人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ! 高橋

放送日 2017年5月16日(火) 0:10~ 0:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:10~

人は名前とともに生きている。そして、当たり前のように使っている名前には驚きの物語が詰まっている。今夜は高橋一生や高橋尚子など、「高橋」の発祥を探る。

キーワード
高橋一生
柴咲コウ
高橋尚子
高橋大輔

人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ! (バラエティ/情報)
00:11~

今回のテーマは高橋。ゲストの高橋克典、高橋愛、高橋メアリージュンが紹介された。高橋克典は以前、高橋克実の楽屋に間違えて入ってしまったことがあるという。ちなみに、全国の名字ランキングで高橋は3位だ。

高橋という橋が実在したのか調べるため、高橋の代表として高橋愛がロケに向かったことが明かされた。元モーニング娘。のリーダーとして、トップアイドル風にVTR振りをして欲しいと頼まれた高橋愛は戸惑いながらも、「リアル高橋を探せ!」と決め顔でVTR振りをした。

高橋愛が向かったのは奈良・天理市。駅前で万葉集の歌碑を見つけたところ、「石上 布留の高橋」という文言が書かれていた。ヒントを得るため、高橋は日本最古の神社ともいわれる石上神宮へ直行。神宮の職員に聞いてみると、石上神宮の近くにある「布留の高橋」へ案内してもらった。想像していたものとは違い、かなり近代的な作りになっていたが、職員によると、昔は布留川の違う所に架かっていたという。

もうひとつのリアル高橋の情報があると聞き、高橋愛は奈良・八条町へ。この町にはかつて古代豪族の高橋という人物がいて、町内には高橋神社がある。高橋神社の宮司・夏目芳信さんは、「高椅神社は平安時代に登録された古い神社。全国の高橋さんのルーツのひとつという言い伝え。すぐそこに高橋(という橋も)あります」と説明。案内してもらうと、見た感じは普通の橋が登場。高橋愛は、「全然想像と違くて、どこなんだろうってすごい探しちゃいました」とコメントした。

千三百年まえ大安寺と薬師寺は、平城京の2大寺院だった。その間を流れる橋を「高橋」と呼び名にした。意味を発掘家に訊ねると、「代表的なアクセスとして往来した場所だと考えられ、最先端の技術で橋を作った可能性がある」という。東院庭園で奈良時代の橋を復元したイメージとしては天皇や貴族が渡る橋は特別なデザインが施されていた。万葉人が驚いた高い橋で、平城京を支えた重要な高貴な人が通る最先端だったかもしれない。高橋さんは「高橋に生まれてよかったなって改めて思った旅でした」など話した。

高橋についてスタジオトーク。高橋さんは「人の手であの長さの高い橋を架けるのはすごいことは教えてもらった」とコメントした。森岡さんは「高橋があったのは間違いない。」など話した。

橋がポピュラーじゃない時代に高橋が広まったのかは1つは天皇の料理番,もう一つは神職だという。

高橋さんのご先祖様磐鹿六雁命だ。高橋氏文が朝廷に向かい磐鹿六雁命がご先祖様だと叫んでいるという。天皇に仕えていた磐鹿六雁命は素潜りで鰹をハマグリを手に入れそれを料理し天皇が召し上がり感激し磐鹿六雁命を料理番にしたという。天皇に仕えていたがその実態は謎に包まれていた。

栃木県小山市にある高椅神社には磐鹿六雁命が祀られており、料理の神様として信仰を集めている。料亭の主人である稲葉さんは天皇の料理番であった高橋家を研究してきた。高橋家は御厨子所と呼ばれ、宮中の食事を作るところの責任者だったという。当時の最高級食材は鶴や鯉で、包丁式という儀式で食材を清めてから調理していたとのこと。

高橋家は包丁式のほかに包丁の指導や食材の長札は行っていたが、調理自体は別の料理人が行っていたということ。スタジオでは「めちゃくちゃ上なんですね」などと高橋家の格の高さに驚く声が上がった。

