ニュース 「日米首脳共同記者会見」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月27日(月) 13:45~16:05
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
13:45~

日米両首脳は東京の迎賓館で日米首脳会談に臨んでおり、現在は昼食を取りながら意見を交わすワーキングランチを行っている。

安倍総理とトランプ大統領との11回目の首脳会談が終わり、2人のみでの会談・同席者を限定した少人数会合・ワーキングランチとおよそ3時間かけて行われていた。今日午後2時前からは東京港区の迎賓館で北朝鮮で拉致被害者家族と面会を行い、面会はおととし11月以来2回目となる。

岩田明子は、少人数会合は大幅に時間が伸びた、トランプ大統領がアメリカの農産品を買ってほしいと主張していたようだと述べた。現在もワーキングランチが続いていると見られる。岩田は日本側の今回の姿勢について、貿易については農産品と自動車部品について従来の主張を続けると解説した。

約3時間の首脳会談が行われたが、本来よりも1時間以上伸びているという。安全保障や国際情勢については議論の余地がなかったと見られるが、少人数会合では北朝鮮や中国について・日米通商の話などを長くおこないアメリカ産農産品の購入で話が伸びたと岩田さんは見ていた。

27日、北海道・帯広市では35度を超え猛暑日となっている。東北や関東でも35度前後の猛烈な暑さになっていて引き続き熱中症に警戒が必要。各地の最高気温などを伝えた。27日午後、東京、町田市にある中学校で体育祭の練習をしていた生徒20人あまりが熱中症とみられる症状を訴え2人が病院に運ばれた。こまめに水分を取るなど熱中症ねの警戒が必要だと伝えた。

北朝鮮による拉致被害者家族との面会が2時前から行われている。面会を前に横田めぐみさんの母・早紀江さんは、トランプ大統領がキム委員長に直接拉致問題を話した時にありがたいと思ったことを振り返り、早くめぐみさんを返してほしいと訴えた。母の田口八重子さんが拉致された飯塚耕一郎さんは、会談が目的ではないので被害者を帰国させない限り支援をしないスタンスで会談を持つ機会を模索して欲しいと話していた。

物別れに終わった2度めの米朝首脳会談以降、北朝鮮は不穏な動きを見せている。ミサイル発射場では施設を急速に建て直す動きが確認され、5月4日と9日に相次いで複数の飛翔体を発射。アメリカ国防総省は、9日に発射された飛翔体を弾道ミサイルと分析。当初トランプ大統領は不快感を示したが、徐々にトーンダウンし北朝鮮の出方を慎重に見極める考えを示した。拉致問題を巡っては今月安倍総理が、前提条件を付けず日朝首脳会談の実現を目指すとの考えを明らかにした。拉致被害者家族は全被害者の一刻も早い帰国という要求を下げる事無く交渉に臨んでほしいと求めている。

日米首脳会談に先立ち、トランプ大統領夫妻を歓迎する式典が皇居で行われた。大統領夫妻が乗った車は午前9時20分すぎに皇居に到着し、両陛下と挨拶を交わした。式典では両国の国家が演奏され、トランプ大統領は自衛隊儀仗隊の栄誉礼を受けた。式典後両陛下は大統領夫妻との会見に臨み、言葉を交わした。その後両陛下・夫妻は贈り物を交換した。午後11時すぎから日米首脳会談が始まった。

ヨーロッパ連合の加盟国から議員を選ぶヨーロッパ議会選挙は、EUの統合を支持する中道の2つの会派が大幅に議席を減らして、両会派を合わせても過半数に届かない見通し。これに対してEUに懐疑的な勢力は、主要国のフランスやイタリアなど各国で首位になる見通しで、重要な政策の審議が難航することも予想される。

