あの日 あのとき あの番組 西城秀樹歌声は熱く 野口五郎が語る人生のデュエット

放送日 2018年7月1日(日) 13:50~15:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:50~

オープニング映像。

全身で歌い上げるYOUNG MANは西城秀樹さんの代表曲。世代を超えて愛されてきた西条さんは5月16日、歌と歩んだ63年の人生に幕をおろした。デビューしたのは16歳、野口五郎さん郷ひろみさんとともに新御三家と呼ばれ、それぞれの個性が常にステージを熱くした。西条さんは「五郎くんはひろみくんがデビューした時にかわいいと言っていて、それ以来ひろみくんは五郎くんい恐怖心があって僕によっていた」と話した。

今日は西条さんの親友でライバルとして長年共に歩んできた野口五郎さんがゲスト。野口さんと西条さんは半世紀近い付き合い、デビューがほぼ1年違いで同学年。野口さんは「思い出は46年なので一言二言では話すことはできない」と話した。

キーワード
レッツゴーヤング
YOUNG MAN(Y.M.C.A.)
西城秀樹
第2回 ヤング歌の祭典
野口五郎
郷ひろみ
新御三家
NHK歌謡コンサート

西城秀樹歌声は熱く 野口五郎が語る人生のデュエット (バラエティ/情報)
13:52~

1993年放送のふたりのビッグショーの映像。西城秀樹と野口五郎が「I Believe In Music」を歌った。野口五郎が、「俺たちも大人になったんだから中身で勝負しよう。」とコメント。

西城秀樹が「ギャランドゥ」と「ブーメランストリート」と「傷だらけのローラ」を、野口五郎が「グッドラック」と「私鉄沿線」を歌った。2人で「青いリンゴ」と「激しい恋」を歌った。

野口さんは「歌聞いてみると各々個性がある」と話した。西城さんは「ギターを持った野口五郎のかっこよさを知っている」と話すと、野口さんがギターを手にとってセッティングし始めた。野口さんは「ここのところは僕に任せて楽屋で弁当でも食べておいて」と話した。

野口五郎さんが「真夏の夜の夢」と「19:00の街」を歌い、西城さんがドラムを叩いて登場し、ドラムソロを披露した後、「青春に賭けよう」と「YOUNG MAN」を歌った。

二人の昔の写真が登場し、写真の裏から二人が現れ「UNCHAIN MY HEART」を歌った。

MC中に2人はジャケットを脱ぐ。そして西城さんが野口さんの好きな映画「ゴースト」の主題歌「UNCHAINED MELODY」を選曲。

♪「UNCHAINED MELODY」(詞・曲 H.Zaret, A.North)

西城さんが「音楽に目覚めたのは?」と聞くと、野口さんはビートルズを挙げた。「ヘイ・ジュード」と言うと、おもむろに歌い出すはずが、西城さんが違う歌を歌い、野口さんがハリセンで突っ込みを入れる。西城さんの音楽の目覚めはローリング・ストーンズ。野口さんが「テル・ミー」を歌い出すはずが、同じように違う歌を歌い、西城さんがツッコミ返した。

野口五郎と西城秀樹が二人で「TEARS IN HEAVEN」を弾き語りした。

西城秀樹はギターの弾き語りは初めてで手が震えたなどと話した。

野口五郎と西城秀樹が「LOVE SONGを永遠に」を歌った。

西城さんと野口さんにとって特に思い出深い番組がふたりのビッグショー。2人で曲を決めて演出していて、互いの歌のデュエットもあった。

ふたりのビッグショーについてスタジオで野口さんは「今日この番組を見られるので1視聴者として楽しみで懐かしくて嬉しくてしょうがない」と話した。2人で曲と演出を考えていて野口さんは「秀樹は僕に関しては任せるが多い。兄貴みたいに感じることもあれば弟みたいに感じるところもある。ステージに立っているときは兄貴を感じる不思議な存在だった」と話した。

