聖火のキセキ 静岡

放送日 2018年5月14日(月) 1:30~ 1:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

テーマ音楽:村井秀清

1964年のオリンピックの聖火は沖縄を巡り東京へと戻った。つないだのは10万人の若者。今回の舞台は静岡。今回は聖火が生んだ奇跡を探す。

キーワード
村井秀清

聖火のキセキ (バラエティ/情報)
01:31~

今から54年前の10月3日愛知との県境を超えた聖火は静岡県を四日間かけて駆け抜けた。湖西市からスタートし、新居町役場に到着。ここで聖火を引き継いだランナーの宮田さんは陸上競技の活躍が認められ選ばれ大声援の中先頭を走った。聖火リレーを当時一つのグループが8ミリカメラで撮影していた。当時のリーダー鈴木さんは役場でカメラを構え、その様子を記録。その仲間の片山さんは遠藤の人々を撮影担当した。鈴木さんは聖火ランナーだった宮田さんの家を訪ね、当時の写真やゼッケンを紹介。2人は去年撮影グループの上映会に参加し、宮田さんがこのとき初めて撮影されていたことを知った。翌10月4日、聖火は藤枝市に到着。54年前聖火ランナーを務めた大畑さん。サッカー部員のメンバーで聖火ランナーとして参加。母校から2人もオリンピック選手が生まれた。

10月6日静岡での聖火リレー最終日には沼津市へ入った。この沿道で聖火リレーを見たのは山本昌邦さん。当時はわくわくしながら見ていたと語る。山本さんは東京五輪での杉山隆一選手らのプレーを見て自分も東京五輪で優勝したいと語った。サッカー選手になったが29歳で引退し代表コーチとなった。1996年にはアトランタ五輪が開催。王者ブラジルに日本が勝利した。

藤枝では今女子のオリンピック世代が躍動している。ディフェンダーの長江伊吹選手は守備の要として期待されている。山本さんは当時はサッカーがすごいと言うよりオリンピックがすごかったと答えた。

キーワード
静岡県立藤枝東高等学校
東京五輪
聖火リレー
バルセロナ五輪
新居町(静岡)
杉山隆一
釜本邦茂
中田英寿
前園真聖
服部年宏
川口能活
沼津市立香貫小学校
メキシコ五輪
アトランタ五輪
マイアミの奇跡
藤枝順心中学校・高等学校
西浦小学校
全日本高校女子サッカー

エンディング (その他)
01:54~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 5月14日 放送