サンドのお風呂いただきます 「草津温泉 後編」

『サンドのお風呂いただきます』(サンドのおふろいただきます)は日本放送協会(NHK) 制作の紀行バラエティ番組。レギュラーはサンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしで、毎回ゲストを迎えて進行し、ナレーションは水曜日のカンパネラのコムアイが務める。日本の温泉地において、現地に住む一般家庭の風呂に入らせてもらうという企画で、ローカルグルメ(郷土料理やご当地グルメ)および地元民との触れ合いも見どころ。一般家庭の風呂とは言ってもただの風呂ではなく、温泉を引いた風呂がメインとなる。初回放送は2018年1月4日に「湯けむり人情バラエティー お風呂頂きます」として放映され、その後現行の番組名となり単発で2回放映された。2019年4月3日よりレギュラー番組となり、毎週水曜の20時15分より同42分までの約30分枠で総合テレビで放映されている。また放送終了後にNHKオンデマンドにて有料配信を実施しているが、同年8月28日放送分よりTVerにて1週間限定の無料配信を開始した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月25日(木) 4:03~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:03~

前回の収録内容を振り返った。

草津温泉にある湯畑の前からスタート。湯畑は湯の花という温泉成分を採取するための湯とい。富澤たけしらが湯の花採取の体験を行うことに。伊達みきおと高橋英樹と小宮浩信は次のお風呂の約束のため参加できないことになった。

オープニング映像。

キーワード
湯畑
草津温泉
湯の花

草津温泉 後編 (バラエティ/情報)
04:04~

伊達みきおらは対象12年創業の和菓子屋「清月堂」を訪れた。ここのお風呂は草津愛あふれるお豆のお風呂になっている。オススメの「甘納豆」を紹介した。4代目の水出文夫さんは元酒屋さん。友人が経営していたこの店が跡継ぎがなく閉店するとしり13年前に店を受け継いだ。しかし若者の和菓子離れで売り上げが激減。その危機を救ったのが息子だった。若者に花豆をアピールする斬新するアイデアを次々と実戦。その1つが花豆をテーマにした旅館「花いんげん」だった。

富澤たけしらは「湯の花」採取に挑戦した。直井政一さんは曽祖父から代々湯の花づくりを受け継いできた。2か月に1度採取し1か月かけて乾燥させ細かく砕き瓶に詰める。全て手作業なので、年間約5000個しか作れない。

伊達みきおらは水出家のお豆のお風呂に入った。湯けむり文化は「かけ湯して体は洗わずに入浴」「温泉につかり1日の疲れをとる」「長時間入浴は湯あたりするので注意」だった。小宮浩信は「水出家のお風呂はめちゃくちゃ熱くて思考停止になりかけたけど最高でした」などと発表した。

マドンナおすすめ 草津温泉の魅力である「湯もみ」を紹介した。

伊達みきおらは荻原利彦さんのお宅を訪れた。荻原利彦さんは金メダリスト荻原健司さんの父。現在、健司さん一家は仕事の都合で長野に住んでいるが、子どもたちをつれて良く帰省するという。お風呂は温泉の熱で普通の水道水を温めて町中に分湯している。荻原家のお風呂を見せてもらった後、富澤たけしおが風呂に入った。荻原家の湯けむり文化は「軽くかけ湯して入る」「入浴時間は砂時計で5分」「湯船の中でストレッチ」。

荻原健司さんがオリンピックで獲った金メダルを見せてくれた。冬のオリンピックのメダルの特徴は金属となにか別の素材の組み合わせでリレハンメルオリンピックのメダルは競技会場を作る時に掘り出された岩石を使っていた。

荻原利彦は「親の大好きな趣味や得意なことは子ども連中に自慢したほうがいい。自分はスキーの三流選手で、子どもたちをスキーに連れて行ってた。自分はやりもしないのに頑張らせようというのが子どもに一番酷じゃないかな」などと話した。

伊達ら上州牛を荻原家からごちそうになった。父について荻原健司さんは「熱心でしたね」などと話した。父のもとで競い合った兄弟はその後、世界を舞台に大活躍しきんメダリストになった。最後に父の利彦さんは「夕メシの時にオレは幸せなほうかなと聞くと、妻に頭をたたかれ、あんた以上に幸せな人いないだろと言われる」などと話した。富澤たけしは「荻原家のお風呂はお父さんが産んだ町のお湯のシステムは日本の英雄を産んだえ~湯でした」と発表した。

キーワード
花いんげん
甘納豆
湯畑
草津温泉
湯の花
湯もみ
荻原次晴
リレハンメルオリンピック
アルベールビルオリンピック

エンディング (その他)
04:29~

エンディング映像。

サンドのお風呂いただきますの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 7月25日 放送
  3. 次回の放送