球春!センバツ!甲子園! 注目の球児たち 関西特別号

放送日 2017年3月18日(土) 11:25~11:54
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:25~

1年前、智辯学園が初優勝した甲子園。明日センバツが始まる。関西からは7校が出場し、履正社、神戸国際大学附、滋賀学園、大阪桐蔭、智辯学園、報徳学園、高田商が出場する。

今日は甲子園にある甲子園歴史館からお送りする。智弁和歌山の高嶋仁監督が特別ゲスト。高嶋仁監督はセンバツは冬の成果を見る大会だと話した。

キーワード
智辯学園
甲子園
履正社
神戸国際大学附
滋賀学園
大阪桐蔭
報徳学園
高田商
甲子園歴史館
JOCK ROCK

球春!センバツ!甲子園! (スポーツ)
11:28~

履正社は初優勝が期待される高校。エースは145km/hのストレートを投げる本格派。打線は1試合平均8.8得点を叩き出している。ホームランは出場校最多の15本塁打を放っている。安田選手は高校通算45本塁打。飛距離なら誰にも負けないと話し、スクワット練習で使うバーベルの重さは200kgにもなる。安田選手が意識するのは早稲田実業の清宮幸太郎選手で安田選手よりもホームラン数は多い。去年の明治神宮大会で戦った二人。清宮選手は初回にホームランを打った。安田選手も負けじとホームランを放った。試合後二人は声を掛け合い、清宮選手にナイスバッティングだと言われたという。

神戸国際大付は7年ぶりの出場。コントロールの黒田選手と速球の丘の選手の2枚看板の神戸国際付。二人の球を受けるのは4番の猪田選手。猪田選手は昨年まで外野をやっていたが、キャッチャーにコンバートされた。初めはどこ向いたらいいのかわからないくらい戸惑ったという。キャッチャーにコンバートされて3ヶ月。近畿大会の決勝で猪田選手はバッテリーミスを2度してしまい、破れてしまった。あんな思いは二度としたくないという。

一番気になるのは履正社の安田選手だという。あの打力は教えることが出来ないので、すごいと話した。清宮選手は安田選手のことをお互いにリスペクトしあっており、負けていられないと話した。神戸国際大学附の猪田選手はいい面を監督は狙ってコンバートしたのだろうと話した。

滋賀学園は今年は2人のエースが支える。神村投手と棚原投手は沖縄出身で中学校は別々のライバルだったという。去年のセンバツは神村投手が活躍、一方棚原投手は活躍できなかった。悔しさを覚えた棚原投手は変化球を磨き続けた。秋の近畿大会の準決勝。棚原投手は完封を成し遂げた。神村投手は近くにいると刺激を受けると話している。

智辯学園は春夏連覇を狙っている。主将は連覇連覇と言われるのがプレッシャーになっているが、それを嬉しいと思っていい方向に捉えているという。去年のセンバツ。初優勝を遂げた。しかし、春夏連覇がかかる夏の甲子園。2回戦で負けてしまった。冬の間、プレッシャーに負けない強い気持ちでバットを振り続けてきた。

野球の選手でうまくなろうと思ったらマメができて潰してを繰り返すのが当たり前だと話した。プレッシャーがじわじわくるのをどうするかが監督の手腕だと話した。監督は出来るだけ緊張を取り除く言葉をかけるのが大事だと話した。

23年ぶりにセンバツに出場する高田商業。この冬のテーマは打撃力アップ。そのために体を大きくすることに挑んだ。一日の最初は朝練前の朝食弁当。放課後の練習中、女子マネージャーがおにぎりを作っていた。平均体重は4キロアップした。

チームの体重4キロアップは動きながらの4キロアップはすごいと話した。冬の間に体を作るのは大事なことだと話した。

センバツ2回の優勝を誇る報徳学園。今年のチームは機動力で勝負する。秋の公式戦では11試合で22個の盗塁を記録。機動力を支えているのは2年生の小園選手。50mを5秒9で走るチーム一の俊足。小園選手が出塁し、中軸で帰すのが得点パターン。

大阪桐蔭は2年生が引っ張る。去年の秋、1番を任された藤原選手に2番は高いミート力を誇る中川選手。そして4番は根尾昴選手。チーム一のホームラン数でチームをセンバツに導いた。根尾選手は中学時代全国中学校スキー大会の優勝者。その高い身体能力で、投手、内野外野を守ることが出来る。

大阪桐蔭の根尾選手はフル出場が見込まれる。前半は野手として出て、後半は投手として抑えてもらうのではないかと話した。下級生が活躍するのは上級生の刺激になるのでいいと話した。

関西勢の組み合わせを発表した。

「第89回 センバツ高校野球 開会式」の番組宣伝。

今年のセンバツへの期待はたくさんあるが、関西勢が残りお客さんをわかせて欲しいと話した。

キーワード
履正社
清宮幸太郎
明治神宮大会
神戸国際大学附
滋賀学園
智辯学園
高田商
報徳学園
大阪桐蔭

エンディング (その他)
11:53~

エンディング映像。

  1. 3月18日 放送