大統領の専用車で皇居・宮殿に到着したトランプ大統領夫妻、出迎えた天皇皇后両陛下はにこやかに英語で挨拶をかわした。米大統領が国賓として来日するのは5年ぶりで両陛下がトランプ大統領と会われたのは初めて。宮殿・前庭で行われた歓迎式典では両国の国歌を演奏、自衛隊の儀杖隊の栄誉礼を受け、その後宮殿の竹の間で両陛下と大統領夫妻の会見が行われた。陛下が外国の元首と会見するのは初となる。トランプ大統領は冒頭、「即位後最初の国賓として招いて頂き光栄に思う」などと述べると、陛下は「最初の国賓として大統領を迎えることを嬉しく思う」などと答えられた。陛下が「皇室と米国の交流は長く上皇陛下から様々な経験をした話を聞いた」などと述べられると、「日米関係は戦争などさまざまな経験を乗り越え今の素晴らしい関係が構築されている」などと答えたとのこと。懇談は天皇陛下は英語を交え、皇后さまはすべて英語で臨まれ15分ほど、和やかな雰囲気ですすんだという。その後両陛下と大統領夫妻の間で贈り物の交換が行われ、大統領から天皇陛下に80年以上前アメリカで作られた年代物のビオラが贈られ、皇后さまは陛下に「今夜お弾きになられたら」と話したという。皇后様には卒業されたハーバード大学構内で育った木で出来た万年筆などが贈られ、両陛下は嬉しそうな表情を浮かべたという。

北朝鮮による拉致被害者の家族らとトランプ大統領の面会は一昨年に続き2回目となったが、同じ大統領に2度会うというのははじめてのことだという。家族は米朝首脳会談で拉致問題を提起したトランプ大統領に謝意を伝えたいとしていて、被害者たちはおととしのように家族の写真を持ってアメリカの後押しをお願いしていた。この事件からは40年以上が経過していて家族の高齢化が問題となっていて、横田滋さんは入院のために欠席し、飯塚さんも集会を欠席するなど体調に不安を抱える人が増えている。一方で家族はキム委員長に対して被害者の帰国だけを臨んでいると話していて、キム委員長の決断を呼びかけている。一方日本政府には主体的に取り組んでほしいと要求している。安倍総理は前提条件を付けずに日朝首脳会談を目指すとしているが、家族からはすべての被害者を取り戻すことは譲れないとしている。前提条件を付けないという形については、拉致問題を解決するためだと述べている。トランプ大統領に対しては積極的な役割を果たしたいとしていたが、今回の会談でもこの方針を確認している。日本側の積極的な役割という発言は非核化実現が膠着していることから、日本がきっかけを作る必要があるためだと岩田さんは話していた。

日米首脳会談を終えたトランプ大統領は安倍総理大臣とともに北朝鮮の拉致被害者の家族と、午後2時前から迎賓館で面会している。トランプ大統領と拉致被害者が面会するのは2017年11月以来、2回目となる。面会では飯塚さんらがトランプ大統領に対し肉親の帰国を待ち続ける切実な思いを伝えると共に、拉致問題の解決に向けた協力を求めているものとみられる。面会を追えた後、両首脳は記者会見を行い一連の会談の成果を発表することにしている。

両首脳の共同記者会見会場から中継。会見冒頭、安倍総理は大統領夫妻を国賓として迎えられたことへの感謝を述べ、日米の絆の強さを強調し、両国の北朝鮮への対処方針は一致していると述べた。また条件をつけずに金正恩委員長と会談したい、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた日米の協力は順調でありさらに進展させたいと話した。貿易問題について、日本は自動車関係でアメリカに投資しており雇用を生み出したと強調し、きょうの会談では日米win‐winの形になるよう議論を加速させることで一致したと述べた。また大統領との大相撲観戦などについて触れた。

