美食倶楽部へようこそ 西郷どんの正月料理 2018年1月3日放送回

放送日 2018年1月3日(水) 19:30~20:44
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今回は大河ドラマ「西郷どん」の主人公である西郷隆盛を彼を育んだ料理にスポットライトを当て魅力に迫る。

オープニング映像。

バカリズムが挨拶。ゲストとして武田鉄矢らを紹介。ゲストである松坂慶子さんと塚地武雅さんは大河ドラマ「西郷どん」に出演し、それぞれ母親と使用人を演じている。西郷隆盛について松坂さんは包容力のある人と思い、塚地は容姿から自分に似ていると話す。小芝さんは西郷隆盛像から犬を連れた大きな人という印象が最初に思いつくと話す。そして、武田さんは坂本龍馬が大ファンで芸能人の人に会って、この人が生まれ変わりなのではと思う時があり、坂本龍馬は加山雄三。西郷隆盛は高倉健と話した。解説に原口泉先生を紹介。西郷隆盛は平均身長151cmの時代に約178cmあったなど解説。

キーワード
西郷隆盛
坂本龍馬
加山雄三
高倉健

西郷どんの正月料理 (バラエティ/情報)
19:36~

「鹿児島県歴史資料センター黎明館」には西郷隆盛が着ていた軍服が展示されており、そこから身長などが推測されている。西郷隆盛を大きく育てのには郷土料理が関わっていて、それを調査しに俳優の堀井さんが調査。話を聞いたのはひ孫である西郷隆文さん。西郷家に伝わる料理として「とんこつ」と話す。

「とんこつ」とは鹿児島でよく手に入る事が出来る骨付きの豚肉の事。地元の人に話を聞くと人が集まる時に振る舞うなど話す。中でも西郷隆盛が好んだのは「みそ仕込み とんこつ」という事で郷土料理講師の白石さんに作ってもらった。鍋にとんこつを入れて焼き、少し焦げ目がついたら芋焼酎を入れ、とんこつに染み込ませる。その後、水をいれ沸騰したら黒砂糖を入れ、コクをつけてその後麦みそを大量に入れ2日間煮込むと紹介。2日間煮込んだものを堀井さんが試食した。下級藩士だった西郷にとってとんこつ料理は最高な料理で体を大きくしたのはとんこつの「動物性たんぱく質」を沢山食べた事にあるかもしれないという。江戸時代は仏教の教えから豚肉を食べるのをタブー視していたが、薩摩では人が集まれば豚肉料理を振る舞われていた。

スタジオに「みそ仕立てのとんこつ」が登場し、出演者が食した。塚地はドラマの収録現場で作って食べたいと話した。タブー視されていたが、江戸から離れている事や肉食文化が豊かだったと原口先生は解説。さらに西郷流の食べ方として骨をしゃぶる事で心身ともに強くなると考えられていた。他にも狩りをしてうさぎや猪などを食べており、西郷隆盛像の犬は猟犬であると解説。そして、料理の感想を一句を発表した。

西郷が歴史を変える偉人になった理由に殿様の正月料理が関わっているという。西郷隆盛は18歳の時に藩を出仕し、納税を記録する役目を担っていた。そこでは不正などから苦しむ人々の姿があり、上司に意見書を何度も提出していて、10年後西郷の意見書を見て大抜擢したのが薩摩藩主の島津斉彬だった。その頃、アメリカからペリーが来航しており、危機感を募らせ外国に対抗する為藩をあげて邁進し軍備を強化したり、薩摩切子で財政を安定化させた。その斉彬らが正月に食べた料理がある。

西郷隆盛と島津斉彬の関係に詳しい尚古集成館の学芸員の山内さんに話を聞いた。山内さんによると「クマエビの雑煮」というのが伝わっていると説明を受けた。「クマエビ」は車海老の仲間でその漁を見るため出水市へと堀井さんがやって来た。午前6時から港に向かうも風が強くで出れないと言われる。しかし、1時間後に風向きが変わり漁に出るという事で見せてもらう事が出来た。クマエビ漁は帆船を使って行っていた。捕れた「クマエビ」はすぐに刺して炭火焼きをして、のれんのように縛り上げ10日間ほど乾燥させる。

島津家の別邸跡にあるレストランで「クマエビ」を調理してもらった。島津家が食べたとされる正月料理は色鮮やかで「クマエビの雑煮」は「クマエビ」が丸々一本入っており、薩摩の海や山の幸が詰まっている。斉彬は西郷隆盛について「我が薩摩において貴重な宝である」など語っている。

VTRを振り返りトーク。塚地はさきほどのとんこつとうって変わって上品な料理でそのギャップが頑張る力に変わったのではと話す。スタジオには干した「クマエビ」が登場した。そして島津家の正月料理」として「クマエビの雑煮」などが登場し、食した。「酒ずし」には酒が約1.8リットル弱入っているなど紹介。

