世界はほしいモノにあふれてる 「コスパ最高 絶品ワインを探す旅 イタリア」

放送日 2019年5月9日(木) 22:30~23:20
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

今回の舞台はイタリア・ピエモンテ。特別な時に開けたい、ご褒美ワインを探す。

テーマ曲:Remember(The Good Time) / JUJU

キーワード
JUJU
Remember(The Good Time)
ピエモンテ(イタリア)

コスパ最高 絶品ワインを探す旅 イタリア (バラエティ/情報)
22:31~

イタリア・ピエモンテ州はフランスとスイスに接し、州都はトリノ。サヴォイア家が建てた王宮などが世界遺産となっている他、06年にはトリノオリンピックが開催された。家庭料理の定番はバーニャカウダで、ピエモンテが発祥。前菜ではなくメインディッシュとして供される。ソースが残ったら卵を入れ、軽く混ぜて頂く。そして、名産品に白トリュフ、ワインがある。今回、番組では4千円以内で買えるコスパ最高のワインを探す旅へ。

スタジオでは三浦春馬、JUJUがピエモンテのワインを試飲。2人が予想したお値段は8600円。

JUJUは東京・九段下のイタリア文化会館を訪い、カルヴェッティ・パオロ館長と対面。さらにイタリア語講座初級クラスに参加した他、JUJUは没後500年を迎えたレオナルド・ダ・ヴィンチをイタリア語で教えているクラスではクイズに挑戦。ダ・ヴィンチは自転車を開発したり、飛行機を創案したとされる。また、ベジタリアンでもあったという。そして、イタリアで修行を積んだ青木純氏のクラスで、JUJUはカンツォーネに関してレクチャーを受けた。

ワイン専門商社でバイヤーを務める石田敦子氏が登場。イタリア・ピエモンテはワイン生産地として有名だが、まだまだ掘り出し感満載だという。スタジオでJUJU、三浦が試飲したワインは2年前の掘り出し物で、お値段は3500円。

後半では4千円以内で購入できる、コスパ最高のワインを探す。さらに絶品パスタも登場。

今年1月、イタリア・ミラノに到着したバイヤーの石田敦子さんは広瀬恭久氏とともにピエモンテの丘陵地帯にあるワイナリーを訪問。ここではモスカート・ダスティという微発泡の甘口ワインを生産していて、アルコール度数が控えめなのでワイン初心者に好まれるという。スイーツとも相性抜群で、一行にはヘーゼルナッツケーキが供された。ソースは卵黄と砂糖を混ぜ合わせ、モスカート・ダスティを加えた後、湯煎しながら混ぜたもの。続いてのワイナリーでは古代ローマ時代に使われていたとされる熟成用の壺「アンフォラ」を取り入れたワイン造りにチャレンジしていた。2017年に仕込まれた白ワインを試飲したところ、石田氏は面白い趣向と感じつつも味と値段が見合っていないと指摘。

ワインに価格の違いが生まれる理由について、ブルーノ・モルカルディ氏がレクチャーする。同氏によるとピエモンテの高級ワインは「バローロ」で、その芳醇な香気と味わいからワインの王とも称される。使われているブドウはネッビオーロで、味は最高ながら生産数は低い。生産地として適しているのがピエモンテで、寒暖差が大きいのでブドウの糖分を高めてくれる。また、日当たりや土壌により、できるブドウの味も異なる。そして、造り手も高品質なブドウを生産する上で重要なファクターの1つ。

石田さんらが訪れたワイナリーではピエモンテの固有品種の1つで収穫量も多い「バルベラ」のクオリティを上げようとする試みが行われていて、一行は3種類のバルベラのワインを試飲。廣瀬氏の御眼鏡に適うワインがあり、石田さんも同意見だった。試飲後、地元の有名レストランへ赴き、ワインをどんな料理に合わせているのかリサーチ。豚や子牛の肉が詰まったラビオリをワインにつけて食していた。

スタジオではラビオリとワインが用意され、廣瀬恭久氏は「最初にワインの色を見て、グラスを回して香りを嗅ぐ」と語り、石田さんは「舌で転がしながら味わうこと」と説明。その後、三浦春馬、JUJUがVTRで紹介された食べ方でラビオリを堪能した。

2人の子どもを育てる母親でもある石田敦子さんはワイン業界では珍しい、ママさんバイヤーだという。大学卒業後に現在の会社に就職するも、25歳の時に退社。フランス・ボルドーにある名門ワイナリーで働いた他、ボルドー大学にてワインの見識を深めた。帰国後、廣瀬氏からのオファーを受け、28歳の時にバイヤーとして会社に復帰した。30歳で結婚、出産を経験した。バイヤーとしての魅力は人との出会いだという石田さんはカルロッタ・リナルディさんが姉と共に作るワインに感嘆していた。

イタリアワインの帝王とも称されるアンジェロ・ガヤ氏が愛食するのは手打ちパスタ「タヤリン」で、多くの卵黄を使った麺を茹でた後、バターと絡め、白トリュフをふんだんにかけた一品。

アルフィオ・カヴァロット氏のワインメーカーでは10種類のワインを生産していて、石田さん、廣瀬恭久氏はピノ・ノワールを使いながら白ワインの醸造法で作られたワインを試飲。味と値段、造りての遊び心に惹かれ、買い付けることにした。

石田敦子さんは今回のピエモンテの旅で見つけた極上リストを発表。3位はピノ・ノワールを使って作ったワインで、三浦春馬、JUJUが試飲。

石田さんらはピエモンテで知られたソムリエのレストランを訪れ、地下のワイン貯蔵庫を見て回った。多くの希少品を発見し、石田さんは興奮を抑えきれずにいた。ソムリエはネッビオーロを使いながらラベル上は低い格付けの赤ワインを勧め、石田さんは好評価。造り手のレナート・ベッツァ氏は31歳と若く、保水性の高い土壌でブドウを栽培。初めて作ったワインのラベルには祖父の姿を描いている。ソムリエは所有しているワインのいくつかを提示し、仕入れ交渉がまとまった。

石田敦子さんは今回のピエモンテの旅で見つけた極上リストを発表。2位はVTRで登場したヴィーノ・ロッソというワイン、1位はバルベラ・ダルバ。試飲を重ねたJUJUはワインの扉を開いてしまったとという。

取引先との会食で、石田さんらは壁の内側から見つかったという24本のワインのうち1本を試飲できる機会に恵まれた。新しい家やセラーを建てる際、繁栄や幸せを願ってワインを壁に入れる風習があるという。

Dance / 藤原さくら

キーワード
トリノオリンピック
ピエモンテ州(イタリア)
サヴォイア家
白トリュフ
にんにく
オリーブオイル
アンチョビ
牛乳
ピエモンテ(イタリア)
ワイン
レオナルド・ダ・ヴィンチ
カンツォーネ
ヴォラーレ
九段下(東京)
ヘーゼルナッツケーキ
モスカート・ダスティ
ミラノ(イタリア)
アンフォラ
バローロ
ネッビオーロ
バルベラ
ラビオリ
ボルドー大学
ボルドー(フランス)
タヤリン
バター
ピノ・ノワール
ヴィーノ・ロッソ
バルベラ・ダルバ
藤原さくら
Dance

エンディング (その他)
23:19~

エンディング映像。

NHKオンデマンドで配信します。

世界はほしいモノにあふれてるの次回予告。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 5月9日 放送
  3. 次回の放送