この時間もトランプ大統領と拉致被害者家族の面会は続いているものと見られる。トランプ大統領は2度の米朝首脳会談で拉致問題について提起しており、被害者家族はそれについて謝意を伝え、また高齢化する被害者の現状などを語っているものと見られると杉田。今存命の親世代は4人まで減り拉致問題の解決は時間との戦いにもなっている。2月には拉致被害者家族から金正恩委員長へメッセージも送っており、金正恩委員長の決断にかかっていると杉田。今回の拉致被害者の面会には問題解決に向かう日米同盟の強固さを北朝鮮に示す狙いがあると岩田。大統領は一昨年の訪日の際にも拉致被害者家族と面会しており、問題を深刻に受け止め総理と連携していく決意を伝えていた。大統領は北朝鮮との交渉継続を求めており、直接非難するような発言は控えると見られる。

日米貿易について、安倍首相は日米貿易の早期の成果達成に向けて議論を加速することで一致したとしているが、岩田さんはこれについて去年9月の共同声明に沿って茂木大臣とライトハイザー通商代表の間で貿易議論が勧められていることを歓迎し、日米の信頼関係に基づいて議論をさらに加速させる形で一致したとしている。日本側は夏の参院選への影響を考慮して、交渉の加速に考えをとどめたいことから想定通りと岩田さんは見ていた。また、トランプ大統領は貿易赤字削減について言及していて、輸出を促進するために間もなく何らかの発表ができると述べていて、交渉の早期妥結への意欲を示していると油井さんは話した。

日米の貿易交渉についてトランプ大統領は2018年「中国・日本・韓国、他の多くの国に対し多額の損を出している」などと述べ貿易赤字を問題視してきた。安倍総理は2018年、9月、日米物品貿易協定の締結に向けた交渉を開始することで合意した。自動車についてトランプ大統領は自動車について貿易赤字の主な原因になっているとして不満を示している。トランプ大統領が日本に輸出台数の制限を今後、求めてくるかどうかが注目される。アメリカ産の農産物も焦点になっていて、日本に市場開放を強く迫っている。その背景にはトランプ大統領の支持基盤である農家の不満が高まっていることがある。

安倍総理とトランプ大統領は午前11時過ぎから日米首脳会談に臨み、通訳のみを交えた2人だけの会談やワーキングランチなど予定より約1時間長く会談した。両首脳は会談後、迎賓館の別の部屋にうつり、午後2時前から北朝鮮拉致被害者の家族と面会した。トランプ大統領が拉致被害者の家族と面会したのは一昨年の日本訪問につづき2回目で、拉致被害者家族会代表、飯塚繁雄さんや横田早紀江さんらが主席。トランプ大統領は家族との面会のあと「いつも拉致問題を気にかけてます、安倍総理はこの問題の解決をもっとも重視していて、会談するとき拉致問題に触れないことはない、我々は皆さんの家族を故郷に連れ戻したいと考えている」と述べた。面会を終えた後両首脳は記者会見を行い、会談の成果を発表することにしている。

首脳会談では北朝鮮情勢を踏まえて最新の北朝鮮情勢を踏まえて綿密な打ち合わせを行っていて、日米の立場が完全に一致していると述べていて、短距離ミサイルの発射などに対して一致して取り組む方針。一方で米朝交渉は進展が行き詰まる形となっているが、トランプ大統領は非核歌を通して国を変えることを期待する形となっていて、非核化に向けた具体的な措置を呼びかけている。一方のキム委員長は非核化が必要だと理解しているとトランプ大統領は述べ、結論を急いでいないとも述べている。また、拉致問題については日本がアメリカの協力を得ながら進める方針となっていて、被害者方もこれを臨んでいるが、被害者の親族が呼びかけたように連れ戻す方法が大事となっている。面会後にも会見は行われているが、被害者の親族からは一括帰国が大切という声が上がっていて、今後も粘り強い取り組みが政府には求められる。また、今回の会談について岩田さんは日本側は同盟関係を示せたのは評価でき、北朝鮮の対応を促す異議もあると述べた。しかし、トランプアメリカは一国主義を貫くことから、アメリカとの緊密な関係を活用できるかなどが課題となると述べ、アメリカとイラン・中東諸国との関係も問題となると岩田さんは述べた。一方アメリカ側の成果は貿易が中心だと言いい、早期妥結を述べたことで、農産品への輸出を期待する形となっている。成果をアピールするためにも重要なものとなっている。

