人会の男性が余ったチケットを探し回って譲ってくれて、沖縄の繋がりを感じた甲子園だったという。

球児たちにありがとうを伝えたいというメッセージを寄せてくれたのは田本伸さんで、田本さんは本土復帰前、医師になるため関西の大学に進学していて、当時は沖縄出身の自分に劣等感を抱いていたという。そんな時田本さんが夏の甲子園に訪れ、その時は興南高校がベスト4に入り、興南旋風が起きていた。今の自分があるのは復帰後強豪と呼ばれるまでに成長した沖縄の高校野球の歩みのおかげだという。

甲子園にかける球児のエピソードを綴った手紙もあった。コンビニエンスストアで働いている女性は、店で母の日のメッセージを募集したところ、その中に女手ひとつで育ててくれた母親を甲子園につれていくという内容のものがあったという。その年、メッセージ通り甲子園出場を決めたとのこと。2年前の5月、うるま市のコンビニでは名嘉さんの提案で母の日のメッセージを募集した。そこで目にしたのが球児の書いたものだったという。この手紙を書いた元球児は大石さん19歳。2年前に夏の甲子園初出場を果たした嘉手納高校でキャプテンとして活躍していた。小学3年から野球を始めた大石さんは、甲子園出場を目指し進学したのは自宅から車で30分の嘉手納高校だった。そんな大石さんを母親が支えてくれたという。大石さんは1年から周囲の期待を背負い苦しい時期もあったというが、高校2年の夏に母親が甲子園に行きたいと言っているのを聞いて絶対にやってやろうという気持ちになったという。最後の夏に嘉手納高校は決勝に進出し美里工業と対戦。初回相手に先制される苦しい展開となったが、チームを救ったのは大石さんだった。1回ウラに反撃のタイムリーを放ち反撃ののろしをあげた。そして4回ウラにはホームランも放った。嘉手納高校は甲子園初出場を決めた。大石さんは母親を甲子園につれていく目標を果たした。母親は福祉施設で働き女手1つで子ども4人を育てた。母親は母の日のカードを今でも大切にしていた。母親は本人が頑張って夢が叶ってよかったと思うなどとコメント。大石さんは母親について大きな存在とコメント。 

選手もそうだが支えている人にもいろんなエピソードがあるとスタジオでコメントがあった。教え子の哲汰くんについて「甲子園」といって中学時代から努力をしていた子だったなどとエピソードがスタジオで語られた。大石さんは高校卒業後野球で大学に進学したが、けがで野球をやめざるを得なくなり、今は大学を退学し、母親や弟たちを支えるために働いているという。甲子園のグランドに立つのは限られた人しかできないことなので、それを追う姿は感動的などとコメントがあった。100回大会で沖縄に優勝してほしいなどのコメントもあった。

石垣島から甲子園へ出場するため、たくさんの島人が力を注いだ。当時八重山商工の教師をしていた添石慶子さんは、放課後練習の前に手作りパンを欠かさず差し入れしていたという。一方元市役所職員の高木健さんは、資金面でチームを支えることにした。高木さんも高校球児で、遠征費用など離島ならではの不利な条件を克服すれば夢は叶うと信じていた。高木さんは島の企業や個人に寄付協力を呼びかけ300万円を集めた。フェリー会社を経営する池間義則さんも高木さんの思いに共感した1人だった。

そして2006年に夏の甲子園出場をかけた県大会の決勝戦では、序盤から投打で圧倒し、八重 山商工が石垣島から初の甲子園出場を決めた。高木さんたちは八重山の歴史に刻まれる大きな1ページになったという。そして島の人達に支えられて迎えた夏の甲子園1回戦、相手は強豪千葉経済附属だった。試合は延長戦にもつれ込んだ。しかしその時石垣島では伝統行事のアンガマと延長戦が重なるという前代未聞の事態が起きていた。当時アンガマの出発準備を終えて公民館で試合を見ていた。しかしそのときは伝統文化よりも甲子園を見ることを選んだ。そして10回表で八重山商工が逆転に成功し、そのまま守りきって甲子園で初勝利した。

キーワード
福原朝悦さん
敦賀高校
夏の甲子園
沖縄戦
鉄血勤皇隊
夏の高校野球
栽弘義監督
高度経済成長
栽弘義元監督
日本航空
アンガマ
母の日
うるま市(沖縄)
大石哲汰
我如古盛次
羽地達洋

エンディング (その他)
03:42~

永遠の高校球児という曲を紹介。この曲は2010年に興南高校が優勝したときに沖縄ロックを牽引してきたローリーさんが作った曲。 

キーワード
永遠の高校球児
ローリー

スポット

スクール/教育

報徳学園
八重山商工
首里高校
沖縄尚学高等学校
沖縄尚学
興南中学校・高等学校
沖縄水産
東海大相模
沖縄県立首里高等学校
豊見城高校
北部農林高校
天理高校
中部商業高等学校
興南高校
大阪桐蔭
千葉経済大学附属高等学校

レジャー/交通

石垣島
大川公民館
沖縄県立博物館・美術館
甲子園球場
甲子園
  1. 8月2日 放送