ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 【大河ドラマのおなまえ】

放送日 2019年2月11日(月) 13:05~13:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

今回は大河ドラマのおなまえを名場面とともに紹介していく。

大河ドラマのおなまえ (バラエティ/情報)
13:06~

大河ドラマ7つに出演したという中尾さんは大河ドラマについて、タイトルが良いと話す。しかし、そもそもの「大河ドラマ」はNHKがつけたものではないという。

「大河ドラマ」を名付けてないNHKが、いつからこの名前を取り入れたか過去の作品を振り返ってみると「独眼竜政宗」からだった。しかしオープニングには大河ドラマの表記はなく、2000年台の「新選組!」からだった。

大河ドラマ最新作「いだてん」でに出演中の阿部サダヲさんは「大河ドラマ」は一般公募で名付けたのではなどと話していたが、本当は新聞記者が名付けたのだという。大河ドラマ「赤穂浪士」の第1作を見ていた新聞記者が、翌年の赤穂浪士の記事を書く時に大河ドラマというニックネームを思いついたという。当時の日本は高度経済成長期の真っ只中で、身近なテレビの放送がプロレスなどで抗議の声も出ていた。そこで大人から子供まで、楽しめるようにとつくられたのが大河ドラマだった。1年がかりで歴史上の人物の生涯を集めて、時代のうねりを映したとして「大河ドラマ」と名付けられたとみられている。

NHKの間では「大河ドラマ」と呼んでいたが40年以上たち、世間に浸透したことから「大河ドラマ」と表記していた。そこで、全58作の大河ドラマに1番多く登場した歴史スターをゲストは予想した。結果は2位が豊臣秀吉と織田信長、1位が徳川家康だった。

大河ドラマで初代徳川家康を演じた尾上菊蔵さんから始まり、7人目で滝田さんが徳川家康を主人公として演じていた。大河の中で、7人目でやっと主人公になった徳川家康は人物像がたぬきおやじとして見られて人気がなかったからだった。しかしドラマがヒットしたのは、当時は三宅島の噴火など暗いニュースが続いていた中で、家康が太平の世を築いていた事に人々が勇気づけられたからだった。その後、平成12年に再び主人公となった家康を演じたのが津川雅彦だった。そして、最後に家康を優しく演じたのが阿部サダヲだった。

大河ドラマで主人公として最多で登場したのは、亡き主君である浅野内匠頭の無念を晴らすため、赤穂藩士を率いて吉良上野介の首を討ち取った大石内蔵助だった。龍馬を超える人気の秘密は命さえ惜しまない忠誠心や、年の瀬にクライマックスがあることなどがあげられている。しかし、人気の秘密は大石内蔵助という名前にもあるという。

大石内蔵助の地元である赤穂市では、本名である良雄の文字が刻まれていた。「内蔵助」は江戸時代に家老などの位を表す通称だった。現代風に言うと冠のメンテナンスなどをする大石副部長となる。他にも浅野内匠頭は天皇の家具などを作る匠寮の長官で、吉良上野介は上野国を取りまとめた次官だった。大石内蔵助は大河ドラマの中でも、江戸に贈る金額を決めるシーンで、副部長だったので自分の意見を言えないでいた。こうして役職名で呼ぶのは、江戸時代の人々が本名で呼ぶことを失礼だと考えていたからだった。

足袋でオリンピックを目指したとされる金栗四三は、熊本県玉名郡和水町の出身だった。13世帯中、10世帯が金栗というこの地域に訪れた宮崎さんは、現地調査することにした。地元の人に聞いてついに金栗四三の親族である正光さんを発見した宮崎さんは、幼少期の四三さんの写真を見せてもらった。しかし、家系図を見ても金栗の名前の由来が分からなかったので、森岡先生に福山県みやま市に何かがあると教えてもらった。早速向かうと金栗遺跡を発見した。この遺跡があるみやま市一帯では、弥生時代の遺跡があり、王国に繁栄をもたらせたのが金栗だという。再び熊本に戻ると、阿蘇山の噴火により手に入った鉄でつくった商品を「金凝」と呼び、職人を「金栗」と呼ぶことが判明した。

中尾彬さんの奥さんである池波志乃は「いだてん」3話で美濃部りんを演じている。この美濃部という名前は、滋賀県古賀市の「美濃部」に住んだ一族だという。

キーワード
竜馬がゆく
八重の桜
花の生涯
中村勘九郎
阿部サダヲ
赤穂浪士
独眼竜政宗
渡辺謙
炎立つ
中尾彬
香取慎吾
新選組!
豊臣秀吉
織田信長
徳川家康
尾上菊蔵
寺尾聰
児玉清
フランキー堺
滝田栄
丹波哲郎
西村まさ彦
津川雅彦
西田敏行
大石内蔵助
峠の群像
浅野内匠頭
吉良上野介
長谷川一夫
緒形拳
中村勘三郎
元禄繚乱
丘みつ子
赤穂市(兵庫)
いだてん
金栗四三
和水町(熊本)
みやま市(福山)
ビートたけし
池波志乃
菅原道真

エンディング (その他)
13:49~

エンディング映像が流れた。

  1. 前回の放送
  2. 2月11日 放送
  3. 次回の放送