チコちゃんに叱られる! チコっとだけスペシャル「高橋一生さん登場」

『チコちゃんに叱られる!』(チコちゃんにしかられる、英語: Chico Will Scold You!)は、NHK総合テレビで放送されているバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月17日(土) 2:30~ 2:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
02:30~

オープニング映像。

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
02:30~

チコちゃんが高橋一生に「なんで失恋すると胸が痛くなる?」と質問。高橋は明確に答えられずチコちゃんに叱られてしまった。正解は「本当に痛いから」。

失恋すると胸が痛くなるメカニズムについて、青山学院大学の福岡伸一教授が解説。福岡教授によると、失恋の胸の痛みは子孫繁栄のためのメカニズムだという。恋愛感情は人類が誕生した頃から備わっているといわれている。しかし現在のような「好き・愛している」というものではなく、あくまでも自分の遺伝子を継いだ強く健康な子孫を残すための相手探しが目的。相手を探している時、体は狩りと同じ状態になっており、ステロイドが大量に分泌されている。ステロイドは副腎皮質から分泌されるホルモンで、交感神経を刺激し興奮状態にする。しかし、分泌され続けると血圧上昇や心拍数増加をもたらし、心臓に負担がかかるのだ。その負担が痛みのような感覚として現れるのだが、恋をしている時は興奮状態いあり、その痛みに気づかないという。恋が成就するとステロイドの分泌は止まり興奮状態も収まる。失恋した時はステロイドが分泌されつづけて体は興奮状態のまま。一方、失恋によって心の興奮状態が収まってしまうので、ステロイドによる心の痛みに気づく。これが失恋すると胸が痛くなるメカニズムだ。

失恋の胸の痛みは、ステロイド以外のホルモンが関係している場合もある。それは、失恋の時に起こる心臓発作「たこつぼ心筋症」。慶應義塾大学名誉教授の川田志明さんによると、感情的なことが引き金になってカテコールアミンというホルモンが急に過剰分泌され、たこつぼ心筋症が発症するという。カテコールアミンは失恋だけでなく親しい人の死、将来への不安といった精神的ストレスによって分泌される。確実なことはまだわかっていないが、心筋梗塞などと違い、症状が軽ければそのままでも1~2週間で完全に回復するという。

岡村隆史が「フラれることに慣れている人はならない。逆にモテてきた人、自分に自身がある人はフラれた時にギューンと痛くなるのでは?私は慣れてるから苦しくもならない」とコメント。高橋一生は「失恋の瞬間を思い出すと、未だに胸がグッとなる」と語った。

キーワード
青山学院大学
ステロイド
たこつぼ心筋症
六本木(東京)
慶應義塾大学
カテコールアミン
心筋梗塞

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月17日 放送
  3. 次回の放送