ニュース7 2017年12月16日放送回

放送日 2017年12月16日(土) 19:00~19:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
19:00~

今日、JR京浜東北線が横浜市内で非常停止した。JRは2400人の乗客を車両から降ろした。この影響で東海道線・横須賀線も一部運転ができなくなった。京浜東北線は午後5時半すぎに運転を再開した。22万人に影響がでた。JRは架線が切れたとして原因を調べている。

国連の安全保障理事会では閣僚級の緊急会合が開かれた。北朝鮮のチャ・ソンナム国連大使も出席した。河野外相は「日本は平和的な問題解決が望ましいと考えているがかたくなに拒否しているのは北朝鮮だ」と切り込んだ。北朝鮮のチャ国連大使は「議長国としての機会を悪用している日本を最大限のことばで非難する」と述べた。アメリカのティラーソン国務長官は「前提条件なしに対話に入ることが可能」としていたがそれを修正し北朝鮮に方針転換を強く迫った。北朝鮮側はアメリカを厳しく批判した。会合後ティラーソン国務長官は「対話のチャンネルは開かれている」と述べ、北朝鮮のの出方次第との姿勢を示した。チャ大使はアメリカとの対話の可能性は現時点では否定的だと示している。議長を務めた河野外相は「北朝鮮は昔の主張を繰り返した。政策変更をする以外に道はないと理解したと思う」と述べた。

ロシアの宇宙船ソユーズに金井宣茂さんが乗り込む。宇宙環境が人体に与える影響などの実験を担当する。金井さんは防衛医科大学校医学科に進学し、自衛隊の医師を務めてきた。転機となったのは米海軍への留学だった。2008年には選抜試験で補欠合格し候補となった。ソユーズは日本時間のあす午後4時21分に打ち上げられる。金井さんは「より多くの経験を積んで戻ってこれるのがうれしい」と話した。

今月拉致被害者家族の増本信子さん・チャールズ・ジェンキンスさんが亡くなった。今日は家族会の総会では全員が黙祷を捧げた。拉致事件は40年がたったが膠着状態が続いている。横田拓也さんは「北朝鮮はこの問題を解決しないと金正恩委員長自身が明るい将来を描けないと理解する必要がある」とした。加藤拉致問題相はシンポジウムで「日本政府としては国際社会からの圧力をてことして具体的な動きを引き出すべくあらゆる施策を駆使して取り組んでいく所存である」とした。

国連などは紛争地域で命を落としている子どもたちの現状などについて相次いで発表した。内戦が続いているイエメンの犠牲者は子どもたちである。国連によると一日に130人の子供が命を落としている。隣国のサウジアラビアによる国境の封鎖が状況を悪化させている。子どもたちが重度の急性栄養不良によって命を脅かされている。南スーダンでは敵対する民族の出身であることなどを理由に学校襲撃などで2300人が死傷している。ミャンマー西武では衝突が続き、730人以上の子供が死亡した。トルコでは戦争孤児が開かれた。来年半ばには1000人の定員に達する見通し。敷地には保健センターなどが設けられている。国際社会の行動が求められている。

去年4月の熊本地震で震度7を2度観測した熊本・益城町では、多くの被災者が自宅の倉庫などで暮らす“軒先避難”を余儀なくされた。その軒先避難について、益城町の社会福祉協議会がその数を初めて調査したところ、10月末時点で45世帯あることが明らかになった。中には自治体の支援制度を利用した結果、避難が長引くケースも出ている。取材に応じた高木サチ子さんさんは仮設住宅の抽選に2度外れ、トイレや風呂などのある小屋を建てることができる自治体の応急修理制度を利用。しかし、この制度を利用すると仮設住宅や「みなし仮設」に入れなくなってしまうため、自費で自宅を再建するまで軒先避難を続けざるを得なくなってしまった。自宅の完成予定は今から1年先だという。建設が遅れる背景にあるのが、復旧・復興工事の急増による業者の不足。熊本県によると、被害が大きかった地域では業者不足が特に深刻だという。

