大相撲名古屋場所 十三日目 ▽各段優勝力士インタビュー

放送日 2018年7月20日(金) 15:55~18:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

大相撲名古屋場所十三日目(中継1) (スポーツ)
15:55~

東【十両八】志摩ノ海(6勝7敗)。西【十両二】貴源治(6勝7敗)。貴源治のはたき込み。

幕下上位の結果などを伝え、白鷹山と貴公俊の一番を振り返った。

東【十両二】大奄美(6勝7敗)。西【十両七】東龍(4勝9敗)。大奄美の寄り切り。

十両の結果を伝えた。

東【十両筆】豪風(3勝10敗)。西【十両九】徳勝龍(6勝7敗)。徳勝龍の寄り切り。

幕内の土俵入りの様子を伝えた。

キーワード
大相撲名古屋場所
白鷹山
貴公俊

ニュース (ニュース)
16:12~

現在の株と為替の値動きを伝えた。

東日本と西日本の各地では今日も命に関わる危険な暑さとなっており、熱中症に厳重な警戒が必要。京都市では午後2時前に38.6℃を記録し、明治13年に統計を取り始めてから初めて7日連続で38℃以上の気温を観測した。この他午後3時までの最高気温は兵庫県豊岡市で38.9℃など。熱中症と見られる症状での死亡や救急搬送が各地で相次いでいる。外出はなるべく避け、室内ではためらわず冷房を使用し、こまめに水分を補給し塩分が不足しないよう注意。特に西日本豪雨の被災地では、環境変化などで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策が必要。

キーワード
東京市場
日経平均株価
東証株価指数
円相場
西日本豪雨
京都市(京都)
石川町(福島)
豊岡市(兵庫)
太宰府市(福岡)
嬉野市(佐賀)
福島市(福島)
鳥取市(鳥取)
桑名市(三重)
豊後高田市(大分)
笠岡市(岡山)
中区(広島)
福井市(福井)
大洲市(愛媛)
熱中症

大相撲名古屋場所十三日目(中継2) (スポーツ)
16:15~

幕内の取り組み予定などを伝えた。

東【十両筆】明瀬山(5勝8敗)。西【前頭十六】明生(5勝8敗)。明生の寄り切り。

幕下優勝を果たした白鷹山のインタビュー。「素直に嬉しい」、「守りに入らずに責めることを意識した」などと話した。

東【前頭十四】琴恵光(3勝10敗)。西【前頭十一】阿武咲(8勝5敗)。阿武咲の引き落とし。

序二段を優勝した羅王のインタビュー。「一番緊張した」などと話し、全勝対決となった川本との一番を振り返った。

東【前頭十一】碧山(7勝6敗)。西【前頭十六】北勝富士(9勝4敗)。北勝富士の押し出し。

序の口優勝を果たした津志田のインタビュー。今日の浪満との一番に緊張したと話し、5年以内に十両に上がると目標を話した。

東【前頭十二】佐田の海(7勝6敗)。西【前頭十】錦木(6勝7敗)。錦木の押し出し。

幕下以下の優勝力士などを伝えた。

東【前頭十】千代丸(5勝8敗)。西【前頭十二】荒鷲(4勝9敗)。荒鷲の寄り切り。

東【前頭十三】栃煌山(9勝4敗)。西【前頭九】豊山(10勝3敗)。豊山の押し出し。

東【前頭九】妙義龍(8勝5敗)。西【前頭十三】朝乃山(10勝3敗)。朝乃山の寄り切り。

東【前頭十五】石浦(6勝7敗)。西【前頭八】旭大星(5勝8敗)。石浦の下手投げ。

東【前頭十五】竜電(7勝6敗)。西【前頭七】大栄翔(5勝8敗)。竜電の引き落とし。

三重ノ海-貴ノ花の取り組みを振り返った。

十両などの結果を伝えた。

東【前頭十四】隠岐の海(6勝7敗)。西【前頭四】輝(5勝8敗)。輝の寄り切り。

キーワード
大相撲名古屋場所
川本
浪満
三重ノ海
貴ノ花

ニュース (ニュース)
17:02~

現在の株と為替の値動きを伝えた。

西日本と東日本では今日も猛暑が続き、危険な暑さとなっている。三重県桑名市では、今朝63歳の女性がぐったりしているのが見つかりその後死亡した。また大分県豊後高田市では作業員の40代の男性がそれぞれ熱中症のため死亡するなど、各地で熱中症のため死亡したり搬送される事例が起きている。室内ではためらわずに冷房を使い、水分・塩分の補給を怠らないなど熱中症への対策が必要となっている。

キーワード
東京市場
日経平均株価
東証株価指数
円相場
京都市(京都)
豊岡市(兵庫)
太宰府市(福岡)
嬉野市(佐賀県)
福島市(福島)
鳥取市(鳥取)
浅草(東京)
多治見市(岐阜)
福山市(広島)
大洲市(愛媛)
高梁市(岡山)
桑名市(三重)
豊後高田市(大分)
笠岡市(岡山)
中区(広島)
博多区(福岡)
熱中症

大相撲名古屋場所十三日目(中継3) (スポーツ)
17:05~

幕内のこれまでの結果と取り組み予定などを伝えた。

東【前頭七】宝富士(6勝7敗)。西【前頭三】貴景勝(8勝5敗)。宝富士の上手投げ。

東【前頭三】阿炎(4勝9敗)。西【前頭五】嘉風(0勝13敗)。阿炎の寄り切り。

千代の国の休場。勢は不戦勝

明日の取組予定を伝えた。

東【前頭筆】正代(5勝8敗)。西【前頭八】千代翔馬(3勝10敗)。正代の下手出し投げ。

豪栄道と御嶽海のかこの取組を振り返った。

東【前頭五】大翔丸(4勝9敗)。西【小結】松鳳山(3勝10敗)。大翔丸の小手投げ。

東【小結】大翔丸(8勝5敗)。西【前頭四】魁聖(8勝5敗)。玉鷲の押し倒し。

東【関脇】逸ノ城(6勝7敗)。西【前頭六】千代大龍(8勝5敗)。千代大龍の押し出し。

東【前頭六】遠藤(8勝5敗)。西【大関】高安(9勝4敗)。高安の寄り切り。

東【大関】豪栄道(9勝4敗)。【関脇】御嶽海(12勝1敗)。御嶽海の送り出し。

御嶽海のインタビュー。今日の一番について悪くなかった。嬉しいですなどとコメント。単独トップ、早ければ明日優勝については、全力をだすなどと話した。

今日の取り組み結果を紹介。御嶽海と豪栄道の一番を振り返った。また明日の取組予定も紹介。

あすの放送予定のテロップ表示。

キーワード
大相撲名古屋場所
千代の国
愛知県体育館
豪栄道
御嶽海
  1. 前回の放送
  2. 7月20日 放送
  3. 次回の放送