チコちゃんに叱られる! #3

『チコちゃんに叱られる!』(チコちゃんにしかられる、英語: Chico Will Scold You!)は、NHK総合テレビで放送されているバラエティ番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月28日(土) 8:15~ 9:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
08:15~

なぜ年度は4月始まりなのかについて。一般論では日本の会計年度が4月始まりの理由は日本が農業国だと言われていた。税収の大部分を米に頼っていた頃、春に田植えをし、秋に収穫をして現金化し3月までに税金を収めるというサイクルに合わせたという。本当の理由は大蔵省のトップがインチキをしたからだとのこと。

東京理科大学の柏崎氏が解説。日本が西暦を採用したのは1873年。明治6年度までは1月スタート12月ジメだった。明治8年度から10年は7月スタート6月終わりに変更された。その頃の日本は富国強兵のスローガンのもと、国家の経済を発展させて軍事力の増強を促していた。軍艦の発注などで軍事費が増えたことで明治17年度に大ピンチとなる。この事態を何とかしようとしたのが第6代大蔵卿の松方正義。日本銀行を創設し、第4・6代の内閣総理大臣も務めた。国の赤字を解消するために、松方らが指示した内容が国立公文書館に記録として残っている。明治政府の常套手段として、次の年の予算を前の年に繰り上げていた。松方は明治19年度のスタートを4月に早め、明治18年度を9ヶ月間と短くする方法を取った。インチキというより帳尻合わせで、当時は年度に関する法制度がなかったため、年度のスタートを変えても問題はなかったという。会計年度に合わせ、明治19年から4月に入学式を行うようになった。

年度が4月始まりなのは、大蔵省のトップがインチキをしたから。他の経緯は「農業のサイクルに合わせた」など、諸説ある。

キーワード
大蔵省
東京理科大学
太陽暦
富国強兵
松方正義
国立公文書館
公文類聚 第八編
日本銀行
鶴見辰吾
山西惇
相棒

オープニング (その他)
08:28~

番組の主旨が伝えられた。「ドレミの『ド』は何か」というクイズが出題される。音楽のドレミの音の起源はヨハネ賛歌の各小説の最初の音であり、歌詞の意味を辿るとドは「~のように」という意味を表す言葉である。

出演者らがどのようにNHKに入るかについてトークが行われる。

キーワード
松方正義
大蔵省
會計年度ヲ改定ス
聖ヨハネ賛歌
ドーナツ
NHK

チコちゃんに叱られる! (バラエティ/情報)
08:30~

「競泳ではなぜみんながクロールで泳ぐ種目を自由形と呼ぶか」というクイズが出題される。島崎はこのクイズに正解できなかったが松田丈志はその理由を正確に答えることができた。

チコちゃんは「なぜクロールと言わずに自由形って言うのか」と聞いた。若槻さんが「クロールって言うのが元々自由という意味だった。一番最初に金メダルを取った人たちがクロールをやった」と答えると、チコちゃんは「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と怒った。どんな泳ぎ方でもいいから速ければ勝ちという自由形は全員がクロールで泳ぐ。街中でインタビューしても知っている人はおらず、リオ五輪の銅メダリスト、松田丈志さんに話を聞くと正解を知っていた。チコちゃんによると正解は、「クロールより速い人類最速の泳ぎ方があるから」とのこと。水泳の歴史や新しい泳ぎ方を研究している筑波大学の髙木教授によると、自由形という種目は第1回アテネ大会から実施。しかし当時の自由形は、全員が平泳ぎだったという。当時の水泳には息継ぎの概念がなく、顔に水をつけない平泳ぎが主流だった。ところがアテネ大会の後、新泳法の背泳ぎが登場した。背泳ぎは息継ぎをしなくていいうえ、平泳ぎよりも早く泳げるため自由形に背泳ぎで参加する人が急増した。しかし、当時の水泳大会の関係者は腕を回し水しぶきを上げる背泳ぎを紳士的ではないとし、歓迎しなかったという。こうして1900年のパリオリンピックでは平泳ぎの自由形から背泳ぎが独立した。パリオリンピック後に息継ぎありの新泳法のクロールが登場した。伝統ある平泳ぎを守るため自由形から平泳ぎを独立させることにした。その後、西暦2000シドニーオリンピックでマイケル・クリム選手が従来のクロールと違うクロールで泳ぎ世界記録を出した。手はクロールなのに足の動きはバタフライであった。このドルフィンクロールについて銀メダリストの松田さんに話を聞くと、「バタフライの足の動きの方が早く泳げる」という。しかし非常に体力を使用するため100メートルを泳ぐのには向いていないとのこと。今後ドルフィンクロールを習得し100メートルを泳ぎ切る選手が出れば自由形からクロールが独立するのかも知れない。みんなクロールなのに自由形なのはクロールより早い人類最速の泳ぎ方があるからであった。