北海道帯広では午後3時までで最高気温が35.8℃となり2日続けて猛暑日となった。また、埼玉県熊谷市で36.2℃、群馬県伊勢崎市で30℃など各地で猛暑日となっており、東京都心では5月として観測史上初めて4日連続真夏日になった。東京町田の中学校では体育祭練習中の生徒20人余が熱中症とみられる症状を訴え手当てを受け、この内8人が病院に搬送され消防によるといずれも意識はあるとのこと。厳しい暑さが続くので、こまめに水分をとり、冷房を適切に使用するなど熱中症に警戒。

首脳会談に先立ち、皇居ではトランプ大統領夫妻の歓迎行事が行われた。

日米貿易について、日本側は夏の参議院選挙への影響を考慮して、今回の首脳会談では交渉を加速することの確認にとどめたい考え。アメリカ側は農産物の関税引き下げを強く求める一方で日本が求める自動車・自動車部品などの関税引き下げ、これには慎重な姿勢を示しているという。自動車については日本が強い懸念を示しているという。トランプ大統領は貿易赤字の主な原因になっているのは日本がアメリカに輸出している自動車ということで、日本からの輸出を制限したい考えを締めているという

日米両首脳は拉致被害者家族らと面会している。両首脳に向き合う形で拉致被害者家族が座っている。トランプ大統領は演説の中で拉致被害者家族を気遣い、総理と協力し拉致被害者を帰国させたいなどと述べた。安倍首相はトランプ大統領が米朝首脳会談で拉致問題を取り上げた事に触れ、「大統領は皆さんのお気持ちに沿って外交努力をされている」などと述べた。

トランプ大統領の挨拶。まず国賓として招かれたことへの感謝を述べ、大相撲観戦について話し日本の伝統を賞賛した。北朝鮮について非核化への期待と、拉致問題について取り組みたいと述べた。貿易について、日本はアメリカ産の防衛装備の最大の買い手だと話した。貿易について障壁を取り除き、アメリカ製品が公正に取り扱われ日本市場に根付くことを願うと述べた。またアメリカの宇宙開発について述べた。

拉致被害者家族にコメントをもらう。家族の言葉に耳を傾けトランプ大統領への謝意を述べ、引き続き家族の帰還の協力を求める言葉を述べた。横田早紀江さんは拉致問題へと取り組むトランプ大統領の姿勢に感謝と信頼の言葉を述べ、「北朝鮮にも平和になってもらいたい」などと話した。

天皇皇后両陛下は赤坂御用地を出て午前9時に皇居に入られた。トランプ大統領大統領は午前9時20分ごろ大統領専用車でホテルを出発、皇居宮殿の南車寄せに到着後、両陛下は大統領夫妻と握手をかわした。両陛下が大統領夫妻に会われたのは初で、皇居内では秋篠宮夫妻を紹介した。宮殿前庭では両国の国歌の演奏、陸上自衛隊の儀仗隊の栄誉礼を受け、隊員を順列した。歓迎式典は午前9時40分過ぎに終わり、その様子を伝えた米CNNテレビは、両陛下が通訳を交えず会話したことに触れ、天皇陛下はオックスフォード大学留学、皇后さまはハーバード大学卒業などと解説した。式典後宮殿の「竹の間」で両陛下が大統領夫妻との会見に臨み、トランプ大統領が「即位最初の国賓として招いて頂き光栄に思う」などと述べると天皇陛下は「最初の国賓として迎えることを嬉しく思う」などと答えた。懇談後、両陛下と大統領夫妻の間で贈り物交換が行われ、夫妻から陛下にはビオラが贈られた。両陛下は会見が終わると、大統領夫妻を見送り、握手をかわされた。午前11過ぎから11回目となる日米首脳会談が迎賓館で始まり、安倍総理は会談は北朝鮮問題、国際社会のさまざまな課題、日米経済など、G20の成功にむけ調整を図り突っ込んだ議論を行いたい、日米同盟の絆が強固だと示したいと述べ、トランプ大統領は貿易・軍事・北朝鮮などについて、また色々なテーマについて進展があり、日米関係はかつてないほど盤石になったなどと述べた上、貿易については8日に良い内容を発表できるとした。またイラン情勢について「日本はイランと良好な関係を持っていることを知っており、イランも話したがっていて、私たちも話したい、どうなるか見極めたい」などと述べ、日本政府の仲介に期待を示した。

