ニュース 2018年9月30日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月30日(日) 1:50~ 5:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
01:50~

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートル、喜界島で44.8メートルの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、沖縄県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域がある。この後、台風は西日本から東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒し、台風が近づく前に避難するなど、早めに備えを進めるよう呼びかけている。

南利幸気象予報士は台風24号の現在の勢力、今後の予想進路などを伝えた。不要不急の外出は控えるべきだという。

強盗傷害や窃盗の罪で起訴され、女性に性的暴行をしようとした疑いで再逮捕された容疑者は先月12日、富田林警察署から逃走した。警察は行方を捜査してきたが、29日の午後6時半頃、山口県周南市の道の駅で、容疑者とみられる男が万引きの疑いで駆けつけた警察官に逮捕された。指紋や足の入れ墨が一致したことから本人と確認された。警察は、今後、加重逃走の疑いで逮捕したうえで、大阪に身柄を移し48日間にわたった逃走中の行動などを調べることにしている。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートル、午前1時20分に中之島で34.5mの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、沖縄県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域がある。この後、台風は西日本から東日本にかなり接近し、上陸するおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒し、台風が近づく前に避難するなど、早めに備えを進めるよう呼びかけている。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前2時半から。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートル、昨夜11時10分に与論島で56.6mの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、沖縄県・国頭村では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけている。

被害も出ていて、沖縄・南風原町では割れたガラスで30代男性が大怪我を追うなど、沖縄県内で38人が負傷。宜野湾市では沖縄海邦銀行 普天間支店のガラスが割れ、浦添市では眼鏡店の大型看板が折れた。また、沖縄電力によると、台風24号の影響で、午前1時現在、沖縄県内の34の市町村のあわせて22万4000戸余りで停電。九州電力よると、午前1時現在、鹿児島県奄美地方の12の市町村のあわせておよそ6万3900戸が停電しているという。交通面では山陽新幹線で広島と博多の間については「みずほ」などは本数を減らして運転し、「のぞみ」は運転を見合わせるとしている。九州新幹線の博多~鹿児島中央は始発から平常通りの運転予定。この他、JR各線で肥薩線、宮崎空港線などで始発から前線で運転を見合わせる。空の便では空の便では九州や四国、それに、近畿地方を発着する便を中心に欠航が決まっていて、航空各社は最新情報をHPなどで確認するよう呼びかけている。

吉竹顕彰気象予報士が台風24号の現在の勢力、今後の予想進路などを伝えた。不要不急の外出は控えることと停電対策を行っていくのが大切。

最大風速25m以上、最大瞬間風速40m以上は、木が倒れたり、走行中のトラックが横転することがある。最大風速35m以上、最大瞬間風速50m以上だと、多くの木が倒れ、電柱やブロック塀が倒れる。最大風速40m以上、最大瞬間風速60m以上だと、古い建物が倒壊し、鉄骨の構造物が変形する。暴風の中、屋外での行動は危険。 また、大雨は土砂災害、氾濫危険性が高まる。関東・東北豪雨では、常総で鬼怒川の堤防が崩壊。堤防が決壊した近くでは、住宅ごと流される恐れがある。都市部では雨水がアンダーパスや地下街へ流れ込むおそれがある。農村部では、水田や水路の様子を見に行き亡くなる人があとを絶たない。高潮、高波の危険性も高まる。

自分が住んでいる地域の土砂災害、浸水の危険性をチェックできる「ハザードマップ」を紹介。

アプリ「NHKニュース・防災アプリ」の告知。気象や災害の情報をいち早くお届けする。アプリストアから無料でダウンロードできる。

英語での情報は「NHK WORLD JAPAN」のニュースサイトで確認できる。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上している。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけている。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前3時から。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートルの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、鹿児島では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域がある。今後、非常に強い勢力を維持したまま西日本~東日本に接近し、上陸するおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけている。

南利幸気象予報士は台風24号の現在の勢力、今後の予想進路などを伝えた。不要不急の外出は控えるべきだという。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前3時から。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートルの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、鹿児島・屋久島町では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけている。

被害も出ていて、沖縄・南風原町では割れたガラスで30代男性が大怪我を追うなど、沖縄県内で38人が負傷。宜野湾市では沖縄海邦銀行 普天間支店のガラスが割れ、浦添市では眼鏡店の大型看板が折れた。また、沖縄電力によると、台風24号の影響で、午前2時現在、沖縄県内の34の市町村のあわせて22万8000戸余りで停電。九州電力よると、午前2時現在、鹿児島県奄美地方の12の市町村のあわせておよそ6万6100戸が停電しているという。交通面では山陽新幹線で広島と博多の間については「みずほ」などは本数を減らして運転し、「のぞみ」は運転を見合わせるとしている。九州新幹線の博多~鹿児島中央は始発から平常通りの運転予定。この他、JR各線で肥薩線、宮崎空港線などで始発から前線で運転を見合わせる。空の便では空の便では九州や四国、それに、近畿地方を発着する便を中心に欠航が決まっていて、航空各社は最新情報をHPなどで確認するよう呼びかけている。

