チコちゃんに叱られる! ▽くすぐったいって何?▽応援はなぜ337拍子?ほか

『チコちゃんに叱られる!』(チコちゃんにしかられる、英語: Chico Will Scold You!)は、NHK総合テレビで放送されているバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月10日(土) 8:15~ 9:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
08:15~

今日のゲストは安田と北斗。埼玉出身なのにカープ女子の北斗にチコちゃんが「なんで応援は337拍子なの?」と質問。「乗りやすいから」と解答、不正解だったので怒られた。正解は「明治大学の天才がひらめいたから」。

日本民俗音楽学会会長の岩井さんが、明治大学が始めた新しいものだと解説。明治大学の応援団たちは、明治大学・応援団団長の相馬基先輩が始めたと紹介。大正10年に応援団設立。早稲田との大学対抗試合で考案されたという。当時の337拍子は「買った方がいい」という掛け声+手拍子だった。次第に手拍子のみになり、戦後の東京六大学野球で日本中に広まり応援の定番となった。多くの応援曲で応用されており、X JAPAN「紅」やピンク・レディー「サウスポー」を例として挙げた。337拍子の理由について岩井さんは、本当は全ての後に間がある448拍子の日本人的なリズム感と紹介。日本人は田植えなど共同作業が多かったため合わせるための間が必要だったという。

一体感と間がエネルギーを生む337拍子は多くのヒット曲に使われる。モーニング娘。「恋愛レボリューション2」などを例に挙げて説明。東京芸大名誉教授の有賀教授が337拍子を用い「運命」を演奏すると徐々に楽しそうに聞こえた。奏者らはグルーブ感が出たなどとコメント。

チコちゃんの十八番はオジャパメン。337拍子はヒットの法則などとスタジオでコメント。初代応援団長の相馬さんは相撲部も兼部しており、不知火型の土俵入りの動きを取り入れ337拍子で応援したと紹介。起源については諸説あると注釈。

BGM:オジャパメン

キーワード
カープ女子
埼玉県
明治大学
相馬基
早稲田大学
東京六大学野球
X JAPAN
ピンク・レディー
サウスポー
モーニング娘。
恋愛レボリューション21
EZ DO DANCE
TRF
東京音楽大学付属民族音楽研究所
交響曲 第5番「運命」
ベートーベン
オジャパメン
小室哲哉
負けないで
ZARD

オープニング (その他)
08:26~

オープニング映像。

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
08:27~

一番モテてた安田にチコちゃんが「あっかんべーってなーに?」と質問。正解したため「さっぽろ」の書き取り問題を出題。北斗だけが正解。正解は「赤目」。

立教大学名誉教授の沖森さんが、赤い目を見せることと解説。目の下は眼瞼結膜という毛細血管の集まる場所なので赤い。白いと貧血のサイン。赤目という言葉がなまり「あっかんべー」に変化した。なぜ拒否の意を示す言葉になるかネットで調べると、1800年頃の江戸時代の作品「山姥と金太郎 髪結い あかんべい」や櫛田神社の風神が雷神にあっかんべーをする意匠が見つかった。「大鏡」には「めかこうして稚児をおどせ(目を赤くして子どもを脅す)」という一文がある。グロテスクな赤目を見せるのは相手に対し脅しをかける意味。奈良・元興寺には法師が鬼退治をする時に目をむいてあっかんべーをして追い払ったという言い伝えがあり、あっかんべーのルーツだと言われている。ちなみに、舌を出すのは「べー」をベロと勘違いしたため。

チコちゃんは最新テクノロジーを駆使しているためどんな顔でもなれる。アインシュタインの写真を紹介、あまり人前で笑わないが写真の時に笑ってくださいと言われおどけて見せたという。心理学教授の渋谷さんによると、舌を見せるというのは普段見せない部分を見せることのため、親愛を表す行動だという。木村祐一は当初舌を出している宣材写真を使っていた。