両陛下主催の宮中晩さん会が開かれるため、トランプ大統領夫妻が皇居宮殿を訪れた。晩さん会には皇族方や三権の長、閣僚ら、両国の交流に力を尽くした人など170人近くが出席する予定。

拉致被害者家族が会見を行った。飯塚繁雄さんは「各国いろいろ制裁の面ですとか、北朝鮮に向ける対策をしていただいてますけども、私達としてはいかにこの拉致問題をキム・ジョンウンにぶつけて、日本人拉致被害者を返すという決断を狙いたい。トランプ大統領はこの問題をなんとか解決したいんだという意気込みを感じました。いい結果が出ないとなんにもならないというのがいつも頭にあります。安倍総理はこの流れを上手く使って拉致問題を解決するような動きにしていただきたい」などと話した。横田拓也さんは「全拉致被害者の即時一括帰国が無い限り経済制裁の緩和はしてはならないんだということをトランプ大統領にお願いした。トランプ大統領からはその場で絶対に立ち止まってはならないんだということをコメントしてくださってすごく勇気を与えられた気分でした」などと話した。飯塚耕一郎さんは「私と同じように数十年、あえないままが続いている家族がいるということをお伝えした」などと話した。横田早紀江さんは「2度もお会いでき家族皆が感謝していると伝えた。トランプ大統領と安倍総理が1つになって同じ問題解決できるようにお願いしました」などと話した。

質疑応答。日本の記者が安倍総理に、拉致問題解決に向けた北朝鮮との会談の回数と時期についての見通しを質問した。総理はきょうの会談で述べた自身の決意を改めて述べ、日朝首脳会談の回数などについてはめどが立っていないと述べた。アメリカの記者がトランプ大統領に、北朝鮮の小さなミサイルが違反に当たらないなら何を違反とみなすか質問した。大統領は、北朝鮮は非核化を進めつつありその現状には満足していると述べた。さらにロシア疑惑を巡る民主党の動きについて質問され、自分ほど透明性の高い大統領はいないが民主党にはそれがわからないのだと答え、ロシア疑惑を改めて否定した。アメリカの記者が安倍総理に、自動車部品に対して6ヶ月後に関税を課さないという言質は取れたか質問した。安倍総理は、昨年の共同声明をもとに現在茂木大臣とライトハイザー通商代表が議論しており、交渉を加速させることで一致したと述べた。

日米両首脳と拉致被害者の会談について。トランプ大統領は拉致被害者と2回目の面会であると言及、「拉致問題は常に私の頭の中にある」と話し、拉致問題が安倍総理にとって再優先課題であると認識し、総理と連携して拉致被害者帰国に取り組んでいくと決意を示した。総理は「トランプ大統領は被害者の気持ちに沿って外交努力を重ねている」と謝意を伝えた。飯塚耕一郎さんは、日本が主体的に向かう問題ながらアメリカの協力は欠かせないと感じそれをお願いしていた.横田早紀江さんは北朝鮮にも平和になってほしいと述べた。この問題は金正恩委員長の決断にかかっている問題であり、日本政府は問題解決のメリットを北朝鮮に示しながら決断を迫る粘り強い取り組みを政府に求めていきたいと考えているのではないかと杉田。面会の中で有本恵子さんの父親が「娘への思いを手紙にしたので読んでほしい」と話すと、トランプ大統領は「直接自分に渡してくれ」と求め、手紙を受け取ったという。

