さし旅 「富士山マニアと巡るフジヤマLOVEツアー」

放送日 2019年8月16日(金) 19:30~19:57
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

オープニング映像が流れた。

富士山マニアと巡るフジヤマLOVEツアー (バラエティ/情報)
19:31~

今回は田代博さんや大久保純一さん案内のもと、荒川区西日暮里から富士山を満喫するツアーを行う。

東京23区をブラタシロしている田代さんは、富士山は登るよりも遠く離れた場所から眺める方がよりありがたみが増すという。そんな田代さんは富士見坂を紹介し、都内には他にも富士山が見えた事が地名の由来となっている地域がいくつかあると紹介した。富士見坂から指原さんは富士山を見ようとしたが、夏場は空気が湿って濁りがちなので見ることができなかった。普段はマンションのすき間から、富士山が見えるという。田代さんは会えないからこそ、遠くにちらっと見えるフジヤマへの愛が燃え上がると話して「すき間ダイヤモンド富士」を紹介してくれた。

浮世絵を中心に日本美術を研究している大久保さんは、江戸時代後期の浮世絵師である葛飾北斎を紹介した。葛飾北斎が富士山を描いた「富嶽三十六景」では、インスタのように富士山を生活の中に入れ込んでいるという。葛飾北斎は富士山が遠くから見守るその時代の生活感を描き、指原さん達は実際に文京シビックセンターの展望フロアから富士山を見に行った。当日は見ることが出来なかったが、富士山と高層ビルがマッチしている風景が見れるという。

葛飾北斎が描いた「東都浅草本願寺」では富士山の稜線と屋根を並べた構図となっている。現代の東京でも同じ構図があると、田代さんは多摩川の河川敷にある橋脚の間から見える富士山を紹介してくれた。浮世絵の映えポイントを現代版に置き換え、富士山を見るとより富士山愛が深まるという。

銭湯のペンキ絵師である田中みずきさんは「富士山は絵の通りに見える事はあまりない。みなさんの理想の風景を富士山を組み合わせて書いている」などと教えてくれた。神田では真夏でも雪化粧をした富士山が楽しめるという。

全国のご近所富士をめぐること20年の有坂さんが、富士塚を紹介してくれた。昔、富士山は女人禁制で老人や子供も気軽に登れなかった。そのため、誰でも登山体験ができるよう、江戸時代後期から始まった富士塚は、関東だけで300以上あるという。富士山から運ばれた溶岩でつくられた富士塚は、まず鳥居越しに見てからくぐって登るという。富士登山では五合目から登るのが一般的だが、富士塚では一合目から登る事ができる。さらに、富士山五合目付近を1周する修行「御中道巡り」も体験できる。指原さん達は富士塚の頂上まで登り、浅間大社奥宮で参拝した。その後、実際の富士山の方向でも拝んだ。

神奈川県横浜では富士山のように盛ったそば、東京の神保町ではお店から見えた富士山をモチーフにつくった冷やし中華などが紹介された。富士登山マニアからはスコリアに似た焼きチョコレートが紹介され、マニ男は河口湖の青い富士山カレーを紹介した。

キーワード
西日暮里(東京)
富士山
富士見坂
福島県
葛飾北斎
富嶽三十六景
東都浅草本願寺
多摩川
みかん
上野(東京)
八幡浜(愛媛)
神田(東京)
富士塚
鈴原天照大神社
富士御室浅間神社
大沢崩れ
御中道巡り
亀岩
烏帽子岩
浅間大社奥宮
大泉町(東京)
スコリア
横浜(神奈川)
神保町(東京)
巣鴨(東京)
伊豆市(静岡)
河口湖

エンディング (その他)
19:56~

指原さんは人気声優だというマニ男から紹介された青い富士山カレーを食べ、美味しいとコメントしていた。

さし旅の次回予告テロップ。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
富士山
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 8月16日 放送