母性本能をくすぐる岡村にチコちゃんが「くすぐったいってなーに?」と質問。「くすぐったい祭り」と回答し、不正解だったので叱られた。正解は「虫対策」。

桜美林大学教授の山口さんが、天敵である虫から実を守る防衛本能と解説。虫は世界で一番多くの人間を殺しており、もともとくすぐったいという感覚は蚊のような害虫が皮膚にとまったときに感じる不快なものだった。蚊に殺される人間は現在でも年間83万人。赤穂市で常時5万匹以上の蚊を育てている研究所で、ディレクターが1000匹のヒトスジシマカの入る箱に腕を入れ、蚊の襲撃はくすぐったかったとコメント。くすぐったいと身を捩るのは防衛反応と紹介。くすぐったいと感じる部位は自律神経が集中する場所、体の急所。くすぐったいのを不快だと判断するのは脳の体性感覚野、ストレス反応を出し防御姿勢を取らせている。予測出来ない動きは外敵と認識しくすぐったさを感じるが、自分で自分をくすぐった場合は予測できるためくすぐったさを感じない。

くすぐったがりの方が防衛反応が強い。親子など親しい関係では親しいスキンシップとなる。くすぐったいについては歴史上などの賢人らも取り組んできた研究テーマ。メカニズムについてまだ解明されていないことはたくさんあると注釈。

チコちゃんが出題する省略された言葉を、略さず正式に書くコーナー。

「『ワリカン』を略さずに書くと?」と出題。ヒントは、割□勘□。スタジオ全員が「割勘定」と解答、間違っていたので怒られた。正解は「割前勘定」。前は分量や金額を表し、割前は割り当てる金額という意味。

お花が似合う素敵な大人の安田にチコちゃんが「どうして花にはいろいろな色があるの?」と質問。「かわいいねって言われたいから」と回答し、「アホみたいに生きてんじゃねーよ!」と怒られた。正解は「花によって虫の好みがバラバラだから」。

総合研究大学院大学の蟻川教授が、昆虫や鳥に集まってもらう戦略の一つと解説。花は虫などに花粉を運んでもらい種をつけて繁殖する。ミツバチは赤色が見えず黄・白の花に集まりやすいなど、昆虫によって色の見え方が違う。ハコネウツギは受粉できていない白色の花に虫を呼び寄せるため、白から赤へと花の色が変化する。虫の目には紫外線のセンサーがついており、人間の目とは違う色に見える。また、紫外線でのみ見える模様がある花もある。

安田は3/9がプロポーズ記念日でスイートピーを貰った。花言葉は「門出」「思い出」「別れ」。

視聴者からのお手紙を紹介。来年定年退職5歳の国語の先生から、生徒たちに「チコちゃんに叱られる!の番宣を行い、後日生徒からラインスタンプの存在を教えてもらったというお手紙。岡村が学校の先生に一番怒られたのは友達の口にマル虫を放り込んだ時、もし虫に毒があったらどうするつもりだったと怒られたこと。チコちゃんは聞いた話だが、高校の卒業式で「人知れずひっそり梅のように咲いて長く咲きなさい」と言われたこと。岡村が印象に残っているのは「オタワにオッタワ」などのギャグを披露し、誰も反応していないが勢いよく振り向く先生。お便り募集のお知らせをした。

番組公式HPのテロップ表示。

次回予告テロップ。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
山姥と金太郎 髪結い あかんべい
櫛田神社
豊臣秀吉
国立公文書館
大鏡
奈良市
元興寺
五重小塔
聖徳太子立像
アインシュタイン
渋谷昌三
木村祐一
町田市(東京)
桜美林大学
赤穂市(兵庫)
マラリア
ジカ熱
ヒトスジシマカ
デング熱
自律神経
アリストテレス
美浜区(千葉)
総合研究大学院大学
葉山町(神奈川)
ミツバチ
アゲハチョウ
ハコネウツギ
菜の花
スイートピー
チコちゃんに叱られる LINEスタンプ
番組公式HP
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 11月10日 放送
  3. 次回の放送