西郷隆盛は正月料理などで育まれてきたが、麦飯しか食べれないほど窮地に陥ったことがある。西郷は斉彬の命で京都に赴いていたが、斉彬が急死したと知らせを受ける。そして、薩摩藩は西郷とそりがあわない島津久光が藩をまとめあげていた。西郷は恩師を亡くすなどから思い詰め、命を絶とうした。その後、奄美大島へ身を隠しそこで出会ったのが「鶏飯」だった。しかし、西郷隆盛が食べていたのは今と違う「鶏飯」だという。そこで料理研究家の泉和子さんに再現してもらった。「鶏飯」には島うりとごぼうは入っており、大きな違いは鶏がらスープでご飯を炊いたという。元々「鶏飯」は薩摩藩の役人を接待するための料理だったという。

島での暮らしは西郷隆盛の食生活も変えたという。「アバス」というハリセンボンの一種を食べていたのではされ、堀井さんは「アバスの唐揚げ」を食した。西郷隆盛が島で過ごしている間、江戸では井伊直弼が暗殺されるなど事態が急変していた。この混乱を何とか出来るのは西郷しかいないと3年ぶりに呼び戻されるも久光と対立し、沖永良部島へと島流しされる。そこでは「麦飯」など雑穀しか食べずやせ細っていったという。それを見かねたのは島の役人である土持政照でせめて、雨風をしのげるよう家の中に牢屋を建てたという。

VTRを振り返りトーク。手を差し伸べてくれる人がいるというのが西郷隆盛の人徳であると塚地らは感想を述べた。そして「元祖鶏飯」と「アバスの唐揚げ」が登場し、食して一句詠んだ。

1863年、薩摩藩は「薩英戦争」で大敗をして窮地を脱するために呼び戻される。西郷は犬猿の仲だった長州藩と手を組み、倒幕をしようと進軍。それに待ったをかけたのは勝海舟だった。交渉は難航したが勝海舟は西郷と共に愛宕神社へと趣き、町を見渡す。そして「戦火で焼失させるのは忍びない」とし、西郷は江戸総攻撃を中止を宣言した。「言志録解詰」によると勝海舟の懐が膨らんでおり、取り出したのは「江戸前ずし」だったという。それを気に入った西郷はよく寿司を食べていたという。その西郷が通っていた店が残っており、4代目の橋本さんの祖母がよく来ていたなど話していたという。よく好んで食べていたのが「赤ベロベロしょっぱづけ」で落語の演目で登場している。

老舗寿司店に「赤ベロベロしょっぱづけ」を作ってもらった。その正体はマグロを漬けたものだった。当時は主流で食べられる物ではなかったため、どうしても傷んでしまいその時は醤油漬けにしており、その色付けが舌にみえる事から「赤ベロベロしょっぱづけ」と名付けられた。

VTRを振り返りトーク。勝海舟について武田鉄矢は話し名人だったのではなど話した。そして、スタジオに「赤ベロベロしょっぱづけ」が登場し、食した。

甘いものが好きだったという西郷隆盛。「亀戸天神社」に近くにある和菓子屋に西郷隆盛の孫から祖父が好んで食していたと手紙が届いたという。スタジオにも登場して、出演者らが食した。

明治維新を成し遂げ、西郷隆盛は初の陸軍大将になる。明治6年に征韓論を主張するも反対され鹿児島に戻る。西郷は私学校を設立した。この時期によく通ったのが城の近くにあったうなぎ屋だった。私学校をには士族が集まっており、明治政府に不満を持つが多くついには西郷隆盛が総大将に祭り上げ西南戦争が勃発。1877年に西郷隆盛は自決した。そんな西郷隆盛が出陣前に食べたのがうなぎだったという。

VTRを振り返りトーク。出陣前に食べていて死も覚悟していたのではなど話した。スタジオには「クマエビの出汁で頂くこしょう飯」が登場して出演者が食した。

キーワード
鹿児島県歴史資料センター黎明館
西郷隆盛
西郷どん
鹿児島県
桜島
芋焼酎
黒砂糖
麦みそ
みそ仕立てのとんこつ
仏教
徳川慶喜
とんこつ
動物性たんぱく質
南洲翁逸話
島津斉彬
ペリー
薩摩切子
尚古集成館
アメリカ
薩摩風土記
北さつま漁業共同組合 出水支所
仙巌園
クマエビ
出水市(鹿児島)
クマエビの雑煮
酒ずし
島津久光
鶏飯
遠島録
元祖鶏飯
島うり
ごぼう
京都
奄美大島
アバスの唐揚げ
井伊直弼
桜田門外の変
土持政照
敬天愛人
アバス
沖永良部島
薩英戦争
言志録解詰
棒鱈
江戸前ずし
日本橋(東京)
勝海舟
愛宕神社
赤ベロベロしょっぱづけ
亀戸天神社
くずもち
南洲翁遺訓
西南戦争
うなぎ

エンディング (その他)
20:42~

エンディング映像。

  1. 1月3日 放送
  2. 次回の放送