吉竹顕彰気象予報士が台風24号の現在の勢力、今後の予想進路などを伝えた。不要不急の外出は控えることと停電対策を行っていくのが大切。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上している。台風の接近に伴い、西日本と東日本、それに北日本でも急激に雨が強まって大雨になるおそれがある他、風も強まる。不要不急の外出は控えること。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前4時から。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートルの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、鹿児島では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域がある。台風は30日は非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近し、上陸するおそれがあるほか、その後、1日にかけて、東日本や北日本を通過するおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意し、台風が近づく前に避難するなど、早めに備えを進めるよう呼びかけている。

南利幸気象予報士は台風24号の現在の勢力、今後の予想進路、台風がもたらすと予想される雨量などを伝えた。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前4半時から。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上し、午前0時半には、鹿児島県奄美市笠利で52.5メートルの最大瞬間風速を観測した。これまでの雨で、鹿児島・屋久島町では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている。気象庁は、暴風や高波、高潮のほか、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水などに厳重に警戒するよう呼びかけている。

被害も出ていて、沖縄・南風原町では割れたガラスで30代男性が大怪我を追うなど、沖縄県内で38人が負傷。宜野湾市では沖縄海邦銀行 普天間支店のガラスが割れ、浦添市では眼鏡店の大型看板が折れた。また、沖縄電力によると、台風24号の影響で、午前3時現在、沖縄県内の34の市町村のあわせて22万9000戸余りで停電。九州電力よると、午前3時現在、鹿児島県奄美地方の12の市町村のあわせておよそ6万70000戸が停電しているという。交通面では山陽新幹線で広島と博多の間については「みずほ」などは本数を減らして運転し、「のぞみ」は運転を見合わせるとしている。九州新幹線の博多~鹿児島中央は始発から平常通りの運転予定。この他、JR各線で肥薩線、宮崎空港線などで始発から前線で運転を見合わせる。空の便では空の便では九州や四国、それに、近畿地方を発着する便を中心に欠航が決まっていて、航空各社は最新情報をHPなどで確認するよう呼びかけている。

吉竹顕彰気象予報士が台風24号の現在の勢力、今後の予想進路、台風がもたらすとみられる雨量などを伝えた。不要不急の外出は控えることと停電対策を行っていくのが大切。

大型で非常に強い台風24号は沖縄県と鹿児島県の奄美地方などを暴風域に巻き込みながら北上している。台風の接近に伴い、西日本と東日本、それに北日本でも急激に雨が強まって大雨になるおそれがある他、風も強まる。

現在、警報が出ている地域を日本列島の地図上に表示した。台風関連のニュースはこのあと、午前5時から。

キーワード
台風24号
熊本市(熊本)
笠利(鹿児島)
喜界島
与論島
土砂災害警戒情報
新上五島町(長崎)
別府市(大分)
富田林警察署
大阪府警
周南警察署
周南市(山口)
中之島
大雨警報
洪水警報
暴風警報
波浪警報
高潮警報
那覇市(沖縄)
国頭村(沖縄)
宮崎市(宮崎)
名護市(沖縄)
浦添市(沖縄)
南さつま市(鹿児島)
宜野湾市(沖縄)
与那原町(沖縄)
宮古島
沖縄電力
山陽新幹線
九州新幹線
肥薩線
宮崎空港線
指宿枕崎線
日南線
吉都線
日豊線
鹿児島本線
沖永良部島
台風21号
暴風
土砂災害
氾濫
関東・東北豪雨
常総(茨城)
鬼怒川
ハザードマップ
NHKニュース・防災アプリ
NHK WORLD JAPAN
北九州空港
高千穂町(宮崎)
種子島
屋久島町(鹿児島)
南風原町(沖縄)
天城町(鹿児島)
鞍岡(宮崎)
臼杵市(鹿児島)

スポット

エネルギー/素材

九州電力

レジャー/交通

佐伯駅
大分空港
福岡空港
広島駅
鹿児島中央
新大阪駅
宮崎空港
豊後竹田駅
熊本空港
大阪駅
阿蘇駅
鹿児島空港

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

周南ツーリズム協議会

政治/経済/地方自治体

国土交通省
気象庁

金融/保険

沖縄海邦銀行 普天間支店
  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送