師走の催しが各地で行われている。山口・防府市では、笑い方の品の良さや迫力を競うイベントが開かれた。大声で笑い合い豊作を祈る地元の神事「笑い講」をもとに誰でも参加できるようにしているという。一方、岩手県では沿岸部を走る冬の恒例「こたつ列車」が運行を始めた。静岡・葵区では1000人以上のクリスマスパレードが行われ、子どもたちにはプレゼントが配られた。長崎市では幼稚園の子どもたちが餅つきを行った。福島・楢葉町ではイルミネーションが始まった。原発事故による避難指示が解除されて2年。復興への願いが込められている。

アメリカのトランプ政権が経済政策の柱に掲げる税制改革をめぐり、与党・共和党は焦点の法人税率を21%に引き下げることなどを盛り込んだ新たな法案を公表し、トランプ大統領は来週の法案成立に自信を示した。トランプ政権は医療保険制度“オバマケア”の見直しが暗礁に乗り上げ、政権発足1年を前に公約に掲げた制度改革を実現する重要法案がまだ1本も成立していないことから、今後の政権運営を占う上で法案成立の行方に注目が集まっている。

老朽化していたロシア・ウラジオストクのサーカス専用劇場がロシア政府主導で改修され、新しい装いのもとで公演が始まった。ロシア政府は、アジアの玄関口にあたるウラジオストクに近年、観光施設を相次いでオープンさせていて、日本や中国などからの観光客や投資を呼び込み、地域の発展につなげていきたい考え。

キーワード
京浜東北線
東海道線
横須賀線
JR
安全保障理事会
ティラーソン国務長官
労働新聞
チャ・ソンナム国連大使
シン・ソンホ国連大使
河野外相
ソユーズ
金井宣茂
カザフスタン
ニューヨーク(アメリカ)
防衛医科大学校
JAXA
NASA
増元るみ子さん
増本信子
曽我ひとみ
チャールズ・ジェンキンス
田口八重子
飯塚繁雄さん
横田めぐみ
横田拓也さん
金正恩委員長
加藤拉致問題相
国連
ユニセフ
国境なき医師団日本
スコーグ国連大使
ホデイダ(イエメン)
サウジアラビア
ウガンダ
南スーダン
バングラディシュ
ミャンマー
レイハンル(トルコ)
急性栄養不良
ジフテリア
熊本地震
益城町(熊本)
軒先避難
仮設住宅
みなし仮設
応急修理制度
熊本県
防府市(山口)
笑い講
こたつ列車
三陸鉄道
なもみ
葵区(静岡)
師走
クリスマス
長崎市(長崎)
楢葉町(福島)
イルミネーション
原発事故
トランプ大統領
税制改革
法人税
共和党
オバマケア
ウラジオストク(ロシア)
サーカス

スポーツニュース (ニュース)
19:24~

スケートショートトラックの全日本選手権が行われ、男女で若手選手がピョンチャン五輪の日本代表を確実なものとした。W杯のリレーで今シーズン銅メダルを獲得している18歳の吉永一貴は男子1500mに出場。持ち味のスピードで終盤に外側からトップに立ったが、最後の1周で抜かれて2位でフィニッシュ。それでも吉永は合計ポイントでトップとなり、初めての五輪出場を確実とした。女子は21歳の菊地純礼が女子500mを制し、こちらも初めての五輪出場を確実にした。ピョンチャン五輪の日本代表はこの大会を含む3つの選考会の合計ポイントなどで決まる。

カーリング女子、ピョンチャン五輪日本代表のLS北見が長野県で開かれている国際大会の準々決勝で強豪国スウェーデンの五輪代表と対戦した。LS北見はスウェーデン代表に予選リーグで完敗。雪辱を果たすために臨み、6-5で勝利。準決勝進出を決めた。

キーワード
ショートトラック
ピョンチャン五輪
吉永一貴
菊地純礼
軽井沢国際選手権
LS北見
軽井沢町(長野)
藤澤五月選手

気象情報 (ニュース)
19:27~

全国各地の週間予報を伝えた。

エンディング (その他)
19:29~

井上裕貴と井上あさひがエンディングの挨拶をした。

  1. 前回の放送
  2. 12月16日 放送
  3. 次回の放送