TOKYOディープ! 選「ホテル街 渋谷・円山町の素顔」

放送日 2017年7月25日(火) 15:21~15:51
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:21~

テーマ曲「東京ブギウギ」ユニコーン

オープニング映像。

キーワード
東京ブギウギ
ユニコーン

TOKYOディープ! 渋谷・円山町 (バラエティ/情報)
15:22~

渋谷駅前の道玄坂を下った円山町に向かった。ここには大人のためのホテルが多数ある。そんな中、創業50年の青果店を発見。お客様に話を聞くと、元芸者をやっていたそう。

神泉駅の隣りにある喫茶店に入った。店主の佐藤さんによると、昔はホテルは建っていなかったそう。また、昔は霊泉が湧いており、佐藤さんの祖父は銭湯と旅館を運営していた。代々木練兵場の近くだったので、繁盛したという。

花柳界の面影をたどることに。格式のある料亭を訪れた。次に着物を来ている芸者さんのために低い段差で作られた階段の坂である女坂に訪れた。芸者さんの稽古場に行くことに。

丸山芸者が稽古場としてる飼っているスナックに訪れた。最年長の小糸さんは政財界の大物のお座敷を務めていた。丸山芸者はたった2人で経営していた時代があったが、「ここで一人でも残ってやる」と思いながら頑張っていたそう。4人の芸者さんと会話を楽しんだ。

ホテル街を練り歩いた。経営者に話を聞くと、料亭をやっていたが、今はホテルになっているんだそう。昭和40年に、渋谷東急ビル・東急百貨店本店・シブヤ西武・パルコが開業し、若者で賑わいだしたんだそう。それを機に料亭がホテルに変化した。ホテル経営者は当初は恥ずかしかったが、今は誇りを持って仕事をしているという。

東京オリンピックまであと3年。いま渋谷では新しいホテルが次々と誕生している。リニューアルオープンしたホテルに入ると、デザインにこだわっていた。海外から来たお客様も満足げだった。ホテル経営者は「記憶に残るホテルを経営したい」と語った。

円渋谷・桜ヶ丘には映画館がある。映画館の地下には映画美学校があり、映画監督を育成している。この映画館からは、呪怨の監督清水崇やサウダーヂの富田克哉が排出されている。日大藝術学部出身のゴリも授業に参加した。生徒の中には仕事をやめて愛知県から来た女の子がいた。ホテル経営者は「小津安二郎や溝口健二のようになるためには、円山町で美意識を鍛える必要がある」と語った。

円山町の日もくれた頃には、クラブで賑わい出す。円山町はクラブの街として有名で、そこ中でもイギリスのクラブランキング2位のお店に訪れた。この日はイギリスからDJがやって来てるんだそう。このクラブもかつては料亭だったんだそう。クラブの経営は普通なら地元の方に反対されるが、円山町のクラブのスタッフが警備を徹底しているので、騒ぎが起きない。また、金王八幡宮では例大祭が行われ、町民の関係を深めるきっかけとなっている。円山町のボーリングチームもあるという。チームの応援に駆けつけたのは、ふぐ料理やの料理長だった。

店員さんが全員スリランカ人である焼肉屋に伺った。店長のバースルさんは語学留学で来日。今は家族で円山町に住んでいる。町民は皆さん温かいという。祭りのときはスリランカの人も神輿を担ぐという。

「TOKYOディープ!」の番組宣伝テロップ。

キーワード
道玄坂(東京)
円山町(東京)
神泉駅
代々木練兵場
花柳界
東急百貨店本店
シブヤ西武
パルコ
IOC総会
渋谷(東京)
映画美学校
呪怨
清水崇
富田克也
小津安二郎
溝口健二
サウダーヂ
円山町(渋谷)
金王八幡宮
スリランカ
渋谷東急プラザ
東京オリンピック
日大藝術学部

エンディング (その他)
15:49~

町を見た目で判断してはいけないは円山町のことだと思ったなどと話した。

  1. 前回の放送
  2. 7月25日 放送
  3. 次回の放送