キーワード
高橋克実
モーニング娘。
天理市(奈良)
石上神宮
万葉集
布留川
八条町(奈良)
高橋神社
大安寺
薬師寺
平城京
東院庭園
高橋
奈良県
磐鹿六雁命
ハマグリ
高椅神社
御厨子所
包丁式
小山市(栃木)
村上信夫

おなまえNEWS (バラエティ/情報)
00:36~

高知県に坂本龍馬と同姓同名の人物がいるとのことで取材班は高知県へ。5年前、高知に就職したときには坂本龍馬に地元は湧き上がったが、本人は戸惑うこともあったと語った。

坂本龍馬さんはご本人も坂本龍馬が好きで息子・娘の名前に坂本龍馬の家族の名前を付けていると伝えた。

番組ではおなまえニュース募集中。応募は番組ホームページまで。

キーワード
高知新聞
坂本龍馬
番組ホームページ

人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ! (バラエティ/情報)
00:38~

地球文字探検家という肩書きを持つアートディレクターの浅葉克己さんを取材。高橋という文字について聞かれると、「きれいですよね。他の文字とは違う崇高な感じがしますよね」とコメント。そして、漢字の元になった甲骨文字を用いながら高橋を分析。「高」という字はお城の門前に神に対する願いを入れた箱を供えた様子を表し、「橋」は城の門の上で人が踊りを捧げている様子を表していることがわかった。つまり「高橋」は、城門でお祓いをしている姿を重ねたスーパーパワースポット名字だったのだ。

高橋という文字は神ってる文字だったことについてトーク。高橋克典は、「これまで負担のほうを感じてきたので、地味だなとか。だからすごくうれしいですね。肯定的な意味というかね」とコメント。高橋メアリージュンは、「これから意味を感じながら書けるので書くのが楽しみですね」とコメントした。

澤部や佐藤など高橋以外の出演者の甲骨文字も紹介。しかし、未発見のものや3000年前にはなかった漢字もあり、「佐藤」は「左」の部分しかわからなかった。さらに、「澤部」という漢字はどちらも未発見だった。しかし、2000年前の漢字には存在している。

高橋という名字について森岡浩は、「高橋は非常に歴史が古い。神社とかそういうところで神主さんをされている高橋さんは多いです」と解説した。

新潟・弥彦村にある彌彦神社を取材。お彌彦様と愛され、源義経や上杉謙信らが訪れた1300年以上の歴史を持つ神社だ。今では全国屈指のパワースポットとして知られ、参拝客は年間150万人。この神社は代々高橋家が神主を務めていて、現在は高橋良直さんが神主を務めている。言い伝えでは彌彦神社の神様が新潟県に来た時、家来や末えいが高橋という名字を名乗ったとされている。彌彦神社に保管されてある高橋文書には、高橋という名前は天照大神のひ孫にあたる神様の末えいであることが記されていた。

高橋という名字についてトーク。高橋メアリージュンは、「高橋が無くなってほしくない。結婚するなら高橋さんと結婚したいなと思いました」とコメント。高橋克典は、「おもしろい話でした。上は神様で、人間界のトップだっていうわけでしょ?神と人間界との橋渡しをしているという自負があっての名字ですよね」とコメントした。森岡浩によると、江戸時代以前は名字を変えることができたが、高橋姓の人たちは引っ越し先でも高橋という名字に誇りを持って変えなかったため、日本で3位という結果になっているという。

キーワード
甲骨文字
彌彦神社
弥彦村(新潟)
天照大神

エンディング (バラエティ/情報)
00:54~

高橋という名前のルールに嫉妬し続けていた佐藤仁美が、「羨ましくて仕方がなくて、3人がすごく気品があるというか、高貴な人に見えてきた」とコメントした。

  1. 前回の放送
  2. 5月16日 放送
  3. 次回の放送