西城秀樹さんのレッツゴーヤングでの愛の十字架が流れた。NHKに保存されている中で最も古い歌唱映像。

西城秀樹さんの第25回紅白歌合戦での傷だらけのローラの映像が流れた。初出場では斬新な衣装や演出で話題になった。

西城秀樹さんのビッグショーでの君よ抱かれて熱くなれの映像が流れた。観客と一体となった舞台演出をいち早く取り入れた。

西城秀樹さんのレッツゴーヤングでのブルースカイブルーの映像が流れた。気持ちを振り絞るように歌い続けたラブソング。

1970年代の西城秀樹さんの映像では歌も踊りも情熱的だった。野口さんは「一緒に歩んできたんだとつくづく思う」と話した。当時は西城さん野口さん郷さんと3人で新御三家と言われて一つの時代を築いてきた。野口さんは「それぞれ違うと思っていてそういう意識はなかった。かけがえのない存在というのは変わらない」と話した。仲間でありライバルであることについて野口さんは「最近ライバルについて考える、ライバルはいがみ合ったりするものでなく相手をリスペクトするかがライバル。僕は小学校の頃からいろんな先生に歌を習ってデビューした。英樹はスカウトされてデビューして、最初のデビュー曲は一本調子で歌っていて、いつも僕の音合わせの時に僕の歌を聞いている。最初はめんどくさいと思ったが歌い方を盗んで自分のものにする。それがすごい、確実に西城秀樹のものとして消化してくれた。逆に盗む、リスペクトしあうのがライバル、ふたりのビッグショーはそれがわかるばんぐみ」などと話した。

野口五郎は、「なぜ僕は彼にこの曲を作ったのかは不思議。最後に歌いたいと行ったのは秀樹。曲を作れてよかった。オープニングも彼が好きだった曲にしないかと言ったら、リハーサルでうまくいってなかったアカペラで、本番うまくいったからハグから始まってしまった。僕が歌い始めたときに、これからサビいくぞってなる前に、彼が『外せ』っていう。最後僕と彼が一緒に歌うが、ポーズを決めるのは彼で、かっこいいところを持っていく。彼が僕に忘れないように話すことを言ってくれている感じ。この頃はよく会って話をしていた。いかにラブソングを歌って、心を動かすことができるかを話していた。彼はパフォーマンスが小さくなってきて、どんどん大人になって向上していった。彼は発声法も僕の『君が美しすぎて』から盗んで、自分のものにしていた。一緒にゴルフに行ったり、迎えに来てくれたりした。彼は勝手に部屋入って、寝室に入って女性の気配を全部チェックされた。彼は最高のやつ。リスペクトという意味で、地球が滅亡するまでライバル。歌うということが一生の課題だが、彼も自分で何かを感じながら歌っていくと感じた。」などとコメント。

♪「SMOKE GETS IN YOUR EYES」(詞・曲 J. Kern, O. Harbach)

キーワード
西城秀樹
ふたりのビッグショー
レッツゴーヤング
愛の十字架
傷だらけのローラ
第25回紅白歌合戦
ビッグショー
君よ抱かれて熱くなれ
ブルースカイブルー
郷ひろみ
新御三家
野口五郎
真夏の夜の夢
I Believe In Music
香川県県民ホール
高松市(香川)
ギャランドゥ
A. North
H. Zaret
UNCHAINED MELODY
ゴースト
ブーメランストリート
19:00の街
グッドラック
I Believe in Music
青春に賭けよう
青いリンゴ
YOUNG MAN
激しい恋
私鉄沿線
君が美しすぎて
UNCHAIN MY HEART
SMOKE GETS IN YOUR EYES
TELL ME
Hey Jude
ビートルズ
ローリング・ストーンズ
味噌汁
Smoke Gets In Your Eyes
TEARS IN HEAVEN
LOVE SONGを永遠に

エンディング (その他)
14:57~

NHKアーカイブス ポータルサイトの案内。

LOVE SONGを永遠に/西城秀樹・野口五郎の映像。

キーワード
NHKアーカイブス ポータルサイト
LOVE SONGを永遠に
野口五郎
西城秀樹
  1. 前回の放送
  2. 7月1日 放送
  3. 次回の放送