パン旅。 住宅街のぜいたくパン(2)松陰神社前・下北沢編

パン旅。はNHKの旅バラエティ番組。「パンの女王」木南晴夏がパン好き女子の相棒と共に各地のパン屋を巡る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月6日(月) 4:30~ 5:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:30~

オープニング映像。

木南晴夏は共演歴がある橋本マナミとともに東京・世田谷と下北沢を巡る。

キーワード
下北沢(東京)
世田谷(東京)

パン旅。 (バラエティ/情報)
04:32~

木南晴夏と橋本マナミは松陰神社前にあるパン屋を訪れたところ、多くの人が列をなしていた。客たちのお目当てはデニッシュで、美しく何層も重なったサクサクの生地、その上にフルーツが乗っているのが特徴。木南らは「イチゴとあんこのデニッシュ」、「リンゴのデニッシュ」を堪能した。職人の須藤英男氏は2006年、国内最大級のコンクールベーカリー部門で優勝した実績があり、同年にパティシエとしても優勝。生地とバターを同じ柔らかさに揃えることでむらなく均一に伸ばすことができ、口溶けとサクサク感を追及して18層にこだわっている。また、妻の枝里子さんは自由な発想を次々と形にする須藤氏を支えるべく、生地の下準備、焼き上げ、経理やスタッフのシフトなどでサポートしている。仕事を離れると須藤氏が奥さんを支えているという。

松陰神社前にお店を構えた理由について、須藤氏は「下町っぽいロケーションが好き」と語り、今後はロールケーキなどお菓子にも手を広げたいという。

宮の坂駅から徒歩5分の場所にある豪徳寺では約4千体の招き猫が奉納されている。この寺には招き猫の伝説があり、井伊直孝がネコに招かれて建物に入ったところ外は豪雨になったとか。

二軒目へ向かう道中、木南は下積み時代を質問。橋本は「下積み時代は15年ぐらい」と明かし、1食6円のわかめ丼を食べていたと明かした。そして、商店街を進んだところにお目当てのパン屋があり、棚の大半を占めているのは具がたっぷりの惣菜コッペパン。2人は店内のイートインスペースで「やきそばパン」、「ホットドッグ」を実食した。店には元々、60年ほど前から続いていたパン屋があり、職人の中井氏はサラリーマン生活の傍ら、4年間に渡って無給で手伝った。2005年、関さんの逝去とともにパン屋は閉店すると、中井市は会社を辞め、跡地にカフェをオープンさせた。さらに関さんのレシピをもとにコッペパンも復活させることができた。大切にしていることは「笑顔でお客さんをお迎えする」ことで、先代から学んだことだという。

キーワード
ラズベリーのデニッシュ
洋梨のデニッシュ
イチゴのデニッシュ
リンゴのデニッシュ
イチゴとあんこのデニッシュ
宮の坂駅
豪徳寺
招き猫
井伊直孝
豪徳寺駅
小田急線
下北沢(東京)
クリームパン
豆乳クリームパン
チョコパン
ホワイトチョコパン
やきそばパン
ホットドッグ
関忠雄さん
コッペパン

エンディング (その他)
04:58~

橋本マナミは「店の歴史、ストーリーを感じながらパンを食べることができたのは楽しかった」と語った。

番組宣伝 (その他)
04:59~

「三宅民夫のマイあさ!」の番組宣伝。

プロフェッショナル 仕事の流儀の番組宣伝。

「渡辺直美のNaomeets Fashionista」の番組宣伝。

「幻解!超常ファイル」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月6日 放送
  3. 次回の放送