自由形にはクロールで参加する事が当たり前になったが、西暦2000年のシドニーオリンピックでクロールとは違う泳法で世界記録が生まれた。オーストラリア代表のマイケル・クリム選手が残り10mで新泳法『ドルフィン・クロール』を披露した。バタフライのキックの方がクロールのバタ足よりも速いのだという。

1920年のアントワープオリンピックでは、日本代表の内田正練選手が古式泳法の横泳ぎで自由形に挑んでいる。アントワープオリンピックでクロールを初めて見たことが、日本競泳界の発展につながった。5年後のロスオリンピックでは、5種目で金メダルを獲得している。

「森のニオイって何の匂い?」というクイズ。森の匂いといえば、入浴剤や芳香剤などの身近な商品で数多くみられるが、森林浴を満喫している山ガールや山ボーイに聞いても、知っている人はいなかった。

チコちゃんによると、「森のニオイは殺しの香り」。森林総合研究所の香川隆英さんによると、森のニオイは木・草・苔・土の匂いなどで構成されているが、人間が嗅いでホッとする原因となっている成分の一つが、植物が出しているフィトンチッド。フィトンチッドは植物が出す毒のことで、植物は毒を出すことで自分を守っている。植物の天敵の一つがカビや細菌などの微生物で、感染すると枯れる原因になる。そこで植物はフィトンチッドで微生物を攻撃。濃度の高いフィトンチッドは人間にとっても毒になるが、森の中に漂うフィトンチッドは微量であるため、リラックス効果の他、ナチュラルキラー細胞を増やして免疫力を高めるなど、人間にとっては良い作用をもたらす。

フィトンチッドがストレスを減らしたり、病気に対する抵抗力を増やしたりする効果を、古来、日本人は生活の中に取り込んできた。ヒノキ風呂は樹木から出ているフィトンチッドが人をホッとさせ、リラックス効果が高いと言われている。さらに魚の下によく敷いてあるサワラの葉も、フィトンチッドによる防腐効果として使われている。チコちゃんは、「香川隆英博士は若い頃の笑福亭仁鶴師匠みたい」と話した。

キーワード
水泳
クロール
自由形
日本女子体育大学
リオオリンピック
筑波大学
第1回アテネ大会
平泳ぎ
背泳ぎ
パリオリンピック
セントルイスオリンピック
シドニーオリンピック
マイケル・クリム
ロンドンオリンピック
ロサンゼルスオリンピック
ヘルシンキオリンピック
ドルフィン・クロール
バタフライ
ロンドン五輪
ヘルシンキ五輪
北島康介
マイケル・クリム選手
アントワープオリンピック
内田正練
ロサンゼルス
前畑秀子
古橋廣之進
鈴木大地
ソウル
岩崎恭子
バルセロナ
アテネ
リオデジャネイロ
森林総合研究所
フィトンチッド
ボリス・トーキン博士
ナチュラルキラー細胞
日本医科大学
サワラ
笑福亭仁鶴師匠

エンディング (その他)
08:59~

「今日はやりにくかった」と話すチコちゃん。若槻千夏は、「平成問題はすごく勉強になった」とコメントした。

  1. 前回の放送
  2. 4月28日 放送
  3. 次回の放送