具体的なスケジュールや米中貿易摩擦についての質問がでた。安倍首相は「日米貿易交渉はウィンウィンの合意を目指す」とし、経済大国である米中の安定は世界にとって重要であると強調し、対話での解決を期待した。トランプ大統領はTPPに加わっていないことを強調した上で中国は合意を求めているがアメリカはそれに応じるつもりはないものの将来的に米中は素晴らしい貿易合意ができると答えた。

自動車に関する関税を避けるために日本は何をすべきか、中国との関係は軌道に戻るかという質問。トランプ大統領は「中国は多くの産業に補助金を出している」「アメリカ農家が求めるのは公正な競争」「多くの企業が中国から抜け出している」とコメントした。また、北朝鮮について綴ったツイッターについての質問に対して「北朝鮮が国連決議に違反しているとは思っていない」とし、イランについては「イランの政権交代目指さず、核兵器の断念を求める」とした。安倍首相はイランについてトランプ大統領とどんな話したのかという問いかけに「日本ができることをやっていきたい」とコメントした。

トランプ大統領は北朝鮮の拉致被害者家族と2回目の面会した。トランプ大統領は安倍首相を素晴らしい、安倍首相は拉致問題を重要視しているということを強調しつつ「私達は共に協力して、皆さんのご家族を帰国させたい」「努力し協力していく」と話した。安倍首相は米朝首脳会談で拉致問題を定義してくれたことや協力してくれたことについてトランプ大統領に感謝の言葉を送った。拉致被害者家族も感謝し、協力をお願いしますと話した。

キーワード
トランプ大統領
迎賓館
日米首脳会談
安倍総理
安倍総理大臣
拉致被害
元赤坂(東京)
日米両首脳
北朝鮮
港区(東京)
アメリカ
横田めぐみさん
キム委員長
田口八重子さん
ヨーロッパ連合
皇居
ヨーロッパ議会選挙
天皇皇后両陛下
キム・ジョンウン委員長
38 North
秋篠宮さま
紀子さま
皇居 宮殿
早紀江さん
家族会
アメリカ国防総省
儀仗隊
飯塚繁雄さん
トランプ大統領夫妻
CNNテレビ
オックスフォード大学
米朝首脳会談
ハーバード大学
滋さん
竹の間
拉致問題
日朝首脳会談
上皇陛下
ハノイ(ベトナム)
非核化
メラニア夫人
日米首脳 共同記者会見
昭恵夫人
安倍首相
茂木大臣
ライトハイザー通商代表
金正恩委員長
G20大阪サミット
日米物品貿易協定
参院選
貿易赤字
拉致被害者家族会
自由で開かれたインド太平洋戦略
猛暑日
気象庁
飯塚耕一郎さん
朝乃山関
拓也さん
真夏日
WTO
自由貿易
天皇陛下
海洋プラスチック
南成瀬中学校
F-35
アメリカ軍
自衛隊
帯広(北海道)
駒場(北海道)
熊谷市(埼玉)
伊勢崎市(群馬)
会津若松市(福島)
大月(山梨)
町田市(東京)
上野(東京)
熱中症
赤坂御用地
飯塚繁雄
皇居宮殿
キム・ジョンウン
田口八重子
陸上自衛隊
栄誉礼
宮中晩さん会
横田拓也
横田めぐみ
横田早紀江さん
飯塚耕一郎
民主党
ヒラリー・クリントン氏
有本明弘
横田早紀江
有本恵子さん
モラー特別検察官
中国
G20
国連決議
オバマ前大統領
バイデン前副大統領
韓国
イラン
  1. 前回の放送
  2. 5月27日 放送
  3. 次回の放送